ここから本文です
LIVE 〜 そしてレコーディングへの道のり…
★ついにデビュー9周年!★2013年5月3日2ndアルバムリリース!★有線リクエストもOn Air中!

書庫全体表示

野山北公園の釣り池

イメージ 1

 武蔵村山市にある、野山北公園の釣り池に行って来た。

この公園は、かたくりの湯の裏側にある公園で、
空堀川の源流は、ここから始まっている。

釣り池の水源もこの水門から流れているのだ。

イメージ 2

釣り池は、毎年数回に分けて鮒などを、計数千匹も放流している。

しかし放流直後は入れ食い状態になる為、
網で大量にすくって持ち帰る人などが多い為、
放流のタイミングを逃すとまったくアタリの無い釣り堀と化すようだ。

僕が行ったタイミングもそんな感じで、時折、悠々と泳ぐ大きな鯉は見えるのだが、
周りで誰か釣った姿は、結局この日最後まで見かける事は無かった。

イメージ 3

釣り池の中心部には小さな島がある。
僕はその島にあるベンチに座り、釣りを開始した。

魚は橋の下や水門などの落ち込み、
あとは岩などの側に集まっていると云われている。

橋の下と水門のところは、
既に早朝から釣りを始めている常連勢に全て抑えられていた。

ベンチの正面に大きな石が2つあったので、僕はそこを目指してキャストした。

イメージ 4

今日の竿は2.4mでハリスは7号にして鯉を狙ってみた。

餌は練り餌を使っていたのだが、まったくアタリが無かった。

餌をパンに変えると今度は小さな魚が突っついて、餌だけが取られてしまった。

これだけ人が多いと警戒心の強い鯉は無理だと判断し、
小物や鮒狙いに絞り、棒ウキに代え、ハリスを3号に落とし、
練り餌でキャストしてみた。

イメージ 5

ところがこの池の魚は、練り餌にはまったく反応せず、突っつきもしないのだ。

しょうがないので、また餌をただの食パンの切れ端にしたら、
餌だけが取られるようになった。

こうなったら食パンで釣るしかないと判断し、
大きな石の側に、パンの切れ端をこまめに投げ込んで、魚を集める事にした。

イメージ 6

コマセ効果があってか、以降キャストすれば、
棒ウキの反応がビシバシ来る事になった。

だけど浮きがグングン沈むのだが、魚はまったく釣れず、
餌だけ取られる状態が延々と続く。

よ〜く見てみると3cmくらいの小さい魚が、
パンを突っついてるのが見える。

う〜ん、これだとタナゴの仕掛けじゃないと、針が大きくて釣れないよなぁ…。

イメージ 7

結局、池にはでかい鯉と、3cmくらいの稚魚だけしか見ることは無かった。

今度は放流直後の入れ食い状態の時に来てみたいものだ。
(どのタイミングなのか知らんが…)

それにしてもあの小さいやつらは、食パン一斤も食べやがって、
一体どういう胃袋してるやがるんだぁ!?

★本日の釣果0匹★




Tanaka-KOZO CD 購入サイト

有線放送リクエスト受付中

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事