クレアの病気

[ リスト | 詳細 ]

クレアのアレルギーの話(アトピー)を中心にその他気になったことを更新していきます
記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

脳炎だったクレア1

イメージ 1

クレアがいた時にはwikiで写真を貼って記事を書いたりしてましたがもう・・・


クレアが去年の10月13日の火曜日の夜に【大人が自分の子供を膝の上に抱くようにクレアを抱いていたら】発作で前足が人間で言うところの列に並ぶ時の《まえ〜ならい》状態で硬直して顔は天井に向かって徐々に傾き始め眼球も飛び出そうに上に向いてしまい体が後ろに反っていきました。名前を呼んでも聞こえず前足を擦りながら眼球を閉じようかと触っていたらやっと気がついたのです。【初めての経験でどうしていいか分からずに自分たちの出来ることをしました】

急いで病院に電話を入れて診察が可能か確認しました。
病院は7時で受け付け終了で電話をしたのが7時40分。
家から病院まで約30分でしたが診てもらえるというので急いで出掛けました。
診察の結果だと癲癇だろうと言われて注射、点滴、座薬を貰い帰宅しました。

でも帰宅後に同様の発作が出て体を擦りながら名前を呼んでたら気がついたので座薬を早速入れました。
次の日は元気がなかったのですが金曜日にはすっかり元気になり嫁も用事があって出かけることが出来たのです。

そして土曜日。
朝早く目が覚めた自分はベッドの横にあるハウスで寝ていたクレアを見たら自分が起きたのに気がついたクレアと目が合い『たまには少しの間だけでも一緒に寝てみようかとクレアを自分の隣に引き寄せ左腕をクレアの顎の下に入れて寝たのです。
しばらくして目が覚めてクレアの顔を覗き込んだらクレアが発作を起こしてました。
【クレアは、これまで以上に体が後ろに反っていき『キャン!』と声を漏らしました。】
焦った自分はクレアを抱きかかえ体を擦り名前を呼びながら2階から1階に向い嫁を呼んで二人で擦ったり名前を呼んでいるうちにクレアが気がつきました。

クレアにご飯を与えずに病院に行ってみようと話が決まりました。
その時にクレアには小指の先ほどのパンを与えました。

病院に行って注射、点滴、ついでに座薬を貰いました。
【あと、血液検査とレントゲンを撮ったのですがどちらも異状なしでした。先生から『脳の方に原因があると思いますがMRIを撮らないと分からないのですが川口の病院ならMRI撮れますがどうしますか?予約を入れましょうか?』『お願いします』・・・少しして『一番早くて月曜日の午前中ですが大丈夫ですか?』『はい大丈夫です』
そのあと自分の会社の上司に電話で月曜日にクレアのMRIを撮りに川口まで行くので休暇の了承をお願いしました】
そして帰宅。

帰宅して実家に行く話が出てクレアを連れて行くと嫁が言いました。

実は・・・

9月21日深夜1時過ぎに嫁の母親が亡くなって9月27日深夜1時30分に実家で一人暮らしてた親父が自分で救急車を呼び病院に運ばれたのです。
診断は大動脈解離でした。
それでしばらく入院して『一人だと生活が大変dし血圧が上がると危険だから一緒に暮らそう』と実家を更地にして自分たちの所に呼ぶ事にしてたのです。

そして退院までもう少しだった10月17日に話が続くのです。

17日に病院から帰宅してクレアを連れて実家に行ったのです。
自分がクレアを抱いていて嫁は自分の妹が来ていたのでそちらに向かいました。
自分はクレアを座布団に下そうとしたその時にまたもや発作!!

クレアの名前を呼び体を擦りました。
嫁がとんできた時は硬直が解けました。
脈はありました。
でもあとになり思い起こすと硬直が解けたのですが呼吸が止まってたと思われます。
硬直が解けてホッとしたので嫁にクレアを渡して自分は更地にするための荷物整理に走ったのです。

ちょっとして嫁が『クレアがダメみたい!』と叫ぶので駆けつけたらすでに脈は止まってました。
すぐに病院に電話を入れ午前中に診てもらった事とクレアの状態を告げました。

先生に呼吸が止まってる事を告げたのですが『とりあえず病院まで来てください。どのくらいで来られますか?病院の入り口は閉まってますが着いたら連絡を貰えれば入り口を開けます。』と言われたのです。

病院に向かっている途中でクレアの舌の色が変わってきた事を運転してる嫁に伝えながら『ばっかみてぇーよな。もうダメなのにどうして病院にいくんだろうな』と言ってたものです。

病院に着き連絡を入れたら入り口のドアが開き中から先生とスタッフの子が出てきました。

先生が車のドアを開けてくれて車から出ようとした瞬間に自分の中でクレアに対して何も出来ずにいた自分自身に無性に腹が立ち号泣でした。
隣では嫁も泣いてました。
ちょっとして落ち着いたので病院内に移動。

診察室に入り改めて旅立ったことを知らされてまた号泣。
『脳炎だと思います。それにしても早すぎでしたね』と言われました。

先生がクレアを箱に入れたいと言うのでお任せして車に戻りました。
少しして先生とスタッフの子が段ボールに入ったクレアを連れてきてくれました。
お礼を言って帰宅しました。



本当はこの記事でブログを辞めるつもりでしたがあと2回記事を書きます。
これは記録となってしまいますが、脳炎のワンコの記録で何か役に立てればと思った次第です。

写真は旅立つ2か月前のクレアです。

以前から悪かった後ろ足がよけい酷くなりコケることが増えた今週
火曜日に夜のご飯をあげようとしたら倒れてしまい自分がクレアを後ろから抱き上げ嫁がクレアにご飯を食べさせようとしたその時にクレアの前足が伸び切り硬直
そしてクレアの目は天井を見上げ体は後ろ側に反り始めた
あわてて硬直を解こうとして足を擦ったり後ろに反らないようにしたり『もうこのままクレアが逝ってしまうんじゃないか?』と思った。。。あっけないものだなぁ
でも逝かないでくれ!と思いながら擦ってたら硬直が解けた
それでいそいで病院に連絡してから出かけた
点滴と注射、硬直した時にと座薬を受け取る

帰宅後に再度硬直する

水曜日に嫁がクレアを病院に連れて行った
血液検査、レントゲンに異常なし
あとは、脳だけらしい
それにはMRIを撮らないと詳しくは分からないとのこと
てんかんとの診断でした


木曜日になるとクレアが元気になった


そして今日土曜日の朝クレアが硬直
今日の硬直は少し長かった
でも硬直が取れて少し元気になり顔をあげて人を良く見る
病院に連れて行きMRIの予約をしてもらい点滴、注射をして薬を貰った

帰宅後お昼の食事をして実家に行き家の片づけをしようとしたら硬直
そして息が止まる

今度の月曜日にMRIの予約をとったのに。。。
家に帰ってPCに向かうと人の足に頭を擦りつけ足の上にのせろ?とか抱いてとか?甘えてたクレアがいない


クレア今までありがとう!!!
ただ、何も出来なかった自分自身が悔しい
涙涙でした

退院したクレア

イメージ 1

イメージ 2

昨日の朝、動物病院から連絡がありました

「今日検査するのですが検査の結果がよければクレアちゃんは明日退院出来ます」というものでした

結果次第だと言うのにもう帰ってくるのだ!と頭が思ってました(笑)


そして今朝、再度連絡があり本日退院ですが大丈夫ですか?お向かいにこれますか?
あとは、掛かった入院費の話でした
色々検査したらしく高かったぁ(涙)

でも家族ですからねぇ


このあと早速保険を検討です

ア○コムは皮膚病を駄目!となったのでアイ○ットですかね

そして本日午前中に病院に出かけてきました

先生から説明を受けました
まずレントゲンの写真。。。それと胃腸と大腸の内視鏡の写真も見ましたが赤い部分が見てとれました

「ここの白い影ですが造影剤を使わないのにこれだけはっきり写ってます。アルミホイルとか食べた覚えは無いですか?」と聞かれました


無いと答えたのですが食べた瞬間を見てないですからね
もしかしたら台所に落ちてたのか?
散歩の時に口に入れたのか?


あと、この入院のしばらく前に総合公園に行ったからその時に芝生に落ちてたアルミホイルを食べたか?
総合公園は親子連れ、カップルとか来るのでおにぎりを包んだホイルかな?とも思えます

まだ大腸に入ってるものと思われますが、腸にあるから少ししたら排泄するのかもしれません

それと胆石も薬を貰ったので一安心


病名は病理検査の結果が出てからとなりました





薬3種類とご飯(缶詰のもの)を7日分貰いました

帰宅後にアルミホイルの事を考えてたのですが可能性があるのは・・・

カップやラーメンを食べた時のスープの包みが危ないかな???
あの切れ端が知らないうちに落ちていて美味しそうな匂いが付いてるのなら口に入れても納得してしまう


これは気をつけましょう!

写真の2枚目の手は注射跡です

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

今日クレアは病院に入院しました

昨日午後シャンプーして買い物に出掛けて帰宅後に相方が散歩に連れて行きました

そして夜7時半過ぎにクレアのの周りが腫れてるのに気がついたのです
そのうちにクレアの頬の部分がいつもよりプクッとしてるのに驚き肉球の所も赤く腫れてた!

いきなりのアレルギー???

病院に電話してもすでに閉まってたからとりあえずメールしてみました

今朝、相方がクレアを連れて病院に行く予定でいたら病院から電話ありました

メールしたので電話をくれたそうです


先生は血液検査をしてくれましたすい臓の数値が異常に高いとのこと

急性膵炎かもしれない?
膵炎に似た別の病気かも?
最悪はすい臓癌?

・・・らしい

いずれにしてもかなり悪いみたいです


体の外側がこれだけ腫れてるから内臓はもっと腫れてるかも?



でもまだはっきり病名が判らないので点滴で栄養を摂りながら絶食
入院中に内視鏡で、細胞を調べたりするらしいです

クレアが膀胱炎に!

今朝クレアが食事しながら?食事してすぐ?シッコをしてしまったのです
出した量が少ないのですぐにサークルに入れました
「おかしいね。食事しながらなのか、食事してすぐなのか分からないけど食べた後こんなにすぐシッコしないのにね。」などと話してたらクレアがサークルから出たがって甘えた声を出したのです

しかし「ダメだよ。まだ」とクレアに言ってたら今度はサークルの中にシッコを少ししました


そこでクレアを外に連れ出したのです
外に出したらすぐに少しだけシッコをしました
そのまま庭の方に回るとまたしゃがみ込みました
「またするのか?」
するとシッコをしたのですが出た瞬間に赤い色をしてました

もうそのまま血尿!!でした

それで病院に行こうかと思ったのですがその時は午前11:40
自宅から病院まで約30分
午前の診察にはとても間に合いません

そこで午後の診察1番に診てもらうつもりで午後2:15に家を出ました
その時に撮った写真がこれです
信号待ちの時でこちらを見てないのですが撮ってみました

イメージ 1



診察室に行くと「今日はどうされました?」
本当なら今度の土曜に診てもらう予定だったので何かあったのかと先生から聞かれたのです

「今朝血尿を出したので」

「血便では無いのですね?血尿なんですね?」

「はい血尿です」

「そうですか。とりあえず外科的なものか内科的なものか診断するためにレントゲンを撮りたいのですがいいでしょうか?」

「お願いします」


「レントゲンの結果が出るまで待合室でお持ちください」

「はい。よろしくお願いします」

しばらく待合室で待ってから再び診察室に呼ばれました

先生は壁に掛かったレントゲン写真を指示し説明をしてくれました

尿道に石、異物が無いことから手術は必要ない
そして「今日は膀胱炎と言う事でお薬を出します」


男の仔より女の仔の方が肛門と大事な場所が近い事もありウ〇チをしたときウ〇チが大事な場所に触れて菌が入ったりまた尿道も短いことからも菌が入りやすい

クレアはアレルギーなので抗生剤を飲んだり止めたりしてるので菌に対して抵抗力が弱くなってる

そんな話を聞きました

薬は抗生剤と止血剤でした

早く良くなって欲しいです

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事