旧 東京倶樂部★CLUB TOKYO:平成館

こちらは実質閉鎖しております→新住所:http://mangotokyo.livedoor.blog/

全体表示

[ リスト ]

映画『モンガに散る』

イメージ 2
 
【2010年/台湾/141min.】
1986年、台北の歓楽街・艋舺に母とふたりで越してきた“蚊子”こと周以蚊。
転入した高校で早速イジメの標的にされるが、艋舺を仕切る廟口の親分の息子・李志龍や
彼の幼馴染み・和尚らのグループ“太子幫”に助けられる。
最初は戸惑っていた蚊子も、次第に友情を深め、義兄弟の契りを交わし、 
太子幫の5人目のメンバーとして迎えられる。
学校から足が遠退き、ケンカに明け暮れながらも、友と青春を謳歌する日々。
そんな折り、艋舺の利権を狙う外省人の新勢力が動き出す。
この街の均衡を保とうと抵抗する昔ながらの組織との抗争に、若者たちも巻き込まれていき…。
  
 

第23回東京国際映画祭 <台湾電影ルネッサンス2010〜美麗新世代>オープニング作品は、
鈕承澤(ニウ・チェンザー)監督『ビバ!監督人生』に次ぐ長編劇場作品第2弾。
 
みすみす2010年12月18日に一般劇場公開が決まっているので、
ムキになって映画祭で観ることもないのだけれど、
今回の上映には、監督、プロデューサー、
そして主演のふたり、阮經天(イーサン・ルアン)と趙又廷(マーク・チャオ)の
舞台挨拶、Q&Aが漏れなく付いてくるので、
ある方の御厚意でチケットを何とか入手し鑑賞。
 
 
 
1980年代後半、台北の艋舺という街で義兄弟の契りを交わしたチンピラ5人組・太子幫が
徐々に引き返すことの出来ない極道の世界に染まり、翻弄され、
やがて哀しい運命を辿る極道ホロ苦青春物語
 
 
舞台となる艋舺という街は、廟口と後壁厝という二大勢力により仕切られ、
親分同士が義兄弟ということもあり、均衡が保たれている。
しかしそこに外省人の新勢力が割り入ってくることに。
廟口、後壁厝の中にも、この街を発展させるためには、古い体質を打破するべきと目論む者が出てきて、
長年保たれてきた均衡が徐々に崩れていく。
武器が刀から拳銃に替わるように、本省勢力外省勢力、新旧世代が入れ替わろうとする過渡期のドラマは
台湾極道版幕末物語のようでもある。
 
 
蚊子、和尚ら、主人公の男の子たちは、1986年の時点で高校生。
1966年生まれの豆導(=鈕承澤)とは同世代。
映画の最後には、「林小明に捧ぐ」とも記されているし、
太子幫には豆導や豆導の義兄弟の姿が重ねられているのだろうか。 (林小明って誰…?)
だとしたら、具体的に誰をどの役にハメたのだろう。 豆導自身は外省人だけれど。
 
 
 
映画の中に、時代やお国柄、文化の些細な違いを見付けるのも面白かった。
特に私の目を釘付けにしたのは、チンピラ高校生たちの制服のズボンの裾(↓)。
 
イメージ 1
 
 
裾にスリットを入れ、ベルボトムのように広げ、さらに中から長襦袢のような赤い生地をチラ見せ。
ナンなのコレ…??! 80年代、台湾の不良の間では、これがイケていたのか…??
かつての日本のヤンキーのボンタン然り。 不良業界のトレンド、まったく理解できず。 
制服がこのような状態で売っているとは考えにくいので、自分でリフォームしていたのだろうか。
 
 
それから、会ったことのない父が送ってきた桜の葉書を大切にし、日本へ行くことを夢見る蚊子。
日本統治時代に育ち、いつか日本で富士山と二重橋を見たいと願う父親を描いた
吳念眞(ウー・ニエンチェン)監督作品『多桑〜父さん』をふと思い出した。
80年代後半になってもまだ台湾の中にどこか日本の影を垣間見る。
 
 
 
 
若手俳優では、“蚊子”こと周以蚊を演じた趙又廷(マーク・チャオ)
“和尚”こと何天佑を演じた阮經天(イーサン・ルアン)の主演コンビがやはり良かった。
 
ドラマ『ブラック&ホワイト〜痞子英雄』の英雄役といい、本作品の蚊子といい、
趙又廷は、まっすぐ純粋な青年が合う。
元々こういうキャラに弱いので、本作品を観て益々彼にホレた。
 
和尚は知的で、不良の割りに落ち着いた青年だと思っていたけれど、
ヘタに頭が良いゆえに色々深く考えてしまい、次第に泥沼にハマっていく。
小天(=阮經天)がこれまで演じてきた役の中でも最も複雑な役で、
台湾の若手アイドルの中でも際立って巧いと感心。
この度は、脇腹に彫られた自前のオシャレなタトゥはきれいに隠し、
(さすが映画、ドラマでの大Sのようにタトゥの上に肌色テープを貼っただけのバレバレの対処法とは異なる)
替わりに、絶対に温泉場で入浴を断られてしまいそうな、昨今見かけないタイプの本格的な刺青を背中全面に。
難癖つけるならば、あの小顔、あの長身は、プロポーション良過ぎで、昭和のチンピラじゃない。
 
太子幫のメンバーで、廟口の親分の息子でもある李志龍を演じた鳳小岳(リディアン・ヴォーン)
本来イケメンなのに、“かまやつひろし化したモンチッチ”のようなイケてない髪型にし、頑張っている。
何でも「オレが一番!」、でもそのくせ頼りない王子様体質の雰囲気がよく出ていた。
顔が思いっ切りガイジンなので、馬如龍(マー・ルーロン)の息子役には無理が有ると思っていたが、
母親役を席曼寧(シー・マンニン)にして、ツジツマ合わせ。
 
若手女優では、妓女・小凝役で柯佳嬿(クー・ジャーヤン)が出演。
今回も鈕承澤が職権乱用し(?)、柯佳嬿とのキスシーンくらい用意しているのかと思いきや、
彼女のお相手は張又廷であった。
 
外省人のヤーさん灰狼に扮したその鈕承澤監督は、今回悪乗りせず、
昔のよしみで、同世代の林秀玲(リン・シュウリン)を相手にしている。
もっとも『風櫃(フンクイ)の少年』の中では憧れの対象だった林秀玲を、
本作品では待たせているのだから、リベンジを果たしているわよね(笑)。
 
あと灰狼の手下・刀疤役で唐國忠(ラッセル・タン)が出演しているのだけれど、
彼を見ると、『痞子英雄』のヤーさん進哥より先に、
どうしても『弾丸トラベラー』でのはるな愛チャンとの混浴姿がチラついてしまう…。 (→参照
愛チャンも、タン君が出演しているこの映画、是非ご覧ください。
 
 
 
 
『海角七号〜君想う、国境の南』で落胆して以来、台湾での記録的ヒットには期待しないようにしているが、
これはなかなかよく出来たエンターテインメント作品であった。
『海角七号』は、私には娯楽的要素が強過ぎたが、
本作品は、従来の台湾映画ファンがギリギリ譲歩できる範囲のエンタメ作品ではないだろうか。。
ちょっといかがわしい80年代裏台北の空気を感じられるのも魅力。
雑然とした艋舺の雰囲気や、そこで繰り広げられる大人数での押しくら饅頭のような乱闘シーン、
赤や黄に灯る提灯の映像などが印象的。
物語はテンポ良く展開し、141分という長さを感じさせない。
但し、映画としてより独創的なのは、前作『ビバ!監督人生』の方かも。
 
 
『モンガに散る』上映後に行われた監督・プロデューサー・出演者によるQ&Aについては、こちらから。
 
『モンガ』組も登壇した<台湾電影ルネッサンス>オープニングセレモニーについては、こちらから。
 
蚊子役趙又廷(マーク・チャオ)については、こちらから。
 
和尚役阮經天(イーサン・ルァン)については、こちらから。
 
小凝役柯佳嬿(クー・ジャーヤン)については、こちらから。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

この映画、観るの楽しみにしています♪

イーサンもマークも映画祭で来日してしまったし、何より、超多忙でしょうから、舞台挨拶なんてないですよね〜。
あったら、かな〜り、嬉しいんですけど。

ストーリー中の、マークと“桜”の関係も、mangoさんのおかげでわかりましたので、その点も着目して観ようと思います!

あと・・・・、ニウ・チェンザー監督って1966年生まれなんですね。
この事実、驚きました(笑)。

2010/11/16(火) 午後 10:37 [ April ]

顔アイコン

Aplilさん:『風櫃の少年』など若い頃の出演作から算出すると
豆導の1966年生まれは妥当ですが
なんか“生まれた時から40代”って感じの落ち着きが有りますよね(笑)。
戴立忍も同じ1966年生まれというのは、さらなる驚きです。
(正確には戴立忍の方が約ひと月年下だからビックリ)

そんな豆導も主演のふたりも皆売れっ子なので
映画公開に合わせ、再び集結させるのは難しいかも知れませんよね。
誰かひとりでもまた来日して舞台挨拶をしてくれれば
喜ぶ人が沢山居ると思うのですが、どうなるでしょうか。

2010/11/17(水) 午後 10:30 mango

顔アイコン

“生まれた時から40代”ってぴったし…。
墾丁は今日も晴れに出ていた時でさえ(数年前ですよね)、頼りになるアニキで、どう見ても、50歳位に見えました〜。
監督、ゴメンよ(笑)。

レオン・ダイも?!ですか?
これまた、知らなかった事実にビックリ!

mangoさんが書かれていますが、馬如龍も出演しているんですね!
海角七號に出ていたコワモテのおじさまですよね。
いい味出してましたよねー。
益々、映画観るのが楽しみになってきました♪

2010/11/18(木) 午後 9:47 [ April ]

顔アイコン

Aprilさん:自分自身をよく分かっているのか、『墾丁は今日も晴れ』の楚大哥は
確か豆導の実年齢より数歳上の設定なんですよね。
『艋舺』で演じているヤーさんも、落ち着きまくっていますヨ。
女性でも同じですが、元々老け気味の人より、若々しく可愛らしい人の方が
年を取ると激しく劣化してしまう傾向が有るような…。
豆導にしても戴立忍にしても、元々老けている台湾しじゅー男、
今後益々渋く素敵なおじ様になってくれることでしょう…!(*^-^*)

そう、馬如龍は『海角七號』にも出ています。
『艋舺』では、GETAという昔気質の極道を演じています。重要な役です。

2010/11/18(木) 午後 11:26 mango


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事