全体表示

[ リスト ]

最終回の「ゼロ・レクイエム」は衝撃的でしたね。

ルルーシュがスザクに刺されて死ぬ、という展開。


他の方は、どんな感想を……と、いろいろなブロガー様の意見を読ませて頂きました。

その中に「コードを得たルルーシュは、一時期のシャルルのように、不老不死状態だった為、

スザクに刺されたのは世間から姿を消す為のフェイクだった! 」

という意見がありました。

……なるほどね。

だとすれば、辻褄が合うことが、幾つかあるわけですよ。

「ゼロ・レクイエム」の正体は、実はもう1段深いところにあった、と。


まず、「カレンに殺されたはずのスザクが、ゼロの仮面を被って復活」という点に注目。

つまり「ゼロ・レクイエム」というのは、「実際にスザクとルルーシュが死ぬ」という点を

重要視しているのではなく、「世間から姿を消す」ことを最優先事項としているわけです。


スザクだって、たくさんの人をその手で殺めています。

幸せ一杯に生き残っている、扇やヴィレッタだって、そう。

ナナリーだって、フレイヤでたくさんの命を奪いました。

ルルーシュが「これまでの罪で死刑」になるのなら、他にも罪を償わなければいけない

キャラクターは、いるはずなのです。

「ルルーシュだけが死んだ」というのは、むしろ不自然……そう考えます。


「ルルーシュは生きていて、誰かと入れ替わっている」という、ゼロ=スザク方式は、

ありませんでしたよね?

と、なると……R2最終回、最後のC.C.台詞、

「王の力は人を孤独にする。少しだけ違っていたか……なあ、ルルーシュ?」

あれは、どういう意味だったのか?

「少しだけ違う」というのは、「C.C.からみれば、ルルーシュが孤独ではない」わけで、

「少しだけ」と限定されているということは、少数ながら、誰かが側にいる……そういう

ことではないでしょうか?


手綱を持って、馬を走らせている男が、ルルーシュ。

他には、C.C.とピンクの折鶴。

「折鶴」というと、コードギアスのゲーム「ロストカラーズ」をクリアした自分は、すぐに

ナナリーを連想してしまいます。

最終回の最後の場面に写されるぐらいですから、あの折鶴にも何か製作者側からのメッセージ

があるのでしょう。

あれは、ナナリーが折った鶴?

それがピンクということは、ユーフェミアの象徴?

……考えすぎでしょうかね?


僕は最初「不老不死のルルーシュが、スザクに刺されて死んだフリ。その真実を知っているのは

C.C.だけ」と解釈していました。

スザクやナナリーには、知らされていなかった……だから2人は泣いた。

っていうか、知らされていたら、絶対納得しないと思うんですよ、あの2人。

スザクとナナリーって、根っこの部分が「石頭」気質なんで、「曲がったことが大嫌い!」

な感じで。

その点、C.C.とルルーシュには「世の中、奇麗事ばっかり言ってられないよな」みたいな、

共通理解がありますよね。


1期、そしてR2と、女性キャラにモテまくっていたルルーシュ。

カレンが「ゼロでもルルーシュでも好き」状態になり、シャーリーのような熱狂的ファンもいれば、

ミレイのように「影でこっそり思い続ける」みたいなケースもあって……。

「私はゼロ様の妻です!」と、

史上最強の嫁みたいな神楽耶

もいましたね。

しかし、最後にルルーシュを手に入れたのは、C.C.だった……そんな決着かと思ったのですが。


あの「鶴」がC.C.の横にあったということは、後日ナナリーにも、「ルルーシュは生きている」

ことが、知らされたのかなあ……と考えるわけです。

そうでなければ、ギアス1期〜R2の「黒歴史を知っている」C.C.を、あんな自由にさせておく

だろうか? という疑問も沸いてきますしね。

まあ、制御出来るようなキャラじゃありませんけどw

「シャルルに見つかったら殺される」という時期にも、「ピザが食いたい」という理由で

アッシュフォード学園に現れ、ルルーシュに怒られてましたよねw

「制御不能」の自由キャラ、それがC.C.でした。


まあ、あくまでこの「ルルーシュ生存説」は、「ルルーシュがコードを得ていた」場合、

可能な話です。

監督とかスタッフが「深い意味なんかねえよ! ルルーシュは死んだの!」と

R3なんて疲れるから冗談じゃねえぞ!

的なノリで否定してしまえば、それで終わりなんですけどね、ええ。


ネタバレ視聴が嫌で、アニメ誌とかほとんどチェックしなかったので、もし製作陣が

「ルルーシュは死んだ」と断言していたら、ごめんなさい。

僕の妄想だった、ということで、ご勘弁を!

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事