スワブのアルバム・レビュー・コーナー

独断と偏見と偏向によるアルバムレビューです。レビューは同時にメイン・サイトの"アルバム・レビュー"に付け加えていきます。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1インクレのつづきの前にこれいっときます。ウィスコンシン州ミルウォーキー出身のネオサイケ・バンド、プラスチックランドのセカンド・アルバムです。87年くらいに友人の推薦で英ガレージ/モッズ系のプリズナーズとともによく聴いていたバンドで、これのアナログ盤も当時もってました。例によってすでに手元になかったんですが、ちょっと前にへどろんさんの’ロックンロール・レディオ・ステーション’でとりあげられていて、もしや?と思って調べてみたらありましたありました。なんとほんの数年前、2016年にCD化されてました。さっそくポチっといきましたよ。しかしファースト・アルバムの初CD化も最近の話ですから、どっちもオリジナル・リリースから30年以上たってからやっとこさのCD化です。どこまでも時代においてかれる連中です(悲) もうCD時代も終わりかけやっちゅうのに・・・ アップテンポなガレージパンクといった趣の強かった1stと比べると、ぐっとテンポを落として落ち着いたサイケデリック・ミュージックになっていて、その分味わいと深みが増したような内容です。1stほどのイカレた能天気さとポップさはなくなりましたが、ヘヴィというわけではなくて、”Flower Scene”のようなポップ・ナンバーも入ってるし、けっこうクセになるメロディが詰まっています。この頃まではプリティ・シングス・フリークぶりがまだまだ健在で、フィル・メイを意識したヴォーカルとディック・テイラーのようなギターがガンガン出てきますよ。そういえば次のアルバム『サロン』までは当時買った記憶がありますでもその頃から本格的に60sにハマっていって、個人的にはプラスチックランドはそこまででしたね。ミルウォーキーではここ10数年の間に復活してテレビに出たり、どれほどの規模か知りませんが地元でロックンロール殿堂入りしたりと、当地ではかなりの人気バンドみたいです。YouTubeで見られますので、興味のある方は見てみてみて下さい。前身バンドの映像がけっこう笑えます。ELP崩れか!

閉じる コメント(2)

顔アイコン

いやぁ、今更のCD化って♪
しかしルックスは置いといて?
あの頃の米ネオサイケ・バンドなのに英志向ですしダークもポップもいける…こんな時代じゃなけりゃ、ちょっとくらいは再評価されても…って、やっぱ厳しいですかね?
再評価されないから、俺なんか安くゲットできていいんですけど…うふ♪ 削除

2019/5/16(木) 午後 11:51 [ ヘドウォーキー出身 ] 返信する

顔アイコン

いやあ、ルックスはプリティーズよりもさらに…ですね♪うひょー!
アメリカのサイケバンドってだいたいブルース色あったりするんですけど、このバンドはせいぜいボ・ディドリービートがちょこっと出てくるくらいで、あんまりブルースっぽさはないんですね。当時の凡百のネオサイケ・バンドの中ではいい線いってると思うんですけどね♪ 削除

2019/5/17(金) 午後 7:42 [ ウィスコンシンスー ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事