このショウナンゴムには
わたしなりの手間と息吹との交わし合いがあった木であります。

産地は指宿産。
彼は南園芸に買われ。8寸の化粧鉢から
MLサイズとしてデビュー。
ショウナンゴムの性質は生きるために環境ストレスがあると葉を落とします。葉落ちは彼の日照にたいする葉の絶対量を訴えています。切り込みを続けて葉落ちがしないように分枝に対する葉を調整しながらつかっていましたが、葉をかなり落とし始めたから一時は処分しようかと思いましたが
追い打ちをかけるように

そうです
ミカンコナカイガラムシがつき始めました。

オルトランデラックスを施すが葉色が変わり始めた為、消毒をやめて強剪定しました。

強剪定をすれば一年は使えません

しかし
春先に鉢ごと外の置き場に仮植し
肥料をあたえました。


ミカンコナカイガラムシも細かいブラシで取り続け、被覆肥料で徐々に追肥を与えました。

梅雨明けにみるみるうちに葉をつけ
お客様に鑑賞してもらえるまでになりました。

生きる力をいつも植物から学びます。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

フラのステージにて

ヤシの木
なるフェニックス

イメージ 1


しかしこういうときのみの
言わばモミの木的な感覚の木ですが
スポットを当てるとはえるんですよね

この記事に

開く コメント(0)

残暑厳しいです。

夏ですね。朝、温室にいくと昨日なかった蜘蛛の巣があったり、カラスアゲハか孵化したり、木の影から、ミリミリッと音を立て立てながら蝉が飛び立ったり、夏ならではのなかなかの風情ではあります。

昨日は静岡から見にきたいと
お客様がいらっしゃって
二時間くらい温室をウロウロして
リポコデュームや斑入りの株立ちモンステラや、マッサンゲアナ斑無しを選び買われて行きました。
レンタル専用の温室は、仕立てが途中だったり、切り込みかしてあったり、いわば不恰好なものばかりですが、それが人には魅力なものに見えるんだなと
おしえられました。
毎朝水やり、昼間はミスト冠水、
置き場所をこまめに変えたり、今日は農薬散布と、毎日息つく暇もありませんか、
生きる勢い、芽吹く勢い、水を多少やらなくても生きる観葉植物の生命力
それにきづくのは、山の頂上からの景色を
見た感動と同じです。南園芸の観葉植物レンタルのポリシーでもあります。
お買い上げいただいたお客様
ありがとうございました。
日々の管理
これからも頑張ります。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

色もボリュームも申し分ないハイビスカス

個人的には真っ赤なハイビスカスより
濃いピンクのハイビスカスが、すき


アブラムシがつくのでマメに害虫防除の農薬散布がだいじです。

夏がおわったら肥料をあたえると翌春葉が茂ります

この記事に

開く コメント(0)

多肉植物たちもレンタル可能なアイテムです。

イメージ 1

イメージ 2

ちなみにこのサイズで一か月864円
買えば3000円くらいのものを数ヶ月で傷む事を考えればお得です。
お問い合わせ下さいませ

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事