ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全325ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

松阪牛の産地として有名な三重県松阪市。市内には美味しい松阪牛を頂ける焼き肉店やすき焼き店など数多数。しかし、いくら産地とはいえ、地元の方もそうしばしば松阪牛を頂くことはありません。そんな松阪で昔から地元の方に愛されている地元の人気店を紹介します。

イメージ 1
松阪駅から歩いて約8分のところにお店を構える「不二屋」
平成22年に建て替えられたまだ比較的新しい店舗ですが、堂々とした風格のある構えで老舗の雰囲気をとても醸し出しています。不二屋の創業は昭和4年。当初はうどん店としてオープンしましたが、昭和30年ころに、松阪初の中華そば屋に転身したそうです。

イメージ 2
店内は木を基調にした落ち着いた内装で、広々としておりとてもきれい。LED照明や上手に木枠で目隠しされた広い窓から差し込む光など、とても店内は明るく、 喫茶店のようにインストルメントミュージックが流れており落ち着いた雰囲気になっています。座席もカウンター席のほか、仕切りで区切られた2人、4人、6人のテーブル席があり、ひとりで訪問しても、グループで訪問しても気軽に食事を楽しめるように工夫されています。

イメージ 3
中華そば店に鞍替えした間もないころからラインナップされ、今も人気の不二屋看板メニューが「やきそば」。やきそばという名前ですが、見た目は皿うどんやあんかけそばです。
アツアツトロトロのあん野菜をたっぷり使い、口にした瞬間、ダシの味と一緒に野菜の甘味が口の中に溶け出す絶品。また、パリパリの食感で仄かな味わいのある揚げ麺は歯を立てるとぱりぱりっという音が立ち、食欲をそそります。
この絶妙な味わいとバランスは、皿うどんやあんかけそばとは一線を画します。ボリュームも満点で一度食べたらクセになる味と食感。秘伝の和風ダシを使った中華そばや豪華松阪牛肉中華そばもありますが、やはり不二屋に来たのならこの伝統の看板メニューをぜひ味わっていただきたいです。

食事時を大幅に過ぎた昼下がりでも続々と人が入ってきて賑わう不二屋。店の入口に広い待合スペースが作られ、たくさんの待合席や雑誌などが置かれていることも、不二屋の人気ぶりや、来店する客を大切にする不二屋のおもてなしが感じられます。
また不二屋では、「中華そば」「やきそば」のお持ち帰りが可能です。地元の方は店で食べるメニューを注文すると同時に、持ち帰り分も注文されていました。まさに地元の方に愛されるお店です。

◆松阪のお得な宿泊プラン一覧◆
【不二屋】
住所: 三重県松阪市中町1900
電話: 0598-23-9605
時間: 11:00〜14:30 16:00〜19:00
     (土・日・祝は18:00まで)
席数: 60席
定休日: 木曜日
アクセス: JR・近鉄松阪駅から徒歩約8分
     伊勢自動車道・松阪ICより約10分
駐車場: あり(15台)
メニュー(一例)
中華そば(780円)、五目中華そば(880円)、野菜中華そば(880円)、辛口中華そば(880円)、のり載せ中華そば(880円)、カレー中華そば(880円)、味噌中華そば(880円)、松阪牛肉中華そば(1100円)、ちびっこ中華そば(880円)、やきそば(780円)、五目やきそば(880円)、チャンポン(880円)、デラックスチャンポン(1100円)

【投稿時最終訪問 2017年10月】
◆不二屋の地図◆

この記事に

誰もが見たことがある、絵本や挿し絵によく使われているや優しいタッチの人物画。平成の世になっても多くの人に愛される絵を多く残した画家・いわさきちひろ。
そのいわさきちひろの自宅兼アトリエがあった場所に建てられたのが「ちひろ美術館・東京」。世界ではじめての絵本美術館なのです。

イメージ 1
ちひろ美術館は練馬区でも緑が多い石神井にあります。都内とは思えない、閑静な住宅街の中にひっそりと景色に溶け込むちひろ美術館。緑にも囲まれ大々的な看板もないので、それと知らずに前を通りすぎれば気づかないほどに落ち着いた佇まいです。

イメージ 2
中庭から光がいっぱいに射し込んでくる館内は明るくとても落ち着いており、居心地のよい空間です。
それとは対象的に窓がなく密閉された展示室。原画を保管するため、日光に当たらないようにするためでしょうが、落ち着いて作品を集中して観賞できるスペースになっています。
展示している原画の絵本も展示室内で読むことができ、どっぷりと絵本の世界に浸かることができます。

イメージ 3
絵本とは関係ありませんが、建物が取り囲んでいる「ちひろの庭」と呼ばれる中庭がとにかく素敵。閑静な住宅街も相まって、東京区内にいるとは思えない佇まいです。

イメージ 4
絵本の他にも、いわさきちひろ氏のアトリエが復元されており、どのような場所であの素晴らしい作品が産み出されたのかを知ることができます。
当然ながら作品や復元アトリエは撮影禁止。訪問して、楽しんでくださいね。

イメージ 5
図書室にはいわさきちひろ氏の著書はもちろん、氏が参考にした文献や、園田様々な絵本が保存されており、室内のテーブルやベンチで読むことができます。ゆっくり読書をするにはいい場所です。

イメージ 6
キッズスペースが2階に完備されており、未就学児連れにはもってこいの場所。子供向けの絵本や木のおもちゃなどもあるので、小さな子連れでも安心して楽しめる美術館です。

イメージ 7
美術館の中にある「絵本カフェ」
壁一面の窓から差し込む光と美しい中庭の風景を楽しみながら、カフェでまったりとした時間を過ごすことができます。その名の通り、絵本がカフェの中にも備え付けられているので、お気に入りの絵本があればゆっくりとお茶を頂きながら読むことができます。

イメージ 8
ホットケーキ(460円)。出来合いのものかと思いきや、ふっくらしていてとっても美味しいです。ブレンドコーヒー(400円)は有機栽培のコーヒー豆をチョイスしたこだわりのもの。なお、ドリンクは食事とセットにすると100円の値引きがあります。

イメージ 9
その他シフォンケーキやスコーンなどのドリンクセット、五目炊き込みご飯やライ麦パンなどの食事メニュー。山梨のワインや海外のビールなど、本格的なメニューがそろっています。美術館の中にあるとは思えないくらい、メニューが豊富でしっかりと手の込んだ美味しい自然派を意識した食事が楽しめます。

イメージ 10
中庭のウッドデッキにもテラス席があり、ここでもカフェメニューが頂けます。
気候が穏やかな時にはテラス席で美味しい食事やドリンクを頂くのもいいですね。
いわさきちひろという画家の人生だけでなく、様々な絵本を大人や子供も楽しめる美術館。静かな東京の住宅街の中、緑に囲まれた空間で寛ぎの時間を過ごすせる贅沢な時間が流れています。

また、信州・安曇野には「安曇野ちひろ美術館」もあります。いわさきちひろの故郷で戦時に疎開した先。美しいアルプスの山々を背に、広大な敷地の中にある美術館もとても見ごたえがあります。長野に旅行した折には、こちらにも立ち寄りたいですね。

【ちひろ美術館・東京】
住所: 東京都練馬区下石神井4-7-2
電話: 03-3995-0612
料金: 大人800円(高校生以下無料)
休み: 月曜日(祝休日は開館、翌平日休館)、年末年始、冬期休館(2月)
   その他、展示替えのための臨時休館あり
営業時間: 10:00〜17:00(最終入館16:30)
交通: 西武新宿線上井草駅下車徒歩7分
   関越自動車道・練馬ICより約20分
駐車場: 3台・無料

【投稿時最終訪問 2017年11月】

この記事に

埼玉県川越市。小江戸と呼ばれる倉が多く残る昔ながらの街並みが人気の観光地。素敵な風景や魅力的なお店が多く、ついつい歩く距離が多くなってしまいます。
そんな歩き疲れたとき、休憩ができるカフェがそんなに多くない川越で、ちょっと気軽に美味しいもの片手に休憩できるのが「小江戸横丁」です。

イメージ 1
小江戸横丁は昔ながらの市場のようなつくり。訪問時まだ朝早いので、オープンしているお店は少ないですが、もうすぐ一斉にお店がオープンしてとても賑わいます。2階には飲食店も入っています。

イメージ 2
横丁の一番奥には小さな飲食スペースあります。横丁で買ったテイクアウトの品をここでいただきながら休憩することができます。トイレもあるので散策途中の一息にはもってこいの場所です。

イメージ 3
横丁でさっそくお買い物。川越といえばサツマイモを使ったスイーツが名物。
この横丁一番の人気スイーツは翠扇亭の「芋おにぎり」(180円)です。テレビでも紹介された人気の一品。
中はホクホクで、外はぱりっとした食感。芋だけしか使用していないのですが、まるで砂糖をいれたような濃厚な甘さが楽しめます。しかもその甘さはさっぱりしていて後味すっきり。
そしてついつい買ってしまったものが地ビール「COEDO」の「紅赤」(500円)
赤琥珀色をした麦芽とサツマイモのビールです。癖もなく、ややフルーティーさを感じる爽やかな喉越し。甘い芋おにぎり片手にでもぐいぐい行けます。
暑い夏、散策がてらの休憩でと思ったのにほろ酔い気分。その後土産屋のハシゴしてから早々と帰路についてしまいました。
皆様、散策中の食べ過ぎ、飲み過ぎには注意しましょう(笑)

【小江戸横丁】
住所: 埼玉県川越市元町2-1-3
電話: 049-226-3355(翠扇亭)
時間: 9:00〜17:00(店舗により異なる)
定休日: 店舗により異なる
アクセス: 関越自動車道「川越IC」より15分
     西武新宿線「本川越駅」下車徒歩15分
駐車場: なし

【投稿時最終訪問 2017年7月】

この記事に

出張先で仕事を終え、ホテルにチェックイン。そのあとに地元の美味しいお店で一杯やるのが、サラリーマンの出張の楽しみですね。
最も効率的で外れの少ない地元のお店の探し方はやはり、宿泊するホテルのスタッフのオススメのお店。
三重県松阪市に出張の折、ホテルのスタッフに聞いたオススメの居酒屋が「梅一」です。
イメージ 1

松阪駅南口から徒歩3分。セブンイレブン前の分かりやすい場所にある居酒屋「梅一」。
平日にも関わらず多くの地元客で賑わっており、その人気ぶりが伺えます。松阪牛や伊勢志摩であがった新鮮な海の幸を扱うお店なので、出張だけでなく、観光客にももってこいのお店です。
イメージ 2

松阪牛の串焼き。(1本700円)など市内の専門店ではなかなか手が出せない高級品の松阪牛を、少量ながらもリーズナブルに頂く方法としては居酒屋はベストです。
松阪牛は柔らかくてとってもジューシー。濃厚な肉のうまみが詰まっていて、とにかく美味しいのです。
イメージ 3

伊勢志摩でとれる海産も外せません
「あっぱっぱ焼き」(2個380円)などあまり聞きなれないものも。真珠養殖の副産物として養殖されているヒオウギガイという貝で、とても色鮮やかな貝殻が特徴。真珠の産地である伊勢志摩ならではの美味しさですね。

松阪牛と伊勢志摩の海の幸が堪能できる、地元で愛される居酒屋でした。


◆松阪のお得な宿泊プラン一覧◆
【梅一】
住所: 三重県松阪市京町214
電話: 0598-25-2211
時間: 17:00〜24:00
定休日: 日曜日
アクセス: 近鉄・JR松阪駅より徒歩4分
駐車場: なし
メニュー(一例)
松阪牛串焼(700円)、松阪豚のヒレカツ(580円)、伊勢やっこ(300円)まぐろの串焼(220円)、真珠貝かき揚げ(680円)、伊勢芋磯辺揚げ出し(580円)アオリイカ唐揚げ(580円)

【投稿時最終訪問 2017年9月】


この記事に

昔ながらの街並みが残る「小江戸」川越。その中心にあった川越城で今も残る「本丸御殿」のすぐ横にある神社が「三芳野神社」です。本丸御殿の見学で訪れて、はじめてその神社の存在に気づいたのですが、なんと童謡「とおりゃんせ」の発祥の地と看板が出ています。これは本丸御殿以上に興味が惹かれます(個人の感想)。まずはこの有名な童謡の発祥を探りに、神社に参拝に参ります。
イメージ 1

川越城本丸御殿から神社に入ると、突然境内の中に出てきます。普通は参道を通って境内に入るものですが少し不思議な感じがします。実はこれが「通りゃんせ」の謂れそのものなのです。
三芳野神社の境内はとても広く、遊具なども設置されており、市民の憩いの場所になっています。とおりゃんせの歌にあるような、ちょっと怖い感じはどこにもありません。
イメージ 2

広い境内を貫くように続く参道。童謡の「とおりゃんせ」はこの参道が舞台になっているそうです。
実は三芳野神社は、川越城増築の際に城内に取り込まれたため、「お城の天神さま」と呼ばれていました。城内にあるため、庶民の参詣は年に一度の大祭と七五三の時しか認められず、城内の細道を通った上、密偵を警戒するために帰る際には厳しく調べられたそうです。 そのことから「行きはよいよい、帰りは怖い……」と城下の庶民の間で唄われるようになったものが広がったそうです。
イメージ 3

残念ながら訪問時は神社は工事中でした。拝殿は参拝可能でしたので近づくと、「とおりゃんせ」のメロディが流れ始め、なんとも厳かな雰囲気に包まれました。
誰もが知っている童謡のルーツとの突然の出会い。しかもその「発祥」の時代背景は驚くほど納得するもので、予想以上に驚きの神社でした。

【三芳野神社】
場所: 埼玉県川越市郭町2-25-11
電話::049-224-5940(川越市観光課観光企画担当)
営業時間: 見学自由
休業日: 無休
料金: 無料
交通: 川越・本川越駅からバスにて本丸御殿もしくは博物館前下車すぐ
駐車場: あり (本丸御殿駐車場50台・無料)

【投稿時最終訪問 2017年7月】

この記事に

全325ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事