隅田川

隅田川の歴史と文化などなど

全体表示

[ リスト ]

久しぶりに「おとめ山公園」を散歩しました。
子どものころの遊び場でした。
「おとめ」とは「乙女」ではなくて、神田川沿いのこのあたりが徳川将軍の狩猟場だったので、将軍家以外の狩猟を「止め」られていたことによる名称です。でも子どものころは「乙女」だとみんな思ってました。何故かというと、当時はアベックが多くて、あちこちの茂みでキスをしているので、ラブラブの「乙女チック」な公園だと信じてました。

当時(1970年代)の子どもたちは「おとめ山」に何しに行ったのかというと、キスを見に行った、とうのもありますが、第一目的はザリガニ採りでした。ここでザリガニを収穫しては、目白の駄菓子屋さん売りに行ってお小遣いにしていたのです。ですから公園の池の周りは子どもたちであふれかえっていました。

それでは、懐かしい「おとめ山」公園の散歩です。
因みにこの辺は最近、タヌキが出ることでも知られています。

公園には、いつもこの坂道を通って行きました。案内板があって、「相馬坂」って名前があったんですね。明治になってこの辺りを「相馬」という人が屋敷地にして、新井薬師道からの道をつけたのがこの坂だと書いてありました。
イメージ 1



道脇の花壇の花
イメージ 2



公園内は当時のまま、鬱蒼としています。
イメージ 3



池への道にはきれいな花が
イメージ 4



池につくと、誰もいない!アベックもいない!群がっていた子どもの姿もないですね。
イメージ 5



静けき石橋
イメージ 6



人影はありませんが、茂みの中にタヌキ!・・・いや幻のオトメヤマネコを発見!
イメージ 7



よく見回すと、小川の方で親子がザリガニ釣りをしていました。
ちょっとホッとしました。
パパが教えないと子どもは来ないんですね。
イメージ 8

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事