ここから本文です
十二六 閑人百聞百記
2018年1月22日(月)から、「十二六」のブログが、新しいブログ「三茶」(さんさ)に引き継がれます。 よろしくお願いします。

書庫諸事雑感

記事検索
検索

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


台風一過の夕方
イメージ 1


先日、ブログ友の記事

二年縛りの呪文 が解け 今回こそ この時期を
  逃さずと 格安SIM(スマホ)へ

を、読んで

8月で、2年縛りがなくなりました
毎月の分割払いがなくなり、安くなると思って
ドコモショップへ確認に行くと

2年間の、初めてシニア割引がなくなり分割代金と
イーブンに
さらに、ファミリー割引、一人1,500円がなくなり
むしろ、月の支払いが、3,000円以上増額になると

分割払いの縛りがなくなり、これから一生、
ドコモで
と思っていたが、がっくりしてしまった(泣)

最初に、本体代金、62,000円、2台分124,000円
現金で払って、いろんな期間限定割引を付けなければ、
毎月の支払が高くなるが、長期間、一定額になり
解約の見通しがわかりやすい!



ドコモの携帯、もう25年以上前から使用
パナソニック3代、シャープ2代、NEC1代、
富士通2代(スマホ)

今回が、通して9代目です

かみさんと2台、月、合わせて12,000円ほど
払っていました
<100MB ネットは、全く利用しない、最低料金です>

イメージ 2

悲嘆に暮れて、ドコモショップの帰り、
近くに、上新電機が出来て、「楽天モバイル」
を知り、
早速、相談に寄ってみました

楽天販売員のお姉さんから、SIMのみ購入ができると、
すぐ、家に帰って
ドコモに、「SIM乗り換え予約番号」の申し込みを
すると

30分以上、いろいろ説明してくれます
乗り換えの理由は、ガラケーでよいものが、解約金、
手数料、お得な乗り換え時期、などなど、

あまりに長い親切な説明に
いつ終わるかわからないので、途中で切りました
・・・

ということで、《SIMのみ購入》をやめて
本体も新しいものにすることに急遽
かえました。。。

3年縛りで、一人2万円ポイントが使用できます
新しいスマホの月々の支払は、今までより
普通に使って、半額になります
二人で、年間、8万円以上が経費削減できます
(初年度のみ,10万円余り安い)

しかも、
使うたびに、楽天ポイントもつくし、
5分以内なら、楽天通話が無料
2GB使用で、少しはネットが見られそうです


でもって、
ドコモの二人の解約に、9月分と解約料、手数料
2万数千円かかります

本体は、2台分で、楽天4万円ポイント使用して
残りは楽天カードで一括払いしました
楽天会員で、手数料は、なし

利用料
1年目は、お一人様、2,000円以内
2年目以降は、お一人様、月3,000円以内

今までの半額で、しかも、ネットが少し
一人、月2GBまで、見られます(超えると、従量課金)


一見安く見える、期間限定割引がなく
実に明確かつシンプルな契約で、わかりやすい

機能にこだわることもありませんので
ずっと、使いたい(笑)
壊れても、2年間愛用したスマホ本体が
あります(笑)

さらに、ガラケー端末を8台も保管してあります

まあ、3年したら、本体はそのままで
月1,500円ほどの格安に切り替えします
年金暮らしなもんで・・・


イメージ 3




今日
アルバイト先の事務室で、お昼
ラジオを聞いていました
涙が、止まりませんでした

23日の沖縄全戦没者追悼式では
沖縄県立宮古高校3年の上原愛音(ねね)さん(17)が、
自作の詩「誓い〜私達のおばあに寄せて」を朗読した。
県平和祈念資料館が県内の小・中・高校、特別支援学校など
から募った「平和の詩」1260点の中から選ばれた。




誓い〜私達のおばあに寄せて
 沖縄県立宮古高校3年 上原愛音(ねね)



 今日も朝が来た。
 母の呼び声と、目玉焼きのいい香り。
いつも通りの
平和な朝が来た。
 七十二年前
 恐ろしいあの影が忍びよるその瞬間まで
 おばあもこうして
朝を迎えたのだろうか。
おじいもこうして
食卓についたのだろうか。
 爆音とともに
 この大空が淀んだあの日。
おばあは
昨日まで隠れんぼをしていたウージの中を
友と歩いた砂利道を
裸足のまま走った。
 三線の音色を乗せていた島風に
鉄の臭いが混じったあの日。
おじいはその風に
仲間の叫びを聞いた。
 昨日まで温かかったはずの冷たい手を握り
生きたいと泣く
赤子の声を抑えつけたあの日。
そんなあの日の記憶が
熱い血潮の中に今も確かにある。
 決して薄れさせてはいけない記憶が
私の中に
私達の中に
確かに刻まれている。
 少女だったおばあの
瞳いっぱいにたまった涙を
 まだ幼かったおじいの
両手いっぱいに握りしめたあの悔しさを
私達は確かに知っている。
 広がりゆく豊穣(ほうじょう)の土に芽吹きが戻り
母なる海がまた
 エメラルドグリーンに輝いて
古くから愛された
唄や踊りが息を吹き返した今日。
でも
勇ましいパーランクーと
心臓の拍動の中に
脈々と流れ続ける
確かな事実。
 今日も一日が過ぎゆく。
あの日と同じ刻(とき)が過ぎゆく
 フェンスを飛びこえて
締め殺されゆく大海を泳いで
癒えることのない
 この島の痛み
忘れてはならない
民の祈り
今日響きわたる
神聖なサイレンの音に
「どうか穏やかな日々を」
 先人達の願いが重なって聞こえる。
おばあ、大丈夫だよ。
 今日、私達も祈っている。
 尊い命のバトンを受けて
 祈っている。
おじい、大丈夫だよ。
この島にはまた
笑顔が咲き誇っている。
 私達は
貴方達の想(おも)いを
指先にまで流れるあの日の記憶を
 いつまでも
紡ぎ続けることができる。
 誓おう。
 私達はこの澄んだ空を
二度と黒く染めたりしない。
 誓おう。
 私達はこの美しい大地を
二度と切り裂きはしない。
ここに誓おう。
 私は、私達は、
この国は
 この世界は
 きっと愛しい人を守り抜くことができる。
この地から私達は
平和の使者になることができる。
 六月二十三日。
 銀の甘蔗(かんしょ)が清らかに揺れる今日。
おばあ達が見守る空の下
 私達は誓う。
 私達は今日を生かされている。








1944年12月、レイテ沖海戦において、日本海軍は大敗北を喫し
もはや戦闘能力はなくなっていた

アメリカ軍は、より効果的な日本本土への戦略爆撃を可能とするため
硫黄島攻略という基本戦略が、沖縄上陸(のちの沖縄戦)への前提として
アメリカ軍全体の方針となった

硫黄島の最高指揮官となった栗林中将(後、大将)は、
最初から、沖縄上陸を遅らせるべき、全島民を島の外に避難させ、
島を埋め尽くす艦隊と11万人以上の兵力に対して
全島の施設を地下で結ぶ全長28kmの坑道構築し、ゲリラ戦を展開した


硫黄島の戦い(Battle of Iwo Jima)
 1945年2月19日 - 1945年3月26日
硫黄島の戦いで、日本軍は守備兵力20,933名のうち20,129名(軍属82名を含む)が戦死した。捕虜となった人数は3月末までに200名、終戦までに併せて1,023名であった。アメリカ軍は戦死6,821名、戦傷21,865名の損害を受けた。硫黄島の戦いは、太平洋戦争後期の島嶼防衛戦において、アメリカ軍地上部隊の損害が日本軍の損害を上回った稀有な戦闘であったと同時に、アメリカが第二次大戦で最も人的損害を被った戦闘の一つとなった。
(米国本土の市民から、毒ガス使用の声が出るほどの戦いだった)

26日、栗林大将以下、約400名の将兵がアメリカ軍陣地へ攻撃をかけた。
この最後の攻撃は栗林が戦闘前から戒めていた決死の万歳突撃ではなく
必至の夜襲であり、また攻撃を受けたアメリカ陸軍航空軍の野営地には
整備員など戦闘の訓練を受けていない者が多く、当地は混乱に陥った。
アメリカ側では53名が戦死、119名が重傷を負ったとされる
栗林大将の遺体は、いまだ見つかっていない

戦国時代以来の旧松代藩(真田家より前)郷士の家に生まれる。
当時のエリート陸軍軍人の主流である陸軍幼年学校卒ではない
長野中学を経ての陸軍士官学校へ入校
陸軍大学校卒
アメリカに駐在武官(在米大使館附)として駐在、
その後、再度北米のカナダに駐在武官(在加公使館附)として駐在
フランス・ドイツ志向の多い当時の陸軍内では少数派であった
「知米派」であり、国際事情にも明るくのちの対米開戦にも批判的であった

沖縄戦は1945年3月26日から始まり、主な戦闘は沖縄本島で行われ、
6月23日に終了した。
この戦争で20万人以上が亡くなり、沖縄県民、4人に1人が亡くなった




ときわ台駅で都議選の応援演説の後
イメージ 1

東京都議会議員選挙 (2017年7月22日任期満了による)
 告示:6月23日 投開票:7月2日

イメージ 2




イメージ 3

地元選出
自民党都連会長の下村博文幹事長代行
へのカメラの放列

小池氏に、「決められない知事」と対決姿勢を鮮明に
する

豊洲市場移転問題や五輪の費用負担問題で
積極的に情報公開してきたことで
小池旋風が再び巻き起こすか?

皮肉にも、オープン化することで結論が遅くなり
人気が色あせてきました

が、
豊洲市場移転問題や五輪の費用負担問題で
前自民党都連幹事長、東京五輪組織委員会会長、都幹部
などによるクローズされた中で決められてきたことが、
オープンになったことは、小池都知事の成果と思います


東京オリンピックのエンブレム、新国立競技場の工事予算
のずさんさの責任はどなたがとったのか
デザイナーとか審査の設計者、工事業者の問題ではなく、
閉じられた狭い中での候補者の選定を決めた、関係機関の
事務局に責任があると思います
どうして、広く公開して、公募しなかったのか?
デザイン、設計業界までも・・・

今後は、業界、労働、いろんな声の大きな団体に
影響されない、都民ファーストの都議会議員を
都民個々が、しっかり聞いて、選別してほしい

過去の、美濃部さん、青島さんのように
ブームで終わってほしくないです


毎日、都内を電車に乗ります
人身事故のアラームが鳴り、毎日どこかしらで
発生しています
が、報道も、誰もそのことに慣れて、選挙で
とりあげる人がいません



講習会


4月11日、12日、秋葉原の
東京消防庁消防技術試験講習場
に行きました
昨日の雨と変わって、今日は快晴です
イメージ 1
2017.4.12.8:00 

この先にあります

朝、9時から17時まで、防火管理者の講習会にきました
イメージ 2
2017.4.11 8:45

1日目
教室に270人弱
1日前の2日目の組も270人弱
雨が降る朝、500人以上が、入口に
延々とならんでいた
それも、若い女性が多い・・・
どうも、大手の飲食系会社の新入社員研修に受けて
いるようだ(しかもリクルートスーツで)
将来の店長候補とか
でもって

周囲を見渡しても、高齢者は、私一人

マンションで、だれもなり手がいないので、
仕方なく・・・
試験場は、バラ色で、来てよかった・・・

唯一の楽しみ
朝、秋葉原駅近くのヴィド・フランスで買った
サラダとサンドイッチを食堂で食べているとき
周囲の香水と歓声にとまどうばかり

イメージ 3
ものすごく重いテキスト3冊
眠い中、なんとか
二日間終わりました

修了証です


マンションの防火管理者になります
ついでに、防災管理者にも。。。
ボランティアです
(テキスト代と交通費は出してくれます)


そのうちに
消防計画書を作成して
防火・防災訓練を行います(笑)



数年前、消防署で受けた、AEDの講習会で
救命技能認定証をもらった時は
実技がいっぱいあり、楽しかったが
今回は座学中心で、多数の中での受講
数十年前の大学の大きな教室を思い出した

席のパソコンモニタを見ながら
分りやすく説明していただいた講師の方々
ありがとうございました



1カ月くらい前に、
ヤクルト宅配会社から、マンションで
ヤクルト400LTの無料試飲会を行いたいと

そして、1週間くらい前に
クロネコヤマトから、マンションに
宅配ボックスを無料で設置したいと

話がありました

ヤクルトレディが、ヤクルト商品を宅配する時
地域の高齢者、お子さんに声掛け、
一人暮らしのお年寄りに安否確認、など
地域の安全・安心に協力したいと・・・


クロネコヤマトが27年ぶりの料金値上げ
宅配総量抑制、巨額の残業代支払い、再配達の有料化……
と、世間では話題になっています

過去の数十億円の残業代を支払うようです


「ネット通販が普及し、物流量が増えていると、
普通、もうかるのに、実は利益が減っている

大口のアマゾンは、
佐川急便からクロネコヤマトに変えた
が、大口の宅配料金は、激しい競争で、
小口よりずいぶんと安い
金額が大きいと、無料配達もしてくれる

それと、ほとんど、配達しても、留守が多い
クロネコさんの配達する方にお聞きすると
宅配担当地域の家族構成、外出時間を把握
していないと、仕事にならないと
そのため、膨大な情報をどんどん蓄積して
記憶力はパンクしそうだとか


確かに、全国のアマゾンの利用者にはメリットがあるが
そのしわ寄せが、配達する人、個人の宅配料金に、くると
どうも納得できません

アマゾンは利用したことがないが、楽天を3回ほど利用した
原則、買い物は、現物を見て、触って、食べ物は試食して
買います

が、田舎の義父に、時々、クロネコヤマトで荷物を送って
います
先日、550円のチョコを義父に贈った時、同じくらいの宅配
料金を払いました
が、贈って喜ばれたことに、その何倍もうれしかった

特に、山村の高齢者にとっては、宅配は欠かせません

宅配サービスをする側も、受ける側も、それなりに
恩恵があり、社会に貢献でき、安心と安全でやさしい
しくみを構築してほしいものです

道路で、ヤクルトレディさん、クロネコヤマトの配達員さん
通りすがり、必ず笑顔で声をかけてくれます

気持ちのよいことです

が、時に、ビルの陰で、宅配する方が、独り言を言って
いるのを見かけます
きっと、人には言えない、うっぷんがたまっているのかと
同情します



ヤマト運輸の値上げ、賛成ですか 
2017/3/18 6:00
 日本経済新聞社は「電子版(Web刊)」の意識調査から
ご意見を抜粋しました

「急ぐものと急がないもので値段を変える」
「2回目以降の再配達では一定の加算料金を収受する仕組みを導入する」
「再配達の回数が増えるたびに累進的に引き上げる」
「即日配送などのサービスを求めない客については、値上げは保留してほしい」
「(指定した時間に自宅にいるという)ルールを守っている人も含めた一律の値上げは許されない」
「時間指定したのに不在で再配達になったときは料金を徴収する」
「夜間配送には追加料金を払う価値がある場合もある」

条件付きで有料化を容認する読者は少なくありませんでした。


全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事