奥羽*温故知新

訪問ありがとうございます。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

義経公妻子之墓

 
  源義経公妻子之墓
 
  義経の妻子の墓があるなんて、全く知りませんでした… 
 
 
金鶏山に登ってみようと登山口に来てみると、傍らにこの案内書きが建っており、早速お詣りし、写真を撮らせて頂きました…
 
 
イメージ 1
 
『吾妻鏡』の「文治五年閏四月三十日己未」
「今日陸奥国において、泰衡、源予州(義経)を襲う。これかつは勅定に任せ、かつは二品(頼朝)の仰せによってなり。予州、民部少輔基成朝臣の衣河館にあり。泰衡兵数百騎を従へ、その所に馳せ至りて合戦す。予州の家人等相防ぐといえども、ことごとくもって敗績す。予州持仏堂には入り、まづ妻子を害し、次ぎに自殺云々。」とあります…
 
 
イメージ 2
      このように義経は北の方と幼児を殺害し、自害したと伝えられています…
 
このお墓は、高舘で悲しくも露と消えた妻子の墓と案内板に記されていますが、もとは千手院境内で、ここから約300mほどの西北金鶏山山麓にあったそうですが、ここに墓石を遷し供養しているそうです……お線香も焚かれており、大事にされているのが分かりますね
 
イメージ 3
 
 
 
隣には「千手堂」があります…
 
この千手堂に関してはリーフレットなどにも記載がなく、鎮座されるこの辺は観光ルートから大きく外れた寂しい場所です♪、・・・堂内に安置される諸仏を案内板でみて驚きました…
…是非いつか拝観したいものです…♪
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
調べてみますと毛越寺の支院となっており、千手観音を祀る御堂として伝えられてきたそうです…♪
 
都で「千手堂」とも呼ばれる「三十三間堂」、この平泉にも三十三間堂があったとする説もあるようです…^^♪
 

開く コメント(5)

史跡金鶏山登頂!

 
「黄金の鶏」を求め金鶏山登頂
 
無量光院跡の記事でも触れましたが、三代秀衡が建立した無量光院の真後ろ(西)にあり、春秋の彼岸にはこの山の頂に夕日が沈む光景を現在でも見ることが出来ます…
         
           金鶏山遠景
イメージ 1
 
 
 
 『朝日さし 夕日輝く木下に 漆萬盃黄金億置く』
 
 
「史跡 金鶏山」は中尊寺と毛越寺のほぼ中間に位置し、平泉の守護を願い雌雄一対の「黄金の鶏」を埋めたとされる伝説の山です…
 
 
 
   ここが登山口になります先ずはここで装備を点検、これ登山の常識(笑)^^。
     他にはスコップ、ツルハシ…OK、 …いざ出発…
イメージ 2
 
最初はこんな感じで林道を歩いて…登山など縁のない私ですが、「黄金の鶏」…「黄金の鶏」と念じながらの登坂です…
イメージ 6
 
 
 
 
 
       あれっ、もうあそこが山頂・・・そうです100m足らずの山だったのです…
イメージ 7
 
山頂です…10分ぐらいで着きました…^^♪
これだったら、普段参拝している山奥の神社に比べ登山も何のことはなかった…
 
しかし、この祠が鎮座する一段と高い場所は・・・・・・・・・
イメージ 8
 
この石は、よく川原に転がってある角の取れた玉石じゃないでしょうか…イメージ 9
                  よく見ると、今立っている足元も玉石だらけ・・・
この川原石を見ると、金鶏山は伝説どおり「秀衡が北上川まで人夫を並べ、石を運ばせ一晩で築いた人工の山」という話も本当の事じゃないかって気になります…
イメージ 10
 
 
この伝承が本当だとすると「秀衡が雌雄一対の黄金の鶏を埋めた」ということも信憑性が増してきましたゾ…
イメージ 11
祠の中に祀られていたりして…と思いましたが、あるわけないですよね…(笑)
イメージ 12
 
当然、この伝承を真に受けた者がいたようで(私もです♪)、昭和5年盗掘されています…(盗掘とリーフレットには記載されていますが、時の文部省で発掘調査をしたと書かれている文献もあります)、その時出てきたのは「金の鶏」ではなく、お経を埋めた壺や銅の筒が出土しました…。
 
         出土した常滑産の甕と銅製経筒、中の経典はすでになかったそうです…。
イメージ 3
 
 
 
つまり、この山は12世紀末、世の中に盛行した末法思想により、五十六億七千万年後に弥勒菩薩が如来となってこの世に現れるまで経典を守ろうとして造られた経塚だったのです…
 
もちろん秀衡築造説が一般的ですが、父基衡、祖父清衡の時代から何回も埋められていた事が最近の研究でわかってきてるそうです。そうなると経塚は清衡が築いたことになります…。

【歴代の奥州藤原氏が築いた信仰の山の経塚でしたので、盗掘はしませんでした、念のため】…(笑)
^^。
 
松尾芭蕉が平泉を訪れた際、「金鶏山のみ形をのこす」とこの山の印象を記しています
 
 
 
この雑木がなければ、ここから360度平泉の町が見渡せるんでしょうが…直径10m四方の山頂…
 
イメージ 4  イメージ 5

開く コメント(14)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事