全体表示

[ リスト ]

 
「ここにいちゃダメだ 部屋から出よう」
私の足元にぴったりくっついて離れない
お嬢を見て、逃げようと思った瞬間
「ドォンドォンドォン」という揺れの間隔が
 
「ド ド ド ド ド」
急に短く、強くなった
 
「死ぬ」
直感的に思った
 
咄嗟にお嬢を抱き、歩き出すものの
ほんの数歩が歩けない
真っ直ぐ歩くつもりがガクっと膝をつく
 
廊下に出ると
戸棚の扉は開き、頭上から土鍋やフライパンが降る
ラックは倒れ、足元には炊飯ジャーやトースターが転がり
電子レンジの上を歩いて逃げた
 
「どうしよう 1階まで下りようか?」
駐車場は何もなくて安全だけど4階から
お嬢を抱いたままでは転ぶ危険が大きい
ここで私が足をくじいたり、骨折したらどうなる?
お嬢は?
 
階段を下りることは諦め
ひたすら揺れが弱まるのを玄関先で待ちながら
頭の中は何を持って逃げるか?
それしか考えていなかった
 
 カゴ(お嬢のキャリーバッグ)
 お金
 フード
 
ひたすらこの3つを呪文のように唱え
一瞬、揺れが弱まったのを見計らい部屋へ戻ったけれど
カゴはガレキの一番下に埋もれていた
 
強い揺れの中、お嬢を片手に抱いたまま
掘り出すのは無理・・・・どうしようか・・・・
すると、ぽっかり出来た空間が目に入った
 
いつもは物が置かれていたキュリオスケースの上
壁との隙間にきっちり挟まれ倒れる危険も
物が落ちてくる危険もない安全な空間は
丁度、お嬢分だけあった
 
お嬢をそこへ乗せようと私の体から引き離すと
鳴いて嫌がり、乗せた後も私の所へ戻ろうと
飛び降りる仕草を何度も見せた
 
「大丈夫!すぐ見つけるから!大丈夫!」
飛び散った本や鞄の下からカゴを引っ張り出し
階段の踊り場で、お嬢をカゴに入れた
 
「ここが今のところ一番、安全」
そう確認すると、また揺れる部屋へ戻り
お金と、お嬢のフードを探した
どちらも掘り返さないと見つけられない
 
コンタクトレンズや家の鍵など小さな物は
とてもじゃないけど探し出せない
鍵をかけずに部屋を離れるのは気がかりだったけど
一刻も早くここから離れたかった
 
その一心でお嬢を抱き、慎重に階下へ降りると
偶然にも一台のタクシーがやってきた
すぐさま飛び乗り、私は実家へ向かった
お嬢はずっと私の顔を見つめたまま無言だった
 
しかし助けを求めて向かった実家で
別な問題が待っていた
 
 
 
               つづく
 
 
 
イメージ 1
                津波で流されてきた乗用車
 
 

この記事に

閉じる コメント(8)

その時の地震の想像がつきません・・・。地震でそんなに揺れるなんて信じられない。弟が足が震えたと言ってました。
どれだけ凄い地震だったことか・・・。
津波で流された乗用車・・・。信じられません。
ホントご無事で何よりですよ。

2011/4/6(水) 午後 10:30 綾波マミ〜 返信する

顔アイコン

鈴蘭さんってば、大変だったんだね。
日々のニュースの映像は、映画かドラマのようで、信じられませんでした。
大変なショックだったでしょうね。
でも、お嬢ともどもご無事でなによりです。

2011/4/6(水) 午後 10:56 あやるる 返信する

>マミ〜さん
私も今まで大きな地震を何回か体験してきましたが今回の強い揺れは
全くの未体験ゾーンで本当に怖いの一言でした・・・
あーゆー非常時に冷静に判断できる人は普段から訓練を受けたり
何度も反復練習して体に覚え込ませた人じゃないと無理!と思いましたねー
だからこそ海沿いで助かった方達は凄い!の一言です!

2011/4/7(木) 午前 11:08 鈴蘭ゴウゴウ 返信する

>あやるるさん
わー!お元気でしたかー?地震は大丈夫でしたか?
私も初めて津波の映像を見た時、とても近所で起きたこととは信じられず
未だに本当のこととして受け止められません・・・
あれが近所で起きた津波だなんて!以前、住んでいた町で起きたことだなんて!
今回、助かった時まわりからも「よく逃げ出せたなー」と驚かれました。

2011/4/7(木) 午前 11:13 鈴蘭ゴウゴウ 返信する

顔アイコン

大阪でもすごく長い時間揺れてました!!!大阪であれなんですもの。。。震源地近くはわたしには想像もつかない揺れだったんでしょうね。。。
あの揺れの中とっさに行動できた鈴蘭さんすごい!母の愛のなせる業ですね!
この写真・・・鈴蘭さんの家の近所なんですよね・・・
ひどすぎる

2011/4/7(木) 午後 1:59 神とお呼び!! 返信する

大阪も地震、強かったんですね〜!
私の住む地域は仙台でも津波被害があった海辺から車で5分ほどの近さで揺れはハンパなかったです(-_-) でもお嬢がいなかったらずっと部屋の中で「どうしよう・・・逃げようか?でもおさまるかも〜?」とダラダラ悩んで被害に遭ってたかも。今、思えばお嬢がいたからこそ「逃げだそう!」と決めたってのもありますね。
毎日、何度も余震があって未だに気が休まらないのが困りものです!

2011/4/7(木) 午後 2:15 鈴蘭ゴウゴウ 返信する

顔アイコン

このすさまじい状況の中で、よくぞタクシーがいてくれました!
ご実家まで道も通っていて、これも幸運でしたね。
最近、やっと仙台のガスが復旧しはじめた、と新聞記事にありました。
鈴蘭5号さんちはガス来たかなあ・・・、と思って読みました。

2011/4/26(火) 午後 1:30 こにゃくう 返信する

本当に、あの時に偶然タクシーが来てくれなかったら実家には絶対、たどり着けなかったと思います。あのタイミングを外したら道は大渋滞、バスも電車も止まり、みんながタクシーを求めて乗れなかった人達は徒歩で何時間もかけて帰宅したようです。ウチもガスが1ヶ月後まで来なくてお風呂に入れず大変でした〜風呂好き日本人には耐えられない日々でしたねー(T_T)

2011/5/20(金) 午後 9:51 鈴蘭ゴウゴウ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事