全体表示

[ リスト ]

ルルーシュ皇帝、貴族制度廃止。

「ゼロレクイエム」という計画が進行しているようです。


スザクがナイトオブワンと対決。

イメージ 1
ナイトオブワンのギアス能力は「未来を読む」ギアスと判明。 普通なら勝てないんでしょうが、「生きろギアス」発動で圧勝。 ランスロット・アルビオンの戦闘能力は、絶大。 ジノも完敗する。トゥエルブもあっさり戦死。 ジノだけが生き残ったので、いつかは共闘? ルルーシュ皇帝、「超合衆国への参加」を表明。 評議会で認められる必要があり、皇帝は日本へ。
イメージ 2
ここでCM。 CM明けBパート。 アッシュフォード学園で、ルルーシュを迎えたのはカレン。
イメージ 3
黒の騎士団は、ルルーシュを完全に疑っており、非協力的。 「ブリタニアに潜り込み、内部から破壊した」という「高度な戦略」と考えた者がいても おかしくないと思うのですが……そこまで冷静にルルーシュの行動を分析出来る人物は、 どうやら皆無。 普通にルルーシュ皇帝を受け入れていれば……「武力による日本への介入」はなかったかも? カレン、ゼロと出会ってから現在までの状況を振り返り、ルルーシュに詰問。 「カレンは巻き込まない」と決めているようで、「ゼロ・レクイエム」について何も説明しない ルルーシュ。 「悪」は、自分とスザクだけでいい。カレンは「正しく生きてくれ」。 それが、ルルーシュの望みなのか。 「仲間としてカレンが必要なんだ」と訴えれば、カレンは寝返る雰囲気があった。 そして、別れ。 「さようなら、ルルーシュ」。 「さようなら、カレン」。 信頼しあっていた2人、ここで決別。
イメージ 4
評議会は、ルルーシュ皇帝を拒絶。 建前だけでも「世界平和の為に1つになる」という思想は、ない様子。 結局「ブリタニアを潰す」のが黒の騎士団の目的で、「たとえ皇帝が善人だったとしても」協力 姿勢はありえない。それが結論。 皇帝が過激派のシャルルでも、穏健な策士シュナイゼルやルルーシュでも、結果は同じ。 シュナイゼル、フレイヤ弾頭をブリタニア帝都に落とす。 策士・シュナイゼルの切り札は、ナナリーだったようです。 ナナリー復活。 生きていました。 どうやってフレイヤの脅威から逃れたのか? 咲世子さんのおかげでしょうか? 次回予告で、咲世子さん怪我してましたが。 「お兄様とスザクさんの敵です」と宣言したナナリー。 やっとスザクとルルーシュが手を組んだと思ったら、今度はナナリーが反旗。 どうする、ルルーシュ&スザク!?

閉じる コメント(6)

顔アイコン

ルルーシュとカレンの決別が結構あっさりしていて驚きました。
お互いを思いあっているからこそ、何も語らずとも同じ道を歩めないことを察したのでしょうか。
でもやっぱり、ルルーシュとカレンは最後は一緒にいてもらいたいです…

ナナリーの復活にはホント仰天しました!!
まさかナナリーとシュナイゼルが手を組むとは誰も予想できないですよね。
ナナリーの目的が知りたいですね!

2008/9/7(日) 午後 10:14 ぱっく 返信する

顔アイコン

どうしても空白の一ヶ月が気になるんですよねぇ。そこを明かして欲しかったのに残念w
ルルスザ共闘もナナリー復活も納得のいく理由がないと自分は評価落としかねない感じです。。。

それにしてもフレイヤを撃つシュナになんでナナリーが協力してるんでしょうかね?
シュナはどうナナリーを丸めこんだんだかww

2008/9/8(月) 午前 0:10 [ ゆーじーん ] 返信する

不可能を可能にするナナリーでした(笑)
ローエングリンもフレイヤも人気キャラには当たらないのでしょか?
そして、いきなりルルーシュ仲間になってたロイドとセシルにびっくり!
ルルーシュというよりはスザクにくっついて来ちゃったのかな?
ルルカレも綺麗な別れ方で満足です!
あとはルルーシュを庇ってカレンが散ってくれれば完璧だわっ!←えっ?

2008/9/8(月) 午前 3:44 [ - ] 返信する

ぱっくさん>>
ルルカレは、「心のすれ違い」なんだと思います。
ルルーシュはカレンを「自分と同じ道に進ませたくない」。カレンは「来い!」と言ってもらえれば、好きだと言ってもらえさえすれば、貴方についていく……演歌の世界ですね。人情です。

「ナナリーが生きてる」というのは、ネタバレを見た友人から聞いて知っていました。なので、驚きはなかったです……

シュナイゼルがナナリーを利用しているのか?
それとも、ナナリーがシュナイゼルを利用しているのか?
ラスボスがシュナじゃなくナナリーだったら、驚きですよねv

2008/9/8(月) 午前 10:13 恭弥 返信する

ゆうじさん>>
「空白の1ヶ月」は、「もう説明してる時間がない」ということなんでしょうね。だって、ビスマルクの死に方適当すぎますから!
あれだけ重要っぽいキャラに見せておいて、今回アッサリ、ですからね。余程時間がないんでしょう。

キャラの心情がどう変化したのか? そこは僕もゆうじさんと同意見で、深く描かれないと、見ているこっちが付いていけませんよね。
ルルスザだって、本当に心から許しあって手を組んでいるのか、分かるりませんし……これも「説明している時間がない」せいなんでしょうが、だったらもっと中華編とか短縮して謎解き出来たんじゃないか? と思います。1期から感じていることなんですが、製作スタッフがのんびりしすぎなんですよね。

「シュナナリー」のタッグに関しては、「ナナリー偽者」「ナナリーがシュナを利用してる」とかいろんな噂が乱れ飛んでますので、よく分かりません。次回の放送を待ちましょう^^;

2008/9/8(月) 午前 10:24 恭弥 返信する

アンドロメガさん>>
つまりナナリーは「ムゥ・ラ・フラガ」だった……ということでしょうか?(笑)
公式HPで「死亡」となっていたのに、生きているなんて反則ですよね。だったらシャーリーやロロも復活出来るはずです!

ロイド&セシルには、「ゼロレクイエム」の真相を話したから……ということらしいですが、明らかに「ランスロットの整備に必要だった」という「大人の事情」の匂いがします!

ルルカレは……ルルが「自分を守って死なれたら困るから」突き放したんだと思います。
カレンが本気で好きなことは、多分ルルーシュに通じたんだと思いますが……シャーリーの二の舞は避けたいんでしょうね><

2008/9/8(月) 午前 10:33 恭弥 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(29)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事