全体表示

[ リスト ]

先日の風の強い日、突風で電飾スタンド看板が倒れて、片面が破損してしまったと電話がありました。
製作の時期を調べたら十数年前、既製のスタンド看板の為アクリルが専用の物なので少し心配(製造中止の可能性)
していましたが、今でも現行モデルでした。〈よかったあ〜〉
 
 
割れた面板(アクリル板)を引上げに行くと、軒下にある看板ですが10年以上経ってるとは思えないほど綺麗、
朝晩、ちゃんと室内に出し入れをしていただいていてたようです。
イメージ 1
 
 
 
専用のアクリルと同色のマーキングフィルムを取り寄せて、本日届いたばかりのアクリルに
カッティング文字を加工貼付けをして製作しました。
 
 
比べてみても、退色もほとんどなく、今回作り直したものと解らない位でした。
左側が今回新規に製作したもの、右が破損してしまった面板。
イメージ 2
よく見ると、右側の面板(破損した方)の文字にフラッシュが当たり細かいヘアラインが、、、
この細かいキズは、きっと頻繁に拭いてもらっていたんだと思いました。 メンテナンスってやはり大事なんだなぁ。
 
 
片面無い看板はかっこ悪いので、製作してすぐにに取り付けにいきました。
面板の裏側に静電気防止剤を塗布して、組み立て完成。イメージ 3
このままの使い方であれば、きっとあと10年、、、いや、20年は現役で行けるでしょう!
 
 
スタンド看板(特に既製の物)は風にとても弱いものです。 
強風時には風の当たらないところに移動をする、それができない場合は重しをしっかりのせる、などの処置が必要ですね。
 
今回は午後から突然台風並みに強い風が吹いてしまったので仕方ないかと・・・・。
 
 
 
他社作った看板でも修理、点検いたします。(蛍光灯交換なども)
お気軽にご相談ください。
 
お問い合せ
TEL:055-933-1133

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事