全体表示

[ リスト ]

八百万の神とは・・・

                       聖なる山に・・・夜明けが〜近づいている!
 
 
イメージ 1
 
 
 
                  なぜか?まだ・・・月齢を無視した〜満月が・・・沈んでいく〜
 
 
                                   
イメージ 2
 
 
                         太陽(あまてらす)が・・・上り始め・・・
 
 
      雲海(うんかい)が・・・その他の者達から・・・何かを隠すように・・・聖なる山の麓(ふもと)まで〜
 
 
                        『上空からの視界を遮(さえぎ)る!』
 
 
             宇宙からの・・・最新鋭高性能監視カメラも〜自然の力には勝てない!
 
 
 
 
              そして・・・今日〜『命名の儀式』が〜大神の村で執(と)り行われる!
 
 
 
 
                     ここで〜一つ説明しなければならない事がある!
 
 
                                『神とは・・・』
 
 
               どのような者?物?という質問に・・・正確に答えられる人は・・・いるのか?
 
 
                     今・・・『この星に生きる人間』に質問したとしよう・・・
 
 
 
                  世界の中には・・・『さまざまな神』を信じる人間たちがいる!
 
 
                           物語の中で書いたように・・・
 
 
             『普段は?自分が見た?経験したことしか信じることが出来ない人間でも・・・』
 
 
                     現実に見たことのない・・・神を信じている者もいる?
 
 
                 この星に住む〜人間の中で・・・神を信仰する者の数の方が・・・
 
 
                       『信じない者を〜大きく上回るとされる!』
 
 
              しかし・・・本当に?強く信じているか(信仰しているか?)は・・・別として〜
 
 
                    『信じる者(人間)しか・・・その神は〜救わないのか?』
 
 
          『人間に食べられるために生まれてから育てられる動物は〜神は救わないのか?・・・』
 
 
            更に・・・過去から・・・信じる者達(信仰する者達)を・・・本当に救ってきたのか?
 
 
                        そのことについては・・・追求はしない!
 
 
 
 
                                 あくまで・・・
 
 
 
 
                ここで・・・大神の民が〜信仰する『八百万の神々』についてである・・・
 
 
                『八百万の神』も・・・所詮は〜過去の人間のつけた名前に過ぎない!
 
 
 
 
 
                     今の世の中の・・・『神の説明』を調べると〜神とは・・・
 
 
 
                      人間の民族性・地域性・文化・伝統などの〜
 
 
            歴史的背景を経て宗教的・伝統的な風土の中で醸成(じょうせい)された・・・
 
 
                 ※ 『人知を超えて尊敬・崇拝される存在ないし概念をいう!』
 
 
 
                              と書かれている!
 
 
                           良く分からない説明である?
 
 
 
               この説明で・・・注目してもらいたいのは〜※印の〜内容である!
 
 
                      『え〜?どこ〜??  何が〜〜〜???』
 
 
                  それは・・・『存在』であるか? 『概念(がいねん)』であるか?
 
 
                         物語に登場する『八百万の神々』は〜
 
 
                            姿のない・・・概念ではなく・・・
 
 
                『奇跡の星が生まれ〜更に母なる海と・・・父なる大地が生まれる!』
 
 
      『長い年月をかけて・・・この星の意思により〜大陸から引き裂かれた〜この小さな島国に〜』
 
 
                       昔から・・・住み着く〜『純粋な尊き命!』
 
 
            過去に遡(さかのぼ)れば・・・『尊き命は〜皆・・・優れた天の力を持っていた!』
 
 
                      それは・・・この島国に住む人間も同じである!
 
 
                 その・・・純粋な血統を守り続けた末裔が〜『大神の民』である!
 
 
                     長い時間と歴史の中で〜その尊い命を・・・汚し・・・
 
 
             『天の力を失った者達こそ〜現代の人間社会を作っている者達なのである!』
 
 
 
 
                     『人知を超えて〜尊敬され崇拝される力とは・・・』
 
 
             もともと〜この島国に住む〜どの動物(人間を含む)も持っていたもの・・・
 
 
          そして・・・失ってしまったもの・・・更に持っていたことも〜忘れてしまったのである!
 
 
                     この島国の民は〜それを失ったことも忘れたが・・・
 
 
                    『時として・・・その優秀な血統は〜覚醒遺伝する!』
 
 
 
                              だから・・・この国は・・・
 
 
                          世界のどの国からも・・・注目され〜
 
 
    『心の中では・・・愚かな国ではなく〜優秀で勤勉な民に・・・尊敬の〜まなざしを向けるのである!』
 
 
              しかし優れた能力の尊敬は・・・ある意味〜『恐怖』と変わるときがある!
 
 
                   それが・・・大神の聖なる山の天変地異を〜恐れる・・・
 
 
                         『大国の疑心暗鬼となっている!』
 
 
 
 
                        そして・・・『大神の村』で執り行われる・・・
 
 
                            『命名の儀式』において・・・
 
 
                   『継承された書』には〜詳しく書かれたいなかった・・・
 
 
                         『王が〜加護を与えるであろう!』
 
 
                               の言葉以上の〜
 
 
 
                       とてつもない王の『天の力』の能力が・・・
 
 
 
               王の家臣として集まりし・・・『大神の民』と・・・『全ての動物達』に・・・
 
 
 
                       『想像も出来なかった・・・奇跡を起こす!』
 
 
 
 
 
                                  つづく
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事