全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

--------------
龍前隆 です☆-☆☆☆..


飛行機のトラブルで機長が飛ばないと言ったら仕方ないですね


スケジュールにないですが月曜日は47歳の新人が入社予定


また立正大学生が、月曜日の11時に本社に、面接をしに来社して頂きます



電話での対応は良い青年みたいな印象ですけど?


面接の時入社希望者に給与の話しを言うのは


違う会社に入社したら、当然ゼロからスタートになるわけです


他社での今までの経験はあまり、当てにならないので

即戦力か、どうかは仕事をやって試さないと分からないです


後責任感が強いか、やる気の問題ですね


大学生の求人倍率は1、28倍で悪くないでも、


内定率→57%ですこれもネット求人中心で金が掛かるので、大企業中心に告知され


中小企業は求人を費用が、掛かるので出せない


企業と学生の考え方が違うと思います



昨夜は機長判断で飛行出来なかった飛行機は、本日DELTA航空機仮の予定

14:30ホテルピックアップ予定
14:15ホテルチエックOut
17:00現地の空港Flight
19:43日本空港到着予定
地元到着は夜中頃に成ると思います


日本から携帯で電話すると、自動的に海外番号が付いて、


掛かりますが、海外の表示は出ません?気をつけて、莫大な請求が来ます


今回はアパートやマンションと永住権を買いに来てますが、

後一年で、米に吸収に成り永住権取得が六千万以上に成ります



最近はサイパンも、フラダンスや、ラスベガスショーも最新型のブランドショップも出来て

(ハワイやグアムに近い感じに成ったが)


サイパン原住民は貧しくプライドガ高いが働か無いし、仕事能力低い


スキルアップや教育が低く貧乏な国に成った、日本の働かないでプライドガ高い、


破綻し外国に合併される、日本の未来を見る様です、


来年から米に吸収される為グアムに近く成る


けどグアムの20年遅れた感


金持ち達が不景気な日本を諦め、海外に脱走中で、計画を着実に実行中です、


日本も超高齢化社会を世界一早いスピードで、迎える、30年前裸一貫からサイパンに渡り、現在1番の不動産業者に成り、


60人を社員として外人を使う、社長に、アパート物件案内をして貰う


高級な立地で高台で隣がサイパン、1番の弁護士事務所の隣


構造は鉄筋コンクリート作り、外壁は大理石風の『天然石仕上』で、かなり高級なお洒落な作りです


日本人がバブル時期に買い、痛い目にあった任意売却の物件、だから金掛けて有る、堀だし物件で激安だ!


六世帯分で、駐車場は十台程度付いて、物件価格$150000ドル+リホーム費用が$140000ドルで合計約30万ドルで


利回り確保が安全なアパートで利回り六パーセントですが、(隣の同じ様な物件二軒一流事務所が借りて居る)


この投資する事で米の永住権が、結果として取れる


現在サイパンは、住民投票で米に合併賛成が過半数を取り、来年には移民の権利が一年でアメリカの法律に成る


後五年で完全に『マリアナ諸島』はアメリカに合併されます、


それから後一年で、永住権プログラム取得はアメリカ方式、六千三百万にかなり高く成ります


現在、ここ一年以内にアパート等、に二千五百万以上を投資すれば、


アメリカ永住権が八十万程度で書き換え出来ます


だからここ一年が絶好の投資、勝負の歳です、



日本は尖閣諸島を管轄下に置くことができるのか?


かろうじて日本の管轄下にあることを国際的に示し、


日米安保条約の対象を、アメリカに納得してもらう、
 

中国はこの海域の実効支配力を高め。
 

空母機動部隊の建造と投入予定の。

 2014年には、4万トンの空母、


2017年には6万トン規模の原子力空母、


さらに2021年に、4万トンの通常空母の建造が出来る予定


今空母建造予算も5兆円を超えた。
 

今後、10年で、3群の空母機動部隊が中国の近海に浮かぶ。
 

その時、日本は尖閣諸島の支配を維持できるか?
 

先へ行けば、主権と尖閣諸島の領有を守れない「国の争いが荒立つ」


、明確に日本の正当性を主張すべき。
 

根拠は、間違いなくビデオ。

 それを政府が公表しないで、国益を守れず、市民が発表には呆れた。
 

国民の皆様の判断と、行動が必要です


今〜景気がマイナス1.7%長期予測、経済学者十人平均です


日銀が金融緩和しても『長期金利上昇』インフレ懸念も大きい


長期金利上昇の予測を踏まえ、銀行か借り換えを進めます、


甘い罠に捕まらない様にご注意下さい!



アメリカの零金利政策が、円高や日本の超低金利政策を呼び、


キャリートレードが中国を中心とする新興国バブルを呼び→


結果として、資源や原油価格高騰を呼び、『輸入インフレ』が


日本を始めとする、資源輸入の国を苦しめる筈です。


インドは12億人の半分以上が30歳以下の若者で、昔の日本の高度成長と似ています、


今後激しく成長して、中国、米も軽く抜き去る底力を感じる


最近は入居の申し込みが入り、何事も真剣にやれば結果は出る


銀行に長期金利を短期に借り換えで、


金利安く成ると、騙されそうに成るのを何とか止め!


やっと説明しても理解出来ず?


戦後の国債が無価値に成るのと似た現象起こる危険でやっと、聞いてくれたが、


これからハイパーインフレが五年以内に来ると、金利払い切れないで破綻の危険が有る


上場企業の74%が年収がダウンしてる、行田は給与平均が二十万を切ったとか


地元も同じ様かもっと低いかも?



新聞によると?が洪水の様に世界中に溢れ、366兆円に達し、


リーマン前の二倍の水位に達し、世界バブルの危険水域に有り


新興国バブルを倒壊させる恐れが有ります


中国やインドは放置出来ず防衛に走るが、


何時世界バブル倒壊が起きてもおかしく無い状態です。


世界がアメリカの住宅バブルから、立ち直れ無い現在は、


リーマンショックノ数十倍の破壊力が有る筈です



何もしない政治家へ、批判が凄い勢いで巻き起こり


津波の様に、私に迄切実な声で聞こえて来ます



自動車大手が全量を海外生産と逆輸入に、思い切りやり方変えた事が勝因で



リーダーの力が落ちていると思います、高い地位や力を持ち


回りをボロクソに言ったり、ライバルの足を影で引っ張ったり


影で叩いたりして結局自分に、批判が回って来るのだと思います


それからトップクラスの実力派のの人達がが私の本音を聞きに来たり、会って見たいと言って来ます、


何だか味方がどんどん増えてくる感じがします


味方も無く、足を引っ張られ、叩かれたりしても諦めず、


やり抜く頑張りや努力が仕事でも何事でも特に大切だね



最近特に目立つ事は長期間出店していた駅前の名門店ドトールコーヒー閉店し、


駅中の看板商店の熊沢書店が撤退、


熊谷駅前道り吉野家やフアミレスのDenny's&バーミヤンの隣ガスト撤退し


駅周辺の名門ブランド店が閉店し、急激に空洞化して→

熊谷は本当に大丈夫?なのか?市民が激しく心配している



高齢者に優しい建物は若者にも人気です、


最近のワンルームは高齢者将来対応で作り人気のワンルームに成ってます


後五年〜十年で圧倒的な入居力の差に成り、


考えてない賃貸との圧倒的な入居力の差に成って現れると思います。



海外のアパートマンションはやはりまだ誰もやってない市場で


難易度は高いですが、早い者勝ちだと思います。


現在は日本人がバブルで買い持て余す海外不動産を上手く利用して、


賃貸利益を上げてる華僑が世界中におります


華僑の二番手位には海外で活躍出来ればと思います


海外は気力体力がいります、もう少し若い時に気がつけばと、現在は感じています。



市内の有力不動産業者は、大きく態度が変わり首長に強い関心で、


地元の市を景気回復する体制に変えてと、強くお願いされ、応援してくれそう



りそなの情報とサイシンの話では地元は貸し出し無く、首長に批判が強まって、


地元に融資する元気な会社が無い


本庄の首長は新幹線駅と、大企業誘致で高い評価です

りそな株が下がり、ブギンも株価が酷い、りそな危ないと迄言われ、


公的資金五千億を返してないのはメガバンクではりそなだけです、グループでは三兆円です


新聞で増資を予定


家賃保証で急成長した会社が、破綻しそう不良債権に成りそう。


株価暴落は自己資本比率が下がり銀行には致命的


日本の経済環境が不安で


世界主要『株市場七割回復』主要株価指数(危機前〜騰落率)

順位は

1.アルゼンチン→102.7%
2.中国..→50.5%
3.インド→49.2%
4.ブラジル→39.3%
5.台湾.→33.9%
6.韓国→31.2%
7.香港→28.5%
8.シンガポール→26,0%
9.ロシア→19.4%
10.南アフリカ→16.4%
11.イギリス→8.2%
12.ドイツ→8.0%
13.カナダ→0.9%
14.U.S.A→0.1%

15.オーストラリア−(マイナス)→1.7%16.スペイン−(マイナス)→7.1%
17.スイス−(マイナス)→8.6%
18.フランス−(マイナス)→9.6%

19.日本.※−(マイナス)→21.2%
20.イタリア※−(マイナス)→24.3%

日本は酷い感じだ!


経済も知らない無知政治家が多いから官僚任せで活性化出来ない。


民が将来に夢や希望を持つ政策考える政治家が居ません



現在は黒字会社が25%に激減している、このままでは、日本破産が現実に成る


日本企業の利益総額が33兆円と少なく、政府税収予定36兆円にも達しない


企業から四割税金を取っても、15兆円しか成らず、


国民に負担を求めるしか無いと思います。


ここは思い切った、景気浮揚対策が政府に求められます


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

『景気が酷い時代の満室の取り方』は?どんなやり方が有るか?


景気が悪化し所得減少と、人口減少して、入居者酷く減少、空室増大の、


原因の1番の理由は地元の鎖国的な、政治体制の無策です、



今年の地元の入居事情が昨年より、二倍以上酷く成る最悪の年でした



原因の1番の理由は地元の鎖国的な政治体制です、あらゆる企業や店の進出を、嫌い、却下しています



それは私の独自の調査の結果は、深谷市は昨年が最低で今年は、


派遣を中心に企業誘致が効果を上げて、入居率が上昇して来ています


県北で1番伸びているのは、新幹線停車駅をやる気の有る市長が市の予算で自ら作り、


地元に来る予定だった、早稲田を条件を良くして、手始めに誘致して、


予備校や、関連企業がトータルでかなりの人間が本庄に移動しています


最近は群馬の1番伸びている、ウエルシアグループの本社が本庄の駅前に群馬の十倍の規模で工事中です


そのほか一流企業の支店や工場、店舗、配送センターが続々進出して、


工事の規模は、件北で1番の工事規模です、


職人や工事業者も含めあらゆる物が、莫大な規模で本庄に出ています


これの殆どが地元に支店として出るべき、会社が本庄や深谷に出て


結果として、地元が過疎かと人口減少が進んでると思います


これは首長の任期が後三年有り、とても厳しい、入居や経営をする覚悟が必要だと思います


反対に三年後は逆の政治家が出て、


今までの遅れを取り戻すべく、急激に発展させる政策を撃つと思います


しかし、現状は厳しい中で勝ち抜かなければ成りませんから


あらゆる手段を使う他に、現在回復しつつある、深谷の入居者

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事