旧 東京倶樂部★CLUB TOKYO:平成館

こちらは実質閉鎖しております→新住所:http://mangotokyo.livedoor.blog/

全体表示

[ リスト ]

2017年10月1日、“台湾版アカデミー賞”とも称される、第54回金馬獎のノミニー発表。
ノミネートのリストを見て、色んな意味で食い付いてしまったのが、
作家・張嘉佳(チャン・ジャージャー)が自身の短編小説を、
王家衛(ウォン・カーウァイ)のプロデュースで、初監督した映画『擺渡人〜See You Tomorrow』が、
7部門でノミネートされていること。

イメージ 1

7部門の内、特に驚きなのが、我が愛しの金城武が、最佳男主角(主演男優賞)でノミネートされたこと。
多くの台湾メディアが「デビュー28年、43歳にして、金城武初ノミネート!」と大きく報道。


…で、ふと、釈然としないあの過去を思い出した。
金城クンの金馬主演男優賞ノミネートは、正確にはお初ではないのだ。
それは振り返ること今から9年前の2008年、第45回金馬獎での出来事。
金城クンは、『レッドクリフ』の諸葛亮役が認められ、その年の主演男優賞にノミネート。
…のハズが、「金城武は日本国籍、台湾人ではない。ノミニー資格に不適合」との理由で、
発表から僅か7時間後に取り消されたという、なんともモヤモヤする過去あり。

今回、台湾メディアは金城武“初”ノミネートをこぞって報道しているものの、
どこも“9年前の消えた初ノミネート”には触れていない。
あれは、台湾では、もはや触れる事さえタブーなのでしょーか。
そもそも、あの時、国籍問題で取り消されたのなら、9年の間に金馬のノミニー資格が変更されたのか…?

今回のノミニー発表を受け、金城クンが事務所を通し出したのは、「非常感謝」という簡単なコメントのみ。
コメディでこういう賞を獲るのは難しいという気もするけれど、どうなるでしょうねぇ〜。
とにかく、最終的に賞を獲る/獲らないは別にしても、
金城クンが授賞式に出席したら、大きな話題にはきっとなる。出席するのかしら…?!

そんな何かと話題の第54回金馬獎授賞式は、2017年11月25日(土曜)、台北の國父紀念館にて開催。
台湾のこういうイベントはとにかく長いので、寝落ちせずに中継を観られる自信なし…。




ところで、2017年の中秋節は、明日10月4日(水曜)とのこと。
中国では、10月1日の国慶節から大型連休。
日本でも、商売をやっている人たちは、この時期が書き入れ時と期待も膨らむであろう。

そういう事情もあるからだろうか。
つい先日、久し振りに伊勢丹側からビックロを通り抜け新宿駅の方へ出ようとしたら、
そのビックロの地下化粧品売り場で、目に飛び込んできた資生堂エリクシールの広告が…

イメージ 2

あらら、なんと林心如(ルビー・リン)。ビックロで、この一角だけ、台湾の化粧品店と見紛う雰囲気。

華人旅行者狙いで林心如の広告を出しているのだろうけれど、どうなの、こういうのって…?効果あるの??
もし私が外国で化粧品店へ入り、そこで日本人女優のポスターを見たところで、
それによって購買欲が刺激されることは、まず無い。
それどころか、いかにも“日本人客を狙っています!”感がビンビン伝わって来て、引いちゃいそう…。
それに、私が外国へ行く大きな理由の一つは現実逃避だから、現地で日本という現実には触れたくない。
望むのは断然“自国に居るような安心感”より“異国情緒”。
“日本と同じ”を求めるなら、日本から動かないのが一番の安上がり。
華人旅行者だって、わざわざ日本まで来るなら、
林心如のポスターより、自分たちの国には無い光景を見たいのでは。
まぁ、人それぞれだろうけれど、一般的には、そこんとこ、どうなのでしょう…?!



で、その後、東急ハンズへ行ったら…

イメージ 3

いつの間にか、支付宝(アリペイ)や微信支付(ウィチャットペイメント)での決済が可能になっていた。

中国へ行くと、ここ数年で、キャッシュレス化が急速に進んでいるのが、ありありと分かる。
クレジットカードでさえ過去の遺物になりつつあり、モバイル決済時代にすでに突入。
日本の何年も先を行っていて、えっ、こんな物まで?!という物まで、QRコードでピッピとお支払い。

(↓)こちら、タクシーの中に設置されている募金箱。

イメージ 4

募金箱にも小銭は入れない(小銭が有るなら、勿論それを入れてもOK)。QRコードでピッピと募金。
コンビニで、レジ横に置いてある募金箱を持ち逃げしても無駄なわけ。どうせ中身は空だから。


東京出身の私が、上海や北京といった中国の大都会へ行くと、
そこがまるで未来都市のようで、東京がド田舎に思えてくるのだから、逆に彼らが東京に来たら、
「うわぁ〜、なんだか昔の中国みたい。ノスタルジック〜」と郷愁にふけること間違いナシ。
きっと中国では、もうそう遠くない将来、
“現金”という物を見たことも触ったこともない世代が出現するに違いない。
日本のお店が、そういう人たちにより多くのお買い物をしてもらいたいのなら、
林心如のポスターを貼るより、支付宝や微信支付に対応する方が、比較にならないほど有益だと思うワ。




近々放送の要録画番組も2本だけ。

イメージ 5

一本目は、10月5日(木曜)、NHK BSプレミアムで放送の『世界入りにくい居酒屋』
今回取り上げるのは、アンコール遺跡で有名なカンボジア・シェムリアップ。
“居酒屋”というより“屋台”らしが、店主が丹精込めて作る料理はどれも侮れない逸品ばかり。
いつも女性二人組で進行されてきたこの番組に、今回は男性が初登場し、
大久保佳代子の相方を、アンジャッシュ児嶋一哉が務める点にも注目。




イメージ 6

もう一本は、10月9日(月曜・祝)、NHK Eテレで放送の『香川照之の昆虫すごいぜ!』
カマキリ先生に扮した香川照之が愛する昆虫を熱く語りまくり話題騒然となった初回放送から早一年。
視聴者からの熱烈なリクエストで、今度はオニヤンマを取り上げ、3時間目の授業を放送。
これ、もうすでにシリーズ化されていると言えるわよねぇ…?
このまま香川照之のライフワークになっていきそう。
香川照之の本気が感じられ、昆虫にまったく興味の無い私まで、引き込まれる、
…と言うより、飲み込まれてしまう番組。今回も楽しみ。





お菓子は、中秋節ということで、もちろん月餅♪
日本で買う月餅は、もう何年も、横浜中華街の聚楽045-651-2190)の物一辺倒なので、
今回ここに出す2種類も、当ブログでは、繰り返し紹介してきた私の定番中の定番になります。

★ 白あん大月餅

イメージ 7

大きさは、直径約7.5センチ、厚さ約3.5センチ。
蓮の実を練り上げた自家製餡を生地に包み、焼き上げた月餅。



ひとつめの“白あん大月餅”は、俗に“蓮蓉大月餅”と呼ばれる物。
この画像だと解読困難だが、上部にも恐らく“蓮蓉”と刻印されている。

和菓子で白餡と言えば、最も一般的なのが手亡豆で作られた餡だけれど、
これは蓮の実を練って作られている。
ベージュ色の蓮の実餡は、とてもキメ細やかな舌触りで、味も繊細。

★ ココナッツ月餅

イメージ 8

大きさは、直径約7.5センチ、厚さ約3.5センチ。
刻みココナッツを生地にたっぷり包み込み、焼き上げた月餅。




もうひとつは、“ココナッツ月餅”
上部には、“椰絲月餅”の刻印。
こちらは、白あん大月餅以上に私の定番で、もう何年も、日本一気に入っている月餅。

他店では、“ココナッツ月餅”と言えば、大抵、白餡などをベースにココナッツを混ぜた餡を包んだ物を指すが、
聚楽では、本当にココナッツばかりを、これでもかーーーーっ!と言わんばかりに、ゴッソリ包んでいる。
正確には、白胡麻も混ぜられているが、我々が想像する“餡子”らしき物は、一切入っていない。
ココナッツが半生状態なのも特徴で、独特の香りと甘みがあり、食感もシャキシャキ。


なにせココナッツしか入っていないのだから、
ココナッツ嫌いな人にとっては、食べることが罰ゲームになりかねない月餅だが、
ココナッツ好きにはタマラない月餅。
これ以上のココナッツ月餅があるなら、知りたい。

閉じる コメント(12)

顔アイコン

mangoさんこんばんは。
「喜歡你」の日本での上映決定に続き、武ちゃん(やはり私はこう呼んでしまうのですが)ファンには嬉しいニュースが続きますね。
「擺渡人」、作品的な評価は芳しくなかった様ですが、
主演男優賞ノミネートにはテンション上がりました。
役的に見たいのはこちらだったりします。弾けてますもんね。
結果が楽しみです。それによっては日本での公開の希望も出てきそうですし。
しかし、過去にはそんな理不尽な事があったとは。
リベンジになればいいですけど、ノミネートだけでも十分すごいです。

ココナッツたっぷりの月餅、珍しいですね。
そこまでのココナッツ好きではありませんが気になります。
私は、職場で広東のお客さんからもらった香港のカスタードあん月餅を温存しているのでそれを味わう予定です。良い中秋節を。

2017/10/4(水) 午前 1:15 [ sugi ]

顔アイコン

sugiさん:
こんばんは。
金城クンが金馬にどれ程度興味や思い入れが有るのかは、本人にしか分かりませんけれど、
一度国籍を理由にノミネートを取り消されている訳ですから、
生涯自分は絡むことが無い賞だと漠然と思っていて、
今回の発表は青天の霹靂って感じだったかも知れませんね。
その『擺渡人』は、もし仮に中身が空っぽのドタバタコメディだったとしても(苦笑)、
王家衛プロデュースだし、お正月映画らしく出演者も豪華で、
往年の香港ファンが喜ぶ梁朝偉から、若いお嬢さんたちに人気の鹿爾泙如
さらにアクション担当が確か谷垣健治と、日本ウケしそうな要素がただでさえいっぱいで、
その上、金馬で評価されれば、日本公開の後押しになるかも知れませんね〜。

広東のお客様から頂いたという本場の月餅は、如何だったでしょうか。
月餅も多種多様だから、人様から贈られることで、
自分では買わない意外な味に出会えたりして、楽しいですよね。

2017/10/4(水) 午後 10:05 mango

顔アイコン

mangoさん、こんばんは。
大阪は澄んだ空にきれいな月が出ていた中秋節でした。
「元朗栄華」のカスタード月餅は、濃厚カスタードで美味しかったです。伝統的なずっしり重い月餅より、やっぱりこちらの方が食べやすいですね。蓮あんは好きですが。
でもパッケージは断然レトロな伝統的な絵柄の方がいいです。
今回のは妙に小洒落過ぎた缶で、趣味ではなく残念でした。

アクションは谷垣さんだったんですね。ますます気になる!
中身空っぽのドタバタコメディ・・・好きです(笑)。
そういう映画の演技でのノミネートって価値ありますね。

2017/10/5(木) 午前 0:29 [ sugi ]

顔アイコン

sugiさん:
“小洒落過ぎた缶”ですか〜。
私だったら、小洒落ていても、それがセンス良ければOKですが、
頑張り過ぎて、ビミョーな方向へ行っちゃっていたら、ガッカリかも知れません。

『擺渡人』は、アクションを売りにした映画とは見受けないので、
アクションシーンはそんなには無いと思いますが…。
金城クンは、“二枚目の型を破った”という点が一応評価されているみたいですね。
まぁ、もっと若い頃にも、変な格好をしたり、鼻血を流したりしていますから、
型ならとっくの昔に破っているという気もいたしますけれど。

2017/10/6(金) 午後 9:25 mango

顔アイコン

鼻血・・・ありましたね(笑)。
今やすっかり、男前なベテラン俳優イメージになっちゃってるって事でしょうか。

2017/10/6(金) 午後 9:55 [ sugi ]

顔アイコン

sugiさん:
金城クンの過去を掘り起こすと、まだ他にもございます、
レンガ柄の全身タイツとか(笑)。

2017/10/7(土) 午後 9:25 mango

顔アイコン

「昆虫すごいぜ!」今回も録画いたしました。本当にすごい!
金城くんの映画も楽しみです。
そう言えば、幾米の『星空』日本公開するそうで、よかった、よかった!

2017/10/12(木) 午後 9:49 [ 二胡ちゃん ]

顔アイコン

二胡ちゃんさん:
カマキリ先生は、今回も熱かったですよね(笑)。
『星空』はようやく公開に漕ぎ着け、嬉しいのですが、
自分勝手な希望を言わせていただけるなら、
映画祭シーズンを外して公開して欲しかったです。
この時期は、映画祭だけですでにアップアップで、いつ観に行けるのやら…。

2017/10/13(金) 午後 9:55 mango

顔アイコン

11月初めに台湾へ行きました。現在、荷物の整理中(終活?)で、今回は買わんぞ、と決意していたのに…『摆渡人』を購入したら、タガが外れて『芈月传』『红高粱』と。観る時間が取れるのか??
『星空』は今週行く予定(はあはあ 息切れ)

2017/11/12(日) 午後 9:13 [ 二胡ちゃん ]

顔アイコン

二胡ちゃんさん:
金城武出演作『摆渡人』、及び黃軒出演作2本『芈月傳』『紅高粱』、
お買い上げ有り難うございます!
…と、金城武&黃軒の身内気分で御礼申し上げます(笑)。
いえ、冗談抜きで、抗日戦争期が背景の物はどんな名作でも、
昨今の日本のピリピリした風潮だと入って来ないので、
特に『紅いコーリャン』は購入しておいて正解じゃないですか。
私は映画版しか観ていませんが、このドラマ版は台湾でも好評だったみたいですよね。

2017/11/13(月) 午後 9:03 mango

顔アイコン

『擺渡人』を観終わりました。なんと言っていいのか。ハチャメチャで、でもこんな有名な俳優がこんなこと?という驚きと楽しみ?
楊頴は『孤高の花』より、こっちの方が合っているかも。
張榕榕は『光にふれる』のヒロインですよね??

とりあえず「擺渡人」は、「導く人」の意味でよさそうだな、と思いました。

今夜から『芈月传』に挑戦しよう、と決意を固め中。

2017/12/4(月) 午後 8:50 [ 二胡ちゃん ]

顔アイコン

二胡ちゃんさん:
「ハチャメチャで言葉を失う」というのが、多くの方が抱く感想みたいですね(苦笑)。

張榕容は、そう、『光にふれる』のヒロインです。
梁朝偉と同じで、王家衛の澤東に所属する女優さんという関係で、
『擺渡人』にも出たのではないでしょうか。
楊穎は、『孤高の花』の“女版諸葛亮”という設定だと、
年齢的、ルックス的に、やや無理を感じてしまうので、
『擺渡人』は未見ではありますが、
そちらの方が合っているという二胡ちゃんさんの御意見は分かる気がいたします。

2017/12/6(水) 午前 11:58 mango


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事