今日の出来事ロジー

4月27日は、北林谷榮 の命日です。

全体表示

[ リスト ]

8月4日、従軍慰安婦問題で謝罪(2)(文字数制限のため、分割掲載)

 7.軍の関与とは

 次に宮沢首相の訪韓直前に発表され、公式謝罪に追い込んだ「慰安所、軍関与示す資料」の朝日新聞記事はどうか。発見された文書とは昭和13年に陸軍省による「軍慰安所従業婦等募集に関する件」であり、その中では、

 民間業者が慰安婦を募集する際、〃撹諒解の名儀を悪用、⊇招概者、慰問者らを介した不統制な募集、M恐に類する方法を使って警察に取調べられるなどの問題が多発しているので、業者の選定をしっかりし、地方憲兵警察と連繋を密にせよと命じている。すなわち「関与」とは、民間の悪徳業者による「強制連行」を、軍が警察と協カしてやめさせようとした事なのである。

 この内容を「慰安所、軍関与示す資料」、「部隊に設置指示、募集含め統制・監督」とタイトルをつけて、一面トップで報道し、さらに次のような解説を載せた。

 従軍慰安婦。1930年代、中国で日本軍兵士による強姦事件が多発したため、反日感情を抑えるのと性病を防ぐために慰安所を設けた。元軍人や軍医などの証言によると開設当初から約8割は朝鮮人女性だったといわれる。太平洋戦争に入ると、主として朝鮮人女性を挺身隊の名で強制連行した。その人数は8万とも20万ともいわれる。

 これらをあわせ読めば、ほとんどの読者は、「日本軍が組織的に強制連行に関与した」と思い込むであろう。まことに巧妙なひっかけ記事である。

 この記事が、狙い済ましたように、宮沢首相訪韓のわずか5日前に発表されたことから絶大な効果を発揮した。ソウル市内では抗議・糾弾のデモ、集会が相次ぎ、日の丸が焼かれる中で、宮沢首相は事実を確認する余裕もなく、8回も盧泰愚大統領に謝罪を繰り返す。


 戦時性暴力の被害と加害の資料を集めた日本初の慰安婦資料館
      「女たちの戦争と平和資料館」が1日、東京都で開館。

 「人民網日本語版」2005年8月2日 (中国政府のホームページ)

 同資料館は、東京都新宿区西早稲田日本キリスト教会館内に設けられている。

 資料館の入口をくぐると、まず目に入るのは140人あまりの慰安婦の写真だ。資料館の展示スペースは113平方メートルのみだが、その小さな空間に女性国際戦犯の裁判の内容、9カ国の被害者と加害兵士の証言、専門家の証言、天皇・軍部・日本政府の責任に関する展示、慰安所の地図、日本の教科書から消えた慰安婦に関する記述などを集めており、内容は非常に豊富だ。資料館には更に慰安婦の研究に関する大量の蔵書がある。

 同資料館の西野瑠美子館長の話によると、資料館の構想は2000年12月、東京の九段会館で開かれた、「女性国際戦犯法廷」がきっかけだった。これは、慰安婦制度の責任者の刑事責任と日本政府の国家責任を審議した初の民衆法廷だった。慰安婦資料館の構想は、多くの市民の支持を得た。資料によれば、市民1760人が資料館のためにさまざまな支援を行い、数十万円を寄付した人や、年金から毎月千円を寄付した人、数千万円の遺産を寄付した人もいたという。

 資料館開館には多くの紆余曲折があった。場所の提供者が現れず、開館プランは何度も行き詰まった。最終的に場所の提供に同意したのは、日本キリスト教会館のみ。資料館の開館当日には、右翼関係者から何度も嫌がらせの電話がかかってきた。

 西野館長は、「政治家がしばしば慰安婦問題や南京大虐殺を否定する発言をするが、市民はこれらの歴史問題を理解していない為、何の反応も起こさない。このことは、資料館を設立する重要性をより高めている。隣国との友好関係を築くには、必ず戦争の罪を真剣に反省しなくてはならない。ただし、これにはまず真の意味で歴史を知ることが求められる」と話す。

 ※ 人間の正義など、つねにその裏側には不義がへばりついている。歴史的事実とは実に多面的で、さまざまな思惑が複雑に絡み合っている。一方が善で、他方が悪という局面は少なく、両者ともに悪にまみれて、今日に到るまでの歴史を紡いで来た。

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

遺骨問題全国集会 「韓国、朝鮮の遺族とともに」各地で開催 強制連行犠牲者の遺族ら悲痛な訴え 「遺骨手に祭祀したい」 http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2006/01/0601j0803-00001.htm 削除

2006/8/4(金) 午後 1:25 [ 通行人 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事