旧 東京倶樂部★CLUB TOKYO:平成館

こちらは実質閉鎖しております→新住所:http://mangotokyo.livedoor.blog/

明星

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全37ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

大陸美女名鑑:柴蔚

近頃、当ブログでは、2本のドラマ、
どちらも現在日本で放送中だからでしょう。
特に、チャンネル銀河の『羋月』はすでに終盤で、放送も残すところあと数話なので、
色々と気になっている視聴者が多いのかも知れませんね。


先日、その『羋月』関連のちょっとした記事を目にした。
『羋月』は、秦の“宣太后”の名で知られる、歴史上実在した羋氏(?-紀元前265)の生涯を描いたドラマ。
30代の主演女優・孫儷(スン・リー)が、まだ初々しい娘時代から晩年までの羋氏を見事に演じきっている。
でも、さすがに、お子ちゃま時代を演じるには無理があるので…

イメージ 1

結局のところ、このドラマで羋氏を演じたのは、トータル4女優。

一番のおチビちゃんは、母の身分が低いにも関わらず、父である楚の威王をメロメロにしてしまうだけあり、
物おじしない性格で人懐っこく、見た目も確かに可愛らしかった。
2番目の子役は、まだ歯列矯正する前なので、口元が突き出た庶民的オバちゃん顔で、一番残念な印象。
3番目の子役は、出番こそ少ないが、
2番目で若干残念だった羋氏を綺麗系に軌道修正し、メインの孫儷に繋ぐ、橋渡し的な役。


私が目にした記事で取り上げられていた注目の人は、
その3番目の羋氏を演じている柴蔚(チャイ・ウェイ)である。
…という訳で、今回はこの柴蔚で、当ブログ定番企画“美女名鑑”を久し振りに更新。

まずは、簡単なプロフィールを。

■氏名              :柴蔚 (拼音:Chái Wèi)
■日本での通称 :チャイ・ウェイ

■生年月日       :2002年12月7日
■出身地          :浙江省寧波市慈溪
■身長             :163〜168くらい(成長中)
■学歴             :北京現代音樂研修學院附屬中專(?)在学


そこそこ中華ドラマを観ている日本人でも、“柴蔚”と聞いて、ピンと来る人は、まだ少ないであろう。
私自身、柴蔚をちゃんと認識しないまま、彼女の出演作を知らず知らずの内に観ていた、…って感じ。

ドラマ『羋月』で、少女時代の羋氏に扮しているこの柴蔚って…

イメージ 2

『宮廷女官 若曦(ジャクギ)〜步步驚心』で、承歡格格を演じていた子だったのですね。
承歡格格は、ほら、⑬様と妓女・冑鵑隆屬砲任た娘。
(で、父は軟禁中、母は妓女なので、生まれてすぐ④様に引き取られるけれど、
その後、⑬様の元に戻され、⑬様がシングルファーザーとして養育し、
最終的には、侍女・巧慧に託され、⑬様逝く…、みたいな展開でしたよねぇ…?
ドラマを観たのが、もう随分前なので、記憶がおぼろげ。)

イメージ 3

実父⑬様・袁弘(ユエン・ホン)、叔母さま若曦・劉詩詩(リウ・シーシー)、それぞれとのオフショット。



日本では現在放送中の『羋月』だけれど、現地では2015年初放送のドラマで、
柴蔚にとっては、初出演ドラマであった『宮廷女官 若曦』は、それより前の2011年の作品。

イメージ 4

「人のうちの子は、成長が早く感じられる」と言うけれど、柴蔚ちゃんも4年の間に随分大人びたように見える。



『羋月』からさらに数年が経過した現在は、(↓)こんな感じ。

イメージ 5

2002年12月生まれだから、現在16歳。

イメージ 6

益々女性味増しております。


「あんなに可愛かった子が、げげげっ、こんなになってしまいました…」という例は、
女児に比べ、男児が圧倒的に多い気がする。
子役出身で、そのまま長身の美青年に成長した吳磊(ウー・レイ)のような男の子は、マレでしょう…?!
でも、女の子だって、皆が皆順調成長するわけではない。
日本でも、元祖天才子役と称される杉田〇おるとか斉藤こ〇惠などは、色々と言われたりもした。
特に女の子は、成長期に太って、叩かれるパターンが多いかも。
(それを逆手にとり、おばちゃんキャラや個性派に転向し、再ブレイクを果たす例もあるけれど。)

その点、柴蔚は、身体をよく動かし、体形もキープ。

イメージ 7

開脚もバッチリ。
中国では、アクション作品が重要なジャンルなので、
動けないよりは、“動ける女優”でいた方が、仕事のチャンスに恵まれそう。


また、柴蔚は、DNAの面からも、成長と共にいきなり不細工になるという悲劇は避けられそうと予測。

イメージ 8

こちら、柴蔚の実母。
美人か不美人かという以前に、若い…!
(右の画像は、2018年の母の日の物。)
もし25歳で出産していたとしても、すでに40代よねぇ??
何よりの驚きは、娘が売れていくのと比例するように、母もどんどん垢抜け、綺麗になっている事だ。
娘の撮影現場に付いて行くと、イケメン俳優にも沢山遭遇するから、
美容にいいホルモンとかがドクドク分泌されて、細胞が活性化しちゃうんじゃないのー?!
ああ、羨ましい。
持つべきものは、芸達者な娘。
エステや整形より、ステージママになった方が、自然に美を手に入れられそう。



まぁ、ママまでこのように美しくなるほど、柴蔚は順調に成長し、お仕事をかなりこなしている模様。
私は、子役の女の子にあまり興味が無いので、気にもしていなかったのだが、
日本に入って来ている多くのドラマに、実は柴蔚は、ちょこちょこと出ていたようだ。
例えば、まだ幼かった頃、『宮廷女官 若曦』でお世話になった劉詩詩とは、その後も…

イメージ 9

『酔麗花 エターナル・ラブ〜醉玲瓏』でまた共演。
演じたのは、巫族の美牙。

もうちょっと前に遡ると…

イメージ 10

『羋月』の数ヶ月後に撮影しているはず。
主人公・張芃芃の従妹で、後に楊嚴と結婚する張靈靈の役。
すっかり忘れていたけれど、そう、そう、靈靈って子、居た、居た。
『太子妃狂騒曲』は低予算ドラマでスタア俳優は出ていないけれど、
伸びしろの有る若手を沢山起用しており、その多くは、その後人気者になって、活躍している。



柴蔚は、もう当時から、
「若い頃の林青霞(ブリジット・リン)に似ている!」、「“小林青霞”だ!」と、メディアに取り上げられている。

イメージ 11

どうなのでしょう、似ています?
キリッとした太めの眉や、凛とした雰囲気など、確かに林青霞っぽいかも?
柴蔚も、林青霞のような大スタアになれるのでしょうか。


有名になっても、良い事ばかりではなく、面倒が増えるのも事実。
柴蔚も、スーパーアイドルTFBOYS王俊凱(ワン・ジュンカイ)と交際の噂が出て、
ネット上で彼のファンから猛攻撃を受けるという被害に。
うわぁー、まだ十代で酷…。
王俊凱クンは、これまでにも、色んな女性と噂が出ているが、どれも否定している。




中国は、若手でも、ルックス良し、演技力アリの、好条件人材がゴロゴロいるから、
生き残りは決して簡単ではないと思うけれど、柴蔚ちゃんは、どうなるでしょう。
現在は、かつて吳磊も通っていた北京現代音樂研修學院附屬中專に在学中と噂されているが、
数年後には、やはり諸先輩方と同じように、中央戲劇學院とか北京電影學院とかに入学して、
本格的に演技の道に進んで行くのかも知れませんね。
我々も、遠く日本から、成長を見守らせていただきましょう。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


イメージ 1

木村拓哉と竇靖童(リア・ドゥ)が共演したジーンズメーカーLevi'sの新CMが公開。


(↓)こちらが、その新CM。


60秒のショートムーヴィ仕立て。
二人の個性がそれぞれに出ていますね。
日本語と中国語がクロスするのもいい感じ。


竇靖童って、誰ヨ?!って方、
彼女は、あの王菲(フェイ・ウォン)と、
王菲の最初の夫でミュージシャンの竇唯(ドゥ・ウェイ)の間にできた1997年生まれの長女。
両親のDNAを受け継ぎ、早い内から音楽で才能発揮。
日本では、これまで他にも、水原希子が、竇靖童と親しく交流している様子が漏れ伝わってきている。


キムタクはかつて、王家衛(ウォン・カーウァイ)監督作品『2046』(2004年)で…

イメージ 2

竇靖童のママン、その王菲と共演。

そんな訳で、昨日1月21日(火曜)、キムタクは自身の微博で…

イメージ 3

古い知人の娘とのこんなツーショット写真を公開。
キムタクも王菲も、すでに大きな子がいて、こうして世代を超えた繋がりもあることに、時の流れを感じます。
(もしかして、王菲とKōkiを共演させる別ヴァージョンの用意も有ったりして…。)



今現在、このCMについてはよく分かっていないのだれど、どうも王家衛監督絡みみたいじゃなぁい…?
バックに流れている曲も、『2046』で印象的に使われている<Siboney>だし。
(それに、王家衛はキムタクが踊る別の映像を同時期に発表しているし。)
詳細が知りたい。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

かねてから交際を公にしていた唐嫣(ティファニー・タン)と羅晉(ルオ・ジン)が、
2018年10月28日の本日午前9時9分(現地時間)、
それぞれ「新娘是我(花嫁は私)」、「新郎是我(新郎は僕)」のコメントと共に、
自身の微博で結婚したことを報告。

イメージ 1

二人は2015年、ドラマ『ダイヤモンドの恋人〜克拉戀人』で共演した際、交際の噂が出るも、
それを認めることのないまま他作品でも共演を続け、
2016年、『王女未央-BIOU-〜錦繡未央』の時、ようやく恋人関係を公表。

イメージ 2

二人の子供時代を合成した写真を使っての公表であった。
(通常、男性は女性に比べ、成長とともに、顔が大きく変化するように思うけれど、
羅晉は、幼少期からあまり変わっていませんね。)

その後は、仲良しぶりがしばしば報じられ(…まぁ、破局報道もあったが)、
多くの人が結婚は秒読みと見ていたので、
驚きは無いけれど、“ついに”って感じですね。

イメージ 3

(↑)これが、現実になりました。

結婚を発表した9時9分は、“9Jiǔ”と同音の“久Jiǔ”にかけ、
末永い幸せ“長長久久”を願ったものと思われる。




華人のお約束、結婚写真も公開されております。

イメージ 4

まるでドラマのワンシーン。二人ともルックスの良い俳優なので、絵になります。
甘い雰囲気の唐嫣に合ったロマンティックなお写真。
ボリュームのあるふわふわの裾が特徴的なこのウェディングドレスは、ヴィクター&ロルフ。


伝統の婚礼衣装ヴァージョンもございます。

イメージ 5

素敵。
この伝統の婚礼衣装は、これまでにも、吳奇隆(ニッキー・ウー)&劉詩詩(リウ・シーシー)、
黃曉明(ホァン・シャオミン)&楊穎(アンジェラベイビー)、
陳曉(チェン・シャオ)&陳妍希(ミシェル・チェン)といった多くの明星カップルが、
結婚の際にお召し物を依頼した大陸の女性デザイナー郭培(グオ・ペイ)のデザイン。

イメージ 6

特に花嫁のお衣装は、金糸で緻密な刺繍をあしらた豪華な物で、当然かなり手間暇もかかっており、
完成には4506時間をも要したそう。

ちなみに、「“郭培”って、誰ヨ…?!」って方、(↓)これなら見たことあるかも?

イメージ 7

2015年のMet Galaで、リアーナが着用し有名になったあのドレスのデザイナーです。
郭培については、ドキュメンタリー映画
『メットガラ〜ドレスをまとった美術館』(2016年)でも少し触れているので、興味のある方はどうぞ。

あと、こちらは未確認だが、伝統衣装の婚礼写真は、作風が孫郡(スン・ジュン)のように思える。
私も大好きなフォトグラファー孫郡に関しては、こちらを参照。




ほんの2週間ほど前に発表された趙麗穎(チャオ・リーイン)&馮紹峰(ウィリアム・フォン)に続き、
またまたビッグカップルの結婚ですねー。(→趙麗穎&馮紹峰については、こちらから)
何はともあれ、唐嫣サマ、羅晉サマ、末永くお幸せに!

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

本日10月16日は、女優・趙麗穎(チャオ・リーイン)のお誕生日。
1987年生まれの彼女、まだまだ少女のようにも見えるけれど、31歳になりました。

いやいや、注目はそこではなく…

イメージ 1

お誕生日に結婚を発表。


お相手は…

イメージ 2

馮紹峰(ウィリアム・フォン)…!
うわぁぁぁ、ビックリ。蘭陵王が陸貞を娶っちゃった。いや、杉杉を娶ったというべき…?


二人は、近年…

イメージ 3

映画『西遊記女兒國〜The Monkey King 3』と
ドラマ『知否?知否?應是冏邱瘦〜The Story Of Ming Lan』で二度共演し、
“嘘から出た実”で劇中同様私生活でも恋人同士?!と交際の噂が出たものの、
本人たちは回答を避け、あやふや状態。

そしたら、本日、午前10時07分、二人揃ってそれぞれの微博で、いきなりの結婚発表。
ちなみに、馮紹峰の方は1978年生まれで、
彼もまた、つい最近の10月7日にお誕生日を迎え、40歳になったばかり。
そう、微博で結婚を発表した10時07分というのは、馮紹峰のお誕生日を表した時間なのです。

幸せの絶頂の日に、過去を掘り起こして悪いんだけれど、
馮紹峰は共演者との噂が絶えず、特に倪妮(ニー・ニー)や林允(リン・ユン)との記憶が鮮明なので、
自分よりずっと若い勝気な美女に振り回されるのが好きなのかと思っていたけれど、
結婚相手には癒し系を選んだのですね。
趙麗穎は馮紹峰のタイプではないと交際の噂を聞き流していたので、
唐突の結婚発表に、「えっ、ガセじゃなくて、本当に付き合っていたの?!」と少々驚いた。
(もっとも、趙麗穎も見た目こそ癒し系でも、
生き馬の目を抜く大陸芸能界の第一線で活躍し続けている人気女優なのだから、
中身はかなり逞しいシッカリ者なのかも知れない。)



海の向こうで、またまた大物のメオトが誕生ですね。
趙麗穎サマ、馮紹峰サマ、末永くお幸せに!

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

本日は、第31回東京国際映画祭のチケット発売開始。
皆さま、お目当ての作品のチケットは押さえられましたか?

ダブルブッキング、料金重複請求等々、
チケット販売で大混乱を起こした2016年から早3度目の東京国際映画祭。
今年も昨年と同様、映画祭公式サイトを通し、
部門別に、本日10月13日(土曜)と14日(日曜)、計4回に分け、チケットを販売。
この販売方法を知り、東京国際映画祭に“3度目の正直”は無い、“2度あることは3度ある”なのだと察した。
相も変わらずサーバーが脆弱なままだから、せめてアクセスを分散させるよう、
部門別に販売日時をズラすという超アナログな手段をとったのであろう。

案の定、今年も、多くの人は、購入ページにさえ辿り着けず、
PCやスマホの画面を見つめながら、不毛に時間を過ごした模様。
反省もせず、当然改善などしない映画祭の運営に対し、
「映画ファンを馬鹿にしている!」とお怒りの方も多いようだが、
私は、もしかして、この映画祭の運営は、映画ファンを侮って、改善する気が無いのではなく、
単純に頭が悪いだけで、システムを強化する技術的能力が無いのではないかと思えてきた。
これが、世界に誇るジャパンテクノロジーの現実よ。
東京国際映画祭が、後発の釜山に抜かれ、上海にも抜かれたのが、よく分かる。
これでいつまでも“国際”映画祭を名乗っているのだから、本当に痛々しい。
斜陽国ニッポンの現実を見せ付けられているようで、キツイ…。

今秋、東京の映画祭は、ただでさえ東京フィルメックスの方がラインナップが充実しているし、
東京国際映画祭はチケット取りのストレスが大き過ぎるので、私はもう最低限のチケットしか購入せず。
チケット販売システムを改善する事は、集客や、
また、広く映画祭を盛り上げるという意味でも、重要だと思う。
チケット取りだけのために、週末丸々2日間を潰したい人なんて居るわけないでしょ。
本来なら瞬殺になるはずの上映でも、購入ページに入れる人が少ないから、なかなか売り切れないって、
どんだけショボいサーバーなのだか…。
(チケット販売方法に関しては、東京・中国映画週間にも言いたい事が山ほどあるが、それは後日改めて。)




暗い話は、もうやめにして、別の話題。
(正確には、東京国際映画祭のチケット取りで無駄に時間を持て余したから、ブログを更新。)
さて、明日10月14日は、私が溺愛する張震(チェン・チェン)の御生誕記念日。

イメージ 2

ほんの数日前、金城武御生誕を祝したばかりで、今度は張震ですヨ。
不思議と、10月のこの時期は、私好みの男前の生まれ日が集中。
1976年生まれの張震、間も無く42歳です。


その張震の最新出演作は、つい先日、第23回釜山国際映画祭のニュー・カレンツ部門に選出され、
お披露目となった崔斯韋(ツイ・スーウェイ)監督の『雪暴〜Savages』。
釜山はワールドプレミアなので、張震をはじめ出演者の登場に期待したけれど、
結局、現地に赴いたのは、監督とプロデューサーだけであった。

(↓)こちら、共演者の面々。

イメージ 3

左から、廖凡(リャオ・ファン)、張震、倪妮(ニー・ニー)そして黃覺(ホアン・ジュエ)と
私好みのキャスティング。
特に張震×廖凡という両岸実力派の初共演は、見所になりそう。二人とも大っ好きな俳優。
この画像だと、映画の内容が伝わって来ないが、
大雪に閉ざされた辺境の地で展開する警察と賊のせめぎ合いをスリリングに描いた犯罪ドラマぽい。
張震の役は警察の方(…って事は、廖凡は賊ってことか?)。


撮影は、零下30度にもなる吉林省延邊朝鮮族自治州の長白山で、約90日に渡り行われたというから、
南国育ちの張震には、さぞやキツかったであろう。

長白山は、朝鮮半島側では“白頭山”と呼ばれ、しばしば両国で呼称問題や領有権問題でもめるあのお山。
素晴らしい大自然が広がっている場所とのことで、
撮影が始まった2016年11月から、張震は幾度か現地で撮った写真を微博などで公表している。

イメージ 4

張震が映画の撮影で訪れた現場で写真を撮り、公表することは結構珍しいので、
その地に余程感動したのかも知れない。
この画像は、長白山の頂上にできたカルデラ湖・天池。
張震にとっては、人生2度目の高山湖なのですって。


その映画『雪暴』の公式微博でも、昨年の10月14日、張震のお誕生日を祝っていた。
(今年は当然まだ。)

イメージ 5

画像に添えられたメッセージは、
「颜值“春光乍泄”,演技“卧虎藏龙”,有你的日子都是“最好的时光”。張震 男神,生日快乐!」

容姿のレベルは『春光乍洩(春の光が差したばかり)=ブエノスアイレス』(1997年)、
演技は『臥虎藏龍(伏せる虎、隠れた龍の如く秘められた才能)=グリーン・デスティニー』(2000年)、
あなたのいる日々はいつも『最好的時光(最良の時)=百年恋歌』(2005年)と、
これまでの張震出演作のタイトルに掛け、お誕生日を祝しております。

私も、日本人らしく邦題を使って張震出演作で想いを綴るなら、
あなたは私の『愛の神、エロス』(2004年)、見つめられたら『ブレス(息)』(2007年)絶え絶え、
いっそ『黒衣の刺客』(2015年)と化し刺しちゃって、…って感じでしょうか。
馬鹿っぽいですね、私(笑)。
東京国際映画祭にイラついているので、馬鹿でも言っていないと、やっていられないワ。


では、一足早い御生誕イヴにフライングで、張震サマ、おめでとうございます。
『雪暴』だけではなく、『無問西東〜Forever Young』も観たい!




追記
イメージ 6

本日2018年10月13日閉幕の第23回釜山国際映画祭で、『雪暴』の崔斯韋(ツイ・スーウェイ)監督が、
アジアの優れた新人監督に贈られるニュー・カレント賞を受賞。
おめでとうございます!
お誕生日を目前に、出演作が受賞とは、ダブルでおめでたいですね。
ちなみに、今年の釜山では、日本の俳優・國村隼も、ニュー・カレンツ部門の審査員であった。

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

全37ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事