病院増改築の切り口/西本吉弘

病医院経営の方へのメッセージ・・・考えて見て下さい。

進め方/考え方

すべて表示

従来の業務の流れはバーティカルスタイル・・・問題も多いですね。

●今、設計も施工でも、その進め方のスタイルは既に過渡期に来ているように思います。 ●本来、建築はオーダーメイドの為、力を合わせて創意工夫の選択の幅は、結構広い特徴を持って いるはずですが、そうでもないのが現実のようです。(関係者の思惑が絡んで) ●施工段階にテーマを絞って見てみますと、施主・設計者・施工者とその業務の流れは概ね、 縦割りのバーティカルスタイルをとっています。 それぞれの立場には自ずと一線が引かれています。建前は別にして、立場を越えて相互の智慧の 交流というのは、本音の所では利害が優先されてなかなか困難なようです。 ●特にコスト(予算)環境がハードに成れば成る程、そのプロジェクトの完成には、本当は三者 (関係者)のより密で柔軟な連携は不可欠で、きちっとベクトル合わせの必要が良いすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

大切にしてゆきたいもの

2006/7/30(日) 午前 11:47

●コストコントロールを前述の”器の功罪”の視点からもう一つ。 ●プラン進捗の課程の中で、一般にコストを下げていった時、建物として一定のグレード(品質) は保たれたとしても、よほど気がけておかないと最初に大事なファクター、”夢の部分の造形・ 性格付け”が結構ありきたりのものに置き換わってしまいがちです。意図的に。 もっと始めから設計者にそ ...すべて表示すべて表示

分かれ道と固定概念

2006/7/17(月) 午後 6:27

●事業計画上、当初は建築するかどうか思い迷っても、一旦決めてスタートしたら早く設計をすませて、早く建てあげて稼働させたいのが、多くの施主の一般的な気持ちでしょう。 これは、関わる予定の建築事務所も建設会社も、時間を長くかければかける程、経費はかさむわけで、 出来れば何事もなくスムーズに早く仕上げたいことでは、思いは一致しているわけです。 ● ...すべて表示すべて表示

建築コストと分かれ道

2006/7/11(火) 午前 11:28

●コストコントロールなくして、建築プロジェクトは成り立ちません。 施主は一般に建築には素人ですから、プロ(設計事務所又は設計施工の建設会社)に依頼することに成ります。 ●ここで分かれ道。 ●医療の世界では、例えば心臓の病気を皮膚科のドクターに診てもらうことは当然ありません。技術と経験をそなえた専門医を探すでしょう。 ●その施 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事