こもれびの庭

『 99歳父の庭 』 改め、『 こもれびの庭 』 といたしました。

最近の記事

すべて表示

2018 大和トウキ♪

大都会での生活が遠い昔のように感じる今日この頃。
つい1ヵ月前にマンハッタンを闊歩(?)していたなんて・・・夢を見ていたのかしらん

この2〜3日気温が下がらなかったので、大和トウキの掘り起こしができました。
イメージ 1
今年はかなり小さくて、ほとんどが200gに届きませんでした。
去年は大物(500g以上)が結構あって、市の広報誌に載せてもらったんですけどね。
宇陀の気候が大和トウキに適しているそうで、他の地域ではそんなに大きな根っこは採れないそうです。
大和トウキの根っこは薬事法で規制されており、一般には売買できません。
それで、市の方で一括して薬種問屋に卸されるのです。
私もほんの少し出荷しました。
でも、2往復のガソリン代を差し引いたら・・・・・残らない・・・・・・・・・何やってるんだか

まあ、それでも、自分用にはトウキの根っこを使っても大丈夫なので、それでヨシといたしましょう
大和トウキは万能で、様々な不調を解消してくれる優れものです
と言っても、流通してないから皆さんにお勧めできない。。。。
残念です

去年の秋に播種した苗床の様子を、寒冷紗をめくりあげて見てみました。
イメージ 2
2重に覆ってあるおかげで、寒さを防げているようです。
すくすく育っているのが嬉しくて〜〜〜
イメージ 3
この小さな苗が倍くらいに育った4月頃に定植。
それから8ヵ月以上を経て、掘り上げとなります。
薬事法から離れた葉っぱの部分は誰でも自由に使うことができ、いろんな商品が開発されています。
今年も葉っぱを使う目的で、三分の一ほどは掘り起こさずにそのまま
イメージ 4
こちらの寒冷紗は一重です。
一重だと外気とあまり変わらないから、新芽はそれほど出ていませんでした
イメージ 5
先日、根っこの出荷の時に出会った女性は、「去年の夏、葉っぱは6㎏出荷した」っておっしゃってたけど・・・・一人で栽培して、葉っぱを6㎏出荷というのはすごすぎる
私は出荷してません
「農家さん」というのはそれだけやらないといけないのだ・・・・と改めて自分の根性のなさを思い知ったのでした。

様々な農作物を発酵させてくださる方の協力で、発酵大和トウキ葉ができまして
発酵トウキ葉と発酵金ゴボウと発酵ニンニクと発酵玄米と発酵キヌアの黒粥 作ってみました
「商品開発に協力」という名目で、新製品をいただいてます
イメージ 6
お漬け物は発酵玄米と餅米と麹で作った自家製べったら漬け
去年は発芽玄米で作っていたけど、発酵玄米の方が楽ちんです
自家製チリメン山椒を少し入れて、味を調整。
めちゃくちゃおいしくて、発酵黒粥にはまってしまいました〜〜

これ、どう見ても商品にはできませんよね




.


みんなの更新記事