奥羽*温故知新

訪問ありがとうございます。

全体表示

[ リスト ]

       
           公儀御預人京極丹後守高国
 
 昨日、江戸時代初期、筑前福岡藩黒田家に起こった黒田騒動に関わったとして幕府より南部藩盛岡に配流となった栗山大膳利章の墓所を参詣した。
 
 場所は盛岡の愛宕山中腹で、現在愛宕下と呼ばれる地域です。
地図
 
 江戸時代この山一帯は広福寺(現在は廃寺)というお寺さんで、たくさんの塔頭が建ち並ぶお山だったとされ、その中の法輪院という場所を訪ねました。
 古絵図...愛宕山中腹に法輪院と記されています。(上から二番目)
イメージ 1
 
 
 実はこの広福寺の墓所には他に公儀御預人「京極丹後守高国」のお墓もあるというので探して見ましたがとうとう発見できなかった。

 江戸幕府は御目見以上の武士で5百石以上の者は原則として未決中牢屋に収監せずに大名に預けたそうで、預けられた大名はそれら身分ある人物を管理するのも一つの役負担だったようです。
 
 「京極丹後守高国」もその中の一人ですが、京極家と言ったら宇多源氏の流れを汲む名族です。
 
 その出自は山城国京都京極で、足利尊氏に仕えた京極高氏の活躍で一大勢力を築くも応仁の乱後、内訌などにより一時期衰退するが戦国時代、京極高次(正室は淀殿の妹「初」)・高知兄弟が信長・秀吉・家康に仕えて家を再興して外様大名としての地位を固めた。
 
 弟京極高知は関が原合戦での軍功により丹後12万3000石を家康に与えられ、宮津城を本拠とする。
 その後、領地を三人に分け、嫡男高広に丹後京極家の宗家として、丹後宮津藩7万8千2百石を継がせた。
 
 高広は承応3年(1654)、嫡男高国に家督を譲って隠居し、安智斎と号していたが、隠居後も藩政に介入し息子高国と対立。
 激しい親子喧嘩の末、三代藩主である息子高国を武家諸法度の「不孝」の条項と領民に対する悪政で提訴する。
 
 幕府の裁定は父に対する不孝、一類中への「不和・不通」、家臣・領民に対する「困窮の仕置」を理由とし、将軍家綱政権下では最大石高の改易処分となる。
 
  高広は流浪の末、京都東山に閑居しそこで死去。
 
 丹後宮津藩7万8千2百石藩主高国は盛岡藩預かりの身になり、延宝三年(1675)死去、享年60歳。
 
...で、「公儀御預人京極丹後守高国死去」として『盛岡藩雑書』に記録が残っている。
盛岡藩にとっては幕府から預かっている謂わば罪人です。勝手に遺体を処分するわけにはいかず幕府より使わされる検使を待ち、死骸の検分を受けてから土葬することを命じられたようですが......
イメージ 2
.....このあと、顛末はまだまだ続き、思わぬ展開が待っています....が、きりがないのでやめときます(^^;
でも、ちらっとだけ(笑)........高国は死に際し家来に遺言を残していたのです....して、その遺言とは・・・
あ〜、やめよう.....時間ばっかり過ぎていく(^^;(笑)
 

閉じる コメント(5)

顔アイコン

こんにちは(o^_^o)
本当に歴史は詳しいですね。
この知識を元に歴史小説や本を出版できます。
詳しくていつも関心してます。
ナイス!

2014/2/25(火) 午後 1:49 [ リップ ] 返信する

顔アイコン

いつもリップさんには褒められっぱなしですな(笑)

でも詳しいとかではなく、ただ単に物好きなだけですヨ(^^)♪

2014/2/25(火) 午後 6:27 ビナヤカ 返信する

いやはや、すさまじい親子喧嘩ですね^^;。
改易になっちゃって、高広は本望だったんでしょうか・・?

2014/2/25(火) 午後 7:00 ばばちゅ 返信する

顔アイコン

ばばちゅさん、こんにちは♪

よっぽどそりがあわなかったんでしょうかね(笑)でも、お家が無くなっては元も子もないと思うのですが...( ´,_ゝ`)プッ
しかし、預けられた盛岡藩も貧乏くじを引いたようなもので扱いが面倒だったようです(^^;

2014/2/26(水) 午後 5:39 ビナヤカ 返信する

顔アイコン

了解です^^....ホッとしましたョ^^).♪

早速、かのブログを訪問いたしました。機会があれば訪ねたいと思います(^^)

2014/3/9(日) 午後 1:16 ビナヤカ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事