空(そら)ちゃんの 『宗教って なに?』

空ちゃんは、無神論&宗教否定派です。ヤフーのtextream「宗教って なに?」に投稿したものです。

全体表示

[ リスト ]

No.1624

空(そら)116 09:22

問題人物研究シリーズ
この人の実像をよく見よ!
その6「高橋信次 ―75

 このように、信次はどうも「日蓮正宗」や「創価学会」で使われたターム(用語)を、独自の解釈で使っていることが目立ちます。このことが、また信次が「神理編」で記述したことと激しく矛盾することになるのです。
 このような史実を知れば、「マハーカーラ=大黒天」が、「小柴=大黒天」であるはずがなく、「大黒天の生まれ変わり=小柴」ではないとわかります。ヒンドゥー起源の暗黒神ですから「実在界の諸天善神」どころか、「仏弟子スブティー=マハーカーラ」ですらありえません。
 大黒天が「財運招福」の神となったのは「9世紀以後の日本」においてであって、「4世紀の中国」ではありません。ですから、スブティーの中国に生まれ変わった姿が「大黒天」であるはずもないのです。しかも、「大黒天」が今日の大黒天らしくなったのがいつであれ、「大黒天が、同じ名を名乗る人間に転生する」など、考えられません。
 仮に、「小柴=大黒天」が「役割」の名だとしますと、「4世紀の中国人」としての個人の「人名」は、いったいどこへいったのでしょうか。これまで、あんなにひとりひとりの名をくわしく説明してきたのに、ここへきてあの「聖観音」のように、「肉体人間としての名前も住所も経歴も不明」な「無名人」になるのは、いったいどうしてでしょうか。
「神理編」P59では、「仏教的な名ではあるが、実在界でこのように呼ばれている」とありますから、「ヒンドゥー起源」の大黒天の本来の姿を、信次が知らなかったことになりそうです。「中国仏教」で「厨房の神」とされていたことさえ、知らなかったのではないでしょうか。
 もともと仏教的でない大黒天が、「実在界」で「マハーカーラ=大暗黒神」と呼ばれて、そういう役目の霊人がたくさんいて、人間として転生してくるというのも理解できない飛躍です。「大黒天」はその素性がなんであれ、「神」なのであって「人間」「霊人」ではないのですから。
 しかも、「大黒天」を、現在の日本の仏教宗派で重んじているのは、「日蓮正宗」「創価学会」系です。本尊の脇侍として仏壇にまつっており、「諸天善神」という言いかたで、「仏法を護る神々=諸天(天部)」を表現しているのも「日蓮正宗」「創価学会」系です。

 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事