東京倶樂部★CLUB TOKYO

ようこそ、東京倶樂部(クラブ・トウキョウ)へ♪ (こちらからの訪問はしておりません。)

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

2018年3月25日(日曜)、大阪のユニバーサル・スタジオで、男友達と列に並んでいるところを、
華人観光客に“捕獲”された楊冪(ヤン・ミー)。
結婚当初から、夫・劉威(ハウィック・ラウ)との不仲説が絶えないため、
夫と子供を置いて旅行か!とか、離婚秒読み!などと、ネット上で多少叩かれもしたようだが、
なんでも楊冪は雑誌撮影のお仕事で日本に来て、
空いた時間にお友達と合流し、ユニバーサル・スタジオで遊んでいたらしい。
(仮に仕事絡みじゃなかったとしても、既婚女性が友人と旅行して、とやかく言われる筋合いはない。)

私がこの記事に反応したのは、楊冪と共に激写されたその男友達が、
大陸の司会者・張大大(チャン・ダーダー)だったこと。
張大大は、『僕はチャイナタウンの名探偵』(2015年)に、チラッと出演しているのを見て、
印象に焼き付いていた。

イメージ 2

何かにつけ「コーヒー100バーツ」と催促するタイのコーヒーショップのオネェ店員の役で、
僅かな登場シーンで、キョーレツな印象を残すの。
お揃いのミニオンズのポシェット下げて、ユニバーサルスタジオ・デートだなんて、
プライベートでは、楊冪と仲良しだったのですねぇ〜。
私も、張大大に会って、“ナマ「コーヒー100バーツ」”をやってもらいたい。

ちなみに、2020年公開予定の続々編『唐人街探案3(僕はチャイナタウンの名探偵3)』の舞台は日本で、
しかも、続編『唐人街探案2』に野田昊役で出演した妻夫木聡も再登板するみたいだから、
日本人にはダブルで楽しみ。



ところで、先ほど、テレビの録画予約作業をしたのだけれど、
来週の今日って、もう『開封府 北宋を包む青い天〜開封府傳奇』は無いのですね。
いつも録画予約していたチャンネル銀河の平日午後1時は、
『三国志 Three Kingdoms〜三國』になっていた。
『開封府』が終わりに近付いている事は分かっていたが、
本当に残り数話しかないのだと、改めて思い知らされ、ちょっと淋しい。
『三国志』は、吹き替え版での放送なので、これはもう何の躊躇もなく、パス。
問題は、その後、夜の11時枠で始まる『麗王別姫 花散る永遠の愛〜大唐榮耀』の方。
主演の景甜(ジン・ティエン)が、好みのタイプの女優ではないため、全82話はキツイかも…。
どうしましょ…。皆さまは、ご覧になります…?



チャンネル銀河のドラマでは、現在、『開封府』以外に…

イメージ 3

台湾の蔡岳勳(ツァイ・ユエシュン)監督が手掛ける中華版『深夜食堂』は、気に入って視聴。
元々、日本版の『深夜食堂』が好きだったので、中華版も楽しみにしていたのだが、
現地で酷評されていたので、どうしてなのかずっと気になっていた。
で、たまたま飛行機の中で、最初の1話だけ観たら、全然悪くない。
第2話以降つまらなくなるのかと思いきや、今のところ、なかなか面白い。
私みたいに、最近の台湾ドラマに幻滅している人は勿論のこと、
台湾ドラマに幻滅しつつも、大陸ドラマも観る気がしないという人でも、抵抗なく楽しめるドラマかも。
蔡岳勳監督作品なので、大陸モノでありながら、所々に程よく台湾要素が散りばめられており、
ちょっとした懐かしさが感じられ、取っつき易いはず。

“台湾要素”とは、例えば、徐嬌(シュー・チャオ)扮する歌好きな少女・奇奇が口ずさんでいる歌が、
日本でも(中華芸能マニア限定で)有名な故・阿桑(アサン)のヒット曲<葉子>だったり、
奇奇のデビュー曲が、“Erika”こと劉艾立(エリカ・リウ)が歌う<小世界>だったり…。


もっと身を乗り出して観入ったのは、その次のエピソード。

イメージ 4

学園のマドンナだった佳佳が結婚するのを機に、
かつて“F4”と呼ばれた面影がこれっぽっちも残っていない中年の元同級生4人組が再集結するお話。
F4と言うからには、誰がどの役なのか、気になるところ。
そうしたら、一番コロッコロの方家翊(ファン・ジアイー)扮する銀行員・方小圓が(↑上の画像最前列中央)、
「僕は花沢類だった」と予想外の告白。
で、その後、カラオケに行って4人で<流星雨>を歌うのだが、
方小圓が、本当に花沢類=周渝民(ヴィック・チョウ)パートを歌っていたから、笑った。

<流星雨>を覚えていないという方、こちらのMVでご確認を。


懐かしいー。この頃の台湾アイドルは、輝いていましたね…(遠い目)。
吳建豪(ヴァネス・ウー)のアメリカンな歯並びは、今改めて見ても、惚れ惚れする。
最近の台湾芸能は、なんか精彩に欠いちゃっているのよねぇ。どうにかならないものか…。

この『流星花園』の次のエピソードでは、ヤクザ者の役で、
大陸ではさほど活躍していない台湾人俳優、例えば、トニー哥の役で張翰(チャン・ハン)とか、
阿義役で陳為民(チェン・ウェイミン)なども、チラリチラリと出演。
ちなみに、張翰は、大陸のあの人気俳優、張翰ではなく、
私が溺愛する張震(チャン・チェン)の実兄の方の張翰。
このドラマは、蔡岳勳監督が手掛けていることで、台湾人俳優の雇用にも、ひと役買っている。

毎日の放送でも、気負わずに、観られるドラマ。
オムニバス感覚でサクサクと、あっと言う間に観きっちゃいそう。



今晩はこれからNHKで『草剛のニュースな街に住んでみた!』を視聴予定。

イメージ 5

ニュースを賑わせている国で、実際に暮らしてみる新ドキュメント番組で、
今回は、草剛が、柳澤秀夫解説委員を同行し、ソウルへ行き、下町でアパートを借り、暮らしてみるという。
そう、そう、最近忘れているけれど、草剛と言えば“チョナン・カン”、韓国ですものね。
NHK『チョイ住み』シリーズを、もう少しアカデミックにした感じの番組だろうか。面白そう。
“新ドキュメント番組”と言うからには、シリーズ化して、続けてくれるのかしら。
だったら、ニュースを賑わせ続けている中国は、絶対に取り上げて欲しい。




今日はこれからまだやらなければならない事が色々あるので、
スウィーツは地味な洋菓子を、簡単に2ツだけ。

★ レ・アントルメ国立:プティ・バウム

イメージ 6

大きさは、幅約7センチ。
カットし、ホワイトチョコレートで覆い、キャラメルクリームで飾ったバウムクーヘン。




一つめは、レ・アントルメ国立(公式サイト)“プティ・バウム”
同店で評判のバウムクーヘンをお一人様サイズにカットし、アレンジした商品。
時期ごとに、色々なアレンジをしているみたいだけれど、
今回のはやけに地味なので、
季節のイベントがこれといって無い時期に、取り敢えずこさえた妥協の商品ではないかという疑いも…。

バウムクーヘンを覆っているのは、ホワイトチョコレート。
底部までちゃんとホワイトチョコがかぶさっている。
上部に盛られているのは、キャラメルクリーム。
塩を効かせた、つまりはキャラメル・サレ。
甘いだけではなく、塩分が良いアクセントに。


ホワイトチョコ+キャラメル・サレは、間違いの無い組み合わせ。
見た目は地味だが、お味に失敗なし。
バウムクーヘンさえ有れば、自分でも簡単にアレンジ出来そうだけれど、
じゃぁ、本当にクリームを泡立てたり、チョコレートを溶かしたりするかというと、私は絶対にやらないので、
こういう状態で売られているのは、有り難いかも。

★ シェリーブラン:金柑のタルト

イメージ 7

大きさは、厚さ約2センチの物を、幅約6センチにカット。
アーモンドクリームを流し入れ焼いた台に、カスタードクリームを盛り、
さらに、半分にカットしたたっぷりの金柑で飾ったタルト。




もう一つは、シェリーブラン(公式サイト)“金柑のタルト”
フルーツタルトを専門に売るお店らしい。

上のフルーツは色々あっても、下のタルト台は、恐らく、基本的にどれも同じ。
生地作りには、こだわってイズニーのバターを使用しているらしい。
お店では“タルト”と称しているけれど、これ、タルト生地ではなく、パイ生地である。

金柑は、半カットの物が計6個。
つまり3個分の金柑が、生のまま使われている。
生なので、ピールの歯応えなどはそのまま残っており、
軽い苦味がまろやかなカスタードクリームと相俟って、程よく爽やか。


他店のフルーツタルトより、若干小ぶり。
金柑が好きなので、これも、それなりに美味しくいただいたけれど、
見て、想像した通りの味で、普通と言ってしまえばフツー。
例えば、金柑を甘露煮にするとか、何か一工夫あったら、想像を超える味になるかも…?

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

mangoさん、またお邪魔致します!『深夜食堂』、面白いですね!1〜2話で1つのエピソードが完結するのでテンポもいいですね。ゲストも豪華ですよね。今日視聴したマークチャオのエピソードは、子役の女の子の健気さも相まって、もう号泣。それから、台湾俳優が沢山出演するのも嬉しい。私が台湾、大陸ドラマにハマるきっかけとなった吳慷仁出演のドラマで秘書役だった俳優さんが、なんと海に沈められてました(涙)このドラマ、なんで現地で酷評されたのか、理解に苦しみます。ま、紹介されるレシピはイマイチかなあ、とは思いますけど。 削除

2018/3/30(金) 午後 7:10 [ ゆう ] 返信する

顔アイコン

ゆうさん:
当然いつでも歓迎ですヨ〜。
『深夜食堂』、酷評されるようなドラマではありませんよねぇ?!
少なくとも、日本では、楽しめる人が多い気がいたします。
確かに、出て来るお料理は、酷評の一因に挙げられているようですが、
日本版でも、私個人的には、さほどソソられるお料理は出てこないんですよね。
お料理自体より、それにまつわる人間ドラマが主体の作品だと思っております。
あと、日本版や韓国版と比較して、酷評する人も多いように見受けますが、
人気コミック/小説の映画化ドラマ化と同じで、
元の物のファンは、見る目が厳しくなる傾向が有るのではないでしょうか。

2018/3/30(金) 午後 11:14 mango 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事