奥羽*温故知新

訪問ありがとうございます。

全体表示

[ リスト ]

赤堂稲荷大明神

 
   赤堂稲荷大明神
 
 
月見坂から八幡堂を参拝し、再び月見坂に戻ってみると、何回か訪れていながら、いつも気にしている辿った事のない赤堂稲荷神社への山道を下って見ることにしました…。
 
イメージ 1
 
 
中尊寺へは到着したばかりでしたので、体力もあり「赤堂稲荷大明神」の一の鳥居がある旧4号線まで山を下りました…
イメージ 2
 
ところが、一の鳥居はこの通り根元からバッサリと切られていました…
前はバイパスが出来たとはいえ、まだまだ交通量が多いです、鳥居が国道側に倒れたらそれこそ大変ですものね…                         腐れています…
イメージ 5   イメージ 6
 
 
       参道沿いの板碑群…珍しいと思った石碑はありませんでした…
イメージ 7
 
 
赤堂稲荷神社ということだけでも少なく、中尊寺の案内からも漏れている始末です…果たしてどういった謂われのある神社なんでしょうか…
イメージ 8
 
三    間社流れ造りの拝殿でした、本殿を持たない一体型かと思いましたが・・・
イメージ 9
        どうやら、一段も二段も上に鎮座している祠が本殿かと思います…
イメージ 10
 
イメージ 11
 
やっぱりここが本殿でした…
イメージ 12
 
マイナーな神社かと思いきや、たくさんの、御狐さまが奉納されています…
イメージ 3
 
参拝を済ませ、もと来た月見坂まで戻るため再度登ります…
イメージ 4
 
次回は一気に弁慶堂まで登って行きたいと思います…^^♪
 

閉じる コメント(2)

鳥居は確かに道路側へ倒れたら危険ですが、切ったあとをもう少し綺麗にしておけばいいのに・・痛々しいですね。拝殿は稲荷神社にしてはシックな感じですが、本殿は真っ赤でいかにもといった感じがします。

2010/12/11(土) 午前 4:48 ばばちゅ 返信する

顔アイコン

ばばちゅさん、おはようございます^^。
ほんと、私も感じました…「もうちょっとなんとかならんのかいな」…
この名称ですが『稲荷神社』の前につく『赤堂』は地名でも屋号でもなさそうなんです、もしかしますとその名のとおり、昔は拝殿も本殿のように朱塗りだったのかもしれませんね…^^♪

2010/12/11(土) 午前 7:15 ビナヤカ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事