ここから本文です
十二六 閑人百聞百記
2018年1月22日(月)から、「十二六」のブログが、新しいブログ「三茶」(さんさ)に引き継がれます。 よろしくお願いします。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]


池袋サンシャイン60の前


首都高が大きく歪曲しています


豊島区立中央図書館





ビルに図書館があります

エントランス

エレベータ前

今日は、エレベータに乗りません
歩いて図書館に入れないと、
だいたいパスします


過去の記事から
2014.9 5階から吹き抜けの4階を見る
 
 
中央部に5階への広いコの字型階段があります
窓辺に並んだ個人机は、時間制ですが、
待ってもなかなか座れません
壁に、注意書きが貼ってあります

が、時間がきたら、別の場所に移動しているみたい
外の景観が見える席は、開館時間前に場所取りが必要かも(笑)


首都高5号線の向こうが雑司ヶ谷霊園


ここが、護国寺への近道です

大きく迂回して不忍通りに出る必要はありません
が、時間制限があります


夕方から朝までは閉門です


お墓が整然と並んでいます

ここに眠る有名な方のお墓です

三条実美
大隈重信
山縣有朋
石井絹治郎(大正製薬創業者・初代社長)
石井輝司(大正製薬2代目社長)
大倉喜八郎
池田成彬
團 琢磨
團伊玖磨(作曲家)
益田孝(益田鈍翁)
ジョサイア・コンドル(建築家)
野間清治(講談社初代社長)
梶原一騎
大山倍達
安田善次郎
など



墓地からの池袋副都心を眺める



薬師堂
区指定文化財
1691(元禄4)年築


創建時から大きな改変も無く、
元禄時代の雰囲気を強く残した建造物で、
禅宗様の花頭窓が特徴です





ジョサイア・コンドル(Josiah Conder)
イギリスのロンドン出身の建築家
工部大学校(現・東京大学工学部建築学科)
の教授として、赤レンガの東京駅を設計した辰野金吾ら、
創成期の日本人建築家を育成し、明治以後の日本建築界の
基礎を築いた
鹿鳴館を設計した

最近、散歩してブログに書いた、
彼が設計した建築物です

 北白川宮邸洋館 現存せず 跡の基礎部分

 

 ニコライ堂(重要文化財)実施設計

 

 三菱一号館(今はレプリカが建っています)

 


 旧古河邸
イメージ 1




全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事