首藤剛志のふらふらファイル箱

人並みのつもりにしては、ふらふらしています。

全体表示

[ リスト ]

 首藤剛志という脚本家がシリーズ構成をする作品の最終回はいつも変っている。
 賛否両論のどんでん返しや、びっくりENDがほとんどなのだが、今回もびっくりした。
 当初の設定や、登場人物の掘り下げなしに放りだした凄い脚本である。
 たまたま、首藤の書いた最終回の脚本を読んだのだが、できあがったアニメは、ほとんど脚本と違っている。
「弾新生」という脚本家が、最終回を書き直したらしいが、それがどんな脚本家か僕は名前は知っているが、その人が書いた最終回の脚本を、読んだ覚えは無い。
 聞いた話だが、首藤の書いた脚本に近いものは、後で発売されるCDドラマでやるらしい。
 そもそも、首藤の構成がひどい。
 普通全十二話ぐらいの作品なら、最初から最終回がどうなるかを考えて、初回から設定や登場人物を考える筈なのだが、まるでそれが機能していない。
 最初の構成案では、最終回に十分間近い一人台詞が続くという、いままでのアニメや実写ドラマでは観た事のないラストになって、非難轟々になる覚悟だったらしいが、それらしい実験性は、アニメにはかけらもない。
 その実験はCDドラマの方にもない架空のものになったようだ。
 そもそも、二十二世紀だという設定、五十歳が人間の寿命だという設定、ロボットが正義や悪に関係なく弱いものの味方だという設定は、どうなったのだろう?
 女性ジャーナリストや少女カウンセラーやロボットを操縦するアイドル歌手は、この作品にとって重要な意味がある筈なのに、何の為に登場しているのか全然分からない。
 ホームレスの素性も分からないし、最初の方に出てきた、葵というレーサーの恋人らしい男も、麻薬捜査官くららの相棒も、出てきただけのしり切れトンボである。
 FSというリーダーが、最後に大活躍する筈だったらしいが、それもない。
 DVDにする時に、デレクター・バージョンという名の最終回の長尺を作って、そこらを解決するという話もあったらしいが、どうなるかは分からない。
 どうしてこんな事になったのか、今となっては薮の中である。
 だが、シリーズ構成としての首藤の責任は、問われても仕方ないだろう。

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

ダンクーガという作品と首藤氏両方のファンです。 まだ最終回まで観ていないので、どんな終わり方をするのか凄く楽しみにしていたのですが・・・。

2007/5/12(土) 午前 3:00 [ かをる ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。私もダンクーガという作品とミンキーモモやようこそようこなどを原案された首藤氏の両方のファンです。 最終回を迎えたダンクーガノヴァについてコメントさせて頂きます。 第一印象としては、支離滅裂の一言に尽きます。 各シーンそれぞれに関連性のある描写が無いので訳のわからない展開 となっていました。それに元々12話という構成なのだから、表現する ポイントを考えて製作して欲しかったですね。期待していた作品だけに 残念です。

2007/5/13(日) 午後 1:38 [ c01**17 ] 返信する

顔アイコン

C01217さんへ……同感というしかありません。あえていえば、責任の所在がはっきりしないので、脚本家「弾新生」が、誕生したという事です。……首藤剛志

2007/5/13(日) 午後 7:45 [ 首藤剛志 ] 返信する

顔アイコン

PC2engineさんへ……ご覧になる環境がおありでしたら、見てください。きっと、驚かれると、思います……首藤剛志

2007/5/13(日) 午後 7:53 [ 首藤剛志 ] 返信する

顔アイコン

はじめまして首藤さん。裕玉と言います。 自分は脚本家志望の身なので、こういうこと言うのは恥ずかしくて、大変恐縮なのですが… 「ダンクーガ・ノヴァ」最後まで見ました。 「グラヴィオン」の大張さんと「ポケモン」の首藤さんなら絶対面白いだろ!と思っていただけに最終回は少し悲しくなりました。 「ダンクーガ・ノヴァ」に一体何が起きたのかを考え、勉強に活かしながら、ストーリーを補完するドラマCDやメディアを心待ちにしています。 それでは失礼します。 削除

2007/5/14(月) 午前 3:41 [ 裕玉@肉人 ] 返信する

顔アイコン

最終回まで視聴できたので、あらためまして感想を一言。楽しく拝見させて頂ましたが、全12話は短すぎますね。ロボット物である以上メカアクションに力を入れるのは無理からぬ事…最後ああなるのも分かります。監督は元アニメーターですし。 只、ダンクーガファンからみた『ダンクーガ』とはリアルロボットの皮を被ったスーパーロボットですので、まるっきりスーパーロボットになってしまっては魅力が激減してしまいます。(巨大ロボット自体リアルじゃないという話はさておき)

2007/5/14(月) 午前 7:06 [ かをる ] 返信する

顔アイコン

そして「ダンクーガ完全設定資料集」に書いてあった矢尾一樹さんの案、イーグルファイターを隠し持ってて最後にやってやるぜ!・・・という話、首藤氏の脚本とどう折り合いをつけるんだと思いながらも実はとても心待ちにしていたので、それが無くなったのは正直残念です。もしそれがあれば「終わりよければ全て良し」になったかもしれないのに。あくまでダンクーガ好きにとってはですがw 思いの丈を綴ったら感想が長くなってしまいました。CDドラマを楽しみにしております。 では。

2007/5/14(月) 午前 7:08 [ かをる ] 返信する

顔アイコン

埼玉肉人さんへ……本当は、CD 等で補完しなければならないというのは邪道です。あなたは、脚本家志望だと伺いました。あなたの書く脚本は、補完など必要のないあなたなりに完結した脚本を書いてください……首藤剛志

2007/5/14(月) 午後 4:13 [ 首藤剛志 ] 返信する

顔アイコン

PC2enegineさんへ……感想ありがとうございます。CDがご期待にそえるかどうかわかりませんが、一応、完結はさせたつもりです。……首藤剛志

2007/5/14(月) 午後 4:21 [ 首藤剛志 ] 返信する

顔アイコン

先日、書き直されたほうの番組をみましたが、やはりそれでも消化不良とでもいうのか、私には意味がわかりませんでした。そういった意味で、首藤さんの本当にしたかったお仕事に期待します。そもそもこの企画自体、いろいろと無理があって、もっとじっくり作ったほうが良かったのでは、なんて事も感想として思いました。

2007/5/22(火) 午後 0:46 gigret2005 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事