ダンジョン

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

ダンジョンリプレイ

イメージ 2

イメージ 1

下記URLにどどんとふのリプレイファイルがあります。
どどんとふの拡張機能→リプレイ再生で再生することができます。
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-r6luvcwelht6wyit2eyqmup3km-1001&uniqid=7722a255-e777-4b1b-96ae-865c0f7783bf&viewtype=detail


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

その1

16:06:どどんとふ:「シモン」が録画を開始しました。
16:06:シモン:このたびは、どどんとふを使用した本セッションにお付き合いして戴きまことにありがとうございます。ではセッションを開始したいと思いますので宜しくお願い致します。
16:06:シェフィ:よろしくおねがいします!
16:06:マーク:宜しくお願いしまーす
16:06:エリシア:お願いします〜
16:06:アレル:おねがいしまーす!
16:07:シモン:角なしミノタウロス亭に若い男がやって来た。男はその店の亭主に、声を掛ける。しばらくすると、亭主は依頼の張り紙を張る。その張り紙の内容はこうだ。 ”遺跡の探索の仲間を集めたい。   報酬は遺跡で見つかった財宝の半分”亭主は、詳しい話は依頼主に聞けとばかりに、首で依頼主の下を指す。依頼主は若い男だ。少年といっても差し支えがない若者である。身なりをみれば、薄汚いぼろを着た若者がお金など持っている様子はない。この店の亭主がぞんざいに扱うのもわかるというものだ。依頼主である若者が名前を名乗る「俺の名前はディーン。カゾフから来た。 あんたらはなんていう。」GM: ここで挨拶と自己紹介をお願いします。
16:07:マーク:セリフは「」で囲った方がいい?
16:08:シェフィ:多分その方が分かりやすいかと
16:08:マーク:じゃ、そうしよう
16:08:シモン:あとで編集するとき助かります。
16:08:シェフィ:「あたし、シェフィーリア! オランの近くにある、エルフの森出身のハーフエルフよ!」でも西方語は話せないのてへぺろ☆
16:08:マーク:「マークです。宜しくお願いします。」(まだ依頼人として接してるから敬語)
16:09:マーク:カゾフってどこだっけ
16:09:アレル:「アレル=リリーです、アレルとお呼びください。」
16:09:シモン:オランから東南へ下ったところにある港湾都市です。
16:09:エリシア:「わたし、マーファ神官のエリシアといいます。よろしくお願いします」
16:10:マーク:把握でーす>カゾフ
16:10:シモン:みんなの丁寧な言葉に気持ちを良くした依頼主は続ける。
16:10:シモン:セージ知識判定(平目あり)1ゾロ以外で下記のことがわかります。オランの子供向けの童話の話で神殿を襲った悪い竜が、神の鉄槌によって退治される話だ。悪いことをすると神様が見ていて竜であっても神罰が下るという話である。オランの子ども達は、悪戯をするたびにこの童話を持ち出されるため、誰でも知っている。
16:11:マーク:2d6+6 セージチェック
SwordWorld : (2D6+6) → 10[5,5]+6 → 16
16:11:マーク:知ってる知ってる
16:11:シェフィ:2d6+5
SwordWorld : (2D6+5) → 10[6,4]+5 → 15
16:11:アレル:2d6+8 セージー
SwordWorld : (2D6+8) → 8[4,4]+8 → 16
16:11:エリシア:2d6 平目ー
SwordWorld : (2D6) → 5[2,3] → 5
16:11:シモン:13以上でその作者が『ジョナサン・ウィルストン』であることも知ることができる。
16:11:マーク:知ってた
16:11:シェフィ:GM、バードじゃダメですかー。
16:12:シモン:OKとします!
16:12:シェフィ:いや、レベル一緒なので判定結果は代わりませんがw
16:12:アレル:すごいインテリパーティだった
16:12:シェフィ:じゃあバードで知ってたってことで。「あたし、そのお歌好きよ!」
16:13:シモンGM:『じゃ、リンディスファーン島は知っているか?』と尋ねる。
16:13:シモンGM:セージ知識判定(平目あり) 10以上で下記のことがわかります。オランの東部に浮かぶ島であり、かつては僧院が作る蜂蜜酒(ミード)で有名であった。しかし、100年以上前に廃墟となっている。オランの年代記によれば、竜に襲われたとある。しかし、多くの歴史家によれば、バイカルの海賊、アザーン諸島の海賊が積極的に収奪が行われるようになった時代であり、一般的には海賊による度重なる襲撃のためにその島を手放したと見られる。竜に襲われたというのもバイカルの海賊のロングボートの船首の意匠が竜であり、バイカルの海賊に襲われたことを意味すると言われている。さらに12以上でこのときの僧院の生き残り『ジョナサン・ウィルストン』という男が蜂蜜酒の醸造方法をカゾフに伝えたという。
16:13:エリシア:2d6 また平目〜
SwordWorld : (2D6) → 3[2,1] → 3
16:14:シェフィ:2d6+5 バード>セージと言い張る
SwordWorld : (2D6+5) → 10[6,4]+5 → 15
16:14:エリシア:「?」きょときょとしながら周りの人に聞いてます
16:14:アレル:2d6+8 セージセージ
SwordWorld : (2D6+8) → 8[2,6]+8 → 16
16:14:マーク:2d6+6 セージ
SwordWorld : (2D6+6) → 9[3,6]+6 → 15
16:14:シモンGM:みんな、インテリだな…
16:15:マーク:セージは安心ですなぁ
16:15:シモンGM:ディーンは言う。「あんたら、インテリだな…」
16:15:マーク:「私は一応、魔術師ですからねぇ」
16:15:シェフィ:「あら、有名なお歌だもの」 バードで判定したと言い張るw
16:16:アレル:「まぁいろいろ知ってないと生き残れない職業ですしねぇ」
16:16:エリシア:「はぁ…そういうものなんですね…」(感心してる
16:16:シモンGM:男は徐に、背負い袋から大きな本を取り出す。本は表紙は板。何枚もの羊紙が紐で括られている歴史を感じさせるものであった。「まずは、この表紙のここ。 著者を『ジョナサン・ウィルストン』の名前が見えるだろ。 この男は、リンディスファーン島の僧院の生き残りだ。」
16:17:マーク:「確かに、名前は一字一句違わず一致しますね」
16:17:シェフィ:GM,何語ですか?
16:17:シェフィ:東方語? 共通語?
16:18:シモンGM:東方語ですわ
16:18:アレル:「偶然の一致…という言葉では片付けられないかもしれませんねぇ」
16:18:シェフィ:「どれどれ? 本当だー!」実は読める
16:19:シモンGM:「まぁ、読んでみてくれよ。」と本を広げる。
16:19:シモンGM:その書物の内容は、下位古代語で書かれ 多くは虫に食われ、読み通すのは難しい状況にあったが、
要約すればリンディスファーン島の神殿がドラゴンに襲われた理由が書かれている。
竜殺しの魔法の品を装備した神官戦士団がドラゴン退治に向かったのだが、
ドラゴンがいなかったので財宝だけ持ち帰った。ドラゴンから奪った財宝は竜殺しの魔法の品ともに
神殿奥深くに格納していた。3年後、財宝の持ち主であるドラゴンが神殿を襲うようになり、神殿は廃墟。
以後、ドラゴンはこの財宝を求める者が現れるたびに、その者を焼き滅ぼすという。
この島に近づいてはならないという。


16:20:エリシア:「えっと…なんて書いてあるんですか?」マークさんとかアレルさんをきょろきょろ
16:20:シェフィ:「面白いお話ね」 私も読めるよ!>エリシア
16:20:マーク:「カクシカ。中身をなんでこっちの言葉で書いたんかねぇ」
16:21:アレル:「まぁ神殿が龍に襲われるようになった理由、ですかねぇ」教え教え
16:21:エリシア:「(中身を教えてもらって)ドラゴン、ですか…」
16:21:マーク:「ちなみにこの本はどこで?」
16:21:シェフィ:「見て見たーい!」
16:22:シモンGM:「この本は、うちの醸造所の蔵で見つけたんだ」
16:22:どどんとふ:「きぃ」がログアウトしました。
16:23:シモンGM:「この本に書いてあるとおりなら、竜殺しの品も神殿に眠っているに違いない
16:23:シモンGM:」
16:23:シェフィ:「お酒作ってるんですか?」鋳造所ってことはきっとそう
16:23:マーク:「醸造所? と言うと・・・酒屋の方の?」
16:24:シモンGM:「じいさんから譲って貰ったんよ!」
16:24:シモンGM:「じいさんは酒作りをしている」
16:25:マーク:「なるほど、ご実家が。ちなみにあなたは我々と同業ですか?」
16:25:アレル:「んー、竜殺しの財宝、ですか…高価そうですねぇ。血が騒ぎます」
16:26:エリシア:「そんな大それたこと、わたしにできるんでしょうか・・・?」(経験豊富なみなさんに圧倒され
16:26:シェフィ:「大丈夫だと思うよ? マークさんは色々知ってるし、アレルさんも誰かからお話聞いたことあるもの」>エリシア
16:26:シモンGM:「この旅で俺もも一攫千金を狙っている冒険者さ」
16:27:アレル:「あはは、大それたことをやるのが冒険者なんですよ」>エリシアさん
16:27:エリシア:「そうですね。頼りにしてますね(にこっ」
16:27:シモンGM:ディーンの見た感じは、冒険者というより、少年って感じです。
16:27:マーク:「では・・・今回の依頼はあなたを遺跡の奥まで護衛、と言う類ではなく。一緒に潜ろうと言う事で宜しいですかね」
16:27:アレル:「ディーンさんは、戦闘の心得などはあるんですか?」
16:28:シモンGM:「そうだ」
16:28:マーク:「OK。じゃ、遺跡探索の仲間って事でよろしくなー」(敬語やめ)
16:28:シェフィ:「そうだ、マークさんは魔法使いさんでしょ、あたしは精霊さんとお話が出来るし。エリシアちゃんはしんかんさん、だっていってたし。ディーンさんはなにが出来るの?」
16:29:シモンGM:「下位古代語が読める!」
16:29:シェフィ:もしかして;セージのみ
16:29:アレル:「ほ、ほかには…?」
16:29:シモンGM:「???ねぇよ」
16:29:マーク:ノンスキルよりゃマシじゃ
16:29:エリシア:「えと、他に何か…」
16:29:アレル:ぼ、冒険者レベルがあればダメージ軽減できるから…

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

その2

16:30:シモンGM:ちなみに一般人です。
16:30:アレル:「そ、そうですか……そ、そうですか…」
16:30:シェフィ:ははは、足手まとい連れて6レベルダンジョン潜れとか、正気の沙汰ですがGM
16:30:アレル:一般人だったーッ
16:30:エリシア:希望的観測が覆されました!w
16:30:マーク:おや、セージも持ってない?
16:30:シェフィ:「あのね、ディーン君は、お外で待っていた方がいいと思うの」
16:30:シェフィ:格下げ
16:31:シモンGM:一般人能力値でセージレベル1付きです。
16:31:エリシア:「わたしですら危ないですから…ディーンさんはお待ちいただいたほうが…」
16:31:マーク:ふむふむ
16:31:シモンGM:冒険者と一般人の能力差と思ってください。
16:31:シェフィ:「前いったダンジョンは、とても強い戦士さんが死にかけたもの…! ダンジョンは危ないわ!」カスターが 水泳判定失敗して 遺跡で 赤水泳パンツで 死にかけた!
16:32:アレル:「まぁ…そうですね。今回はここでお待ちいただいた方が…勇気と無謀は違いますし…」
16:32:マーク:危ないな!<溺死未遂
16:32:シモンGM:(笑
16:32:アレル:カスターェ
16:32:マーク:「・・・」(依頼人の反応待ち)
16:33:シェフィ:ナイス出目でした
16:33:シモンGM:「!! 俺も行くぜ。 この本を1人 研究したんだからよ!」
16:33:マーク:「では、大事な話を。」
16:33:シェフィ:「死んでもいいのね?」
16:33:シモンGM:「大丈夫さ!」
16:34:シモンGM:と強気に言う。
16:34:エリシア:「・・・(周りのみんなをきょろきょろ」
16:34:シェフィ:「じゃあダメ。大人しくお家で待ってなさい」
16:34:マーク:「あなたが遺跡の探索中に亡くなった場合、あなたの取り分は・・・えーっと実家の酒屋はカゾフにあるのかな。そっちに渡すんでいいかい?」
16:34:シモンGM:「ああ、イイぜ その金で醸造所を守れるんならな 望むところだい」
16:35:マーク:「島への出発はカゾフから?」
16:35:シェフィ:「ん? お家くるしいの? 冒険がしたい、んじゃなくて、お金が欲しいの?」
16:35:シモンGM:「そうだよ。」
16:35:シモンGM:「お金が欲しいから冒険者になるんだろ?」
16:36:エリシア:「気持ちはわかりますが…生きて帰らないと、ご家族が悲しみますよ」
16:36:マーク:「じゃ、出発前に一度、案内宜しくなー。後で調べるのめんどいし」
16:36:エリシア:「ですから、行くなら、ちゃんと帰ってきましょうね」>ディーンさん
16:36:アレル:「まぁ冒険がしたいから冒険者に…という人は少ないですよねぇ」
16:36:マーク:(護衛依頼じゃないし、覚悟モドキがあるなら別に死んでもいーか と思ってるマーク)
16:37:アレル:「事情があって、覚悟もあるのなら連れて行っても良いのではないでしょうか。ただマークさんの言うとおり、一度彼の家には寄っていきましょう」
16:37:シェフィ:「え、あたし冒険者やりたいからやってるんだけど。でも死んじゃったらお金も稼げないじゃない」まあマークがいいっていうならいいかな、と思ってたり
16:38:シモンGM:「え、家!」しどろもどろ。
16:38:エリシア:「みなさんが大丈夫とおっしゃるなら(こく」
16:38:マーク:「冒険者やる理由なんて千差万別だろうーね。ま、金目的が多数派なのは間違いあるめー」
16:38:エリシア:「お家に帰ると、まずいことが?」
16:38:アレル:「何か問題でも?」>家
16:38:シェフィ:「そうなのかー」>マーク、アレリー
16:38:シモンGM:「いや、急ぎたいからよ…」しどろもどろ。
16:38:マーク:「・・・俺は場所がわかりゃいいんだけどね」>実家
16:39:シェフィ:「そだね。ある程度近くでもいいよ」
16:40:シモンGM:というわけで、冒険者の皆様は依頼主を押し切り。少年を家に返しある程度の場所を聞き出しました。
16:40:エリシア:「万一の場合に、お知らせできるように、ですか?(こそっ」>マークさん
16:40:シェフィ:っていうかさー。少年の家を教えてもらえなかったら、彼の取り分なんて冒険者一同で山分けが普通じゃないかいw?
16:40:マーク:「例えば、もしこいつが探索中に死ぬとする」(ボソ>エリシア
16:41:シェフィ:でそうなると、遺跡の中でこっそりごにょごにょが 最 適 解
16:41:マーク:「そうなると俺達にはあらぬ噂がくっつく可能性が高い」
16:41:マーク:「分前増やすために依頼人を殺したってな」
16:41:マーク:「だから依頼人の取り分はどうあっても俺達のものにはしない取り決めを事前にしとく必要があるんだよ」
16:42:シモンGM:黒い…マークが黒い。
16:42:エリシア:「…いろいろ、大変ですね(こそっ」>マークさん
16:42:シェフィ:「あ、ねぇんぇディーン君。もしも宝物が、「二つ以上に割れないものだった場合」あたしたちへの報酬はどうなるの?」
16:43:シモンGM:「いや、宝はたくさんあるって書いてあるぜ」
16:43:マーク:いやー割りと良心的よ?>黒い
16:44:シェフィ:「うんでもその沢山、が、「全部一揃いじゃないと価値がなかった場合」とかあるじゃない?」
16:44:シモンGM:「ホントに2つ以上割れないものだったら、あんたらの取り分でいいぜ」
16:44:シェフィ:「お金に換算できればいいけれど、出来なかったら?」
16:44:マーク:「仮定だ仮定。後で揉めるのも嫌だろ?」
16:44:シェフィ:つまり最低限の金銭保証はあるのか、とかね
16:44:アレル:「気前がいいですねぇ。嬉しい限りですが」
16:44:シモンGM:「絶対、間違いねぇ。」
16:45:シモンGM:「でも、宝が何だったのかは教えてくれよ」
16:45:シェフィ:「まあ、ドラゴンは貯め込んでるっていうから、多分間違いないだろうけどね」
16:45:シェフィ:「それはもちろん、お歌にして披露するよ!」>お宝
16:45:シモンGM:「頼むぜ」
16:46:マーク:「鑑定結果ね。OKOK」(不味いものはボカすし)
16:46:アレル:「えぇ、見つけさえすれば賢者の学院なりとうぞk…ゲフンゲフン、それらの場所で鑑定もできますし、教える程度ならお安い御用です」
16:46:マーク:「じゃ、細かい話もするか。えーと、島への交通手段は?」
16:46:シェフィ:今なんか言いかけたw!
16:46:シモンGM:「徒歩さ」
16:46:マーク:「うん?」
16:47:マーク:「・・・島なんだよな?」
16:47:シモンGM:「リンディスファーン島だろ。」
16:47:エリシア:「いけるんですか??」<徒歩
16:47:シモンGM:「リンディスファーン島は徒歩で行くのさ。」
16:47:シェフィ:「引き潮の時に、道が出来るんじゃないかしら」
16:47:シモンGM:「潮の満引きぐらい知ってるだろ」
16:47:マーク:「・・・そういう島があるとは聞いてたが。」
16:48:シモンGM:「干潮時に道ができるのさ」
16:48:シェフィ:適当言ったら当たったw
16:48:アレル:「ちなみに歩いてどの位かかるのでしょう?」
16:48:マーク:(・・・これ、もう神殿内は枯れてんじゃね?)
16:48:エリシア:「どれくらいかかりますか?」
16:48:シモンGM:「カゾフまで7日」
16:49:シモンGM:「カゾフからが道無き道を歩いて3日〜7日かな」
16:48:シェフィ:(たぶんね)
16:49:シェフィ:合計片道14日分の保存食なんて持ってたかしら
16:49:アレル:「割と近いんですね。保存食とかの不安はまぁ大丈夫そうです」
16:50:エリシア:保存食、そんなに持ってませんよ
16:50:マーク:「まぁ、途中でも買い足せる。」
16:50:シモンGM:片道14日 カゾフで補給可能です。
16:50:マーク:「カゾフまでは宿場町で食事してもイイ」
16:51:マーク:「猟で自給自足も行ける」
16:51:マーク:<レンジャー3だからね
16:51:アレル:「そうですね。最悪何か狩るなり野草を探しましょう」
16:51:エリシア:「そうですね。みなさんがおっしゃるなら大丈夫でしょうか」
16:52:エリシア:ごめんね! ホントに何も出来ない子です
16:52:シェフィ:「はーい、がんばるよ!」<
16:52:シェフィ:<レンジャー3
16:52:アレル:エリシアはこれからなのだ!
16:52:シモンGM:「カゾフからの道は、もう長い間、誰も使ってないからな。」
16:52:マーク:「島について、その本の伝承以外には話あるかい?最近の事とか」
16:52:マーク:回復魔法って超貴重なんだよねぇ SW無印は
16:52:シモンGM:「誰も不気味がって近づいたことはないんじゃないかな」
16:52:エリシア:「誰も使ってないから、宝も残ってる、ということでしょうか」
16:53:マーク:「不気味がる理由はさっきの竜関係?」
16:53:シモンGM:「そう。ドラゴンさ。」
16:53:シモンGM:「でも、ドラゴンなんていないぜ」
16:54:シェフィ:「えー、いないのー? ドラゴンさん会いたかったなあ」
16:54:マーク:(・・・実際にそんなのがいれば放置されんよなぁ。きっと)
16:54:アレル:「まぁ多少取られてても良いですよ。財宝は奥にある方が価値が高いと相場が決まってますし。奥のをいただけばいいのです」
16:54:エリシア:(甚大な被害が出てるか、討伐されてるかですよねぇ
16:54:シモンGM:「神殿に行ったが、何も居なかった。怖がるのは伝承のせいさ」
16:55:マーク:「ああ、自分で一度行ったんだ。どうだった?」
16:56:シモンGM:「もう廃墟。ほとんど草地で神殿の周りに木が生えているぐらいだぜ」
16:56:マーク:「島の広さはどんなもんかな。」
16:56:シェフィ:「? それなら一人で行ってもよかったんじゃない?」
16:56:シモンGM:「島は小さいな。」
16:57:エリシア:「規模はどれくらいですか?」
16:57:マーク:「一周にどれくらいかかりそう?」
16:57:シモンGM:「島を1周 3時間もあれば回ると思うけど。」
16:58:アレル:「それは小さいですね」
16:58:マーク:「外周1kmもないか。直径は300m以下かねぇ。
16:58:シェフィ:「そんな小さい島に、ドラゴンさん澄めるのかなあ…?」
16:58:エリシア:「じゃあ、神殿の規模もたいしたことないんでしょうか」
16:58:シモンGM:「島は山なりになっているんんだよ。鳥かごのように」
16:59:マーク:「如何にも地下がありそうな構造だ」
16:59:シモンGM:「頂上に神殿の廃墟さ」
16:59:エリシア:「じゃあ、地下がふかそう、ですね」
16:59:シェフィ:「それは超地下だね!」きらきらー

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

その3

17:00:マーク:「ちなみに森とかはあったかね?」
17:00:アレル:「下に降りる構造でしょうか…降りてる最中に上のほうが崩れないといいですが」
17:00:シモンGM:「森は神殿の周りにあるぐらいかな」
17:01:マーク:「・・・危険な野生動物は除外していーかな。」
17:01:シモンGM:「あとじさっきから、荒らされているって行ってるけどそんなこともないぜ」
17:01:エリシア:「ディーンさんは、神殿の入り口で引き返してきたんですか?中に入りました?」
17:01:シモンGM:「地下へ入るには鍵が必要だったんだよ。」
17:02:シェフィ:「鍵くらい、シーフさんは簡単に開けちゃうよ?」
17:02:エリシア:「じゃあ、そこまではディーンさんも行かれたようですし、心配ないんじゃないでしょうか?
17:02:シモンGM:「この本の文献に、神殿中央に地下の入り口があると書いてあるんだが」
17:02:エリシア:問題はその先、ですね」
17:03:シモンGM:「実際、行ってみたらすぐわかると思うけど、魔法か何かでロックされているんだ。」
17:03:シモンGM:「紫のオーラみたいなのが漂っている感じがするから」
17:03:マーク:「魔法で?錠前はなかったのか」
17:04:アレル:「おぉ魔法。それは盗賊の技術では無理そうですねぇ」
17:04:シモンGM:「錠前はあったさ。 」
17:04:マーク:「・・・へぇ。」(ロックかけてもそんなんでないぞ)でいいよね?>GM
17:04:シェフィ:わざわざ紫のスモークを…
17:04:アレル:こいつ・・・センスオーラを・・・!
17:05:シモンGM:ええ、ロックかけてもそんなんでません。
17:05:マーク:「それはロック以外の魔法がかかってんなぁ。」
17:05:シェフィ:セ、センスオーラは光るんじゃないかな!
17:05:シモンGM:「で、俺が戻ってきたわけも聞いてくれよ」
17:06:エリシア:「鍵が開かなかった以外に、理由が?」
17:06:アレル:「地下には入れないから戻ってきたんじゃないのですか?」
17:06:マーク:「うむ、全部話せ話せ」
17:06:シモンGM:「そのロックされているところは明らかに誘っている感じがするだろ。」
17:06:マーク:「まーねぇ。」
17:06:シモンGM:「開けてくれ ってさ」
17:07:シモンGM:「神殿の屋内に入ると警告文が書いてあったのさ。」
17:07:エリシア:「警告、ですか? 誰が書いたんでしょう」
17:07:シモンGM:「地下墓所には入るな!近隣の災いをもたらすってね。」
17:08:マーク:「カタコンペかよ・・・」
17:08:シモンGM:「さぁ。古代語だから神殿関係者じゃないのかな」
17:08:マーク:嫌な予感しかしねぇ
17:08:シェフィ:「よくわかんないけど、お墓なら仕方ないんじゃないかなあ」果たしてエルフは破かを理解するのか
17:08:シェフィ:墓
17:08:シモンGM:「ドラゴンをそこに封印したとかさ」
17:08:アレル:「誰かが中にはいらないように…ではなく、何かを外に出さないように、鍵がかかっているのかもしれませんね」
17:09:マーク:「もしそうなら何か具体的な記録が残ってそうなもんだが」
17:09:エリシア:「つまり、その警告を見て、帰ってきた・・・ということなんでしょうか」
17:09:マーク:「・・・そこまで急ぐんでないなら出発前にもうちょい調べておくかねぇ」
17:10:アレル:「残せない事情があったのか、あるいはあったけどもう無くなってしまったのか…あるいは見つかってないだけか」>具体的な記憶
17:10:シェフィ:「ねえなんで、わざわざ古代語で書いたのかな? 最近なら、最近の言葉で描くでしょう?」
17:10:シェフィ:古代語ってことは、古代魔法王国時代の話になるの?
17:10:シモンGM:100年前って話だからなー
17:10:マーク:「・・・100年前か。どうかなー」
17:11:シモンGM:「この本だって、東方語で表紙があるぜ」
17:11:シェフィ:100年前の言語ってなんだろうw
17:11:マーク:「共通語の歴史って実はそんなにないんだよなぁ」
17:11:アレル:「今でも重要な文献は古代語で書くという人もいるそうですし、どうですかねぇ」
17:11:マーク:「でも東方語はカスtゥールの頃にもあったんだよな、確か」
17:12:シェフィ:「だって、簡単な言葉で描かないと、分かんないで入っちゃう人いるかもしれないよ?」
17:12:マーク:「恐らくあの警告文を読めない奴には入れない仕組みなんだろう」
17:12:マーク:「要は普通の手段では開かないんだ、その鍵」
17:13:シモンGM:「で、アレルさん。この鍵を見てくれよ。」と箱の形をしたものを渡す。
17:13:シェフィ:「あーなるほど」>マーク
17:13:アレル:「はい?」受け取り受け取り
17:13:シェフィ:つまり最低でも、セージ/ソーサラー必須と
17:13:シモンGM:「この本の話だと、この箱が鍵になるらしいんだけど」
17:13:エリシア:「鍵?(覗き込む」
17:13:アレル:ソーサラーがあれば古代語読めませんでしたっけ
17:14:シェフィ:読めますね
17:14:アレル:「この箱が鍵に?」
17:14:シモンGM:「そうらしい。」
17:14:マーク:「・・・これもどこで?」>箱
17:14:シモンGM:「こいつは、うちの家の墓からさ」
17:15:マーク:「ご先祖は何を?」
17:15:アレル:箱ってどんな感じなのかしら。普通に開くところがあるのか、それとも正方形の形ってだけなのか
17:15:シモンGM:「醸造所」
17:15:マーク:「・・・あんた、苗字は?」
17:16:シモンGM:「姓は、ホーランド」
17:16:マーク:「・・・ウィルストン性の嫁入りとかなかった?」
17:16:エリシア:「どうして、お家のお墓にこれがあったんでしょう? 身内、とか?」
17:17:シモンGM:「代々受け継いているって話だけど。」
17:17:マーク:「・・・」(スルーする手はないなー・・こいつには悪いけど)
17:17:シモンGM:あとセージ知識判定(平目あり) 15以上で下記のことがわかります。箱はからくり箱であることがわかります。
17:18:マーク:2d6+6 セージ
SwordWorld : (2D6+6) → 7[3,4]+6 → 13
17:18:マーク:ダメ
17:18:アレル:2d6+8
SwordWorld : (2D6+8) → 7[6,1]+8 → 15
17:18:マーク:お
17:18:アレル:あぶないっ
17:18:シェフィ:2d6+5 アレリー出てるからいいか
SwordWorld : (2D6+5) → 5[3,2]+5 → 10
17:18:エリシア:もう試さないw 教えてもらいます
17:19:シモンGM:あと6ゾロでわかるので、どうぞ。
17:19:シェフィ:平目ありならファンブル稼いどけ>エリシア
17:19:アレル:「…おや、ただの箱ではなさそうですね。」いろいろ弄り
17:19:マーク:1ゾロやるともうけるゾ
17:19:エリシア:ダイス合計:8 (2D6 = [5 3])
17:19:エリシア:中途半端w 「アレルさん、わかりますか?」覗き込む
17:19:シェフィ:しょんぼり
17:19:シモンGM:「え、アレルさん、わかったの?」
17:19:アレル:カチャカチャいじってたら鍵になってくれたりしないかしら
17:19:シェフィ:「えーなになに」ワクワク
17:20:シモンGM:シーフ技能+知識B 18以上で鍵が出てきます。
17:20:アレル:た、高い
17:21:マーク:たけぇ
17:21:アレル:2d6+9
SwordWorld : (2D6+9) → 4[3,1]+9 → 13
17:21:アレル:しょんぼり
17:21:マーク:「・・・こういうのって魔法だとどうなるんかね」
17:21:シモンGM:「開けるのは無理そうですか?」
17:21:シモンGM:魔法は不可です。
17:21:アレル:「んー、からくりじかけだとは思うのですが…ちょっと開けるのは難しいですね」
17:21:マーク:アンロックが可能かどうかってわかります?>GM
17:22:マーク:あ、了解
17:22:マーク:「壊すか?」
17:22:シモンGM:ただ、毎日挑戦可能です。このからくり箱の開封は
17:22:アレル:「まぁ一学者の自分では手に余りますね!はははは」
17:22:シェフィ:つまり14回!
17:22:シモンGM:そそ。
17:22:マーク:なるほどねぇ
17:22:エリシア:行きながらあけろと
17:22:アレル:神殿に着くまでには開けてみせます(キリッ
17:22:シェフィ:寝起きかねる前かにこっそりかちゃかちゃやってるアレリー
17:23:シモンGM:ずっとそういうRPです
17:23:アレル:「これは少し預かってもよろしいですか?神殿に着くまでには開けられると思います」
17:23:シモンGM:「はい。わかりました。」
17:24:マーク:「他に実家から見つかったものはあるかい?」
17:24:シェフィ:「がんばれー!」
17:24:エリシア:「お願いしますね、アレルさん」
17:24:シモンGM:「いえ、それ以外は特にないよ」
17:24:アレル:「はい、お任せ下さい」
17:25:マーク:「OKOK。さて、他に確認しとくことはあるっけなぁ」
17:25:シェフィ:「それじゃあしゅっぱーつ!」 でいいですか?
17:25:シモンGM:では、カゾフまで少年と一緒に同行でいいですかね。
17:25:シェフィ:あー、学院の図書室漁ってみますか?
17:25:マーク:事前調査をするか否か、ガゾフでお宅訪問するか否か
17:25:シモンGM:お宅訪問は勘弁してくださいw
17:25:マーク:マークは帯同でいいと思ってます
17:26:マーク:あ、そういう事ならやめときましょう<お宅
17:26:シェフィ:じゃあ近くから「あそこ」って指差し確認をしてもらってw
17:26:シモンGM:学院は寄りますか?
17:26:マーク:特に時間制限があるようにも思えないし行っとくのがいいかとマークは思ってます
17:27:アレル:せっかくだし行っておきましょうかー。神殿関係の本があるかチラーっと見る感じで
17:28:シェフィ:じゃあ出発を翌朝にして、依頼を受けた日の午後は学院って感じですかね。
17:28:シェフィ:マークいるからぞろぞろと
17:28:アレル:ですねですね!
17:28:マーク:「あー、そうだ」
17:28:シモンGM:マークの案内で学院へ
17:29:マーク:「もう一点だけ。その僧院って宗派は何?」
17:29:シモンGM:「それがわかんないんだよね。マーファとかラーダとかガネードとか」
17:29:マーク:「よし、エリシア。マーファ神殿の方で調査頼む。」
17:30:シモンGM:「醸造やっているからマーファじゃないかなと思うんだけど」
17:30:エリシア:「そうですね、何かわかるかもしれません(こく」
17:30:エリシア:みなさんと別行動で神殿行きますわ〜
17:30:シモンGM:では、マーファの神殿からわかった話を
17:30:マーク:「何ならもう一人、神殿の方へ行ってもイイな」
17:30:エリシア:(PL的には不安なんで、誰かきて
17:31:マーク:あ、判定なしでわかる?
17:31:エリシア:あ、わかるのかな?
17:31:シモンGM:リンディスファーン島の神殿は、マーファとは関係ないと。
17:31:エリシア:ぶっ! 不発w
17:31:シモンGM:別の組織団体が仕切っていたという話を聞きます。
17:31:マーク:ほう。如何にもそれっぽいのに
17:32:マーク:どこかはわからないんですね?>別組織
17:32:アレル:これは新興宗教
17:32:シェフィ:まらーふぁ?
17:32:シェフィ:語呂悪いな
17:32:シモンGM:年配の人の話だと、マーファを装っていたということも聞きます。
17:32:マーク:光の5神じゃないとかもわかったり?
17:32:エリシア:他の神様なのか、怪しい宗教なのか
17:32:シェフィ:「装っていた」いやんなひびき
17:32:マーク:・・・おぅふ
17:33:エリシア:「それは、許せませんね」<装っていた
17:33:アレル:マーファを装う宗教…ざわざわ
17:33:シモンGM:学院の方に行くと、リンディスファーン島の神殿は現在の学院に近い存在であったことを知ることができます。
17:33:マーク:「ファラリスもファリスを装ったりするからなー。あまり良さそうな団体じゃないなぁ」
17:34:シモンGM:魔法が禁忌とされ、それを調べること自体、悪とされていた時代。
17:35:マーク:「我らがマナ・ライ師が学院をぶち上げる前だもんなぁ。」
17:35:シモンGM:それでマーファを装っていたという感じです。
17:35:アレル:それはマーファを名乗らざるを得ない
17:35:シェフィ:「ねえ、100年前なら、エルフさんとかドワーフさんとか、知ってる人いるんじゃないかしら?」あいつら長寿
17:36:シェフィ:ラーダじゃないのかw
17:36:エリシア:なるほど、でもそれだったらラーダじゃ
17:36:マーク:「その頃の人間ってその辺との交流はどうおかなー」
17:36:マーク:一番遠いとこにしたんでしょうかね>マーファ
17:37:マーク:海方面ってエルフとかドワーフいなさそうなのよね
17:37:マーク:無印はエルフ=森、ドワーフ=山だし
17:37:シモンGM:学院ではそんな話を教えてくれました。
17:38:シモンGM:ラーダとバレる。
17:38:エリシア:「それに、教団を装うくらいですから、そもそも、外部と接触があったかどうかは…」
17:38:シモンGM:マーファなら醸造やってるし偽装できる。
17:38:アレル:事前準備終了ー。かしら?
17:38:シェフィ:なるほど、ラーダだと「蜂蜜酒作るための知識の研鑽ですし」とは言いづらいか
17:38:シモンGM:じゃ、いきますか。
17:39:アレル:マーファならバレても許されると思ったに違いありません
17:39:マーク:「・・・うーん、如何にも嫌な予感がするんだが具体的な記録は残って無かったか」
17:39:マーク:上手くもみ消しやがったな
17:39:アレル:ごーごー
17:39:マーク:じゃ、行きましょか
17:39:エリシア:れっつらごー
17:39:シモンGM:オランからカゾフまで7日、さらにリンディスファーン島は3日ほどかかるという。
17:40:シモンGM:カゾフへ到着!
17:40:シモンGM:ディーン君とは別れるけど良いですか?
17:40:マーク:さぁ、判定DA!
17:40:エリシア:「アレルさん、作業はどうですか?」
17:40:マーク:あ、ここで別れるのね?
17:40:シモンGM:7回振ってください。 アレルさん。
17:40:シェフィ:あ、待っててくれるのね
17:40:マーク:遺跡までついてくるのかと思ってた人
17:40:アレル:いくぜー
17:41:エリシア:私も思ってました<ついてくる
17:41:シェフィ:ノシ <てっきり行くんだとばかり
17:41:アレル:2d6+9
SwordWorld : (2D6+9) → 9[3,6]+9 → 18
17:41:アレル:わぁい
17:41:シモンGM:!
17:41:マーク:おー
17:41:シモンGM:早い。
17:41:シェフィ:次の日にクリアしてたw
17:41:エリシア:おぉ!!
17:41:シモンGM:次の日にはクリアですか。
17:41:アレル:「あ、なんかいじってたら開きましたよ。いやぁ運がいいですねぇ」
17:41:シェフィ:調べ物しながらずっと考えてたんですねぇ
17:41:マーク:「へぇー、こりゃ俺にゃ無理だなぁ」(開いた仕組みを見ながら)
17:42:エリシア:「すごいです、アレルさん」感嘆のまなざし
17:42:シモンGM:鍵が出てきました。 セージ知識判定で12以上でミスリル銀製の鍵であることがわかります。
17:42:マーク:2d6+6 セージ
SwordWorld : (2D6+6) → 9[6,3]+6 → 15
17:42:アレル:これを売ろう(迫真)
17:42:アレル:2d6+8
SwordWorld : (2D6+8) → 5[4,1]+8 → 13
17:42:マーク:「げ。マジかよ・・・」>ミスリル製
17:43:アレル:「あはは。運がいいだけです…とはいえこの鍵、ただの鍵ではありませんね…」
17:43:マーク:少なくともカストゥール以前だ
17:43:シェフィ:2d6+5 すばらしいね
SwordWorld : (2D6+5) → 7[3,4]+5 → 12
17:43:マーク:「どーやらその僧院。建物としての歴史はもっと古そうだな。」
17:43:エリシア:「ただの鍵じゃない、ですか?(きょと」マーク、アレリー交互に
17:43:エリシア:2d6
SwordWorld : (2D6) → 9[3,6] → 9
17:44:シェフィ:「この鍵だけでもひと財産だね!」
17:44:エリシア:うん、やっぱわからん!w
17:44:シェフィ:いやマジで…いくらくらいになるんだろうか(真顔
17:44:アレル:「ミスリル銀を鍵に加工する技術があった時代…ですね・・・」
17:44:マーク:「これ、ミスリル製だよ。今はもう加工の技術も載ってない」
17:45:シモンGM:ディーン「え!!それだけで一財産じゃないですか?」
17:45:マーク:「・・・カストゥール以降の遺跡ならそこまで凶悪なのは考えなくて良かったんだけどなぁ」
17:45:エリシア:「へぇ…そんな珍しいものなんですか…」鍵見つめ
17:45:アレル:「まぁそうですねぇ。」<ひと財産 「これは…少し気を引き締めなければなりません」
17:45:シェフィ:「っていうかさ、ディーン君。この鍵売るんじゃ、駄目かなあ?」金が目的なら、もはやもう十分なのでは
17:45:シモンGM:!それはGMが困る
17:46:エリシア:そりゃそーです!w<GM困る
17:46:シェフィ:ああいや、PLはもちろん遺跡行きたいですよ
17:46:シェフィ:けれど、NPC的には終了のお知らせじゃないかな、とw
17:46:マーク:「まぁ、量的にはちょっと物足りないかもな」>鍵の売却
17:46:アレル:「まぁでもこれだけの品、売るにしても普通のルートでは売れなさそうです」
17:46:マーク:「具体的にいくらくらい必要なんだ?」>ディーン
17:47:シモンGM:「でも、これで宝が眠っていることがはっきりしたんじゃないですか?」
17:47:シモンGM:「10000ガメルは」
17:47:マーク:「・・・流石に鍵だけだとつらいかな」>10000
17:47:シェフィ:「そうだね、もうちょっと頑張ろうか!」
17:47:シェフィ:っていうか、鍵だけだといくらくらいになるんだろうw
17:48:マーク:「ハイリスクハイリターンだ。ま、それも仕方あるめぇ」
17:48:アレル:「そうですね…その鍵を元手に、神殿からお宝をいただくとしましょう」
17:48:シモンGM:一応、学院引取で1000ガメル。
17:48:シモンGM:未開封であれば。
17:48:マーク:まー、その程度だよね
17:48:シモンGM:開封後で、300ガメル。
17:48:アレル:学院ならこれは研究に使うと言って奪い取って言っても不思議ではありません
17:49:シェフィ:奴等ならやりかねん
17:49:シェフィ:それくらいなら、古い本を見つけて売った方が金になるな
17:49:アレル:よし、神殿からたくさん財宝を持ち帰るのだ!
17:50:シェフィ:しかしハーフエルフ二人という筋力低いPTであるという。エルフいない分まし?
17:50:アレル:あ、開いたから途中の道程はスキップされるのかしら
17:50:シモンGM:そして、ディーン君は、海岸線で島を指す。
17:50:マーク:つまり最低でも20000稼がないと
17:50:シモンGM:「あの島が、リンディスファーン島です。」
17:50:マーク:「どれどれ。」(観察)
17:51:シモンGM:ディーンがいうように、鳥かごのように山なりになった島が見える。
17:51:シェフィ:「じゃあ後は引き潮待ってわたるだけだねー」
17:52:シモンGM:「いや、ここから獣道を歩いていかないといけない」
17:52:シェフィ:「まだ歩くのかー」でも獣道は得意
17:52:シモンGM:「それだけで7日はかかる」
17:52:マーク:「ああ、道ができるポイントまでまだあるんだな」
17:53:エリシア:「まだまだかかるんですね…」
17:53:アレル:「まぁ仕方ありませんね。エリシアさんは体力的に大丈夫ですか?」初冒険でこれは辛いだろう…
17:53:マーク:GM。島に渡る前日に時間拡大したライト弾を作成します、と事前に言っておきますね
17:53:シモンGM:一行はカゾフで食事を摂った後、リンディスファーン島に向かう。
17:53:エリシア:「すみません、何とか…」>アレリーさん
17:54:エリシア:たまに手を借りてるに違いないです
17:54:シモンGM:獣道を歩く。
17:54:シモンGM:歩く。
17:55:シモンGM:誰も補修などしていないため、リンディスファーン島までの道はほとんど獣道である。潮が満ちると島となり、干潮になると土手道で本土とつながる。この土手道も100年以上前に作られた道らしい。その道を渡り、リンディスファーン島の神殿跡地に向かう。では、不意打ち判定をお願いします。
17:55:マーク:「へー、前は一人でここ歩いたのか。大変だったろ」>ディーン
17:56:マーク:不意打ちか。レンジャー?冒険者Lv?
17:56:シモンGM:レンジャ
17:57:マーク:Oh 気合い入れねば
17:57:アレル:頑張れレンジャー!
17:57:マーク:2d6+6 不意打ち判定
SwordWorld : (2D6+6) → 10[5,5]+6 → 16
17:57:シェフィ:2d6+6 レンジャーレベル=冒険者レベルなので私には問題ない
SwordWorld : (2D6+6) → 11[5,6]+6 → 17
17:57:マーク:いったろ
17:57:アレル:やだうちのレンジャー勢心強い
17:58:シモンGM:2D6+5
SwordWorld : (2D6+5) → 6[4,2]+5 → 11
17:58:エリシア:警戒半端ないんですよ
17:58:シモンGM:あ”。。。
17:58:シモンGM:不意打ち成功ですね。
17:58:シェフィ:森育ちですんで
17:58:シモンGM:少しお待ちください。。。
17:58:マーク:ほう Lv5か
17:58:アレル:既に強い
17:59:エリシア:いきなり…(くらっ
17:59:シェフィ:マップでかいっていうかオーガwww

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

その4

18:00:アレル:手荒いお出迎えだーッ
18:01:エリシア:これが初冒険だなんて、信じられません!
18:01:シェフィ:待て、何匹いるんだwwwww
18:01:マーク:何か結構、いるぞー
18:01:エリシア:ちょ、一体何匹w
18:01:アレル:ゴブリン集落だった
18:01:シェフィ:アレリー、一人でオーガに引き倒せる?
18:01:シェフィ:二匹
18:01:アレル:実は割と余裕です
18:01:マーク:ゴブシャーを手早く落とさないと事故るんだよなぁ
18:02:シェフィ:じゃあ行ってらっしゃい。後ろで弓持ってるわ
18:02:アレル:そう!ゴブシャーが一番怖い!
18:02:エリシア:わたし、これ待機ですね(回復専用
18:02:アレル:これはエリシアさん前でたら死んじゃう
18:03:エリシア:絶対でません。けど、何かさらに増えてます
18:03:マーク:シューターかよぉ
18:03:シェフィ:えーとなんかね。シューターとかいう知らない種族がいるんですが
18:03:シモンGM:ゴブリンです。
18:03:マーク:まだ増えるぅ
18:03:シモンGM:武器が弩なだけで
18:03:シェフィ:シャーマン一匹なのがありがたいところか
18:03:マーク:弓持ったゴブリンですな
18:03:シモンGM:能力値は変わりません。
18:03:アレル:みなかったことにするという選択肢
18:03:シェフィ:つまり後ろも狙われるじゃないですかー。…魔法も突っ込むか
18:04:シモンGM:遠隔攻撃ができるだけです。
18:04:エリシア:で、結局何匹いるんでせう…
18:04:シェフィ:GM、弓は誤射しますか?
18:04:アレル:16匹・・・(プルプル
18:04:マーク:これ、もうMP気にせず全開でいいよね? 神殿入る前に休むって事で
18:04:シェフィ:いや、まだ道中ですし、今夜は寝ますよ。もちろん
18:05:アレル:どのみち獣道で7日ですしねぇ。行くなら全力だー!
18:05:シェフィ:ホブゴブまでいるとかガチ集落じゃないですかやだー。
18:05:マーク:ん?
18:05:マーク:もう神殿着いてるよね?
18:05:シェフィ:……え、経験点? エリシア一体何レベルになるの?
18:05:エリシア:まだ増えてるー!
18:05:シモンGM:Yes
18:05:マーク:何故か神殿にたむろするゴブ集団
18:05:マーク:の構図
18:05:アレル:なんだと・・・神殿前だったのか
18:06:エリシア:ところで
18:06:シェフィ:ああなるほど。じゃあ倒さないといけなくて。でも寝てもいい。倒すか
18:06:エリシア:1マス何m換算ですか
18:06:シモンGM:今から、モンスの数が会ってるから数えるので
18:06:アレル:エリシアさんの冒険の1ページ目がデスノートすぎる
18:06:マーク:これは英雄街道ですわ
18:06:エリシア:もうね、ある意味今後何も怖くない、みたいなw
18:07:シェフィ:「あ、あれよりましです」としか言いようがwwww
18:07:マーク:前衛能力が無いのはシェフィだけだよね?
18:07:シェフィ:ないよー!
18:07:アレル:非情なスパルタ教育
18:07:シェフィ:パワーレベリングの日じゃねぇよw
18:07:マーク:じゃ、エリシアにはシェフィの護衛も兼ねて貰うか
18:07:エリシア:10m以上離れないでくださいねw
18:08:マーク:流石にマークも魔法ぶち込み終わったら前でないとダメだろーし
18:08:シモンGM:若干、予定より多いですが、これでいきます。
18:08:エリシア:できること、護衛と回復だけですからー
18:08:マーク:予定通り減らそう(提案
18:08:アレル:予定より多かったっ
18:08:シェフィ:予定通りにしましょうよ
18:08:シェフィ:時間削減のために
18:08:エリシア:いや、予定通りにしましょうよ
18:09:アレル:一人傾いているゴブリンがいるぜ・・・あいつきっと居眠りしてるに違いない
18:09:マーク:えーと、これストサバを限界まで召喚するのとどっちが効率いいんだ
18:10:シモンGM:うし。
18:10:シェフィ:とりあえずオーガとゴブリンとホブゴブリンとシューターの判定をさせてください。存外会ってなかったw
18:10:アレル:ストサバなら多分ゴブリンに殴り勝てるので、普通に魔法うつよりは効率いいかも
18:10:エリシア:全部判定必要です、私
18:11:マーク:ゴブシューって判定要ります?
18:11:マーク:他は全部既知
18:11:アレル:エリシア…!いっぱい覚えていくんだ…!
18:12:アレル:武器変えただけならいらないんじゃないかなぁとは思いますが、GM次第
18:12:エリシア:でも、全部平目ー<判定
18:12:シモンGM:iya,
18:12:シェフィ:2d6+5 オーガー目標値10
SwordWorld : (2D6+5) → 9[6,3]+5 → 14
18:12:シモンGM:ゴブリンシュータは不要です。
18:12:シモンGM:ただのゴブリンとして扱ってください。
18:12:エリシア:2d6 ゴブリンー
SwordWorld : (2D6) → 3[2,1] → 3
18:13:シモンGM:知らん!
18:13:エリシア:知らんし!(爆
18:13:シェフィ:2d6+5 ゴブリン 目標値5
SwordWorld : (2D6+5) → 5[2,3]+5 → 10
18:13:アレル:エリシアェ・・・
18:13:エリシア:2d6 ゴブシャー
SwordWorld : (2D6) → 3[1,2] → 3
18:13:シェフィ:2d6+5 ホブゴブ 目標値8
SwordWorld : (2D6+5) → 10[5,5]+5 → 15
18:13:シモンGM:!
18:13:エリシア:2d6 ホブゴブー
SwordWorld : (2D6) → 7[2,5] → 7
18:13:シェフィ:シューターいらないってことなので全部知ってた
18:14:エリシア:2d6 オーガー
SwordWorld : (2D6) → 5[2,3] → 5
18:14:エリシア:うん、無知にもほどがある!
18:14:シモンGM:まずはここで、どどんとふでの戦闘経験を積まさせてもりあます!
18:14:マーク:まぁ、マーファなら普通かもしれん
18:14:アレル:「ゴブリンにゴブリンシャーマン、ホブゴブリンにオーガまでいますね。随分と我が物顔で占拠してくれたものです」
18:14:シェフィ:エリシア、このセッションで得た経験点を突っ込んでセージ取ったらどこまで伸びるのかw
18:15:マーク:「チ。間が悪い。」
18:15:シモンGM:モンスターを倒せば経験が入るで
18:15:シェフィ:「なんかいっぱいいるね」
18:15:エリシア:「なんか、いっぱいいますっ」(あわあわ
18:15:マーク:ちなみにさっきの不意打ち判定の結果はどうなったんでしたっけ
18:15:シモンGM:不意打ちが成功しているので、1R目宜しくお願いします。
18:15:シェフィ:好き放題していいんです?
18:15:マーク:では、射線について質問
18:16:シモンGM:どうぞ。
18:16:マーク:初期位置は現在の位置として。間に別の敵がいれば射線通ってないって認識でよいでしょうか
18:16:シモンGM:はい。
18:16:シモンGM:また、柱や木があっても同様です。
18:16:マーク:マス目1で1mでしょうか
18:17:シモンGM:一マス1mで解釈
18:17:シモンGM:お願いします。
18:17:マーク:オーガはデカイですがこれはそのままの扱いですか?
18:17:シモンGM:はい。
18:18:シモンGM:単に的が当てやすくなっただけです。
18:18:マーク:通り抜けについてはどうでしょう 隣接のマスを通らなければOK?
18:18:シモンGM:隣接状態にならなければOKです。つまり3m範囲に入らない
18:19:マーク:3m範囲を隣接とするわけですね 了解
18:19:シモンGM:はいそうです。
18:19:マーク:ストサバを召喚した場合の座標はどうなりますか?
18:19:マーク:術者と同じか、隣接か
18:19:シモンGM:隣接で
18:20:マーク:召喚したRから動けますか?
18:21:シモンGM:動けるとします。
18:21:マーク:了解 なら手前のゴブシューは潰せる!
18:22:アレル:ストサバで前線維持出来るなら、このRでシャーマンに全力移動しようかなーと思ったりしますが
18:22:アレル:どうだろう、ストサバの数にもよるか
18:22:マーク:多分、どっかで他の敵の3m圏内に入っちゃうからどうなるか
18:23:マーク:ストサバは3体行こうかと思ってます
18:23:シェフィ:隣接で攻撃できるのであれば、弓は射線通っていれば誤射しませんか?
18:23:シモンGM:hai
18:23:シモンGM:誤射しません。
18:23:アレル:隣接マスに入らなければ移動妨害はされないんじゃなかったでしたっけ?違ったかしら
18:23:マーク:真後ろにいなけれければいいのね
18:24:マーク:GMは3mとおおせです
18:24:シモンGM:1マス1mなので
18:24:シモンGM:3マス3mで隣接として扱うので
18:24:アレル:あ、なるほど、そういうことなのか
18:24:マーク:公式でも隣接=3mって清松氏が言ってますしねぇ
18:24:シモンGM:3マス分としてます。
18:25:マーク:あ、そうだ
18:25:アレル:斜めの扱いってどうなのかしら
18:25:マーク:味方も射線の邪魔にはなる、でいいんですよね?
18:26:シモンGM:斜めは2m先扱いで
18:27:シモンGM:味方の斜線の邪魔になります。
18:27:シモンGM:射線
18:27:マーク:じゃー後は障害物についてかな
18:27:アレル:移動妨害の時は斜めは2マスまで止めるのかな?1マスかしら
18:27:シモンGM:2マスまでで止めるで
18:27:マーク:味方が射線を遮ってても目視は可能 障害物だと目視も不可 で認識合ってますか?
18:28:シモンGM:はい、あってます。
18:28:マーク:で、あれば。アレルは障害物で上手くゴブシャーの射線からハズレながら戦えば魔法はくらわん
18:28:マーク:相手が制限移動で3m移動できる事を考慮しないとだめだけど
18:29:シモンGM:この辺のルールの記載を書いとけばよかったですね。
18:29:マーク:いや、これを実際書くと面倒でしょう
18:29:アレル:あのマップの灰色の部分って石畳か何かです?
18:29:シモンGM:石です。
18:29:シモンGM:石畳
18:30:シモンGM:柱は大理石
18:30:アレル:ストーンブラストはできない、でいいのかしら
18:30:シモンGM:できません。
18:30:シモンGM:茶色い露出した部分は可能です。
18:31:マーク:あれって起点指定的なのだっけ 10m内に土があれば可能的な
18:31:シモンGM:あ
18:31:シモンGM:そうだった。
18:31:マーク:30mだった
18:31:シモンGM:30mだったw
18:31:シモンGM:余裕で届く。
18:32:シェフィ:ノームがアップを始めました
18:32:マーク:精霊魔法って攻撃系が充実してるんだよねー
18:32:シェフィ:ごめーん、そこまで到達してないー
18:32:マーク:魔術は燃費悪い
18:32:マーク:ウィスプも十分強いでよ
18:33:アレル:ん、30m以内の、足元に露出した地面がある敵に対しては打てる、ですよね多分>ストブラ
18:33:シモンGM:はい。そうです。
18:33:マーク:でも目視してないと無理
18:33:マーク:相手をね
18:34:アレル:なるほどなるほど、ストブラが飛んでこないなら楽なもんです
18:34:マーク:だから障害物を使ってゴブシャーに目視されないように動けば魔法は防げる
18:34:マーク:シフィ達も柱とかの影になるように上手く動いてね
18:34:マーク:30mだからそっちにも届く
18:34:マーク:届く?
18:35:シェフィ:多分
18:35:マーク:・・・距離拡大すれば届く
18:35:シェフィ:斜め2mなら、15ますまで余裕がありますが、そう、拡大
18:35:シェフィ:が、拡大する意味はないw
18:35:マーク:まぁ、ストサバに撃ってもらおうと思っとります
18:36:マーク:後は・・・初期位置ですがこれで確定でしょうか?>GM
18:36:シェフィ:とりあえずこちらはちまちまウィスプ撃って、精神点尽きたら弓ですね。
18:36:シモンGM:確定です。
18:37:シェフィ:4人シャッフル不可ですか?
18:37:シモンGM:初期位置はこれで確定。
18:37:シモンGM:シャッフルはどうぞ
18:37:マーク:よーし、後は戦闘中に何かアレばつど聞く、かな
18:37:エリシア:行動遅らせて回復準備、何か来たら殴る、的な
18:37:シェフィ:このラウンドは来ない確定。
18:37:マーク:マークが殿なのは自然だからなぁ シャッフルします?
18:38:シェフィ:自分と交代すると、ストサバ前になりませんかね?
18:38:マーク:なります
18:38:シェフィ:マーク前だと自分先頭か
18:38:シェフィ:じゃ、交代しましょうか
18:38:マーク:あ、ついでにエリシアと交代しましょ
18:39:マーク:下にシューターいるんで
18:39:マーク:後は・・・4−5あたりの草は障害物になるんでしょーか
18:41:シモンGM:障害物となります。
18:41:シモンGM:こいつは木です
18:41:マーク:了解 では後衛はその辺を利用してシューターの矢を防いで下さいな
18:41:シェフィ:はい(`・ω・´)ゞ
18:42:エリシア:了解です!
18:42:マーク:私は現時点で質問尽きました
18:42:エリシア:ところで、シューター4と5って同じマスにいます?
18:43:アレル:これって敵に接敵したあとも、敵と隣接するマスなら3m以内は移動していいんでしょうか
18:43:シモンGM:OKです
18:44:アレル:私もほかは質問なし!
18:44:シモンGM:5はいない。
18:44:シモンGM:削除したった。
18:44:シェフィ:そも質問が浮かびません!
18:44:マーク:了解
18:45:マーク:ではー 戦術のおさらい
18:45:シモンGM:さぁ、来い!初戦だ!
18:45:エリシア:見えてるだけか。了解<5
18:45:マーク:マークは初っ端からストサバ×3を召喚 シューター4から潰します
18:45:マーク:で、いいよね?
18:46:シェフィ:大事だと思います
18:46:アレル:どぞー
18:46:マーク:シェフィはどうします?
18:46:マーク:無印は行動前に宣言を決めないといかんからね
18:47:シェフィ:GM,呪歌の範囲はどうなりますか?
18:48:シモンGM:全域に通ります。
18:48:アレル:シェフィのよく通る声が!
18:48:マーク:・・・ほう
18:48:シェフィ:ほぅ
18:49:シェフィ:ダンス歌います。攻撃、回避-4
18:50:シェフィ:ゴブシャーの魔法潰しです
18:50:マーク:神聖魔法は問題ないしね
18:50:エリシア:問題ないですね
18:50:シェフィ:古代語魔法には影響するので、マークは頑張って抵抗してくださいw
18:50:マーク:最初のラウンドは行動遅延してね?
18:50:アレル:じゃあ行動遅延してオーガ2に強打+2で頭狙いしましょう。16-7に移動する感じかな
18:50:シェフィ:もちろんだよw!
18:51:マーク:じゃ、マークは行動遅延せずにストサバでいくか。
18:51:マーク:ストサバは振りますか?固定値ですか?
18:51:シモンGM:?
18:51:マーク:判定ですよ
18:51:シモンGM:ああ
18:51:シモンGM:振りです。
18:51:マーク:ですよねー
18:52:マーク:じゃー、マーク以外は行動遅延かな
18:52:シェフィ:大丈夫、マークのストサバは魔神をも倒す
18:52:マーク:アレルはオーガ殴る、シェフィは歌う、エリシアは待機?
18:52:アレル:エリシアさんはチアガール!
18:53:エリシア:待機しかないですね。遠距離もないのでw
18:53:マーク:制限移動で動けるから動く場所も考えないとかな
18:53:マーク:マークはここいってから魔法の予定
18:54:マーク:あ、倒れてる石柱の上って移動可能ですか?
18:55:シモンGM:可能ですが、越える時余分に1m消費をお願いします。
18:55:マーク:了解
18:55:シェフィ:よじ登る気だ!
18:55:マーク:ではー・・・開始?
18:56:アレル:そろそろ行動解決でもいいんじゃないかしら!
18:56:シモンGM:あい
18:56:シモンGM:お願いします。
18:56:アレル:目指せ無傷の勝利
18:56:マーク:ではマークいっきまーす
18:56:マーク:制限移動で移動した後、ストサバを3体召喚 判定は・・・個別振りします
18:57:マーク:2d6+6 ストサバ1
SwordWorld : (2D6+6) → 8[2,6]+6 → 14
18:57:マーク:2d6+6 ストサバ2
SwordWorld : (2D6+6) → 7[5,2]+6 → 13
18:57:シモンGM:はい、成功
18:57:マーク:2d6+6 ストサバ3
SwordWorld : (2D6+6) → 7[4,3]+6 → 13
18:57:シモンGM:はい、成功!
18:57:マーク:3体とも成功
18:57:シモンGM:はい、成功!
18:57:マーク:ちょっと待ってね
18:58:マーク:あ、用意して頂いてたんですね
18:59:シモンGM:戦闘会議している間に。
18:59:マーク:ありがてぇ
18:59:マーク:では・・・不意打ちでゴブ達はうごけないので次はストサバですね
18:59:シモンGM:あい

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事