食品・心・土壌・水質・底質汚染

綺麗な心で、綺麗な環境と食べ物が好き!

全体表示

[ リスト ]

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ



イメージ

結城秀康

   
 
結城秀康 時代 生誕 死没 改名 別名 戒名 墓所 官位 主君 藩 氏族 父母 兄弟 妻 子
Yuki Hideyasu.jpg
結城秀康像(舜国洞授賛、子孫所蔵)
安土桃山時代 - 江戸時代前期
天正2年2月8日1574年3月1日[注釈 1]
慶長12年閏4月8日1607年6月2日
於義伊、於義丸、義伊丸、義伊松(幼名)→ 羽柴秀康(初名)→ 結城秀康 → 秀朝 → 秀康 → 松平秀康[注釈 2]
通称:越前卿、越前黄門、越前宰相、結城少将、徳川三河侍従
孝顕院殿三品黄門吹毛月珊大居士
浄光院殿森岩(巌)道誉運正大居士
東京都品川区南品川海晏寺
福井県福井市田ノ谷町の大安寺
和歌山県伊都郡高野町高野山高野山奥の院
従五位下侍従三河守従四位下左近衛権少将従三位権中納言正三位
正二位
豊臣秀吉秀頼徳川家康秀忠
下総結城藩主 → 越前北ノ庄藩
徳川氏羽柴氏結城氏越前松平家
父:徳川家康
母:於万の方(おこちゃ、長勝院永見吉英の娘)
養父:豊臣秀吉結城晴朝
松平信康秀康徳川秀忠松平忠吉武田信吉松平忠輝徳川義直徳川頼宣徳川頼房
正室鶴子(結城晴朝養女、江戸重通の娘)
側室:岡山(中川一元の娘)
側室:駒(小田氏治の娘)
側室:長寿院(奈和、津田信益の娘)
側室:品量院(三好長虎の娘)
忠直忠昌喜佐姫毛利秀就正室)、直政直基直良
結城 秀康(ゆうき ひでやす)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将大名越前北ノ庄藩初代藩主。越前松平家宗家初代。



イメージ

イメージ



結城秀康 - Wikipedia

時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期 生誕 天正2年2月8日(1574年 3月1日) [注釈 1] 死没 慶長12年閏4月8日(1607年 6月2日) 改名 於義伊、於義丸、義伊丸、義伊松(幼名)→ 羽柴秀康(初名)→ 結城秀康 → 秀朝 → 秀康 → 松平 ...

イメージ

結城秀康とは〜文武両道の福井城主も若すぎる死を遂げる -戦国 ...

結城秀康(ゆうき-ひでやす)は、徳川家康の次男として浜松の有富見村にある中村正吉の屋敷にて1574年2月8日に生まれました。幼名は於義丸(おぎまる)で、母は永見吉英の娘・於万の方(長勝院)で …

結城秀康は鼻が欠けていた?家康に嫌われた次男の性格と逸話 ...

pleasure-bit.com/2534.html
結城秀康とは? 結城秀康は家康の次男でありながら、生涯にわたって徳川の姓を名乗ることはありませんでした。 秀康は1574年(天正2年)、徳川家康と永見吉英の娘である長勝院の間に生まれ、幼名は於義丸(おぎまる)と言いました。


歴史

令制国ごとの歴史は、越前国若狭国も参照。

先史時代

旧石器時代
  • 県内には遺跡が各地に点在しており、約1万5000年前から人が住んでいたことが窺える。三国町の西下向・雄島・馬コロバシ遺跡や永平寺町の木橋遺跡、南幅遺跡などからはナイフ型石器(三国型と命名)や掻器などの多数の石器が出土している。
縄文時代
  • 鳥浜貝塚(若狭町)からは草創期の縄文土器(隆起線文・斜格子文土器)をはじめ竪穴式住居跡や丸木舟、弓矢、土器に模様を付けるための縄などが出土している。その他、県内各地の遺跡からも多くの遺物が出土し、土器の形式から畿内飛騨国などの地域との交流があったことが窺える。
弥生時代
  • 前期頃には稲作が伝わったとみられ、それを窺わせる土器が出土している。
  • 金属器、玉、布の生産も行われていたようである。嶺北は銅鐸が出土した日本海側の北限である。
  • 中期頃には首長の墓が作られ始め、後期後半になると大型化してくる。
古墳時代
  • 4世紀初め頃には嶺北前方後円墳が造られ始め、4世紀中頃からは九頭竜川中流域で大規模な古墳が造られ始める。手繰ケ城山古墳(4世紀末)や六呂瀬山古墳群(4世紀後半〜5世紀前半)などは北陸地方最大規模であり、この地域が強大な勢力を持っていたことが窺える。
  • 5世紀になると嶺南でも主に若狭町付近で前方後円墳が造られ始める。
  • 5世紀後半から6世紀にかけて若狭(わかさ)、高志(こし)、三国、角鹿(つぬが)の四国造が分立した。三国国造があった地域は、継体天皇がその即位まで過ごしたとされている。現在の嶺北出身である継体天皇がヤマトの大王として迎え入れられたことが契機となって、ヤマトの勢力と越国の勢力とが合一した。
  • 570年574年高句麗使が越国近辺に来着する。
  • 継体天皇以来、古墳に船と馬の埴輪が埋葬されるようになり、日本は後期古墳時代となる。
  • 6世紀後半以降は前方後円墳に代わって小規模な円墳群集墳が造られ始めるが、7世紀になると古墳自体造られなくなる。[2]

古代

飛鳥時代から奈良時代
  • 7世紀後半頃には律令制の導入に伴い「若狭国」が成立したと見られ、7世紀末には「越前国」が成立したと考えられる。
  • 若狭国は若狭湾で精製した塩を調(地方特産物を納税)として都に納めていた。現在も製塩遺跡が残る。
  • また調とは別に(にえ)と呼ばれる海産物を直接天皇家に貢いだことが平城京の木簡や延喜式から分かっている。これにより若狭国は万葉集に出てくる「御食国」の一つと推定されている。
  • 749年東大寺が越前国の豪族から土地の寄進を受け、また墾田を買収して、福井平野に多くの荘園を獲得する。この頃には条里制が布かれる。現在でも福井平野には条里遺構が存在する。
  • 8世紀になると渤海との交流が盛んになり、若狭国や越前国は渤海使の来航や遣渤海使の派遣の拠点となる。8世紀後半には交易が中心になる。
  • 764年、クーデターに失敗した恵美押勝(藤原仲麻呂)が越前国に逃れようとするも愛発関が閉じられたため失敗する(藤原仲麻呂の乱(恵美押勝の乱))。
平安時代

中世

鎌倉時代
  • 島津氏後藤氏等が守護職に任ぜられる。
  • この頃になると廻船業が発達し、敦賀津小浜津三国湊などが整備され、海上交易が盛んになる。また、それらの港は年貢を京に輸送するための拠点ともなる。
  • 1243年には、道元が越前国志比庄にある吉峰寺(永平寺町)に入り、翌年に大佛寺(後の永平寺)を創建する。
  • 13世紀末以降には高田系浄土真宗が越前国北部を中心に広まる。
室町時代
  • 1336年足利尊氏の入京により恒良親王尊良親王を奉じて北陸落ちした新田義貞金ケ崎城(敦賀)に入るが、越前国守護斯波高経の軍勢により翌年落城する。義貞は脱出するも、1338年に越前国藤島燈明寺畷(福井市新田塚)にて戦死する。この後も越前国内は戦乱が続き1341年、北朝方が平定する。この後、主に斯波氏が越前国の守護となる。しかし、実質的に越前国を統治していたのは守護代甲斐氏であった。
  • 若狭国では南北朝時代には守護の交代が頻繁に行われるが、1366年一色氏が守護となり、国人一揆を抑えて若狭を支配する。しかし、1440年、一色氏の勢力拡大を恐れた将軍足利義教武田氏を守護に任命する。武田氏は一色氏残党や一揆を抑えて若狭を支配する。
  • 15世紀後半になると斯波氏と甲斐氏の対立が深まり、やがて越前国内で内乱が起きる。最終的には幕府の支援を受けた甲斐氏が勝利するものの、応仁の乱時、朝倉孝景が台頭、甲斐氏に代わって越前国を掌握する。後に朝倉氏戦国大名として勃興する。
戦国時代
  • 1471年蓮如が越前国吉崎に入り吉崎御坊を建立、北陸地方における本願寺系浄土真宗の布教拠点となる。その後、一向一揆が相次ぐこととなる。
  • 1506年加賀国から本願寺門徒らが侵入する。しかし、朝倉教景(宗滴)指揮する朝倉方はこれを九頭竜川で迎え撃ち勝利する(九頭竜川の戦い)。
  • この後、朝倉氏は本願寺系浄土真宗を禁圧する。そのため、多くの本願寺門徒や僧は加賀国に逃れる。そして、たびたび越前国に侵入することになる。
  • 16世紀以降、若狭国では内乱が相次ぎ武田氏は次第に弱体化する。また、朝倉氏が武田氏支援のため若狭国に軍事介入するようになる。
  • 足利義秋(義昭)が上洛を果たすため、1566年に武田氏を頼って若狭国に、1567年には朝倉義景を頼って越前国に入る(この時、義昭に改名)。しかし、上洛を果たせず、1568年織田信長を頼って美濃国に出国してしまう。
  • 1568年、朝倉氏が若狭国に侵攻する。
  • 1569年、将軍義昭が本願寺と朝倉氏を和睦させる、この時、本願寺系浄土真宗の禁圧も解かれる。また、本願寺と外交関係のあった甲斐武田氏ら遠方勢力らとも連携を取る。
  • 1570年4月、信長が朝倉攻めを開始し、金ヶ崎城などを開城させる。しかし、浅井長政の離反により京に撤退する(金ヶ崎の退き口)。
  • 1570年9月、信長が大坂、野田・福島で三好三人衆や本願寺と交戦している最中、義景が兵を率い、浅井・朝倉連合軍が3万の軍勢で京に攻め上り、京の口、比叡山に築城する。六角氏の挙兵などもあり、信長は孤立するが、将軍義昭の仲介で講和が成立する(志賀の陣)。
安土桃山時代
  • 1573年8月、信長が刀禰坂の戦いを経て朝倉氏の本拠地である越前国一乗谷に侵攻、義景は大野に逃れるも家臣の裏切りにより自刃、朝倉氏は滅亡する。越前国は朝倉氏の旧臣に、若狭国は丹羽長秀に統治させる。
  • 1574年、朝倉方から織田方に寝返った武将同士で抗争が発生、それに乗じて一向一揆が蜂起する。本願寺門徒は武将や国人、平泉寺などを襲撃し、越前国を本願寺領国化する。
  • 1575年8月、信長が越前国に再侵攻し本願寺門徒や僧を弾圧、柴田勝家に越前北ノ庄をはじめ越前八郡を、金森長近らに越前大野郡を、不破光治佐々成政前田利家府中三人衆)に越前府中二郡を与える。
  • 1583年清洲会議羽柴秀吉と柴田勝家の対立が深まり、賤ヶ岳の戦いにおいて秀吉が勝利、勝家の居城である北ノ庄城を攻め落とす。その後、丹羽長秀が越前の大半を、蜂屋頼隆が敦賀郡を、金森長近が引き続き大野郡を統治する。その後も領主の交替が相次ぐ。
  • 一方若狭では丹羽長秀が越前に移った後、木村隼人佐らが治めていたが、1585年には長秀の子丹羽長重の領地となり、1587年には浅野長吉(長政)が統治し、その後も領主の交替が相次いだ。[4]

近世

  • 1586年に若狭で、1598年には越前で太閤検地が実施され、結果、若狭が8万5000石、越前が68万石となった。
江戸時代
  • 越前国
    • 1600年関ヶ原の戦いの後、戦功第一の恩賞として結城秀康に越前一国および下野国結城郡75万石が与えられる(北ノ庄藩)。越前松平家は、将軍家徳川秀忠の兄の家ということから、制外の家(各種特権が許された家)または、御三家に次ぐ家という意味で四家などともよばれる。
    • 1623年、秀康の長男松平忠直狼藉を理由に豊後国荻原に配流された。かわりに秀康次男の越後高田藩松平忠昌が幕命により相続し、忠直の長男松平光長には越後国高田(上越市)に新たに領地が与えられた。このとき北ノ庄藩は規模を縮小し、余地をもって越前勝山藩大野藩丸岡藩などの複数の小藩が成立。また、敦賀郡はいったん幕府領(天領)となった後、小浜藩領となり、後に小浜藩支藩の敦賀藩などが成立した。このように、越前は複数の藩に分割統治されることとなった。江戸幕府八代将軍徳川吉宗が若かりし頃、領地を持っていたこともあった。交代寄合旗本の陣屋としては白崎陣屋の金森氏がある。忠昌の越前入部の際、北ノ庄は福居(後に福井)に改称された。これが福

転載元転載元: 歴史&環境&公徳心ツアー&地方創成&観光産業振興

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事