旧 東京倶樂部★CLUB TOKYO:平成館

こちらは実質閉鎖しております→新住所:http://mangotokyo.livedoor.blog/

全体表示

[ リスト ]

2019年2月末日、
ブログを更新しようとしたところ、運営側からの思い掛けない知らせを目にする。

イメージ 1

「Yahoo!ブログ サービス終了のおしらせ」
ガーン…!
変化する市場環境、運営方針など、諸々の事情により、2019年12月15日をもってサービス終了との事。

不具合が多かったり、
“β版”なる新版にユーザーを強制移行させ、リニューアルを計ると宣言したものの、
その計画が一向に進んでいる様子が無かったり(私は、β版に反対だったので、それは嬉しかった)、
まぁ、色々有ったので、“思い掛けない知らせ”というよりは、“来るべくして来た”悲報なのかも。
無料のサービスなので、文句など言えない。受け入れるしかない…。


Yahoo!ブログがサービスを開始したのは、2005年とのこと。
試しに、自分のブログをチェックしてみたら、私がここに開設したのは、2006年6月。
自分では意識していなかったけれど、Yahoo!ブログのサービス開始から間も無く、私も利用を始め、
13年近く書き溜めてきたことになる。

もし“サービス終了”が、ただ単に、“記事の更新など書き込み不可”を意味するなら、
私にとっては、大きな問題ではない。
Yahoo!ブログは、13年の記録として保存し、新たな場所で、新たなブログを開設すれば良いだけの事だから。
問題は、サービス終了と共に、このブログが消えて無くなってしまう事である。

最近、“デジタル・タトゥ”なる言葉もよく使われるように、
ネット上に挙げた物は永遠に消えないと、私は頭の片隅で漠然と思い込んでいたのかも知れない。
ところが!実際には、消えてしまうのです、無くなってしまうのですヨ…。

近未来を描いた映画『ブレードランナー2049』(2017年)を、ふと思い出した。
同映画では、2022年に、アメリカで大停電が起き、ありとあらゆるデータが失われ、
都市機能は麻痺し、経済は大混乱。
危険な旧式レプリカントに関するデータも消失してしまうのだが、
保管されていた古ーい紙の資料が発見され、捜査の手掛かりになる。
私も、今はこれを実感。
本当に残したかったら、デジタルよりアナログ、より確実なのは“紙”媒体なのかも知れない…、と。



twitter、facebook、Instagram等々、お手軽な物が増えても、
それでもブログを継続する人には、それぞれの理由が有るであろう。
私の場合は、ズバリ、“記録を残す”。
例えば、面白い映画を観ても、時間が経つと、それが面白かった事は覚えていても、
なぜ、どう、面白かったかは忘れてしまう。それがもどかしい。
だったら、後で思い返せるよう、より詳細に書き記しておこう!と考えた。
だから、私が書いた物は、基本的にどれも事細かく、文章は非常に長い。
他人様に読んでいただくことは前提にしておらず、自分自身のために書いているので、
「短く簡潔に」などと考えたこともなく、延々と長い文。
自分のために書いているのだから、当然自分にとっては分かり易く、
例えば旅行の記録など、内容の物足りない一般の旅行ガイドより、余程役に立っていた。
このブログは、私にとっては13年の記録の蓄積であり、想い出。
ああ、それが無くなってしまうとは…。
本当にショック…。



勿論、Yahoo!ブログ運営側も、ただの放り投げではなく、それなりの救済措置は準備。
2019年5月以降、他社ブログへの移行ツールを提供するという。

移行可能なブログは…
■アメーバブログ
■ライブドアブログ
■Seesaaブログ
■はてなブロブ
…とのこと。

でも、全てのデータが移行できる訳ではないし、
移行できた物でも、レイアウトなどは、ぐちゃぐちゃになっちゃいそう…。
悲しい…。
でも、全消失よりはマシだから、13年の記録は、このいずれかに移行するつもり。



もう一つの問題は、サービス終了が判明した本日から、移行までの期間をどうするか。
2019年8月末までは、ここで記事の投稿も可能だけれど、
みすみす無くなることが判っている場所で、更新するのは、とても抵抗がある。
なので、もう即行お引越ししようと思う。

今現在私が考えているスケジュールは、(↓)こんな感じ。

1) 別の場所で新たなブログを開設。
2) ここは、更新をやめ、放置し、実質閉鎖。
3) 移行までの猶予期間に、
Yahoo!ブログ特有の機能を使った部分を消去する等、できる限り記事の手直し。
(移行後、レイアウトがぐちゃぐちゃになるのを、ちょっとでも防ぎたい。)
4) 2019年5月から12月の間のいつかに、移行作業を行い、ここは完全に消失。


ただ、一体、どこに新ブログを開設すれば良いのだか…。
私が求める条件は、容量の大きさと、使い勝手の良さかしら。
あと、すぐにサービスが終了してしまわない事(苦笑)。←これ、重要。
利用者が多そうなのは、アメーバブログ、FC2、ライブドアブログと見受けるが。
(もっとも、Yahoo!だって、一応日本最大級のポータルサイトなのに、ブログ運営に行き詰ったのだから、
永遠に続く安住の地なんて無いのかも知れない。)
アメーバは、芸能人の利用者が多いから、そう簡単に消えない気がするけれど、
私向きではない気がするし。
うーン、悩む。
引っ越すと決めたからには、今日中に決めたい…!
どうしましょう…??

閉じる コメント(54)

顔アイコン

初めまして。ぴかりと申します。
お世話になっております。楽しみに拝見しておりました。
また、多くの疑問がとけて、大変ためになったブログです。このような知識はどこから?といつも感心しておりました。
参考にさせていただき昨年は北京のアマンサマーパレスに宿泊しました。なーんと空港職員が秘密の通路(党幹部ご利用)から送迎車のとこまで、アテンドしてくれるのです。
ろうやぼうのテーマ曲はときどき、CCTV(私はスカパーの大福)を紹介する番組のバックにながれているのですが、何の表示もありません。これらの曲で使用されている伝統楽器がそれぞれなにかもしりたいのですが、うまくいきませんでした。
などなどまだまだしりたいことがいっぱいです。新しい映画ドラマについての紹介も楽しみにしています。また、ケーキ屋めぐりも大好き!
いろいろな作業たいへんでしょうが、こんごとも楽しみにしています。
よろしくお願いいたします。

2019/3/11(月) 午前 10:26 [ hay**u19*6 ]

顔アイコン

ごめんなさい。ぬけました。「国宝を紹介する番組」です。

2019/3/11(月) 午前 10:30 [ hay**u19*6 ]

顔アイコン

ぴかりさん:
はじめまして。初コメありがとうございます!
ぴかりさんは、北京のアマンにご宿泊され、素晴らしい経験をなさったようですね!
“党幹部を利用する秘密の通路”を通り送迎者へ…、なんて、ワクワクしますね。
私は、いつも観光する便を優先し、北京中心部のホテルに決めてしまうのですが、
アマンは、北京に多々ある四合院ホテルとは別格だと思います。
なにせ、頤和園なのですから(笑)!実際にお泊りになったぴかりさんが羨ましい。

ブログの移行作業は、考えるだけでも気が重いのですが、
こちらこそ、今後とも宜しくお願いいたします。

2019/3/11(月) 午後 7:18 mango

顔アイコン

> mangoさん

もぉ〜ショックすぎる!!
新しいブログ書いてらっしゃるとのこと、ぜひ場所をおしえてください!!

2019/3/13(水) 午前 8:48 [ dfh***** ]

顔アイコン

dfh*****さん:
そんなショックなどと仰っていただき、恐縮です。
確かに、すでに新ブログを開設しているものの、不慣れなので、
「とても他人様にお見せできる代物ではない、取り敢えず練習のつもりで更新」
くらいに思っていたら、皆さま検索能力がお高いようで、
明らかに訪問者数が日々増えており、戸惑っているのが現状でして…。

2019/3/13(水) 午後 8:27 mango

顔アイコン

dfh*****さん:
万が一メールアドレスが悪用されては大変なので、
dfh*****さんのコメントは非公開にしておきますね。
新ブログは、隠している訳では全然ないのですが、試行錯誤の最中なので、お見苦しく…。
皆さんがどのように検索してやって来るのかは、皆目見当がつきません。
ライブドアブログに、同じブログ名で開設しているので、
よろしかったら、それで検索してみて下さい。

2019/3/14(木) 午後 10:35 mango

顔アイコン

はじめまして。「歩々驚心」をきっかけにこちらのブログを拝見させていただくようになって何年も経ちますが、初めてコメントさせていただきます。

ブログ閉鎖、残念ですが、新しいところで継続できるようで安心しました。こちらほど質、量ともに素晴らしいブログは滅多にないですから。

実は私、この五月に両親と北京に行く予定です。mangoさんの北京旅行記、2007年まで遡ってじっくり読ませていただきました。特にホテル、レストランに関してとっても参考になりました。とても内容が濃いので、両親にも読ませました。

いきなりですが、少し伺いたいことが。今回、スマホを持っていくのですが、充電に関し気になることが。iPhoneなのですが、この充電器そのものは世界のどこでも電圧的に使用可能らしいですが、いくら電圧は問題なくてもコンセントが合わないですよね。コンセントアダプターをホテルで借りた方がいいのか。mangoさんはどうされましたか?

2019/3/15(金) 午前 10:50 [ コロ ]

顔アイコン

続きです

私が最後に北京に行ったのは2014年の3月で(以前は一年に一度くらいのペースで行ってたのですが、ここ五年は北京はおろか日本から出ること自体、一度もなくて)、その頃はまだスマホを持っていなかったのでよかったのですが、今回は初めてスマホを持っていくので当惑しております。

実はホテルに関しても、こちらのブログに触発されてフォーシーズンズに泊まろうかと考えていたのですが、今回は五年ぶりの北京ということで新規開拓はせず常宿にすることに。でもフォーシーズンズは(特に北京のは)いつか必ず泊まりたいと思ってるので今度は絶対!

あ、あと、話は変わりますが、2015年の直木賞受賞作の「流」はご覧になられたでしょうか。もしまだならオススメです。

2019/3/15(金) 午前 10:58 [ コロ ]

顔アイコン

初めまして、初コメントがこんな時期で申し訳ありません。
mangoさんの文章、大好きです!好きな映画を検索していて、このブログにたどり着いてから、あなた様の大ファンです。
mangoさんのおかげで、張震さんという素敵な方も知ることができました。ありがとうございます!
でも、この先も楽しみにしておりますので、大変でしょうが、お願いします!

2019/3/15(金) 午後 2:27 [ えーよ ]

顔アイコン

コロさん:
はじめまして!初コメありがとうございます。ご両親との北京旅行楽しみですね!
仰る通り、昨今のスマートフォンは、海外でも変圧の必要がありませんが、
コンセントは形状が異なるので、私はいつも変換プラグを持参しております。
一昨年母を北京に連れて行く際、「自分の分は自分で持って行くように」と念を押したのに、
案の定忘れ、それを咎めたら、「そんなの無くても大丈夫!」と開き直り、
直接差し込んでいましたが、実際大丈夫で、フツーに充電できておりました。
ただ、そのような強引なやり方がご心配なら、やはり持参されるのが安心かと。
私が持っているのは“C”タイプというので、使える国も多いですよ。価格も安いはずです。
<流>は、買ったのですが“積読”状態でして…。早く読まないといとですね。

2019/3/15(金) 午後 9:57 mango

顔アイコン

えーよさん:
はじめまして。そして温かなコメントをありがとうございます!
どんな時期の初コメでも大歓迎です。
張震は、自分のスタイルを持っていて、演技も上手くて、素敵ですよね!
(初主演ドラマ『宸汐緣』には、イヤな予感しか有りませんが…。)
このブログの移行とか、使い慣れない新ブログとか、色々ゴタゴタしておりますが、
これからも宜しくお願いいたします。

2019/3/15(金) 午後 10:07 mango

顔アイコン

> mangoさん
メアドのお気遣いありがとうございます。

私のbloggerも、3年前アップする写真がピカサからGoogle+になりましたが、来月でそれも終了となり、「え??12年以上の投稿写真をどうすりゃいいのさ??」とパニクってます。
双世寵妃のOST流しながらじみに手作業しつつ、永遠に続くものはない…としんみり(涙)

2019/3/17(日) 午後 9:35 [ dfh***** ]

顔アイコン

dfh*****さん:
bloggerでも、そんな事が…。インターネット上のサービスは、日進月歩でありますが、
それは、古くなった物はどんどん淘汰されていくという事で、
想い出や記録の保存にならないなんて、哀し過ぎますよね…。
大切な12年分ものお写真、なんとか無事救出できますように!

2019/3/18(月) 午後 8:12 mango

顔アイコン

> mangoさん
とりあえず、ブログに紐つけされたGoogleプラスからダウンロードしてGoogleフォトにうつせました!
とちゅうでサーバーの調子なのか動かなくなったりして苦しみましたが、なんとか5500枚やっと(涙)
ご心配ありがとうございます♡

新しいところも探してブクマしました。疲れないていどでゆっくり引越し&調整していってください。

2019/3/19(火) 午前 9:39 [ dfh***** ]

顔アイコン

dfh*****さん:
5500枚は、消えたら哀し過ぎます。
ご苦労なさったとはいえ、12年分の想い出が無事生き残り、良かったですね!

2019/3/19(火) 午後 10:51 mango

顔アイコン

こんにちは。先日はご丁寧な返信ありがとうございます。

お母様すごいですね(笑)。私も親と相談した結果、そのままで大丈夫だろうという結論に達したので、我が家もお母様に倣わせていただきます(笑)。

北京のホテルはレベルが高いとmangoさんは常々おっしゃっていますが、同感です。実は我が家の常宿はビジネスホテルっぽいところなのですが、そんなところでも日本の一般的なホテルより客室がずっと広く、天井も高く、快適です。
ホテルといえば最近はアマンも気になってます。とはいえ、実際にアマンに宿泊するのはやはりハードル高いですよね(値段しかり、立地しかり)。
ただ、そんなアマンも、ランチやアフタヌーンティーだとずっと手軽に利用できるみたいでいいですね!
今回頤和園に行くのでその時アマンでランチしたいなと思います。特にこちらの記事に載ってた紅焼肉が気になってます。味もさることながら、「歯がなくても歯茎でかみきれそうなほど柔らかい」という記述のに惹かれました。というのも、父が歯が悪く、柔らかい食べ物(を食べられる店)を探してるので。mangoさん、もしよろしければおススメとか教えていただけ

2019/3/20(水) 午後 3:06 [ コロ ]

顔アイコン

あと、質問ばかりで恐縮なのですが、この紅焼肉、98元とありましたが、これ、サービス料込みですか?

2019/3/20(水) 午後 3:07 [ コロ ]

顔アイコン

コロさん:
頤和園見学にいらっしゃるなら、その後にアマンでお食事やお茶を楽しまれるのは、
良いスケジュールだと思います。
一般の四合院ホテルとは格違いなので(←頤和園の一角なので、まぁ当たり前なのですが)
建物を見るだけでも行く価値アリだし、ましてやその中でお食事できるなんて、
ご両親も喜ばれると思います。
紅焼肉の価格は、よく覚えておらず不確かですが、恐らくメニューに記載された
サービス料等を加算していない値段です。
しかも、2017年の情報なので、その後値上がりしているかも知れないし、
少し多めにお考えになっていた方が良いかも知れません。
あと他に、柔らかな食べ物というのは、ちょっと思いつきませんね〜。
お役に立てず、すみません。

2019/3/21(木) 午後 9:54 mango

顔アイコン

いえいえ、こちらこそ質問ばかりしてすみません。

アマンは、アフタヌーンティーも良さそうですね。サービス料込みで軽く200元を超えるそうですが、それでもあ〜んなに美しいところで素敵なアフタヌーンティーが楽しめるなら十分アリですよね。
そうそう、北京のホテルのアフタヌーンティーでは、ブルガリホテルのも良いそうですよ。中国、特に北京はホントに日本未上陸のホテルが多いですよねー。ここら辺、ホント東京と北京、というか日本と中国の差を感じます。どんどんその差が開いていって、もはや勢いのある・なしでは済まないレベルに達してるような。

今回の北京では、アマンの他にもこちらのブログで知った四方三川、利苑、そして天津百餃店にも行くつもりです。
あと、個人的に喜茶も気になってて、ここも絶対行きたいです!ホント時間が足りない!

2019/3/23(土) 午後 4:05 [ コロ ]

顔アイコン

コロさん:
日本には未だに「日本の“おもてなし”は最高!中国は日本の足元にも及ばない」
と信じている人が多いように見受けますが、中国のホテルはサービスも非常に良く、
つまりは、ハードもソフトも、もはや日本をとうに越えちゃっているんですよねぇ。

利苑と天津百餃は好きで、北京滞在中必ず行っております。
利苑で飲茶を提供しているランチタイムは、平日でも非常に混むので、
事前の予約をお勧めいたします。あと、前回、午後1時くらいに行ったら、
すでに売り切れのメニューが結構あったので、正午には入店した方が良いかも知れません。

2019/3/24(日) 午後 8:29 mango


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事