ここから本文です

書庫全体表示

唐招提寺〜うちわまき



2019/5/19
西の京・唐招提寺で 『うちわまき』 の行事がありました

鎌倉時代の中興の高僧、覚盛上人が、
坐禅中に蚊にさされているのを見かねて弟子僧がたたこうとしたところ、
上人は、「自分の血を与えるのも菩薩行である」と
言ったと伝えられています。
その徳をたたえ、蚊を追い払うためうちわを供えるようになったのが
うちわまきの始まりです。
数百本といううちわが参拝者にまかれますが、うちわを授かることは、
病魔退散や魔除けのご利益があるといわれています。


イメージ 1



イメージ 2


「うちわまき」に参加出来るのは限定500名で
午前9時から参加証が配られます
私は行かなかったけど相方が行き「うちわまき」に参加しました
参加すると1人1本はいただけます

そして うちわ「宝扇」は参加しなくても
拝観券で抽選出来当たるといただけます
どちらもダメでどうしても欲しい場合は
1本1000円で販売されています(笑)



イメージ 3


午後3時 うちわまき開始
その前に抽選結果の発表が・・・今年の当たりは「青」のカード引いた人



イメージ 4




↑ちょこっと動画




イメージ 5

ふふふ  宝扇当たりましたよ




イメージ 6

鼓楼のまわりには著名人の書かれた うちわが展示されていました

令和と書かれたものもありました




イメージ 7


舞楽奉納


イメージ 8



イメージ 9

道沿いにはキショウブが満開になっていました





開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事