俳句魂

ようこそ、俳句の世界へ。涼野海音の隠れ部屋。多作多捨。

落選人生

 このブログは、ほぼ他者の句の紹介なので、アクセス・キーワードの上位に、「藤井あかり」さんや「神野紗希」さんなど、有名な方の名前があがっている。  ここ数日は「角川俳句賞 落選」が上位になっていた。なんとも悲しすぎる現実。「晩年のゴッホおもへり星月夜」は、私が数年前に詠んだ句。「鳥渡る父の机に太宰伝」も数年前に某雑誌に発表した句。いずれもネガティブすぎるのか、その後の評判は聞かない・・・。「鳥渡る寂しきときはさみしき詩」も拙作だが、話題にすら上がらなかった句だ。(ここまで暗い句もなかなかないが、生きるとはこういうことではないか) 一方で拙句「別れたる日のどんぐりのあたたかき」は、まだ救いようがあったのか、多少なりとも反響があった句。(どこかの総合誌が「俳人と恋」など、企画してくれたときに、この句を使おうか、止めようか。すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

 眼科に寄って帰宅していると、高松も雪がちらついてきた。いいタイミングで帰宅できた。句集2冊、雑誌一冊がポストに。その中の1冊、読了。   すれ違ふ男に聞くは蛇のこと   鰯雲首にハモニカぶら下げて   黍嵐墳墓に出口なかりけり   赤牛の水飲みにくる桜かな   地平線見ゆる学校日脚伸ぶ   春風や虚子知る人に道を聞く ...すべて表示すべて表示

 真冬、執筆の中休み状態(といっても今年も角川俳句賞と俳壇賞には応募するのだが)。すでに芝不器男新人賞には応募した。受賞できても、できなくても、虚子のように日々、黙々と句作しているだけである。  最近はレベルが高いネット句会と不在出句でもう十分である。あとは文章の執筆や他のことに時間を使いたい。(でないと俳句の本を買うだけで金欠になる) ...すべて表示すべて表示

 どうにか昨日の風邪から回復。無事帰宅。こんどはコーヒーの飲み過ぎか、胃が痛くなり、紅茶に切り替え。だいたい私のような下戸が飲むものは限られている。私が下戸でなければ、おそらく牧水や放哉ぐらいの年に他界したかもしれず。   田の風のねばついてゐる天の川 中村遥   信心と違ふ祈りや鰯雲 中山幸枝   曲がりたる釘を直して生身魂 千坂希妙 ...すべて表示すべて表示


ブログリンク

更新

一羊俳句道場

平泉芭蕉祭全国俳句大会

今日は平泉の日。 平泉芭蕉祭全国俳句大会が中尊寺本堂を会場として行われました。 特別選者は西村和子さん。 梅雨の合間の快晴の一日でした。 ...

水無瀬に行こう♪

カウントダウンが始まって。

ご無沙汰しております。震災以降なんだかブログを留守にすることが多い日々でした。 書こうと思っては体力的に余裕がなくてほんとうに不義理をして...

★しなだしんのスケッチブッ句★俳句日記

青山(せいざん)俳句会

月刊俳句雑誌「青山(せいざん)」のサイトを開設。 http://shinadashin.wixsite.com/seizanhaikukai ...


.


みんなの更新記事