今日の出来事ロジー

6月17日は、 永井智雄 の命日です。

全体表示

[ リスト ]

 ◇ タイで遺骨収集した未帰還日本兵・藤田松吉氏逝去(1月26日)

 タイで旧日本兵の遺骨収集に尽力した未帰還日本兵。病院関係者によると、25日午前、肺炎のためタイ北部ランプン県の病院で死去、90歳、長崎市出身。

 長崎の造船所などに勤務した後、19歳で召集され第2次大戦で従軍、ビルマ(現ミャンマー)でのインパール作戦で負傷してタイ北部のチェンマイに逃れた。インパール作戦では3万人以上の日本兵が命を落とした。戦後、隣接するランプン県に定住、タイ国籍を取得。旧日本兵の遺骨収集に尽力し、自宅に慰霊塔を建立した。 NHKの「プロジェクトX」や今村昌平監督のドキュメンタリー作品にも取り上げられた。


イメージ 1
 ◇ 87歳の藤田松吉さんにお話しを聞かれた方の記録

 長崎出身の藤田さんは、第二次大戦時に中国、シンガポールと転戦し、インパール作戦に参加。その後、陸路でチェンマイまで逃げてきました。ビルマやメーホーンソーンの人の親切をよく覚えているということです。一旦は日本に戻られましたが、またタイに戻り、現在はお子さんとお孫さんと共にランプーン県パサーン郡のラムヤイの木に囲まれたお宅にお住まいです。周りの人にはルン・カム(カム=おじさん)と呼ばれています。

  戦後、厚生省による遺骨収集にも協力され、厚生省が収集を打ち切った後も、ご自分で慰霊塔を建て、今も戦友の霊を弔っておられます。「誰に言われて建てたわけじゃなし。お参りに来たい人はいつでも来たらいい、来たくなかったら来なくてもいい。誰でも心の中に神さまがいるだろうから」とおっしゃっておられました。ビルマで負傷した足が痛み、最近は歩くのもつらい、ということですが、長い時間お話させていただきました。

 「戦争の時は、まず広東におってな、その後タイ国への転戦命令があってタイに来た。タイで、シンガポールへ向かう命令を受け、マレーを通って陸路でシンガポールへ向かった。シンガポールのイギリス軍は、日本軍が侵攻するとあっという間に降参しよった。シンガポールでは2ヶ月くらい捕虜収容の任務についておった」

 「その後、日本へ戻る予定じゃったのが、今度はビルマへ行けという命令じゃ。陸路でマンダレーまで行き、そこからインパールへ向かったわけじゃ。しかし、えらい戦いじゃった。三方四方からイギリス軍に撃たれ、身動きできんのじゃ。夜間も物音をさせんように気を使った。足音ひとつさせて砲弾をくらったこともあった」

 「そんなある日、隊の中に砲弾が撃ちこまれ、どうしようもなくなり撤退命令がでた。わしは左足を貫通する怪我をしておったが、連隊へ行っても薬もないわけじゃ。木を杖代わりにして自力で逃げるしかなかった。ジャングルには、人の頭と同じくらいの大きさの頭をした大蛇が木の上からぶらさがっておったり、象やらトラやらいろんな獣がおった。お前らには何も悪さをせんぞ、だからお前らもわしに悪さをするな、と念じておった」

 「フーコンからなんとかサルウィン河までたどり着き、小舟で河を渡った。河を渡ったところで地元の人に牛を譲ってもらい、これも譲ってもらった米や野菜を担がせてタイを目指した。食料は本当に節約して食べた。そうしてやっとのことでメーホーンソーンについた。メーホーンソーンでは部落長の人がわしの足のけがを見て、自分の家で治療してくれ、随分と助かった。それからチェンマイに向かったわけじゃ。ドーンゲーオというところの病院に行ったが、ここでも薬もなにもなくて何もできんのじゃ。なんのために病院におるのかと、軍医につっかかったこともある。戦争の後、またここに戻ってきて今まで暮らしておるが、まぁよかったことも悪かったこともあるな。でも自分で選んだことじゃから後悔はないな」。


 ◇ 「NEWS23 特集・終わらない戦争」(2007.08.14)

 北部チャンマイに居る藤田松吉氏は「勝って帰ると言ったのに負けたので帰れなかった」と残留の理由を話した。また、ミャンマーとの国境に近いメーソッに暮らす中野弥一郎氏も同様に語る。そして「別に日本を恨んでなどいない。ただ、そういう時代だった」とも。しかし、藤田氏の上官だった高平三郎氏は「彼は足を負傷したので下がらせ、日本に帰ろうと言ったのに従わず、結果として逃亡した」と証言。 当然、脱走兵という事になれば帰還は難しい。まして、そのような者を出したとなれば「脱走兵の家」と責められる。

 藤田氏は取材に対して強がっておられるように見えた。彼は本当は故郷長崎に帰りたい。だからこそ、高平氏への手紙にそれを匂わせたが、決してテレビカメラに向かってはそのような事を言わなかった。それどころか「帰国したやつは根性無し」という意味合いの事まで言って見せたのであった。藤田氏の中で終わらない戦争は、彼をいつまでも大日本帝国軍人のままにしている。このある種特異な思想が、彼を益々孤独にしているのかも知れぬ。周囲のタイ人には恐らく理解できないのだろう。


イメージ 2

 ◇ 還らなかった日本兵、長崎の藤田松吉さん(2008-01-26)
   http://d.hatena.ne.jp/motokiM/20080126/p1

 「今の日本の連中とは話が通じん」、長崎県生まれの藤田松吉さん(89)は、初めて自宅へ伺った日にそう煙たがられた。以来、話が通じるようになるべく僕は、何度も足しげく通うことになった。僕が通いだした頃、なんでも同時期に藤田さんを取材していたあるカメラマンが、藤田さんの寝床の枕を踏みつけたまま撮影をしていたことがあったらしく、同じようにカメラを持った僕を「うろうろして、枕を踏むな。そこは寝るところ」と煙たがられた。

 自宅に伺うたびに、自宅内で撮影するなら500万バーツ(約1500万円)支払ってくださいというのが、挨拶代わりとなっていた。お支払いはできないですが撮影させてください…と言って話を続けていただくのが関の山で、初めの3日間は、戦争の経緯を説明されるのが精いっぱいであった。

 藤田さんの自宅は、タイ北部のチェンマイから乗り合いタクシー(ソンテオ)で1時間半ほど行ったランプーン県パサーン郡にある。チェンマイから藤田さんの自宅へ向かう時、乗り換えで立ち寄るランプーンの書店にて、置かれている読売新聞の国際版を必ず購入していた。新しい新聞を渡すたびに「最近の日本語は読みにくい」と難癖をつけられるのもまた挨拶になっていた。口は悪いが、それを嫌みに感じさせないのも藤田さんの魅力と感じた。

 在留証明書の書き換えなどで、毎年、藤田さんの家を訪れていたメーソットの中野さん曰く「奥さんが8年ほど前に亡くなられて以来、藤田さんはすっかり気を落とされました。元気にいろんな所を飛び回っておられたのですが、今は戦争で負傷された左足が動かず、家にこもりっきりになられましたね」と。

 藤田さんの自宅に行くときに目印となるのが、慰霊塔である。この慰霊塔には藤田さんの歴史が詰まっているため、長い説明が必要となる。

 昭和14年、長崎で馬車曳きをしていた20歳の時、2年間の兵役に志願で早く入って、早く兵役を終えようと思いたち、陸軍に志願入隊する。藤田さんは、長崎の大村で入隊し、久留米で菊兵団に編成された。配属された師団は、菊の紋章をかたどり陸軍の最強部隊とうたわれていた。日中戦争の時は広東省にいて戦果をあげた。大東亜戦争が始まり、マレーからシンガポールを転戦。「シンガポールではシナ人の女子供の虐殺に加わった。とにかく無茶苦茶だった。なにも作戦に自分から好んで進んでやるのではない、命令が下ったらそれに従うのが、軍隊というものじゃ」と語られる。

 2年間の兵役のつもりが、大東亜戦争が発動され兵役がずるずると長引く。昭和17年、ビルマのラングーンに送られた。昭和18年末、インパール作戦発動の前に、菊兵団4000人の将兵は北ビルマのフーコン作戦に投入される。

 蒋介石率いる国民党へ送られる膨大な物資は、東インドからビルマ北部を経由して中国の雲南省へ送られていた。いわゆる援蒋ルートを遮断することが、この作戦の目的とされ、菊兵団は、それまで負け戦を経験したことがなかった。 しかし、ビルマ北部フーコン付近にて風土病にやられ、マラリアになる将兵は当たり前。マラリアは病気ではないと師団命令が下される。しかもタナイ河の対岸に陣地をとった米軍式の装備をした国民党軍に徹底的にしてやられた。

 このとき迫撃砲により藤田さんは左足を負傷した。その怪我が原因で交代が遅れた。飢えと風土病により、部隊は壊滅状態になった。藤田さんは、この時、雨あられのように砲弾が飛んでくるフーコンの塹壕で、女の写真を見て泣いている初年兵を見つけた。「ここに何しに来た。作戦に来て泣くな」と問い詰め、頭をスコップでかち割ってしまったそうだ。それを思い出すと今でも心苦しくなるそうだ。

 なぜ、藤田さんがここに残ることになったのかという話は、年を召されたためか、聞くたびに経緯が変わる。ただ、毎度のこと「わしは逃亡兵ではない」と必ず前置きをなさる。大まかな話の流れは、左足のけがが原因で後退が遅れた。終戦後、部隊を探せど、見つからず。部隊があるはずの北タイのチェンマイにやってきたが、誰もいない。どうしても日本に帰りたいと申し出るが、誰もうけあってくれない。12年したら再び日本軍がやってくるという噂話を聞きつけ、タイ北西のメーホンソンあたりでシナ人の農作業を手伝いながら、身を隠していた。60キロの荷物を担いて、人一倍、仕事をしていたが、身分がはっきりしないため、労働賃金が叩かれる。

 戦後、日本軍は再びやってはこなかったが、代わりに高速道路をつくる日本企業の前田建設がタイにやってきた。タイ語ができる藤田さんは、現場で監督になった。日本の企業に尽くし、高速道路をひたすら造り、その功績をタイの高官に認められ、タイ国籍を取得した。そして、日本に帰るために貯金をし始めた。

 貯金でランプーンに家を構え、戦後10年ほどたったある日、何度も夢に日本の兵隊が出てきて、ここにおるから探してくれと藤田さんの枕もとに立たれた。中には、古井戸の中にいるから引き上げてくれと具体的に場所を伝える英霊もやって来た。それ以来、足が動かなくなるまで、ひたすら遺骨収集をなさった。帰国のための貯金は、遺骨収集に投入された。

 藤田さん曰く、1000体以上を収集できたが、まだまだ遺体は眠っております。それに付け加えて日本の遺骨収集団がある時期にやって来たけど、何かわからん数字だけ確認して、途中でまた来なくなったとこぼされる。

 こちらの人は慰霊塔を自宅の敷地に作ることにあまり好意的に見ない傾向があるらしい。通常は、寺に遺骨を置くそうだが、藤田さんは自分のところに英霊に来ていただきたいと家の敷地に作った。英霊が彷徨っているならば俺のところに来いと、自宅で英霊と弔い、あやめてしまった人々に対する追悼を行っておられる。

 ただ、一昔前までは訪れる人々や藤田さんご自身によって慰霊塔は清掃されていたが、今は近所のクボタさんの好意によって、時々、慰霊塔を掃除をしてくれるだけだそうだ。その話を聞き、いつも撮影をしてゆくだけなので、僕も訪れるたびに花を添え、草を刈ることにしている。


 責任なき戦場 ビルマ・インパール(1994.06.13 放送)

 ※ アマチュアリズムと官僚主義の日本帝国陸軍。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事