全体表示

[ リスト ]

神棚の木鼻 

 
『神棚の木鼻』 の続きです。
 
イメージ 1
 
前回、柱に差し込むホゾを大きめに作るとお話しました。
 
理由としては後日現場でしかサイズ合わせができず、削りすぎたという失敗を避けるため。
 
そしてもう一つは、木鼻を作業台に固定するためです。
 
小さい立体物などを荒彫りする場合、動かない様にどう固定するかが悩みのタネ。
 
理想的な大きさ・機能のバイス(万力みたいな物)には、なかなか出会う事が出来ません。
 
今回はホゾ部分を長めに作り、ネジで作業台に固定する事にしました。
 
正面の木鼻二つは口の開閉以外は同じ形なので、二つ同時に彫り進めていきます。
 
立体物なのであまり彫り下げすぎない様に気を付けないと、厚みの無い貧相な身体になってしまいます。
 
身体の面が木鼻一つにつき2ヶ所、二つあるので計4面。
 
彫り進めながら頻繁にネジを外して色々な角度から観察し、ベストと思う深さを測って他の面に反映させます。
 
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
これは振り向き獅子の阿形、残っていた古い木鼻と対になるものです。
 
古い木鼻はなぜかキバが彫ってなかったのですが、
 
口をガバっと開けているのにキバが無いってのも変だなぁ… という事できっちり入れました。
 
 
イメージ 4
 
荒彫りが終わったらまずは仕上げノミで表面をキレイに整えていきます。
 
指の数は古い木鼻に合わせて4本にしました。 
 
仕上げをしながら気になる部分が… なんだか顔がちょっと大きすぎる?
 
もともとサイズが小さい木鼻なので顔を少し大きめにしてあるのですが、さすがに大きすぎたかな?
 
古い木鼻と比べてもやっぱり大きく見える。
 
ちょっと悩みましたがバランスを気にしつつ、顔を一回り小さくしました。
 
それでもまだ少し大きい様な気がしますが、気になりだすとキリがないので手を加えるのは止めました。
 
三つとも表面をキレイに整えたら、毛のスジ彫りや指・爪・口などを細かく彫り込んでいきます。
 
 
イメージ 5
 
吽形木鼻
 
 
イメージ 6
 
阿形木鼻
 
これで木鼻本体の彫刻はほとんど終了です。
 
阿形はもう少し口を大きく開けたかったのですが、色々考えた末こうなりました。
 
その後現場へ行きホゾのサイズ合わせをしたのですが、かなり手こずってしまいました。
 
削っては椅子に登りホゾに合わせてみてから降りてまた削って椅子に登り… の繰り返し。
 
接地面は複雑な形をしているのですが、ホゾ穴の位置が高く全然見えない
 
手探りで穴の位置・ホゾとホゾ穴のサイズのズレなどを確認しながらなので、なかなか収まってくれません。
 
結局予定していた時間内では終わらず、後日もう一度現場に出向いてなんとか設置する事ができました。
 
 
 
前回のコメントで色合わせについて質問がありましたのでお答えします。
 
古い彫刻を修復・再現する場合、他の部分と色を合わせるために着色をしたりします。
 
しかし今回はあえてそのまま、着色せずにという事になりました。
 
もともとこの仕事の話を持ってきてくれたのは、子供の頃から顔なじみである秩父神社の神主さんと
 
工房開店前からお世話になっている新聞記者の方です。
 
古くて立派な神棚を残すために情報館に設置したはいいが木鼻が無い。
 
せっかく地元に木彫刻師がいるのだから木鼻の制作をお願いしよう。
 
そして歴史ある秩父の神棚と、現代の地元の彫刻師が彫り上げた新しい木鼻とのコラボレーション
 
それをより強調するために色はあえてそのままで…。
 
ちょっとわかりづらいかもしれませんが、簡単に説明するとこんな感じです。
 
なるべく私の仕事に注目がいく様に… というお二人の心遣いにとても感謝しております。
 
 
さて、次回は実際に神棚に設置された木鼻の写真を紹介いたします。
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(10)

細かい作業ですごいですね〜☆職人さんはすごいなぁ^^

2010/6/19(土) 午後 10:41 [ みかん ] 返信する

顔アイコン

みかんさん、こんばんは。
私は経験ないけど仏壇の木鼻とかはもっと細かいんですよ〜(汗)
根付とかもとても細かい仕事だし、私も『この人凄いな〜』って感心してしまう事がよくあります。

2010/6/19(土) 午後 11:02 [ 鈴木木彫刻工房 ] 返信する

顔アイコン

非常にわかりやすい説明と写真で参考になりました。しかし手探りで合わせる場所を確認するというのは難しそうですね。

2010/6/20(日) 午前 10:28 楽虫 返信する

顔アイコン

おおお、頼めばよかった・・・と、ついついおもいたくなります。

ぐっすりねむると 誰かが そっと 仕上げておいてくれる・・・

そんな夢を みたことがあります。 いい けやきです〜

丁寧な仕事ですね。

2010/6/20(日) 午後 0:08 [ でるでる ] 返信する

顔アイコン

楽虫さん、こんばんは。
木鼻の取り付け箇所は丸柱に壁が段々に付けられていてかなり複雑。
本当はじっくり腰をすえて取り組みたかったのですが、すでに神棚が据え付けられいる事もありなかなか上手くいきませんでした。 まったく見えないってのはやはり難しいですね〜。

2010/6/20(日) 午後 8:53 [ 鈴木木彫刻工房 ] 返信する

顔アイコン

でるちゃん、こんばんは。 ありがとうございます。
寝てる間に仕上がってたら… いいですよね〜(笑) どこかの靴屋さんみたいで。
富山にいた頃はよく仕事をしながら朝を迎えた事がありました。

2010/6/20(日) 午後 8:59 [ 鈴木木彫刻工房 ] 返信する

さすがの仕上がりですね。
さすが職人さんですね。
鈴木さんの木鼻画像を見て
私も色んな神社の木鼻を見に行こうと思いました。

2010/6/21(月) 午前 1:25 [ ken ] 返信する

顔アイコン

鈴木さんのブログで 木鼻 を知りました。神社で見ていると首が痛くなりますね。迫力ある画像で拝見できて良かったです ポチ

2010/6/21(月) 午後 8:42 blo**onn*17 返信する

顔アイコン

kenさん、こんばんは。
木鼻は獅子・龍・獏・象・麒麟、象と唐子を組み合わせたものなどとても豊富な種類があります。 色んな木鼻を探して歩くのはとても楽しいと思いますので、ぜひ実行してみてくださいね。

2010/6/21(月) 午後 9:38 [ 鈴木木彫刻工房 ] 返信する

顔アイコン

トンちゃん、こんばんは。 ポチありがとうございます。
私のブログがキッカケで、木鼻や肘木・懸魚などに目が向く様になってもらえるととても嬉しいです。 首は痛くなりますが(笑)

2010/6/21(月) 午後 9:48 [ 鈴木木彫刻工房 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事