ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全341ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

世界遺産紀「紀伊山地の霊場と参詣道」を流れる熊野川。全長183kmにもおよぶ大河ですがほとんどが深い山中を流れることより流域に大きな町をもたず、河口の新宮市まで自然が残る姿で流れています。そんな熊野川を満喫できる道の駅が「奥熊野古道ほんぐう」です。

イメージ 1

「道の駅奥熊野古道ほんぐう」は以前は紀伊山地を貫く動脈である国道168号線沿いにありましたが、現在国道はバイパス化され、旧道となった道に面します。立ち寄るにはバイパスを途中で降りないといけません。
とはいえ、熊野本宮大社参拝や熊野古道歩きをするなら重要な観光立ち寄り地点になります。また、道の駅から湯之峯、川湯、わたらせ温泉の本宮温泉郷にも車で15分程で行けます。

イメージ 2
道の駅には熊野古道の案内があり、様々なお土産も売っています。
めはり寿司やさんま寿司といった南紀地方の特産品を使った弁当を販売しており、熊野古道散策に持てば、雰囲気も盛り上がります。

イメージ 3
道の駅がある河川敷には芝生広場があります。深い山を走る国道168号線の大きな人里に降りてきた所にあるため、山岳ドライブを終えたの休憩やこれから山道に挑む前のリフレッシュにはもってこいです。

イメージ 4
河原に降りれば、小さな流れでも遊べます。
本流ではさすがに川遊びは難しいですが、河川敷には小さな流れがあるので、足をつけて遊べます。生き物も探せますので、夏場なら足をつけてドライブの息抜きをしたいですね。

イメージ 5
目の前にかかる橋はバイパス化された国道168号線です。以前は集落の中を山沿いに走るくねくね道でしたが、トンネルと橋で一直線になり、とても走りやすくなりました。穏やかな流れの上を車が快適に走り抜けて行きます。

イメージ 6
まるで池のようで流れを感じさせない流れ。その流域にも時間が止まったかのような人里が点在する美しい風景です。
とはいえ、世界遺産になってからは国道沿いのかなり風景は様変わり。かつてはその大半が1車線のくねくね道で車酔い必須の辛い道だった国道168号線は、トンネルと橋の建設や道路拡張でほとんどが2車線区間となり、1車線区間はかなり少なくなりました。時代だけはすごいスピードで流れています。

イメージ 7
向こうに見えるのは深い紀伊山地。大普賢岳、弥山・八経ヶ岳といった2000m近い紀伊山地の深い山々に源を発する熊野川。上流はダムだらけですが、多くの水が集まる中流、下流域はそのままの姿で流れています。

イメージ 8
深い山々から流れ出た熊野川は美しい流れ。山が溶け出したような独特の青みがかかった川の色がありながらも、透き通った川の水。川底は山から削られ、流されてきた石が堆積しています。
大自然の恵みそのものの熊野川。ぜひゆっくりと道の駅に車を停めて、五感で感じてみてください。

【道の駅奥熊野古道ほんぐう】
住所: 和歌山県田辺市本宮町伏拝904-4
電話: 0735-43-0911
時間: 9:00〜18:30
駐車場: 約50台

【投稿時最終訪問 2016年7月】

■道の駅奥熊野古道ほんぐうの地図■

この記事に

信州のお洒落な避暑地として人気の軽井沢。外国の避暑地として発展した軽井沢には教会が多く残っており、今でも多くの教会が祈りの場としてその役目を果たし続けています。
「軽井沢聖パウロカトリック教会」はイギリス人のワード神父により昭和10年に建てられた軽井沢の歴史的建造物の一つです。

イメージ 1
「軽井沢聖パウロカトリック教会」は戦前から続く教会ですが、現在は旧軽井沢のお洒落なお店が集まるショッピングモール「軽井沢チャーチストリート」のすぐ裏にあります。モールの中をお買い物しながら奥に進むとたどり着けます。
「聖パウロ教会で結婚すると多くの人たちから祝福される」と言われており、西郷輝彦さんや吉田拓郎さんなどの多くの有名人の挙式がここで挙式をあげています。

イメージ 2
内部は結婚式やミサなどの式典等が無い限り自由に見学ができます。
薄暗くも木の暖かみがあふれる礼拝堂には窓から光が射し込み、とても神々しい雰囲気。ついつい神に祈りを捧げてしまいます。
その歴史も感じられる美しい教会。旧軽井沢でのショッピングの途中に気軽に立ち寄れるので、是非ともその高原の教会という神秘さを感じたい場所です。

【聖パウロカトリック教会】
住所: 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢179
電話: 0267-42-2429
料金: 無料
休み: なし
交通: JR軽井沢駅から車で10分
駐車場:なし (挙式等参加者用のみ)

【投稿時最終訪問 2017年8月】
■聖パウロカトリック教会の地図■

この記事に

盛岡に訪れたのなら、やはり食べたい「盛岡三大麺」わんこそばは言わずもがな、じゃじゃ麺、盛岡冷麺と、盛岡では食べるべき麺類がいっぱい!今回は盛岡冷麺をチョイス。どうせ食べるなら盛岡冷麺の元祖のお店「食道園」に訪問です。

イメージ 1
「食道園」は盛岡市内中心部にあります。焼き肉のチェーン店にも食道園がありますが、全く別のお店です。

イメージ 2
店内はテーブル席と小上がり席があります。平日の早めのお昼ということもありすぐに席に着けましたが、行列のできる人気店です。

イメージ 3
盛岡冷麺発祥のお店ですが、盛岡冷麺と一緒に焼き肉を頂くのが定番です。
昼食をいただくなら、11:30〜14:00の「半冷麺つきカルビランチ」1650円がお得で定番。
まずは焼肉セットがドンッと出てきます。とっても美味しそうで、ボリュームもたっぷり。

イメージ 4
焼き肉は普通に卓上の鉄板でガス火で焼きます。シンプルながらも、特製タレに浸されたお肉の焼ける香りは香ばしくて食欲を猛烈に刺激します。

イメージ 5
食道園の特徴は、まるですき焼きのように卵をといてお肉をいただきます。甘辛タレに分厚いお肉はすき焼きと味や食感はかなり違いますが、卵が絡まった濃厚なタレに浸されたお肉はマイルドで美味しい味わいで、焼けた香ばしさもしっかり感じられます。これはたまりません。
・・・肉がもう、本当に美味しいんです♪

イメージ 6
さて、焼肉の付け合わせのように後から盛岡冷麺が出てきましたが、本命はこちらです。完全にお肉に食われてしまっておりました・・・
まず、驚くべきはその麺の食感!多くの讃岐うどんやラーメンを食べてきましたが、これは別次元。コシが強いなどではなく、まるでゴムを食べているみたい。それでも最後にはプチプチと噛みきれるのでとても面白い食感を味わえます。
スープは予想に反して柔らかい甘さ。ここに少しずつ特製キムチを足していき、少しずつ辛味を増していく味の変化を楽しみます。
美味しくて不思議な食感。これはなかなか食べごたえのある一品でした。

そういえば、金正恩氏が韓国との歴史的会談に北朝鮮の冷麺を振る舞ったそうです。
いろいろとある国ですが、その最高権力者が世界にオススメする料理というわけですね。

美味しい焼き肉と美味くて独特な冷盛岡麺。盛岡でガッツリいくなら、食道園で決まりです!

【食道園】
住所: 岩手県盛岡市大通1-8-2
電話: 019-651-4590
時間: 11:30〜15:30、17:00〜24:00 (日・祝日は22:00まで)
定休日: 第1・第3火曜日
アクセス: JR盛岡駅より徒歩15分
駐車場: 無
メニュー(一例)
半冷麺つきカルビランチ1650円、カルビランチ1250円、冷麺900円、カルビ1250円、上カルビ1500円、上ロース1900円、ハラミ1500円、ビビンパ850円、クッパ600円

【投稿時最終訪問 2018年2月】
■食道園の地図■

この記事に

四国と本州を結ぶしまなみ海道。自転車でも走行でき、瀬戸内海の多くの島を巡れると海外のサイクリストからも注目が集まります。見所いっぱいのしまなみ海道ですが、年に数回、不思議な光景を見せてくれるのです。

イメージ 1
尾道から今治に車で向かう際、「濃霧注意報」と電光掲示板に出ています。普通ならば嫌だなあと思いますが、この瞬間やった!と思いました。それは海霧の発生です。
とはいえ、霧が濃い所では、前視界がなくなることもあるので、運転には注意です。

イメージ 2
島が浮かぶ瀬戸内海が一面の海霧で覆われます。まるで車で高い山々の上を飛んでいるかのような錯覚。幻想的なドライブです。

イメージ 3
海霧の発生は朝早くのみ。日が高くなると少しずつ晴れていきます。島の造船所も霧で覆われています。

イメージ 4
ドライブをしているとゆっくり風景を楽しめませんので、来島SAへ急ぎます。
まだ海面は霧で覆われており、とても高い山にかかる橋の上を走っているようです。

イメージ 5
四国本島にあり、しまなみ海道最後のSAにして最大のSAである来島SAに到着しました。ここにはしまなみ海道を一望する展望台があり、海霧に覆われた来島海峡の絶景が望めました。
雲の中に浮かぶ島に巨大な橋がどこまでも雲上に続いているのです。まるでラピュタを思わせるような幻想的な光景です。

イメージ 6
来島海峡は鳴門、明石とならぶ日本三大急潮のひとつ。川のように流れる海の上に、4㎞にもおよぶ来島海峡大橋が架かっています。来島海峡大橋はしまなみ海道にかかるいくつもの橋の中でも、その長さと大きさは群を抜いており、海霧の中にその巨体が浮かぶ姿は壮大です。
雲の上に頭を出したたくさんの造船所のクレーンも、造船の町今治ならではの風景です。

イメージ 7
海霧は、暖かく湿った空気が冷たい海に流れ込むことで発生します。
何回もしまなみ海道は走りましたが見れたのはこの時たった1回。旅の途中に見れると何かいいことがあるかも知れませんね。
この時の海霧の発生は5月の中旬でした。

この記事に

様々なお店が並び、ネオンが眩しい北海道を代表する繁華街、すすきの。美味しいもの天国の北海道にあって、どれもこれも美味しいお店に見えるので、どこで夕食をとろうかと悩みます。そんな時、取引先の方が懇意にする海鮮の美味しい穴場な居酒屋が有るとのことなので、連れていって頂きました。

イメージ 1
すすきののど真ん中にある「さっぽろゼロ番地」
眩しく、またいかがわしいネオンを灯す雑居ビルがあふれるすすきのに、古くさい巨大な公営団地が鎮座します。5階建ての長さ100mのその団地は「すすきのアパート」という昭和33年に建築された札幌でも最も古い公営住宅です。その地下に、「すすきのゼロ番地」と呼ばれる地下街があります。訪れたのは、まだ雪がちらつく冬の3月。雪から逃れられる地下街は冬の札幌ではありがたい限りです。

イメージ 2
ゼロ番地の看板がかかった古びた入口から地下に降ります。その名前からして観光名所だろうと思っていると・・・
すいません間違えました、と普通なら後戻りしたくなるような、狭く寂しい地下通路。思った以上にディープなスポットです。

イメージ 3
古びた薄暗い地下通路ですが、飲み屋や、スナックは結構営業しています。その中でも比較的安心して入れそうな店構えの居酒屋が、今回目指す「酒肴ぼんてん」です。

イメージ 4
ぼんてんは店内はカウンターで6席と、2人がけテーブルひとつの小さな飲み屋。思わず「北の〜酒場通りには〜♪」と歌いたくなるくらい、これこそ北海道の居酒屋という雰囲気。観光客がここにたどり着くのは至難の技でしょう。常連の方が多いですが、それでも時々ひとり旅や出張の人がふらりと入ってくることも多いとのことです。

イメージ 5
まずは、お通し。
北海道らしく、ビールはやっぱりサッポロですね!
しかもサッポロラガーの瓶ビールです。

イメージ 6
三升づけを乗せた豆腐。
ぼんてんの女将さんは老舗の炉端焼店に長く勤務していましたが、惜しまれながらその炉端焼店を退職。その後に独立してこのお店を開業されたそうです。とても、気さくな方で、色々と話が進みます。目の前で次々に料理をされていく女将さんの手際の良さも見事です。

イメージ 7
やっぱり海鮮といえば、刺身盛り合わせ!
どれも新鮮で、プリプリで脂がしっかりのっていて美味しいのです。
牡蠣、タコなど一部の海鮮の仕入れには独自のルートを女将さんは持っているそうです。その他海鮮は市場にて仕入れ。そして野菜はなんとデパートでお買い物されているそうです。北海道ならデパートでも安い野菜が手にはいり、しかも品質はお墨付きだそうです。やっぱり北海道の居酒屋、すごいです。

イメージ 8
そして、やっぱり北海道にといえばホッケです。炭火で焼くとなんとも香ばしい香りが立ち上ります。
驚いたことに地下のお店でも炭火焼きです。女将さんがお店のオープンにあたり、前職の大将から必ず炉端は置くようにアドバイスされていたとのこと。やっぱり炭火で炙った魚の美味しさは半端ありません。
確かに北海道の飲食店では、炭火を使うお店が多いと感じます。

イメージ 9
脂がしっかりのった美味しそうなホッケが炭火で焼き上がりました。口に含むと濃厚な脂と柔らかい白身が絶妙のバランスで口のなかでほどけ、炭火の香ばしさも広がる絶品です。本州の居酒屋で食べるホッケとは比べ物にならないほど美味しいです。

イメージ 10
美味しく頂いた後に残ったホッケの骨は、再び女将さんがパリパリになるまで焼いて、骨せんべいにしてくれます。これは本当にもう、絶品!
噛むとパリパリッという心地よい食感に続き、うまい脂が口のなかに溢れだします。ビールでも日本酒でもどちらにも合います。

イメージ 11
「女将さん、例のやつある?」
「あるよ」
そう言って取引先の方がオーダーして女将さんが出てきたのは牡蠣。しかも、大きい!
なんと、女将さんの人脈で、厚岸・仙法志の漁師から直接取り寄せた自慢の逸品なのです。ぼんてんでは牡蠣は必須です。

イメージ 12
まずは巨大な牡蠣を生ガキで頂きます。調味料はいりません。そのまま食べます。
口のなかでとろける牡蠣の身。まるで海を食べているような濃厚な味。臭みも何もなく、美味しい。北海道万歳!!

イメージ 13
続いて焼き牡蠣で。
何もつけずにそのまま一口。プリプリの身から熱々の汁が溢れだします。香ばしい海の香りが口のなかにいっぱいに広がります。本当に美味しいです。

イメージ 14
「いかごろ」というイカのわたの発酵食品。
熱燗にとにかくあいます。
北の寒い冬に北の美味しい海産物がずらりと出てくると、熱燗がとにかく進みます。おやじふたりでかなりの数の徳利を空にしました。こんなに日本酒を飲んだのは久々ですし、こんなに日本酒を飲みたくなる居酒屋は初めてです。

イメージ 15
宗八カレイの飯寿司(いずし)
爽やかな味わいでお口直しには持ってこいです。

イメージ 16
コマイという魚を焼いて、マヨネーズで頂きます。コマイは北海道でよく水揚げされる冬が旬の魚。加工食品に主に使われるそうですが、小さい頃はおやつとしてよく食べたという取引先の方。
美味しかったですが、正直酔いがかなり回ってどんな風に美味しかったかまでは覚えていません。
美味しい酒と美味しい料理、そして女将さんとの会話、旅先の居酒屋を満喫しました。そして取引先の方とも色々とお話が進み、関係もとても良好に。
旅人として、ビジネスマンとして、とても充実した飲みでした。
最後はふらふらと千鳥足で、雪解けがすすんだ札幌の町をホテルまで満たされた気分で歩いて帰りました。まだ寒い夜の札幌ですが、とても暖かい気分でいられました。

【酒肴 ぼんてん】
住所: 北海道札幌市中央区南六条西4丁目 すすきのゼロ番地B1
電話: 011-562-5679
時間: 17:30〜23:30
定休日: 日・祝日
席数: 8席
 アクセス: 市営地下鉄すすきの駅より徒歩3分
駐車場: なし

【投稿時最終訪問 2018年3月】

この記事に

全341ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事