ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1
「道の駅うずしお」鳴門海峡の絶景を楽しんだら、淡路島のドライブにでかけよう。
走るのは淡路島の右下を反時計回りに洲本市へと向かう、県道76号線。
「南淡路水仙ライン」という愛称を持つ道だ。
山迫る海沿いを走るとても気持ちのいい道。
「水仙」という名前を冠しているのは、途中「灘黒岩水仙郷」「立川水仙郷」といった、水仙の名所があるからだ。

イメージ 2
南淡路水仙ラインはセンターラインのない1.5車線の道が続く。
とはいえ、道幅は2車線に近いので、スピードを落とせば難なくどこでも離合はできる。
交通量もきわめて少なく、海と自然を感じながら走れる、淡路島の中でも屈指のドライブルート。
行く先々、淡路島を1周しているであろうサイクリストにも多く出会う。
平坦で海に近い道はサイクリングにはもってこいだろう。
そう思っていると、突然海から道は山を登り出した。道幅も少し狭まる。
海岸線の走行から一転、一気に深い山の峠越え。ここは快走していたサイクリストも必死の形相でペダルを漕いでいる。
峠から下り、集落にさしかかってすぐ、「生石公園」(おいしこうえん)と書かれた看板があり、右への脇道がある。
ここを脇道に進むと、深い森の中を細い道で登って行く。
時々離合に困りそうな場所は何箇所かあるが、交通量はほとんどないので心配はない。

イメージ 3
道を登りつめると、小さな広場のある駐車場にたどり着く。
ここが生石公園の展望台の駐車場。
そこから海を見下ろすと、由良湾の素敵な風景が待っていた。
まるで「天橋立」を思わせるような、海の中に細い陸地が横たわっている。
とても不思議な光景。

イメージ 4
横たわっているのは「成ヶ島」という島。
細長い2.5kmほどの長さある無人島で、「淡路橋立」と呼ばれている。
淡路島本島との間の距離はわずかで、島と島の間は天然の良港となっている。
成ヶ島には人工物はほとんどなく、ここから見ると港も見えず、とても自然豊かな由良湾の表情を楽しめる。
島にはハマボウをはじめとする、貴重な植物が自生する自然が残っている。

イメージ 5
駐車場の横は芝生広場になっている。
その一角に不思議なオブジェが。
近づいてみるとそれはオブジェではなく、大砲だ。
これは旧陸軍のカノン砲。
以前はここに「由良要塞」という要塞があったそうだ。
明治時代につくられた要塞で、大阪湾に侵入する船への防御を担ったそうだ。
この山の上に5ヶ所の砲台、計30門。
成ヶ島にも3ヶ所の砲台、計14門ものカノン砲が設置されていたそうだ。
よく見ると、芝生広場の方々に、赤レンガの遺構が残っている。

イメージ 6
展望台に向かう道の脇の森には、大きな要塞跡の遺構が残っている。
要塞の内部は終戦後、進駐軍によって爆破されて埋められてしまったそうだ。
森に還りつつある要塞だが、その巨大さは今でも感じることができる。
最盛期はここに1000人もの兵が駐屯していたそうだ。
ただ、太平洋戦争時にはここには高射砲がなく、大阪へと飛んでくる爆撃機には何もすることができなかったとか・・・

イメージ 7
先ほどの要塞遺構の上には展望台が作られている。
そこからは紀伊水道の穏やかな風景が一望できる。
平和の世、その役目を終えた要塞を礎に立つ展望台。
その展望台では敵国の船を見張るのではなく、今は行きかう船を眺めるだけ。
以前は緊張感漂う軍事施設は、今はとても平和な風景となっていた。

ここ生石公園は淡路島の梅の名所でもある。
この展望台付近にも梅の木があり、海と梅を見下ろす素敵な風景がその季節には楽しめるだろう。

生石公園を下ったら洲本市まではもうすぐだ。
しかし、先ほどの成ヶ島との間に挟まれた由良港は見どころ。
ここには由良要塞に関連して造られた兵舎などと思われる、歴史ある建物が多く残っている。
また、その美しい成ヶ島に囲まれた港はとても風光明媚。
どこにもない、とても素敵で不思議な港町の風景がここにある。
自然と歴史が調和した港町。時間があれば、ぜひこの由良の港も散歩してみたい。

【生石公園】
住所: 兵庫県洲本市由良町生石 
電話: 0799-22-3321 
休み: 対象外 
営業時間: 入園自由 
交通: 神戸淡路鳴門自動車道・洲本ICより約30分
   洲本バスターミナルから淡路交通バス灘線黒岩行き生石口下車徒歩10分 
駐車場: 無料(展望台の駐車場は約5台)

【投稿時最終訪問 2008年9月】






  • 顔アイコン

    日本各地に戦争の痕跡が残っていますね・・・考えると千葉にも沢山有りますね。poti

    nak*m*ra373*10*0

    2008/11/14(金) 午前 8:19

  • 顔アイコン

    おお、見晴らしの良い場所ですね。
    冬には水仙が咲くのでしょうね。
    要塞や砲台、役に立つ時代が来ないことを祈ります。

    keebow

    2008/11/14(金) 午前 9:09

  • 顔アイコン

    kumaさんの行動半径は非常に広い。
    おかげさまで、各地の旧所名跡を居ながらにして堪能させていただき、感謝。

    gkyouji

    2008/11/14(金) 午前 9:14

  • 由良湾。美しいですねーーー海の中に細い陸地が横たわっているの素敵ですね
    又、芝生広場の方々に、赤レンガの遺構があって、凄いやん
    素晴らしい お写真と素敵な風景に・傑作ポチ

    hikot

    2008/11/14(金) 午前 10:35

  • 顔アイコン

    懐かしいぃ〜♪
    この辺りは、よく遊びに行きました♪♪
    素敵な風景を〜。・:*:・(*´ー`*人)。・:*:・アリガト凸★

    そら

    2008/11/14(金) 午前 10:56

  • 紀伊水道側を北上しているんですね。この淡路橋立ては見たいですね。この情報は知らなかったですね。戦争跡がまだまだ残っていますね。遺構としてですが。
    ご紹介に傑作。

    3355

    2008/11/14(金) 午前 11:39

  • 良い風景ですね〜〜。。。
    しばし、、、
    見入ってしまいます〜。。。
    wp☆☆

    アトモスフィア

    2008/11/14(金) 午後 6:43

  • 淡路島いいっすね、一度いったのに、わかかったわたしは、道をまちがえたのでUターンしていきました(^^;。もったいねぇ。

    テイクン

    2008/11/14(金) 午後 10:20

  • 由良=ゆらと読むのでしょうか?
    こちらにも綺麗な海辺の町に同じ名称の町があります。
    クラゲでも有名な水族館なんですよ〜同じような風景です〜
    淡路島は神話の故郷、古い砲台も絵になりますね。傑作

    -

    2008/11/17(月) 午前 10:30

  • 顔アイコン

    よっちゃんさん、とてもいい風景でした。
    絶景は絶好のストレス解消です。

    KUMA.

    2008/11/22(土) 午後 9:52

  • 顔アイコン

    おやじさん、淡路島は高松からまだ近いですね。
    淡路島、結構いろんな所ありますよ〜♪

    KUMA.

    2008/11/22(土) 午後 9:52

  • 顔アイコン

    NAKAMURAさん、いろいろ探してみると、戦跡はまだいっぱい残っています。
    確かに日本は戦争をしていたんだと知らなくても感じます。

    KUMA.

    2008/11/22(土) 午後 9:53

  • 顔アイコン

    Keebowさん、とてもいい見晴らしでした。
    この要塞、いつまでも過去の遺物であってほしいです。

    KUMA.

    2008/11/22(土) 午後 9:53

  • 顔アイコン

    狂治さん、ありがとうございます。
    旅に出ると、いろんな所を見て回りたくなります。

    KUMA.

    2008/11/22(土) 午後 9:53

  • 顔アイコン

    たかさん、ここの風景やロケーションはすごかったです。
    ありがとうございます。

    KUMA.

    2008/11/22(土) 午後 9:54

  • 顔アイコン

    そらさん、故郷の近くですね。
    ここまで遊びに来られていたんですか〜。

    KUMA.

    2008/11/22(土) 午後 9:54

  • 顔アイコン

    3355さん、紀伊水道を北に向かって走っています。
    ここは行ってみて初めて知りました。
    すごい風景ですが、マイナーな場所です。

    KUMA.

    2008/11/22(土) 午後 9:54

  • 顔アイコン

    アトモさん、この風景はとても素敵でした。
    未だに知られていない素敵な風景、日本にもいっぱいあるんですね。

    KUMA.

    2008/11/22(土) 午後 9:55

  • 顔アイコン

    テイクンさん、淡路島はいろんな場所がありますね。
    ここへの道は知らなかったら確かにUターンしたくなります。

    KUMA.

    2008/11/22(土) 午後 9:55

  • 顔アイコン

    花さん、「ゆら」と呼びます。
    由良という名の地名は淡路島の向かいの和歌山にもあり、多いですね。
    不思議な事に港町であることが多いような気がします。

    KUMA.

    2008/11/22(土) 午後 9:56

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事