スズメの北摂三島情報局

2011/08/02 リニューアル 柴犬ハルがお伝えします

全体表示

[ リスト ]

3月22日 記念日 その3

放送記念日(続き)。
1945(昭和20)年8月15日に「戦争終結の詔書(いわゆる玉音放送)」が放送され、第二次世界大戦後の日本は、海外領土を失う。社団法人日本放送協会は、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の管理・監督下に置かれ、言論統制が行なわれた。アメリカ軍とイギリス軍を中心とした(中華民国軍、及びソビエト連邦軍は日本に進駐していない)、いわゆる進駐軍向け放送局が主要都市に置かれた。アメリカ軍向けは、後に極東放送網(FEN)、現在の米軍放送網(AFN)の前身となった。一部の局については、社団法人日本放送協会から施設や役務の提供が行なわれた。1950(昭和25)年に社団法人日本放送協会が公共企業体としての特殊法人日本放送協会に改組され、翌1951(昭和26)年には、9月1日朝に中部日本放送(現:CBCラジオ)、同日昼に新日本放送(現:毎日放送[MBS])が、同年12月25日にはラジオ東京(現:TBSラジオ)と、民間放送も相次いで開始された。1953(昭和28)年にはテレビ放送も開始されたが、白米10kg680円、銭湯の入浴料15円程度であった時代に、テレビ受像機の価格は20万円から30万円程度と高価で一般には買えず、ラジオが一家の主役であり続けた。ラジオ受信機にしても、当時は物品税(「物品税法[ 昭和15年3月29日法律第40号]」に基づく物品別間接税で、1989[平成元]年4月1日の「消費税法[昭和63年12月30日法律第108号]」施行に伴なって廃止された)が高価で、メーカー製完成品を購入するよりは、秋葉原(世界有数の電気街として発展した、東京都千代田区の秋葉原駅周辺の地域)等から真空管(整流、発振、変調、検波、増幅等を行なうために用いる電気、電子回路用の能動素子)等の部品を買い集めて自作した方が安かったために、受信機を製作する人が多かった。彼らは「少年技師(後のラジオ少年)」とも呼ばれ、高度成長期の日本のエレクトロニクス産業の発展の基礎を作る要因の1つともなった。しかし、当時の第124代天皇、昭和天皇の第一皇男子で皇太子の明仁親王(現在の第125代天皇、今上天皇)皇太子明仁が、1959(昭和34)年に製粉業界最大手の製粉会社、日清製粉グループの経営者、正田英三郎の長女である正田美智子(現在の今上天皇の皇后)と結婚し、パレードのテレビ中継が行なわれたのをきっかけに、テレビ受像機が普及し始めたこと等から、ラジオは斜陽化の時代を迎える。1960年代になると、部品のトランジスタ(増幅、又はスイッチ動作をさせる半導体[電気電導性の良い金属等の導体、良導体と電気抵抗率の大きい絶縁体の中間的な抵抗率を持つ物質])の普及が進み、これを使ったトランジスタラジオの商品化や、さらにモータリゼーション(自動車が社会と大衆に広く普及し、生活必需品化する現象)により、カーラジオが普及する等、ラジオは一家に1台から1人に1台というパーソナル化の方向へ向かう。ラジオ放送は、家族をターゲットにした編成から、個人をターゲットにした編成へと転換していく。情報トーク番組や音楽番組が増えた他、ターゲットを絞った深夜放送も盛んになった。1970年代後半に、中東戦争(ユダヤ人国家イスラエルと、周辺アラブ国家との間での戦争)やオイルショック(原油の供給逼迫、及び原油価格高騰と、それによる世界の経済混乱)をきっかけとして、海外の国際放送を受信するBCL(放送、特に短波による国際放送を聴取して楽しむ趣味)ブームが中学生・高校生を中心に起こった。この時期には、日本向け日本語放送の充実を図る放送局も多く、時事ニュースに留まらず、その国の文化等の理解を深める上で、一定の役割を果たした。また、受信報告書を送ると受取れるベリカード(放送局が放送をしたことを聴取者に証明する受信確認証)の収集も盛んに行なわれた。さらに、送信方向が日本向けではない等、一般的には受信困難な放送を、工夫を重ねて受信しようとするマニアも増えた。これに応じ、受信周波数帯域の広いラジオ受信機、いわゆるBCLラジオが各社より発売され、第二次世界大戦後2回目の黄金期であった。しかし、日本からの海外旅行の一般化や、通信の自由化を遠因とする国際放送の縮小等で、BCLブームも終わりを遂げた。 1978(昭和53)年11月23日には国際電気通信連合(ITU)の取決めにより、AMラジオの周波数一斉変更(10kHz間隔→9kHz間隔。通称:9キロヘルツセパレーション)が行なわれた。1992(平成4)年には、コミュニティ放送(限られた地域での放送)が制度化され、都道府県単位よりもかなり狭い地域を対象としたラジオ放送が行なわれるようになった。さらに、同じ1992(平成4)年には、AMステレオ放送が開始された。1995(平成7)年には、FM放送電波のすき間を利用して、音声と一緒に文字や図形等の情報を送る放送サービス、FM文字多重放送(いわゆる見て読むラジオ)もスタートする。1995(平成7)年1月17日の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)では、災害時における情報伝達メディアとしてのラジオの重要性がクローズアップされる結果となった。以降、各局とも災害への対応を重点に置くようになり、また、大都市圏には外国語FM局も開局する。2000年代には、インターネットラジオ(インターネットによる、主として音声で番組を配信するもの)の登場、さらに、衛星や地上デジタルラジオも加わり、従来のアナログラジオ放送と共に、ラジオの多様化が進んでいる。一方、メディアの多様化が起因となり、ラジオ離れの動きが顕著化し、それに伴なって広告費も減少し続けていることから、ラジオ局は厳しい運営状況を強いられている。また、その一方では、ラジオの送信システムは比較的簡単な構造で、仮に地震等で放送局が破壊されても、肩に担げる程度の大きさの小型送信機から放送することも可能である。これを活かし、大規模災害の発生時には、臨時災害放送局が開設されることがある。一部のラジオ放送局ではこの特長を利用し、自分以外の局員が全員操作できない状態になっても、1人いれば、全てを遠隔操作して放送が続けられるようになっている。2011(平成23)年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)以降、開局が盛んとなっている。なお、3月3日の「3」と「3」が、「耳(み[3]み[3])」と読めることに由来する「耳の日」に因んで、日本民間放送連盟ラジオ委員会が2008(平成20)年に制定した「民放ラジオの日」は3月3日とされている。民放局制作のドキュメンタリー作品の内、文化庁芸術祭賞、放送文化基金賞、ギャラクシー賞、日本民間放送連盟賞、日本放送文化大賞、ATP賞等の受賞作品は、民放各社との提携によりNHK教育テレビジョンやNHK BSプレミアム等の番組枠で放送されることがある。2007(平成19)年からは、日本放送協会(NHK)、民放を問わず、ドキュメンタリー番組の受賞作品が『ザ・ベストテレビ』として、NHK BSプレミアム(開始当初はNHK BS2)で毎年放送されている。また、2013(平成25)年6月29日からNHK BSプレミアムの「名作時代劇」枠では、TBS系列で放送された『大岡越前 第2部』(加藤剛主演、1971[昭和46]年、C.A.L.製作)を放送している。さらに、NHK-BSでの『美少女戦士セーラームーン』(テレビ朝日系)、『けいおん』(TBS系)、Eテレでの『日常』(再編集版)や『ラブライブ!』『ラブライブ!サンシャイン!!』等、民放で放送されたテレビアニメが、それぞれ放送されたこともある。また、アニメ制作会社、株式会社ウィットスタジオ制作によるアニメ『進撃の巨人』に関しては、第1期がBSプレミアムで放送された後に、新作(第3期)の放送権が各民放から移行した。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事