ここから本文です

書庫全体表示

狭霧台

イメージ 1

湯布院を見下ろす山の中腹にある展望台が「狭霧台」
売店などもあり、湯布院観光の名所のひとつになっている。
湯布院の風景はもちろん、美しい由布岳(1583m)を間近に望むことが出来る。
また、秋や冬の朝には見事な朝霧や雲海のかかる由布院を楽しめる。
九州横断道路、やまなみハイウェイの起点となる別府市から約40分の距離にあるため、湯布院を通過し、久住方面に向かう場合などは絶好の休憩地点となる。

イメージ 2
狭霧台から見下ろす由布院。
田園風景が広がり、森に囲まれた美しくのどかな町並み。
しかし、この中には温泉が幾つも点在し、洒落た店や美術館が軒を連ねる。
昔の良き日本の中に、日本の今がある、とても美しい町。
夏にはホタルが今も飛び交う湯の町は、自然と文化が交錯する素敵な場所だ。

イメージ 3
眼下には湯布院、そして頭上には由布岳がそびえる絶好の展望スポット狭霧台。
一面の草原を纏い、夏には鮮やかな緑色に包まれる由布岳は、とにかく美しい。
標高は1600m足らずだが、単独峰となっているので、低い雲がひっきりなしに山にかかる。
山頂は雲に隠れては、また姿を現しの繰り返し。

イメージ 4
由布岳は「豊後富士」とも称される。
東峰と西峰の2つのピークを持つ双耳峰。
湯布院のどの場所からもその姿を望めるため、湯布院の象徴ともなっている山だ。
緑のキャンパスの上に、雲が落とす影が走っていく。
日本離れしたとても美しい風景を間近に楽しむ事む事が出来る。

ちなみに狭霧台の少し上には由布岳登山口があり、由布岳に登ることが出来る。
頂上までは往復約4時間。
道も比較的歩きやすく、登山口にはご自由にお使いくださいと杖まで置かれている。

しかし、それは「マタエ」と呼ばれる東峰と西峰の分岐点まで。
「マタエ」まで登ると森林限界を越え、風や雨から身を守れる森は姿を消す。
そして、この上空をかけていく雲と風に絶えず身をさらされる。
マタエから頂上までは、火山でできた地形と厳しい気象条件に常にさらされている場所。
そこはもう、北アルプスのような3000m級に近い山の厳しさがある。
特に最高峰の西峰に続く道は、岩場と鎖場が連続する、さながらアルピニストの世界。
この山に登るのなら、防寒具と雨具、そしてしっかりした登山靴は絶対必要。
初心者は西峰はあきらめ、東峰への登山のみとすべきである。
ハイキング気分で登りたくなる登山道だが、その先にハイキング気分で入り込むととても危険な目にもあいかねない山である。

イメージ 5
狭霧台は展望だけではない。
由布岳の登山口か湯布院の入口付近までは、この草原の中の道のドライブとなる。
道幅も広く、車を走らせる喜びを満喫できるドライブスポットでもある。

イメージ 6
狭霧台にはガラスの一枚壁がベンチと組み合わせて置かれている。
何の用途に使われるかはわからないが、おそらくは湯布院のアート性を醸し出したオブジェのように思える。
このオブジェに映る風景と由布岳を組み合わせると、おもしろい風景が撮れそうだ。
その時の時間、季節、天候によっていろんな顔を見せてくれる由布岳が、さらにどんな表情を見せてくれるのか。
それはここでカメラを構える人次第。

イメージ 7
さて、狭霧台の名物といえば、湯布院の朝霧を一望できる事。
湯布院は盆地になっていて、由布岳に引っかかった雲がとにかく雨を落としていく。
この旅で湯布院に計6日間滞在したが、天気なのに夕方にはほぼ毎日と言っていいほど雨が降った。
そんな湯布院は水に恵まれ、早朝に車を走らせると、雨も降っていないのにフロントガラスに水滴が付き、ワイパーを動かすほどだ。

この日は8月末で本格的な朝霧シーズンにはまだ早いが、それでもこれだけの朝霧を見ることが出来た。
8月末、9月頭の滞在だったが、朝起きれば必ず霧がかかっていたので、これくらい、もしくはこれ以上の風景は毎朝見れるのではないだろうか。

イメージ 8
朝霧がかかる湯布院の町並み。
まだ夜が明けたばかり。町は寝静まっていてとても静か。
音もない空間にゆっくりと霧が漂うように流れていくのは、とても幻想的な風景。
湯布院が見せてくれる、また違った顔だ。

イメージ 9
少しずつ空に赤みが増してくる。
美しい朝焼けが湯布院の空を染めていく。
とまったような静かな時間が、ゆっくりと動き始める瞬間。
この時間は僕は大好きだ。ゆっくりと見て言いたいと思うが、この日はそうはいかない。
この写真を撮った時、向かっていたのは由布岳の山頂。
今から登山を開始するのだ。

そして朝焼けがあると天気は崩れるというように、この日の天気は午後から雨だ。
実際、朝は快晴だったが14時からバケツをひっくり返したような雨に湯布院は見舞われた。
山の天気は変わりやすいというが、この由布岳、他の山以上に相当に気変わりが早い山でもある。

だが、朝早くにここに立つ人にとっては、これ以上なく美しい風景。
今朝はどんな風景をここで見ることが出来るのだろう。
狭霧台の朝もとても表情が豊かである。

【狭霧台】
場所: 大分県由布市湯布院町川上野々草1946-14
電話: 0977-85-3848 (狭霧台展望売店)
駐車場: 16台(無料)
施設: 売店(8:30〜17:30 年中無休)・トイレ・自販機
交通: 大分市内よりしまなみハイウェイを車で約40分
   大分自動車道湯布院ICから別府方面へ車で約10分

【投稿時最終訪問 2010年9月】





  • 顔アイコン

    狭霧台から見た朝霧の湯布院…素敵ですね。ポチ☆

    一面の雲海の写真が多く紹介されるのですが、これくらいの朝霧の方が絵になる風景だと思います。

    [ 癒し草 ]

    2010/9/13(月) 午前 5:52

    返信する
  • 顔アイコン

    素敵ですね。
    近くまで行ったのに、ここには行きませんでした。
    こんなところで、景色を眺めてのんびりするのは最高ですね。ポチ★

    hiro

    2010/9/13(月) 午前 6:29

    返信する
  • 顔アイコン

    狭霧台展望所(由布市) やまなみハイウェイ(今は県道)を走る車が休憩するのに最適な場所ですね、ここから由布岳の頂上が見えますね。
    由布市湯布院町とは珍しい市と町の名前です。

    yamabiko

    2010/9/13(月) 午前 7:15

    返信する
  • 由布院の朝霧は幻想的ですよね〜!

    由布岳も壮大です^^

    村ポチ!

    山猿農園

    2010/9/13(月) 午後 0:15

    返信する
  • 朝霧がかかる湯布院の町並み、素晴らしい眺めですね、
    こんな素晴らしい被写体にレンズが向けられるなんて、羨ましいなあ〜〜、
    傑作ポチをどうぞ・・・・

    たまっち

    2010/9/13(月) 午後 0:46

    返信する
  • こんばんは。
    これは素晴らしい絶景ですね!
    自分は大分県だけ行ったことがないのでここにぜひ行きたいです。

    北の旅人

    2010/9/13(月) 午後 8:16

    返信する
  • 低い雲だと思ったら朝霧だったんですね!
    どことなく怪しげで雰囲気ありまくりですなぁ♪
    ポチン☆彡

    コテツ

    2010/9/13(月) 午後 11:11

    返信する
  • 顔アイコン

    朝霧いいですね〜。
    そう言えば、やまなみハイウエイを明け方通るといつも雨模様だったような〜。

    子連れ登山

    2010/9/14(火) 午前 0:22

    返信する
  • 顔アイコン

    癒し草さん、一面の雲海も見てみたいですが、町がすこし顔を出していると、そこに本当に町があるとわかりますね。

    KUMA.

    2010/9/23(木) 午前 0:01

    返信する
  • 顔アイコン

    hiroさん、ここからの湯布院の眺めは最高です。

    KUMA.

    2010/9/23(木) 午前 0:01

    返信する
  • 顔アイコン

    やまびこさん、狭霧台は休憩と写真撮影によく立ち寄ります。
    由布市は平成の大合併で湯布院町と合併したみたいです。

    KUMA.

    2010/9/23(木) 午前 0:02

    返信する
  • 顔アイコン

    山猿農園さん、ありがとうございます。
    静かな朝に漂う朝霧、とてもいい雰囲気でした。

    KUMA.

    2010/9/23(木) 午前 0:02

    返信する
  • 顔アイコン

    たまっちさん、ありがとうございます。
    三脚立てて久々に撮りました。

    KUMA.

    2010/9/23(木) 午前 0:02

    返信する
  • 顔アイコン

    北の旅人さん、未踏の県が大分だけとはうらやましい。
    僕は東北全県未踏になっています。

    KUMA.

    2010/9/23(木) 午前 0:02

    返信する
  • 顔アイコン

    コテツさん、もはや雲か霧かわからないくらい、低い場所にでています。

    KUMA.

    2010/9/23(木) 午前 0:03

    返信する
  • 顔アイコン

    子連れ登山さん、朝車を走らせると、なぜかワイパーまわしてます。
    すごい水分です。

    KUMA.

    2010/9/23(木) 午前 0:03

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事