西日本方面へ〜

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全82ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

広島原爆  爆心地
イメージ 1


       元 「広島産業奨励館」は 爆心地から160m離れていた場所です。
イメージ 2

      ・・・・・そこが 一瞬にしてこんな無残な姿に・・・・・
イメージ 3
          原爆の恐ろしさを 一目で表している建物でした。     


   広電に乗って・・・・JR広島駅前広場
イメージ 4

イメージ 5


     JR広島駅ビルで「広島お好み焼き」を 初めて食べました。
イメージ 6

イメージ 7
  大阪お好み焼きしか食べたこと無いので 先ず 見た目でビックリ・・・・
   私達には 焼きソバだけで良かったかも・・・・・食べなれてないお好み焼きの味。
    

      紅葉饅頭の中身の種類の多さにビックリしました。
イメージ 8

イメージ 9


   地下街のシャッターは「エアーカーテン?・・・ 広島  さすがに進んでいる。
イメージ 10


   広島 〜 新大阪 まで 新幹線で・・・・。
イメージ 11


   ♪ 夕やけ小焼けで 日が暮れて〜〜〜  ♪
イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14
         何処で見ても美しい〜〜〜


    新大阪でJR北陸本線に乗り換え・・・・・・
イメージ 15


   新大阪駅で・・・・・「パンダ列車」・・・車内がどうなってるのかな?・・・
イメージ 16


   6/25   この日 富山行き最終便「サンダーバード45号」は 新車でした。
イメージ 17

イメージ 18


    サンダーバードの新型は 各座席の一番前にパソコン出来るようになってました。
イメージ 19


   青いランプが付いている時 電源をつなぐとパソコンが出来ます。
イメージ 20
        便利になったものですね〜〜〜〜



    休暇村 大久野島で過ごした1週間は 心身ともリフレッシュ出来増した。
       サ〜〜〜 又 色々と 毎日頑張っています。(^0^)


                     = END =


長い記事を見ていてくださって有難うございます。お陰でボケずに 楽しく過ごせました。
      みなさま   おおきに〜〜〜(^0^)
S20年8月 母の妹(妊娠していた)は原爆に合う為に 転勤で引越ししたような不運・・・
誰しもが予想しなかった不運に見舞われたのでした。 そんな当時の事をもっと良く知りたいと・・・・


       広島平和記念史料館へ〜〜〜〜
イメージ 1

イメージ 2


  核を持つ事により すべての人民はうるおっているのでしょうか?
 報道では ここの国では食事すら出来ない子供が居る様子が写っていたけど・・・・・
イメージ 3
  核を持つ事よりも この国の誰もが普通の生活が出来るようにすべきでは・・・と思います。  



戦争を終結する為の原爆投下だったとか?・・・・・だとしても
 もっと他に終結する方法は 本当に無かったのでしょうか?・・・犠牲があまりにも多すぎました。
 ・・・なのに 世の中 この原爆による教訓が本当に生かされているとは思えない気がします。 


   この一瞬のピカドンによって・・・・・
イメージ 4


      腰掛けていた人の・・・・・
イメージ 5


        影が 石に焼きついて・・・・・・
イメージ 6
    何も知らない 善良な市民の誰しも 予想出来なかった地獄・・・・・


         一瞬にしてグッチャグチャ・・・・・(>0<)
イメージ 7


   懐中時計が 原爆投下された時刻で止まったまま・・・・
イメージ 8

あまりにもむごい地獄がここに有ったので さすがの笑公子もビデオカメラに写すことをためらって
カメラを閉じてしまいました。


   外国の人たちが 真剣な眼差しで見学していました。
イメージ 9
    世界中に笑顔が溢れ 同じ人間同士仲良くしていたいです(^0^)
  

   
    外の空気が 特別に新鮮に感じました。
イメージ 10



     「嵐の中の母子像」必死で生きようとする姿に 心打たれました。
イメージ 11

イメージ 12
   命の大切さをヒシヒシト感じ 一日一日をもっと 大切に生きようと励まされました。



イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19


何事も無かったように 花時計は 平和の時を刻んで居ました。
イメージ 20

開く トラックバック(1)

      JR呉線に乗り 広島へ〜〜〜

    電車から 広島球場が見えました。 広島カープも頑張っています。
イメージ 1


 広島らしい・・・紅葉のタイル絵の舗道。
イメージ 2


広島は 初めてでした。 
 一度は 是非訪れたいと願っていた ある目的がありました。


     市電に乗って 原爆ドームへ・・・・・
イメージ 3


イメージ 4

イメージ 5



   相生橋  この川が 真っ赤になったそうな。。。。。想像したくない(><)。。。。。
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8
       今は  時代の流れとともに 何事も無かったように川は流れて〜〜〜
       


    原爆ドーム
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11
 
イメージ 12
          無断な姿に絶句・・・・


       < 原爆投下された場所。>
私は この日迄 原爆投下された地は 原爆ドームだとばかり思っていました。
でも ここに来て 驚きました。

     ・・・・ここが その場所だったのですね!
イメージ 13
  ・・・とあるビルの側にヒッソリと・・・小さな石碑があるだけ・・・心が痛みました。
     石碑の上には 千羽鶴が 掲げられていました。


イメージ 14


   赤い風船が示す所が 原爆投下された場所。
イメージ 15
兄と一緒に来ていなかったら 笑公子は 実際に投下された場所がドームだとばかり思っていました。
   ・・・今年 白寿の 母が生きてるうちに この地に来れて・・・本当に良かった・・・・
     
  8月原爆が落ちる3ヶ月前の5月に 母の妹のだんな様が 広島へ転勤で 一家揃って
広島に転勤してきてピカドンに合い・・・その時 妊娠3ヶ月だったそうです。

夫は ピカドンでそのまま・・・母の妹は この原爆投下地から3km先の社宅で生活していて・・・
原爆の灰を被った妹は 大阪の家にも帰れず、お腹の子の将来を案じた日記を書いていたそうです。  その後 無事に男の子を出産(現在も被爆2世として生きていらっしゃいます)
だけど 被爆した妹は 力尽きて出産後直ぐに死ん出そうです。
     ・・・・死んだ知らせと 日記が 遺品として姉(母)の元に届きました。

   転勤さえしてなかったら 母の妹はこの原爆に会うことは無かったのに・・・・
      全く巡り合わせの悪い 母の妹でした。

その後 無事に生まれたお子さんは 原爆2世として認可を受けるのに 当時の少ない証拠の品で
数十年も費やしたそうです。  ヤット認可を受けたそうですが・・・・ 
現代も 未だにご苦労されている人や 認可を諦めてしまった人が いつ症状が出てくるかに怯えながら
生きていらっしゃるそうです。  

 私が物心付いた頃 母は 時々その日記を呼んで泣いている後姿が寂しく・・・・
       今も 目に焼きついています。  ・・・なので
高齢者の母の居る間に 母に代わって この原爆投下地に来て お祈りしたかったのでした。

終戦後に生まれた人が すでに60歳を越える時代です。
戦争により失われるものは 戦争に参加した人だけでもなく、被爆者だけでもないと言うこと。 

    絶対に戦争の無い 平和な世界になりますように 心からお祈りしてきました。 


   この 砲弾一つのピカドンで 広島は消えました。
イメージ 16
  終戦にするために 軍事施設が有った広島に投下したんだって・・・・


  実際 B29 から写した写真。
イメージ 17
 パイロットや 同乗していたカメラマンは 投下した爆弾によって この地がどうなったのか
 全く知らなかったそうです・・・・・それこそ地獄だわ・・・・(><)


  この周りには アメリカの学生達が真剣に説明に耳を傾けていました。
イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20


千羽鶴に 世界平和の祈りを込めて・・・・・
イメージ 21
      もっと 良く原爆の事を知る為に 広島原爆資料館へと・・・・・

開く トラックバック(1)

大和ミュージアムで「戦艦大和」や 「0戦」の10分の一模型を観ました。
イメージ 1

イメージ 2


    スクリュウも模型?・・・デッカイナ〜〜〜〜
イメージ 3

      呉 海上自衛隊ミュージアムを観て 戦上に散っていった若人達が
          わが子よりも若い年齢ばかりで心が痛みました。



    呉 海上自衛隊史料館(てつのクジラ)へと移動・・・・・
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


   可愛い顔は・・・・(^0^)
イメージ 7

          氷を砕く大砲?・・・・・

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13



     信州そば・・・・コシの有る麺に 本ワサビが最高。
イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16
      
イメージ 17
       本ワサビの残りは お持ち帰り出来ます。


      呉 から 広島へ〜〜〜〜
イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20



バカモン一家もお見送り・・・・・
イメージ 21

             ・・・・ 行って来ま〜〜〜す。
休暇村 大久野島で 楽しい日々を過ごし増した。

     これから 「呉 海上自衛隊資料館」へと〜〜〜〜
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
 JR 呉線の駅名看板には 各駅の名所を漫画的に描かれているので
  この看板を観てフラリと立ち寄りたくなる気分になり、 之はとっても良いアイデアですね。
    全国の駅看板も駅名の下に こんなフウに描かれていたら楽しい車窓になるのにね。


   広島に近づくにつれて 牡蠣の養殖棚が 多く見受けられます。
イメージ 6


     「呉駅」
イメージ 7


     この日の気温33度の真夏日。
駅前構内から駅裏に繋がるお洒落なタイル絵の高架橋が 涼しく感じさせてくれてます。  
イメージ 8


  
   デパートの中を 海上自衛隊資料館の矢印に進みます。
イメージ 9


      ワオ〜〜〜   ドカット・・・鉄のクジラが目に飛び込んできました。
イメージ 10


    大和ミュージアム(¥500−)に入りました。
イメージ 11


    10分の一に縮小した 戦艦大和が・・・・それでもデッカイナ〜〜〜
イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15


   沢山の資料・模型をを見て勉強しながら進みます。
イメージ 16


   今度は 戦闘機
イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

全82ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事