国際短波放送情報

海外からの日本語短波放送を中心に、メディア関連の様々な話題を紹介します

全体表示

[ リスト ]

かつて,『ラジオジャパン』 の英語番組で,花田恵吉アナウンサーの
お声を聴いたリスナーは多いと思う。
現在は,NHKワールドTVのニュース番組で,アンカーを務めている。

当ブログ子は1994年春にBCLを再開し,関連情報を入手するため
当時,日本BCL連盟から発行されていた月刊情報誌 『My Wave』 を
購読していた。そして,間もなく,マイクに向かう花田さんの笑顔が同誌
の表紙を飾る。

次のような紹介文が載っていた。(抜粋)
  『ラジオは無限の可能性を秘めており,これからのテレビ国際放送
  の時代にも生き残る』 との信念で,国際短波放送の仕事に打ち込む。
  BCL経験は18年になるが,今も愛機のソニー 『ICF−5900』 と
  『ICF−2001D』 で,BBC,VOA,RCI,KBSなど,世界の短波
  放送のチェックに余念がない。

花田さんは,BCL少年だったのだ!
そのお声は明瞭でテンポが心地良く,この記事を読んで以降,すっかり
ファンになってしまい,ラジオジャパンのニュース番組を,いつも聴いて
いたものだ。

しかし,その後次第に,ラジオジャパンの英語番組が少なくなったことや,
当ブログ子自身の関心が他局にも広がったことなどもあり,花田さんの
お声に接することが,ほとんどなくなっていった。

ところが,今年の初め,台湾旅行中に連れ合いが 『大動脈解離』 で
入院生活を送ったことから,当ブログ子はホテルに長期滞在することと
なり,テレビを視る機会が増えた。

夜遅く,テレビから流れるニュースの音声を聞き流しながら,デスクに
向かって書類の整理をしていると,『何処かで聞いた声だなぁ』 と思う
声が聴こえたが,その時は,それ以上は気に留めなかった。

ニュースの最後に,"Keikichi Hanada" のアナウンスにビックリ。
テレビ画面に目を移すと,あの花田さんの颯爽とした姿が映っている。
そうか,花田さんは,テレビのアンカーを務めているのか,と驚いた。

そして,最近になって,今年5月,花田さんは母校の同窓会組織である
青山学院大学ESS・OB会のウェブサイトに登場されたことを知った。
http://www.alumni-aogaku.jp/ivy056/index.php?flow=detail&aid=824

その中で,花田さんは,アマチュア無線家向け月刊誌 『CQ ham radio』
2011年3月号にも登場して,少年時代の想い出を語っていることが
紹介されている。

花田さんが伝える,『NHKワールドTV』 のニュース番組は,次の手順で
視ることができる。
 ▼ 先ず,NHKのトップページにアクセスする。
   http://www.nhk.or.jp/
 ▼ トップページ画面の最上段にある 『NHK WORLD』 を押すと,
   英文サイトが現れる。
 ▼ その画面の右上にある "NOW ON AIR" を押すと,英語番組
   の映像が流れる。

( 当ブログ子 : 注 )
『My Wave』 誌は,現在は休刊となっている。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事