スワブのアルバム・レビュー・コーナー

独断と偏見と偏向によるアルバムレビューです。レビューは同時にメイン・サイトの"アルバム・レビュー"に付け加えていきます。

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全226ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
英トピック・レコードからついこないだリリースされた「ニック・ジョーンズ入門」CDです。相変わらずトレイラー・レコードの名作群のCD化は無視されたままです。ラル&マイク・ウォーターソンのトレイラー作品『ブライト・フィーバス』はCD化されたのになんでですかね?まあ、とりあえず音源のリリースさえめったにない人なのでさっそく手に入れました。ニック本人の編集による過去音源の寄せ集め全12曲で、最後の2曲―”I Only Spoke Portuguese”と”Now”―が、おそらく2013年に企画、リリースされたDVD『The Enigma Of Nic Jones』と同時期にレコーディングされた最新曲です。ギターは息子さんのジョー・ジョーンズによる親父生き写しプレイで、ニックは歌のみです。もちろん全盛期のディープな喉ではないですが、まさしく’あの’声です。あとの10曲の内訳は、4曲がアルバム『ペンギン・エッグス』から、6曲が2006年リリースの未発表ヴァージョン集『ゲーム・セット・マッチ』からです。『ペンギン・エッグス』の1曲目で、もしかするとニックの中で一番有名かもしれない”Canadee-i-o”は入ってませんが、その代わり同タイプの”Seven Yellow Gypsies”が入っているのでダイジョブです。最初から最後まであたたかくてリズミックで流れるようなギター・ワーク満載っす。ブックレットにはコリン・アーウィンさんによるライナーノーツの他に、近年のニック(今年71歳か72歳)と娘さん、息子さんとの写真、ギターを弾くペンギン期の若いニックの写真なんかが載っています。当時の写真でさえ貴重な人なので、まじまじと眺めてしまいましたよ。この入門シリーズ、今回のニックで14枚目にもなるんですね。知りませんでした。他にはシャーリー・コリンズ、アン・ブリッグス、マーチン・カーシー、イワン・マッコール、ディック・ゴーハン、ノーマ・ウォーターソンなどが出ているので、一生ものの音楽に出会いたい!YouTubeや配信ではなくモノとして所有したい!と思っている若いみなさん、ひとつどうですかね?

開く コメント(0)

イメージ 1
新刊が出るたびにほぼ読んでいる英国ブライトン在住の保育士さんの最新本です。65年福岡生まれですから、めんたいロックのリアルタイム世代で、ジョン・ライドンやモリッシーのファンでもあるパンク母ちゃんです。今回の主役は息子さんで、彼の目を通した英国の人種/移民差別や格差社会、具体的にいうと差別されたり、いじめにあったりする移民の友だちや貧困家庭の友だちらが描かれています。息子さんの名前は全く出てこず、一貫して「息子」と書いてありますが、たぶんケンだと思います。みかこさんのだんなはアイルランド人なので、つまりケンはアイルランド人と日本人のハーフ(「ハーフ」という呼び方も今では好ましくないらしいですが)というわけです。でこのケン君がすごくいい子なんですね。勉強ができる優等生という意味ではなくて(実際勉強もできるそうですが)、11歳にしてすでに道徳観念が完成されてるっちゅうか、大人でもびっくりするような洞察力をもってはる子なんです。この歳で相手の立場に立って物事を考えられる、悩んだり落ち込んだりして試行錯誤しながらも前進していく息子の様子を見ながら、母ちゃんが逆に子供に教えられる場面も多く出てきます。ケンの通う中学校の廊下には、左右の壁にザ・フーやセックス・ピストルズのLPジャケットが飾ってあるそうです。自国産の音楽に置き換えても日本ではまず考えられないっすね。さすが音楽文化が日常生活の一部になっている国なんだなと思います。そういえば何年か前にピーター・バラカンさんがビートルズの話をしていて、こういうことをいっていたのを思い出しました―「彼らの音楽以外の功績の一つは、英国社会の価値観を変革したことだけど、日本でのビートルズの影響はあくまで音楽にとどまって、社会的な価値観にはほとんど影響を及ぼすことはなかったと思います」 ちょっと考えたら全くそのとおりですね。そうか、うちら日本の(オールド・スクール)ロック・ファンはどうりでいつまでたっても肩身が狭いわけか・・・ 毎回読んでいて感じるのは、ブレイディみかこさんてクサいことばを使わずに知的感動を与えたり、ウルっとさせたりする文章の上手い人だなっちゅうことです。これまでのブレイディさんの諸作同様、「ああ、おもしろかった」とか「感動した」などといった個人的な満足感で終わらせてはいけないというか、もったいない本やと思います。大ザッパに大げさにいえば、この本の価値は、より住みやすい世の中にするためにはどういうことを知ってどういう行動をとるべきかっちゅう、生き方の手引きの一助となるところにあると思います。毎日のように大人が子供を、子供が子供を殺す社会になってしまいましたが、こういう本がベストセラーになる日本にはまだ希望が残っていると信じたいっす。おわり

開く コメント(0)

イメージ 1【レコ妖怪向けレビュー】
今度はこれのUKオリジナル・モノラル盤をオークションで手に入れました(写真は裏ジャケ)。レコ番号はEUK 258、両面コーティング、オレンジ・レーベル、全曲の歌詞の載った二つ折りインサート付属です。バンド自体はもちろん、前作の『5000スピリッツ』とともにロック・ファンの間でもけっこう有名だし、商業的にも一番成功したアルバムっちゅうことでプロデューサーだったジョー・ボイドは彼らの最高作としてみなしている作品です。しかしジャケも盤もきれいなのに相場からいくと全然大したことない金額で落札できたのでうれしかった反面、やっぱりこの手の音楽って日本では人気ないんだなあと改めて思います。うちの弟に聞かせたら「頭おかしくなるからやめてくれ〜」といわれました。ケッ、この良さがわからぬとは薄っぺらい奴め。と思いつつ、たしかにそのとおりやとも思います(あのね)。自分の中では年をとればとるほど、別格だったフェアポート・コンヴェンションを抜いてダントツの存在になりました。で、レコが到着して真っ先に確認したのが、冒頭”Koeeoaadi There”のロビンの出だし「ザ〜ナ〜チュラルカーズ」の「ザ〜」部分です。ここ、ステレオ盤だとわずかにグニョっと音がヨレるんですよね。それほど気になるほどではないんですが、いきなり頭一発からこれですから印象に残るんです。ステレオ・ミックス時のトラブルかマスター・テープ自体の問題かっちゅうことで、このモノラル・ヴァージョンを確認したところ、一瞬「お!ヨレない!」と思いましたがよく聴くとわずかにヨレてるみたいです。っちゅうことは普通に考えるとマスター・テープの問題っすね。まあモノの方が目立たないことはたしかです。基本的にドラム・キットは入ってないアルバムなので、モノラルのありがたみに少々欠けますが、想像どおりモノラルならではの生々しさは感じられますし、何種類かある現行CDでは全てステレオのはずなのでそういう意味ではありがたみはあります。67年から68年にかけてのレコーディングなのでちょっと期待はしていたものの、ざっと聴いたかぎりではテイク違いやミキシング・バランスの違いは残念ながら発見できませんでした。

開く コメント(0)

イメージ 1「それはお前/全てが真実」(イッツ・ユー〜〜〜〜ウ〜〜、イッツ・オール・トゥル〜〜〜ウ〜〜)はこの歌のハイライトともいえる部分で、レイさんは’私にとってはこのマジカルなアルバムの中で最もマジカルな瞬間だ’といってます。アルバムの、それも2枚組のアルバムの中で頂点に達する場所が1曲目にやってくるのもどうかと思いますが、レイさんにとってはそうみたいです。このわずか二言の歌詞の説明に、’これは誕生の叫び、エクスタシーと苦痛の幼児の泣きわめきに他ならない’とまでいってます。もちろん歌詞自体よりもロビンの節回しからの連想であって、その音程の降下を’あたかも永遠の胎内世界と浮世の世界の境界を貫通するように、ファルセットから通常の声域へと移動する’と、とんでもない想像力を働かせてはります。でもたしかにこの部分気持ちいいんですよね。ちょっと途中で微妙に音程を修正しながら下がってくるところが好きです。ここからあとはメジャー調になって、なにかを悟ったようなホッとしたような安心感でハッピーな雰囲気が続きます―「僕たちが生きていることよりも不思議/それよりももっと不思議/それよりももっと不思議/なにを考えようと/それよりももっともっと不思議/ハッピー・マン/ハッピー.・マン/ベストを尽くすだけ」 で、ここで歌が終わっていたならまさにハッピーエンドとなるところが、さすが天のじゃくロビンちゅうかISBらしく、今までの輪廻をテーマとした展開から一転、輪廻とは矛盾する(キリスト教的な)’天国行き’を賛美する救世軍の陽気な合唱に移行するわけっす。あと少しなんで歌詞は省略しますが、この部分にも今度はユダヤ教、キリスト教では否定的に扱われる’金(きん)’や’黄金’なんかも出てきて、レイさんの考えでは’これぞ絶美なる矛盾、故意の多義性’の採用だとしています。ひねくりまくりですね。そしてレイさんの見解では、ロビンは少なくとも当時はキリスト教信仰によって断定された整然とした倫理的世界を、’とにかく存在することのまったく言葉に表せない不思議さの拒絶’において不十分なものとして見ていたのではないかということです。しかし!一方でキリスト教信仰を信用に値しない迷信として退けるのは、きわめて重大で不可欠な見識を捨て去るリスクを冒すことなる―なぜならそれは気分を引き立たせる誠実な人間的表現を無視する、あるいは退ける冷酷な合理主義者になることだからだ、といってます。ここはレイさん説の白眉といえる部分やと思います。で、最後にちょっと頭を冷やしてみたのか、「ちょっとオレ考えすぎ?」といったりもしてますが、そこは王道(と思う)といえる芸術論―’真の芸術はしばしば創作者の全く、あるいは漠然としかもち合わせていない意図の内に効果を生ずることがある’をひっぱり出してきて説得力をもたせています。さらにロビンとマイクのインタビューの引用では、「人々が歌の中にもともと存在しないものを深読みしてしまう危険はない?」と聞かれた2人は、「いや、危険はないね。それはみんなのもつ個人的な権利だ―それぞれが独自の解釈をするっていうね」「特定の歌にどういう説明をしようと、それはリスナーの特権だ」と答えています。これはいかにもディランもいいそうな、今では多くのアーチストの一般的な姿勢じゃないですかね?そういう意味ではレイさんのこのけた外れな想像力、アッパレだと思います。以上長くなりましたが”Job's Tears”はこれでオシマイです。ご清聴ありがとうございました。

開く コメント(0)

お知らせ

いちおうホームページ完了しました。
あとは画像の貼りつけに悪戦苦闘しています。

開く コメント(0)

全226ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事