スワブのアルバム・レビュー・コーナー

独断と偏見と偏向によるアルバムレビューです。レビューは同時にメイン・サイトの"アルバム・レビュー"に付け加えていきます。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1バカ高いレット・イット・ビー・ボックスはいったんお休みして、最近500円で買ったなつかしいレコいっときます。帯とポスターはついていませんでしたが、分厚い冊子つきで状態良好だったので満足っす。76年に日本の東芝EMI主導で制作された、ロックンロール・ナンバーばかりを集めた2枚組のアナログ盤で、銀色にテカテカ光ったジャケに、左右の指のイラストが浮き彫りになっているという豪華な作りです。中学生の頃だったか一度手に入れたことはあって愛聴していたんですが、しばらくして手放してしまいました。旗帯の日本盤で英国オリジナル作品をそろえれば全曲がダブってしまうっちゅうことで処分したはずです。処分する時に唯一心残りだったのが、これには”I Call Your Name”のモノラル・ヴァージョンとはかなり印象の違うステレオ・ヴァージョンが入っている!ことでした。まずイントロのギターのフレーズからして全然違うんですよね。大好きな曲なのでこれははっきりと記憶しています。今回40年ぶりくらいにこのステレオ・ヴァージョンを聴いてちょっと感動しましたよ。カッコええ曲です。片面7曲でトータル28曲のうち、後期(67年以降)に当たるのは”Revolution”、”Back In The USSR”、”Helter Skelter”、”Hey Bulldog”、”Birthday”そして”Get Back”の6曲だけで、『アビー・ロード』はああいうアルバムなのでしゃあないにしても、67年の『サージャント・ペパー』期が1曲も入ってないんですね。ビートルズの67年はロックンロールじゃないのか!まあたしかにそうかもしれません。でもせめて”グッモーニン・グッモーニン”だけでも入れてほしかったなあ。あと”Get Back”は最後にインストで戻ってくる青盤ヴァージョンをいれてほしかったです。とまあ名曲が多すぎるビートルズにありがちなファンのおなじみの言い分でした。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

いやぁ、これは旗帯び世代にはラブ・ソング同様敷居が高いものでしたね♪
でも確か米盤だったかがミックス違い云々って聴いてこりゃ要チェック…にはなかなかなりませんでしたね…

でも後に出まくった諸々の編集版に比べたらまだその価値や個性はまだまだ…そうですねペパーからはやっぱ厳しいんじゃないかと…うふ♪ 削除

2019/4/30(火) 午後 11:56 [ ロックン・ロール・へどろん ] 返信する

顔アイコン

いやあ、米盤のミックス違いってこないだ知りましたよ👍
でも音はめっちゃいいですね。
これもいちおうリミックスなんですよね?違ったっけ。

そういえばミスターカイトでなくてグッモーニングッモーニンの間違いでした🙇 削除

2019/5/1(水) 午後 0:02 [ サージャント・スワブ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事