スズメの北摂三島情報局

2011/08/02 リニューアル 柴犬ハルがお伝えします

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

1962年 - 尹潽善が韓国大統領を辞任。
1963年 - イギリスのロックバンド『ザ・ビートルズ』初のアルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』が発売される。
1964年 - 国鉄(日本国有鉄道、現在の西日本旅客鉄道[JR西日本])大阪環状線西九条駅が高架化される。大阪駅 - 福島駅間の複線化により全線複線化が完成し、大阪環状線の環状運転が開始される。また、この日には、新今宮駅が開業する。
1965年 - 1960年代から1980年代にかけての約24年間に亘り、ルーマニア共産党政権の頂点に立つ独裁的権力者として君臨したニコラエ・チャウシェスクが、ルーマニア共産党総書記に就任。
1970年 - 第1回全日本女子プロボウリング選手権が開催され、第1回ボウリング女子プロテストでは2位合格の中山律子が優勝する。
1978年 - 電電公社(日本電信電話公社、現在の日本電信電話株式会社[NTT]、NTTグループの前身)が、光ファイバー(離れた場所に光を伝える伝送路)による海底ケーブル通信の実験に成功。
1985年 - 第1回エイズ調査検討委員会が、日本初の後天性免疫不全症候群(エイズ[AIDS]、ヒト免疫不全ウイルス[HIV]が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす免疫不全症)患者を認定。
1987年 - 北海道帯広市の帯広駅(根室本線から分岐)と北海道河東郡上士幌町の十勝三股駅とを結んでいた国鉄(日本国有鉄道、現在の北海道旅客鉄道[JR北海道])士幌線(路線距離
78.3km)がこの日限りで廃止。なお、北海道河東郡上士幌町内の糠平駅 - 十勝三股駅間は、1978年に列車運行を休止し、バス代行輸送へと切替えられている。
1990年 - 三月学運: 台湾の李登輝政権が学生の要求受入れを表明。
1993年 - アメリカの半導体メーカー、インテル社が、最初のプロセッサ(処理装置の総称)『Pentium(ペンティアム)』の販売を開始。
1994年 - アエロフロート航空593便墜落事故。ロシアの首都モスクワにあるシェレメーチエヴォ国際空港から中国南部にある香港の香港国際空港(啓徳空港、1998年7月5日閉港)に向かっていたアエロフロート・ロシア航空593便エアバスA310-308が、シベリア南西部(ロシア中南部)にあるアルタイ地方の針葉樹林に墜落。乗客63名、乗員12名の合わせて75名全員が死亡する。事故の原因は、パイロットが自分の子供を操縦座席に座らせて操縦桿を操作させ、パイロットが知らされていなかった自動操縦の解除コマンド(隠しコマンド)を子供が意図せず入力したことで、自動操縦システムが不具合を起こし、失速して機体の制御ができなくなったためとされる。
1994年 - 榎井村事件(1946年に香川県仲多度郡榎井村[現在の香川県仲多度郡琴平町の一部]で発生した殺人事件)で、高松高等裁判所が再審無罪の判決。
1995年 - ソビエト連邦によって、1986年2月19日に打上げられた宇宙ステーション「ミール」に、宇宙滞在最長記録である438日間滞在していたロシアの宇宙飛行士ワレリー・ポリャコフが地球に帰還。
1995年 - 公証人役場事務長逮捕監禁致死事件、及び地下鉄サリン事件で、警視庁がオウム真理教(かつて存在した宗教団体であり、一般市民に向けて世界で初めてサリンという化学兵器を利用して大量殺戮を行なったことで、世界を震撼させたテロリズム行為を行なった組織でもある)に対する強制捜査を行なう。
1995年 - 1976年2月に発覚した、アメリカの航空機製造大手のロッキード社(現在はロッキード・マーティン社)による、主に同社の旅客機の受注を巡って明るみに出た世界的な大規模汚職事件、ロッキード事件で、ロッキード社から大手総合商社丸紅を経由して田中角榮首相(当時)に5億円が渡ったとされる「丸紅ルート」の裁判で、最高裁判所が田中角榮元首相への5億円の贈賄を認定し、有罪が確定する。
1997年 - 東日本旅客鉄道(JR東日本)秋田新幹線盛岡駅 - 秋田駅間が開業。
1997年 - 北越急行ほくほく線犀潟駅 - 六日町駅間が開業。北越急行ほくほく線は、第三セクター方式の鉄道会社、北越急行が運営する路線距離59.5kmの鉄道路線である。北陸方面への短絡線の役割を有する国鉄(日本国有鉄道、現在の東日本旅客鉄道[JR東日本])の予定線「北越北線」として1968年に着工され、紆余曲折の末、北越急行によって、この日より営業を開始する。開業以来、首都圏と北陸を結ぶメインルートの1つとして、上越新幹線と連絡する列車の運行が行なわれており、1998年12月からは特急「はくたか」において、日本の在来線最高速度となる時速150km運転が、2002年3月以降は、さらに高速となる時速160km運転が開始される。2015年3月14日に北陸新幹線の長野駅 - 金沢駅間が延伸開業すると、首都圏と北陸を結ぶメインルートとしての役割は北陸新幹線に譲ることとなり、特急「はくたか」の運行は終了する。一方で、2012年時点で「はくたか」利用者の約22%から約25%が、北陸新幹線でも乗換えを要する直江津で乗降しており、ほくほく線経由の需要も見込めることから、特急「はくたか」に代わる速達列車として、越後湯沢駅 - 直江津駅間を約1時間で結ぶ「超快速スノーラビット」を1日1往復運転開始する。「はくたか」の廃止により、ほくほく線内の全列車がHK100形(最高速度時速110km)により運行されることになったため、最高速度時速160kmで運行する列車は無くなっている。
1997年 - 新幹線500系電車が運行を開始。新幹線500系電車は、西日本旅客鉄道(JR西日本)が、自社の路線である山陽新幹線の航空機に対する競争力強化の一環として、より一層の高速化を目指して開発した新幹線電車である。当初は、山陽新幹線区間限定で「のぞみ」運用を中心として運転を開始し、山陽新幹線区間での営業最高速度は時速300kmを実現。その後、東海道新幹線での営業運転を開始する。2007年に最高速度時速300kmの高速性能と居住性の両立を目指した後継車両として、東海旅客鉄道(JR東海)・西日本旅客鉄道(JR西日本)の両社が共同開発したN700系が営業運転を開始し、同系の増備により所要数が充足されたことから、500系は2010年2月28日に定期「のぞみ」運用から離脱する。
1997年 - ヘール・ボップ彗星が地球に最接近。ヘール・ボップ彗星は、約18ヶ月もの期間に渡って肉眼で見ることができた、おそらく20世紀で最も広く観測されたであろう彗星となる。彗星核が約50kmと極めて大きく、過去に観測された彗星の中でも最大級であると推定されている。また、公転周期は約2,530年と考えられている。
2006年 - 主にトラック・バス等の商用車を製造する自動車メーカー、日野自動車が、路線用小型ノンステップバスの新型『日野・ポンチョ』の製造を開始する。
2008年 - 2008年中華民国総統選挙が行なわれ、中国国民党の馬英九候補が当選する。
2016年 - 2016年ブリュッセル爆発(ブリュッセル連続テロ事件)。ベルギーの首都ブリュッセルのブリュッセル空港、及びマールベーク駅で、連続爆破テロ事件が発生する。犯人3名を含む35名が死亡し、198名以上が負傷する惨事となる。 
2017年 - 2017年ロンドンテロ事件。イギリスの首都ロンドン中心部にあるシティ・オブ・ウェストミンスターで、男がウェストミンスター橋上で自動車を暴走させて2名を殺害した後、車を捨ててウェストミンスター宮殿敷地内へと侵入し、その後、非武装の警官を刺殺して、構内で別の警察官2名によって射殺される。事件後、負傷者の内の2名が死亡し、実行犯も含めると計6名の死亡者が出ている。

開く トラックバック(0)

0238年 - 軍人皇帝(主に配下の軍事力を背景に廃立された諸皇帝)のゴルディアヌス1世(マルクス・アントニウス・ゴルディアヌス・センプロニアヌス・ロマヌス・アフリカヌス・アウグストゥス)と、その息子ゴルディアヌス2世(マルクス・アントニウス・ゴルディアヌス・センプロニアヌス・ロマヌス・アフリカヌス)が、共同皇帝としてローマ皇帝への即位を宣言。
0650年 - 日本の元号が、最初の元号の大化から白雉に改元される。なお、白雉5年10月10日(ユリウス暦654年11月24日)、第36代天皇、孝徳天皇が崩御した時より元号は使用されなくなり、それ以降、686年に朱鳥と定められるまで、元号なしの時代が続くこととなる。
1185年 - 治承・寿永の乱: 屋島の戦い。讃岐国屋島(現在の香川県高松市の東北部に所在)に布陣する平家軍を、源氏軍が急襲して撃破する。
1765年 - 13植民地(イギリス第一次植民地帝国の北アメリカ植民地)を対象とする印紙法(法課税物件に該当する一定の文書[課税文書]に対して課される印紙税を定めた法)が、イギリス議会を通過する。
1804年 - 日本の元号が、享和から文化に改元される。
1809年 - カール13世がスウェーデン王に即位。
1833年 - ドイツ諸邦国がドイツ関税同盟(外部に対する関税に、共通の制度を適用することを伴なう自由貿易地域)を締結する。施行は翌年元日より。この関税同盟は、ドイツ諸邦国の国家主権を否定するものではなかったが、政治的統一に先立ってドイツの経済的統一を促したため、ドイツ統一の下地となる。
1888年 - イングランドのフットボールリーグが発足。フットボールリーグは、イングランドのプロサッカーリーグで、プレミアリーグ(実質1部リーグ)に次ぐ、2部リーグから4部リーグの3つのディビジョンに所属するチームで構成されるリーグ戦のことである。元々は、プレミアリーグ以前のイングランドにおけるトップリーグも含まれており、サッカー界で行なわれた最初のリーグ戦形式の大会である。
1896年 - 日本銀行本店が落成。日本銀行本店本館は、設計の頑丈さから「辰野堅固」と呼ばれた建築家、辰野金吾の設計で、柱やドーム(丸屋根)等のバロック様式(建築そのものだけではなく、彫刻や絵画を含めた様々な芸術活動によって空間を構成し、複雑さや多様性を示すことを特徴とする建築様式)に、規則正しく並ぶ窓等のルネサンス様式(古代ギリシャ・ローマ様式を復興させ、シンメトリー[左右対称]とバランス[調和]を重視した建築様式)を取入れた「ネオバロック建築」で、ベルギーの中央銀行を手本にしたとされている、明治時代の近代洋風建築を代表する作品で、1974年には、国の重要文化財に指定されている。また、上空から見ると『円』に見えることでも有名である。なお、辰野金吾が得意とした、赤煉瓦に白い石を帯状に巡らせるデザインは、ヴィクトリアン・ゴシック(ゴシック建築とは、12世紀のフランスで考案された建築様式で、19世紀後半のヴィクトリア女王がイギリスを統治していた時期に現れた、ゴシック建築等の過去と、未来とを混合したスタイルが特徴の建築様式)に影響を受けたもので、辰野式建築として知られ、明治から大正にかけて多くの建築家がこれを模倣している。
1897年 - 初の日本人の経営、編集による日刊英字新聞『ジャパンタイムス』が創刊される。『ジャパンタイムス』は、現存では日本最古の英字新聞社で、販売網は朝日新聞社系列(愛知県・岐阜県・三重県では中日新聞社系列)である。
1898年 - 第二次世界大戦前の五大新聞の1つ『時事新報』(創刊者は福沢諭吉)が、社説『支那人親しむ可し』を掲載する。著述家・啓蒙思想家・教育者、福沢諭吉が執筆したとされているが、原文は無署名である。1885年の『時事新報』の社説『脱亜論』と同様、元々は無署名の社説のことであるが、1934年にジャーナリストの石河幹明編『続福澤全集』第5巻(岩波書店)に収録されたため、以来、福沢諭吉が執筆したと考えられるようになる。1895年、日本は日清戦争の勝利により、清国から遼東半島(現在の中国東北部に所在)を獲得する。一方、4月23日には、フランス・ドイツ帝国・ロシア帝国の3国は、日本に遼東半島を返還するように勧告(三国干渉)。そして、5月4日に日本は勧告を受諾し、清国はこの勧告を歓迎する。その結果、清国ではかえって西洋列強による影響が強くなる結果を生み出し、西洋諸国への警戒心が高まる。それに反比例して、清国が日本に対する友好的な態度を取るようになり、150名の留学生を日本に派遣するまでになる。執筆者は、このような機会に、日本は清国と友好を深めるべき、と主張している。 
1907年 - アフリカ大陸最南端に位置する、南アフリカのインド移民を制限する法律に反対して、インド出身の弁護士マハトマ・ガンディーが不服従運動を開始する。
1908年 - 「出歯亀事件」。東京都豊多摩郡西大久保村(現在の東京都新宿区大久保)で銭湯帰りの女性が殺害され、「出歯の亀吉」こと植木職人の池田亀太郎が犯人として逮捕される。この事件は「出歯亀事件」として同時代人の心に焼付き、池田亀太郎のあだ名である「出歯亀」は、転じて好色な男性を指す蔑称として扱われ、さらには、のぞき常習者等、変質者・色情狂等の意味で使われるようになる。
1916年 - 軍事力を背景に、地方に割拠する集団である軍閥の1つ、北洋軍閥の総帥、袁世凱が中華帝国(1915年末から1916年初めまで続いた中国の短命政権)皇帝を退位。
1919年 - シベリア出兵: イワノフカ事件。シベリア出兵中の日本軍が、抗日パルチザン(日本軍に対して、自発的に武器を取って戦う、正規軍に入っていない遊撃兵)に対する掃討作戦の過程で、ソビエト連邦(現在のロシア連邦)東南部に位置するアムール州ブラゴベシチェンスク郊外のイワノフカ村において、多数の民間人(約300名弱とされる)を殺害する。
1925年 - 社団法人東京放送局(現:NHK[日本放送協会]放送センター)がラジオ試験放送を開始。
1933年 - ドイツ南部にあるバイエルン州で、ナチス・ドイツ(国家社会主義ドイツ労働者党支配下のドイツ国)初の強制収容所であるダッハウ強制収容所の運用が開始される。1933年から1945年にかけて、ナチス・ドイツは約2万ヶ所の収容所を開設し、数多く(数百万名ともされる)を投獄する。収容所はさまざまな目的に使われ、その中には、強制労働収容所、一時的な中継地点としての通過収容所、そして、大量殺戮を主な目的、又は唯一の目的とした絶滅収容所が含まれている。
1939年 - 第二次世界大戦: ドイツの要求により、バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中で最も南の国、リトアニアが、バルト海(ヨーロッパ大陸本土とスカンディナビア半島とに囲まれた海域)に面した海港都市メーメル(現在は、リトアニアの「クライペダ」)を割譲。
1942年 - 第二次世界大戦: 第2次シルテ湾海戦。
1945年 - アラブ連盟が創設される。アラブ連盟は、アラブ世界の政治的な地域協力機構で、本部はエジプトの首都カイロにある。加盟は22(21ヶ国と1機構)。
1957年 - 男声コーラスグループ『ダークダックス』がデビュー。『ダークダックス』のメンバー数は、活動の中心時期には長らく4名で、1987年には、メンバーが変わらない日本で最も長期に亘って活動するコーラスグループとして、『ギネス世界記録』(イギリスの出版社、ギネスワールドレコーズが、地球上のあらゆる世界一を探求し、認定・登録してきた記録集)に認定される。その後、メンバーの逝去に伴ない、現在は1名(遠山一、愛称はゾウさん)となっている。

開く トラックバック(0)

3月22日 誕生日 その2

1946年 - ルーディ・ラッカー、SF作家
1948年 - アンドリュー・ロイド・ウェッバー、作曲家
1948年 - 山根基世、アナウンサー
1948年 - ジョニー広瀬、マジシャン
1948年 - 吉見佑子、音楽評論家
1949年 - ファニー・アルダン、女優
1949年 - 逢川亮子、声優
1949年 - 山田明郷、俳優
1950年 - 堀内正美、俳優
1950年 - 高坂真琴、声優
1951年 - チャールズ・デビッド・アリス、分子生物学者
1952年 - 結城哲郎、アナウンサー
1952年 - 吉田栄勝、レスリング
1953年 - 松井道夫、経営者(松井証券)
1953年 - 笠間雄二、プロ野球
1954年 - 亀田邦宏、ミュージシャン(ピアニスト・キーボード奏者)
1954年 - 真島茂樹、ダンサー・振付師・俳優・歌手
1955年 - レナ・オリン、女優
1957年 - 水樹和佳子、漫画家
1957年 - 田村勲、プロ野球
1958年 - 古賀潤一郎、政治家
1958年 - 糸数勝彦、プロ野球
1959年 - 矢野明仁、タレント
1959年 - マシュー・モディーン、俳優
1959年 - 大島典子、アナウンサー
1959年 - 幸田直子、女優・声優
1959年 - 山口美央子、シンガーソングライター
1959年 - 春海四方(晴海四方)、俳優
1960年 - 荻原修、プロ野球
1960年 - 高橋直樹、作家
1961年 - 大貫健一、アニメーター・キャラクターデザイナー
1961年 - 飴屋法水、現代美術家・劇作家
1962年 - 北野勇作、SF作家
1962年 - 片岡光宏、プロ野球
1962年 - 古手川伸子、女優
1963年 - リッチ・モンテレオーネ、プロ野球
1964年 - 金子隆博(フラッシュ金子)、ミュージシャン(サクソフォーン奏者) 《米米CLUB》
1964年 - 西沢大良、建築家
1964年 - 若山かずさ、演歌歌手
1965年 - 石川小百合、アナウンサー
1966年 - 渡辺伸彦、プロ野球
1966年 - 大矢浩一、囲碁
1967年 - マリオ・チポリーニ、自転車ロードレース
1968年 - 前川和也、サッカー
1968年 - ユーロニモス、ヘヴィメタルミュージシャン 《Mayhem》
1969年 - 有働由美子、アナウンサー
1970年 - 橋本美加子、歌手・タレント
1970年 - ファン・ヨンジョ 〈黄永祚〉 、マラソン
1970年 - 綾乃なつき、作家
1970年 - レオンティエン・ファンモールセル、自転車ロードレース・自転車トラックレース
1971年 - 竹若拓磨、俳優
1972年 - 堀井美香、アナウンサー
1972年 - コリー・ライドル、米プロ野球
1972年 - エルビス・ストイコ、フィギュアスケート
1972年 - 高橋信夫、プロ野球
1973年 - 黒崎えり子、ネイリスト
1973年 - 石原洋三郎、政治家
1973年 - 秋葉直樹、プロ野球
1974年 - ジェイソン・フィリップス、プロ野球
1974年 - マーカス・キャンビー、バスケットボール
1975年 - 中村豪、タレント 《やるせなす》
1976年 - リース・ウィザースプーン、女優
1976年 - 丹下博喜、ミュージカル俳優
1977年 - 武田テキサス、タレント 《弾丸ジャッキー》
1977年 - 熊谷奈美、タレント
1978年 - 山田愡辧▲丱疋潺鵐肇
1979年 - 馬場裕之、タレント 《ロバート》
1979年 - 吉岡毅志、俳優
1979年 - 高木りな、女優
1979年 - Sachi、モデル
1980年 - 柳明日香、タレント
1981年 - 木村はるか、声優・脚本家
1982年 - 諸岡奈央、空手道
1982年 - 米田奈美子、タレント
1984年 - ピオトル・トロヒョウスキ、サッカー
1984年 - 碧風羽、イラストレーター
1984年 - 八十島弘行、タレント 《2700》
1984年 - ジョー・スミス、米プロ野球
1986年 - 小林由佳、空手道
1986年 - ジャン・ウェンショウ 〈張文秀〉 、陸上競技/ハンマー投
1987年 - アイク・デービス、米プロ野球
1987年 - アルトゥーロ・ビダル、サッカー
1988年 - 木嶋のりこ、タレント
1988年 - 大石参月、モデル
1988年 - コンスタンチン・ベズマテルニフ、フィギュアスケート
1989年 - 坂越由実子、歌手・タレント・女優 《hy4 4yh》
1989年 - 鈴木千絵里、タレント
1989年 - 中村恭平、プロ野球
1990年 - パトリック・ドープラ、サッカー
1991年 - ダニー・ウェブ、モーターサイクルロードレース
1993年 - 横山和生、騎手
1994年 - 田辺修斗、タレント
1994年 - 白又敦、俳優
1994年 - エドウィン・ディアス、米プロ野球
1997年 - 鈴木博志、プロ野球
1998年 - 川後陽菜、タレント 《元 乃木坂46》
2001年 - 小宮りりか、子役・女優

開く トラックバック(0)

1212年 - 後堀河天皇、第86代天皇
1394年 - ウルグ・ベク、ティムール朝(ティムール帝国)第4代君主
1459年 - マクシミリアン1世、ハプスブルク朝神聖ローマ帝国第3代皇帝
1599年 - アンソニー・ヴァン・ダイク、画家
1609年 - ヤン2世、ポーランド=リトアニア共和国第6代国王
1785年 - アダム・セジウィック、地質学者
1797年 - ヴィルヘルム1世、第7代プロイセン王・ドイツ帝国初代皇帝
1797年 - エドゥアルト・ガンス、法学者
1799年 - フリードリヒ・ヴィルヘルム・アルゲランダー、天文学者
1811年 - 佐久間象山、信濃国松代藩藩士・兵学者・朱子学者・思想家
1821年 - 花柳壽輔 〈初代〉 、日本舞踊家
1824年 - チャールズ・ファイザー、化学者・実業家・ファイザー(アメリカ合衆国の製薬会社)共同創業者
1837年 - 成島柳北、文学者・ジャーナリスト
1846年 - ランドルフ・コールデコット、イラストレーター・美術家
1852年 - オタカール・シェフチーク、ヴァイオリニスト
1867年 - 山崎朝雲、彫刻家
1868年 - ロバート・ミリカン、物理学者・ノーベル物理学賞受賞者
1868年 - アルフレッド・ファウラー、天文学者
1869年 - エミリオ・アギナルド、革命家・政治家・フィリピン共和国初代大統領
1875年 - 小倉正恒、内務官僚・経営者(住友財閥[住友家の同族支配による巨大な独占企業集団])・第6代住友総理事・財政家・政治家
1875年 - フリードリヒ・フォン・ヒューネ、古生物学者
1880年 - 小磯國昭、陸軍軍人・政治家・第41代首相
1881年 - ハンス・ウィルスドルフ、実業家・ロレックス(スイスの腕時計メーカー)創業者
1883年 - 大錦大五郎(一代頭取[年寄]大錦)、大相撲・第28代横綱
1887年 - チコ・マルクス(マルクス兄弟の長男)、喜劇俳優
1887年 - 中山晋平、作曲家
1887年 - 小村雪岱、日本画家
1888年 - 山岡孫吉、実業家・ヤンマーディーゼル(現:ヤンマー[建設機械・農業機械・船舶製品等のメーカー])創業者
1889年 - 小原英一、運輸官僚・経営者(南海電気鉄道)
1894年 - 山内義雄、フランス文学者
1896年 - 賀竜、陸軍軍人・政治家
1897年 - 牛原虚彦、映画監督
1899年 - エリアナ・パヴロワ、バレリーナ
1902年 - 楢橋渡、政治家
1904年 - 山花秀雄、労働運動家・政治家
1907年 - ジェームズ・ギャビン、陸軍軍人
1908年 - ジャック・クロフォード、テニス
1909年 - ネイサン・ローゼン、物理学者
1911年 - 田畑茂二郎、国際法学者
1911年 - 安井謙、政治家
1912年 - カール・マルデン、俳優
1912年 - 孝壽芳春、実業家・芳文社(漫画雑誌中心の出版社)創業者
1913年 - ルー・ワッサーマン、経営者(ユニバーサル・スタジオ[アメリカの映画会社])
1914年 - 丸山眞男、政治学者・評論家
1915年 - 濃人渉、プロ野球
1915年 - ジョン・マコーネル、平和運動家
1916年 - ネイサン・クライン、医学者(精神科医)
1916年 - 辻昶、フランス文学者
1917年 - 村上一治、プロ野球
1920年 - 猿橋勝子、地球科学者
1920年 - 小津次郎、英文学者
1920年 - 岸田純之助、科学ジャーナリスト
1922年 - 秋山加代、エッセイスト
1923年 - マルセル・マルソー、パントマイム(身体や表情で表現する演劇の形態)アーティスト
1924年 - アレン・ニューハース、実業家・USAトゥデー(アメリカの一般大衆紙)創業者
1926年 - 野口渉、プロ野球
1926年 - 久米三四郎、化学者
1927年 - アーネスト・サトウ、音楽講師・音楽評論家・写真家
1928年 - 立間祥介、中国文学者
1928年 - エリック・ドナルド・ハーシュ、教育学者
1929年 - 草間彌生、彫刻家・画家・作家
1930年 - スティーヴン・ソンドハイム、作詞家・作曲家
1931年 - ウィリアム・シャトナー、俳優 
1931年 - バートン・リヒター、物理学者・ノーベル物理学賞受賞者
1931年 - 花柳芳次郎 〈5代目〉 、日本舞踊家
1933年 - ミシェル・イダルゴ、サッカー
1933年 - アボルハサン・バニーサドル、政治家・イラン=イスラム共和国初代大統領
1933年 - 香西泰、経済学者
1933年 - 円子宏、プロ野球
1934年 - 大橋巨泉、放送作家・タレント・政治家
1934年 - 石田守良、脚本家
1935年 - 森田健、ボクシング
1935年 - 新間寿、プロレスプロモーター・経営者(プロレス団体 WWF[World Wrestling Federation、現:World Wrestling Entertainment])
1937年 - 村川透、映画監督
1937年 - アルミン・ハリー、陸上競技/短距離
1937年 - 福生武(黒岩学了)、作家
1940年 - 富樫雅彦、ミュージシャン(ジャズパーカッショニスト)
1940年 - ハイン・S・ニョール、産婦人科医・俳優
1941年 - 安恵照剛、将棋
1941年 - ブルーノ・ガンツ、俳優
1941年 - 奥地圭子、教育者
1942年 - 岩口昭三、競艇
1943年 - ジョージ・ベンソン、ミュージシャン(ギタリスト)・歌手  
1943年 - キース・レルフ、ミュージシャン 《元 The Yardbirds》 
1943年 - 桂枝助、落語家
1944年 - 大塚博堂、シンガーソングライター
1944年 - 高橋順子、詩人
1944年 - 鈴村和成、フランス文学者

開く トラックバック(0)

3月22日 記念日 その4

国際連合水の日/世界水の日/地球と水を考える日(World Water Day)。
国際連合が制定した国際デー。1992(平成4)年、南アメリカ東部に位置するブラジル南東部のリオデジャネイロで開催された、環境と開発に関する国際連合会議(国際連合環境開発会議、地球サミット)のアジェンダ21(21世紀に向け持続可能な開発を実現するために、各国及び関係国際機関が実行すべき行動計画)で提案され、翌1993(平成5)年の国際連合総会で3月22日を「世界水の日」とすると決議されて定められた。国際連合は加盟国に対して、この日に各国で活動を企画するよう薦めており、水に関連する取組みを行なう国際連合機関も様々な企画を催している。国際連合加盟国以外にも、数々の非政府組織(NGO)が水に関連した活動を催している。環境と開発に関する国際連合会議(国際連合環境開発会議、地球サミット)の開催後、「生物多様性(生態系・生物群系、又は地球全体に、多様な生物が存在していること)」「生物圏(生物が存在する領域)」といった用語が、各国の主要機関に認知され、一般にも知られるようになった。また、さまざまな地球環境問題や、生態系、絶滅危惧種等に対する一般の関心が高まる契機ともなった。この会議は、次の気候変動枠組条約(地球温暖化問題に対する国際的な枠組みを設定した条約)に関する議定書(条約に対して付けられる名称の1つ)「気候変動に関する国際連合枠組条約の京都議定書(京都議定書、平成17年条約第1号)」に向けての橋渡しとなった。但し、この会議で採択された合意の中でも、貧困問題や自然環境保全等の問題は、まだ十分には解決されていない。なお、限りある水資源を大切にしようと、国土庁(中央省庁再編の実施に伴ない、運輸省、建設省、北海道開発庁と統合されて国土交通省となる)が1977(昭和52)年に閣議了解を得て設けた記念日、「水の日」は8月1日とされ、8月は1年でも水の使用量が多い月なので、この日から1週間を「水の週間」として、国民1人1人が水の有限性、水の貴重さを理解し、併せて、ダム等の水資源開発の必要性を啓蒙するために制定されている。日本では、3月22日の「国際連合水の日/世界水の日」は、世界的な観点からもう一度、水の貴重さ、大切さについて、世界中の人々と一緒に見つめ直す「地球と水を考える日」となっている。水は、人間の生活や産業にとって欠かすことのできない、最も重要な資源と言える。水それ自体は地球上に膨大な量が存在するものの、その約97%は海水であり、さらに、残りの約3%の淡水の内の約70%は極地等の氷山、氷河であり、実際に通常利用可能な淡水は、河川や湖、地下水等、全体の1%程に過ぎない。それらの淡水は、雨水に由来するものであり、元々降水量の少ない地域では、利用可能な水の量も少ないため、旱魃も発生し易く、多くの人々が水不足に悩まされている。また、水は野生の動植物にとっても不可欠なものであり、水の減少によって生態系の破壊も起こっている。その一方で、雨の多い地域では集中豪雨で洪水が発生したり、多量の雨によって土壌が流される等の被害も見られ、また、世界各地で水質汚染も問題となっている。日本では、降水量は世界平均の倍近くあるものの、人口密度も高く、1人当たりにすると世界平均に対し20%程であり、必ずしも水が豊富にあるとは言えない。また、日本は多くの仮想水(バーチャル・ウオーターとも呼ばれるもので、輸入される農作物や食料品の生産に必要な水の量を推定した数値であり、生産物の輸入によって水をも輸入していることになるという考え方でもある)の輸入をしており、それによって水の直接的な消費が抑えられている面もある。家庭での水の使用量は、国毎に著しく異なる。途上国の中には、「1日1人当たり数リットル」という国がある。その一方で、先進国では、「1日1人当たり数百リットル」という国が多く、途上国と先進国の間には大きな差がある。日本の家庭の使用量も、他の先進諸国と同様、最も高い部類に属する。都市では、都市で生活する者に、安全な飲料水をいかにして届けるかということは、都市を治める者、政治を行なうものにとって大きな問題である。江戸時代前期に建設された玉川上水は、かつて江戸市中へ飲料水を供給していた上水(上水道として利用される溝渠)であり、江戸の六上水の1つである。当時の江戸の上水道は、世界的に見ても、質が高かったと指摘されることは多い。途上国等では、現代でも水道が無い国が多い。毎日、水をバケツ等で家まで運ぶ地域もある。さらに、水源が遠いため、自力で長距離を歩かなければならず、その労働に当たる子ども達が通学さえままならない地域もある。
感動接客の日。
東京都中央区銀座に本店、東京都新宿区歌舞伎町に東京本社を置き、外食産業向けのタッチパネル型のセルフオーダーシステムの企画、開発、販売、運営等を行なうアスカティースリー株式会社(現在の株式会社トランジット)が制定。日付は、3月22日の「3」と「22」で、「サ(3)ービスニ(2)コニ(2)コ」の語呂合わせから。「お客様が感動する接客を行なうことで、お客様はもちろん、その店で働く人達にも笑顔になってほしい」との願いが込められている。株式会社トランジットが開発したメニューシステムと、アプリケーションを連動させたタッチパネル式オーダーシステム「e-menu」(イーメニュー)は、オーダーテイク業務がカットされるため、料理を提供する際の細やかな説明、来客とのコミュニケーションや気配り等、接客サービスの質の向上が期待できる。日本程、料理の名前がバラエティーに富んでいる国は他になく、現在の料理名翻訳は、料理名の単純翻訳をすると表現に無理がきてしまい、結果として伝わらない翻訳になり勝ちである。また、全文章を翻訳する必要があり、翻訳時間とコストが掛かる為、日々メンテナンスを行なっていくのが難しいのが現状となっている。株式会社トランジットの提供するテーブルオーダーシステムでの翻訳は、食材の多言語化と調理方法、味覚をアイコンで表示することにより、料理のイメージがし易い工夫をしている。このシステムは、パスタ専門のレストラン「鎌倉パスタ」、居酒屋「和民」、焼肉としゃぶしゃぶの店「牛庵」、寿司店「すしざんまい」、居酒屋「つぼ八」、寿司店「海鮮三崎港」等、2,000以上の店舗において導入されている。 
さくらねこの日。
兵庫県芦屋市奥池南町に所在する、公益財団法人どうぶつ基金が制定。「さくらねこ」とは、不妊手術済みの印に、猫の耳先をさくらの花びらの形に少し切った「さくら耳」を持つ猫のことで、そのための「TNR活動」(トラップ = 捕獲・ニューター = 不妊手術をしてさくら耳に・リターン = 元の場所に戻す)と共に、多くの人に知ってもらうことが目的。公益財団法人どうぶつ基金では、行政による犬や猫の殺処分ゼロを目指し、不幸な命を減らすために無料不妊手術等を行なっている。日付は、3月22日の「3」と「22」で、桜の季節の3月と、猫の鳴き声を掛けた「さくら(3)ねこ = にゃんにゃん(22)」の語呂合わせから。公益財団法人どうぶつ基金は、「TNR活動」を実施することで、繁殖を防止し、「地域の猫」「さくらねこ」として、一代限りの命を全うさせ、「飼い主のいない猫」に関わる苦情や、殺処分の減少への寄与が期待され、広義の地域猫活動等の活動支援を行なっている。

開く トラックバック(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事