国際短波放送情報

海外からの日本語短波放送を中心に、メディア関連の様々な話題を紹介します

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

( 2013-12-26 情報更新 )
下記の記事をご覧になったSさんから,『BCL関係の書籍の売れ行きが
良いのは,最近の北朝鮮の情勢と関係があるのではないかと想像して
います。短波可能受信機の売れ行きの動きにも興味がありますが,
詳しいことは分からないので,何とも言えません。朝鮮半島情勢が動けば,
短波の出番は飛躍的でしょう』 とのメールをいただきました。

また,I さんは,『書泉グランデで文化放送ベリカード展があると知って検索
をしたら画像を見つけました。随分昔のベリカードもありますね』 とのメール
で,次のURLを知らせてくださいました。
http://photozou.jp/photo/photo_only/581658/193021592?size=1024#content

※ お二方,メールをいただき,有難うございました。
----------------------------------------------------------

三才ブック社の 『BCLライフ2014』 は17日に発売され,BCL,特に
短波放送愛好者の間で好評のようだ。
このほど,当ブログの関連記事をご覧になった "roy*22*jp" さんから
興味深いコメントをいただいたので,ここに全文を転載して,改めて
皆さんにお読みいただくことにしました。
http://blogs.yahoo.co.jp/swl_information/33346807.html
************************************************************
( roy*22*jp ) さんのコメント
  お世話になっております。いつも沢山の情報をご提供いただき
  ありがとうございます。
  「BCLライフ2014」 結構売れているみたいですね。この手の本は
  いつもアマゾンで予約し購入していたのですが、到着が発刊日より
  一日遅れることもあり、今回は時間があって発刊日17日当日に
  神田の大手書店に出向いてみました。

  ところが、三省堂、書泉グランデ共に「在庫なし」と言われよくよく
  聞いてみると、発刊日前に店頭に並べたがすべて売れてしまった
  ようです。そう言えば、発刊日当日アマゾンでは「一時的に在庫なし」
  になっていました。結局、秋葉原のガード下にある書店で見つけ
  当日何とか手に入れることが出来ました。
  ちなみに、23日に開催された三才ブックス「東京ペディション」即売所
  では同本が沢山用意されているも「結構売れています」とのことでした。

  また、書泉グランデでは文化放送のグッズ販売コーナーで「ベリカート
  ミニ展示」があり、これまで発行されたカード20種類くらいが並んで
  いました。同放送の中で告知しているのを聞きました。実はこちらを
  見るために神田に出向いた訳ですが、今になってベリカードの展示
  珍しいですよね。

************************************************************
因みに,私が購入した近所の本屋さんでは,発売当日は5冊が並んで
いましたが,きょうチラッと覗いてみたところ,売れ切れた様子でした。
BCL現役の方は勿論,最近久しぶりにBCLに復帰した方,ウワサを
聞いてBCLを復活しようかどうか迷っている方など,いろいろな人たち
が本書を購入しているのでしょう。
roy*22*jp さん,興味深いお話をいただき,有難うございました。

開く コメント(0)

在京 『TOKYO FM』 と岩手県釜石市の臨時災害放送局 『かまいしさいがいエフエム』
は22日,世界一長いラジオドラマの生放送に挑戦し,ギネス世界記録として認定された。
長時間のラジオ生ドラマのギネスへの挑戦は世界初で,時間は8時間23分31秒。

読売新聞の電子版が伝えている。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/iwate/news/20131222-OYT8T00845.htm

開く コメント(0)

西日本新聞の電子版は23日,中国国際放送が日本の紅白歌合戦を
モデルにした一般参加型の歌番組 『紅白歌比べ』 を企画したと報じた。
『紅白歌比べ』 は日本でも視聴可能で,短波放送では元旦の午後7時
から放送されることなどを紹介している。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/article/59714

なお,CRI 『紅白歌比べ』 については,番組の収録が行われた今月
8日に,TBSテレビでも速報していた。

中国国際放送の関連サイトは次のとおり。
http://japanese.cri.cn/881/2013/12/09/141s215550.htm
http://japanese.cri.cn/1021/2013/12/09/241s215567.htm
http://japanese.cri.cn/781/2013/11/28/Zt142s215192.htm

決勝戦の模様は,ラジオの中国国際放送で元旦の夜などに放送される。
http://japanese.cri.cn/782/2011/10/21/141s181783.htm

開く コメント(0)

(株) NTTアドは,このほど 『ネットはラジオの未来を変える !?』 と題する
調査研究結果を公表した。
ラジオの聴取スタイル,聴取頻度,聴取時間のほか,インターネット経由
でラジオを聴取することへの意向などに至るまで,様々な観点から調査
研究した。
http://www.ntt-ad.co.jp/research_publication/publication/sakigoto/sakigoto_31.html

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事