全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
8月2日 ガス後晴れ

昨晩は北岳肩の小屋での夕食後直ぐに寝袋に入って記憶が飛んでしまいました。

寝袋での睡眠は寝苦しいのと暑いのとで度々起き、結局4:30に目が覚めました。

山小屋の外に出てみるとガスの中・・・。

北岳山頂で富士山を見ながらご来光を見る予定でしたがこれでは無理みたいです。

ガスコンロを用意して外でコーヒーをいれているとガスも晴れてきました。

イメージ 1


晴天では無いですが雲が生き物の様です。

イメージ 2


山肌を滝のように雲が下っています。

イメージ 3


イメージ 4


やっとお天道様が顔を出してくれました。

イメージ 5


太陽が出ると、太陽の暖かさがわかります。
ちなみに外の温度は8度・・・。

イメージ 6



ここで友達2人も起きてきました。

朝食の用意をしています。

イメージ 7



この日最初で最後の北岳山頂が雲の間から見る事ができました。

イメージ 8


ゆっくり朝食を済ませて北岳山頂を目指します。

予定ではバックパックを背負って登って八本歯のコルを通って下山をする予定でしたが、今シーズンは雪渓がかなり残っているらしく登山靴だと危険なのでパスします。

アイゼン持って来ればよかったぁ!


今回は片道30分なのでバックパックは小屋にデポして手ぶらで登る事に。

30分後

北岳山頂の三角点に

イメージ 9


日本第二高峰 3192m!

でも、

すぐ隣の看板には

イメージ 10


3193m?

富士山は?

周りはガスで真っ白!残念です。


これで日本1・2・3高峰は登りました。

景色も見る事ができないのですぐに小屋に戻る事に。

小屋に戻る途中の分岐で

イメージ 11



小屋に戻ってきてガランとした小屋の前で記念に

イメージ 12



帰りのバスの時間もあるので北岳に後ろ髪を引かれながらも下山する事にします。

昨日のルートと違って沢山の人たちに出会いながら下っていきます。

すれ違うたびに『こんいにちは』、『頑張ってください』と、声を掛けながら。

小屋を出発して約2時間のところで

イメージ 13


雪渓の下端に出ました。

風が冷えていて気持ちがイイ!



雪渓より下の登山道は渓流の横を通るので気持ちがいいです。

イメージ 14


雪渓から1時間半後の所で登山道の標識が

イメージ 15


下にある苔の生えた登山靴が綺麗です。

誰が置いていったのか?


その後5分で麓の広河原山荘に到着。

イメージ 16


あっという間に2日間の登山の終わりとなります。

きつかったけど終わればいい思い出です。

つり橋を渡ってバスターミナルへ向かいます。

イメージ 17



バスターミナルへ荷物を置いて、広河原山荘に友達2人を迎えに

広河原山荘に着くと2人のバックパックが

イメージ 18


もしかして!!


予想通り生ビールを手に山荘から出てきました!

『乾杯!』

イメージ 19


もちろん自分は帰りの運転が待っているのでお茶で『乾杯』



バスに揺られ仙流荘に戻り、温泉に。

体重計に乗ると2日で3.25kg痩せていました!


3.25kgを取り戻しに伊那市の『ほうせん』で焼肉を腹いっぱい詰め込んで

灼熱の愛知県に戻ってきました。




2日目の標高図

イメージ 20


今回の登山経路です。

イメージ 21



次の登山は日本第4高峰間ノ岳かな?

日本第2高峰の北岳へ

8月1日 晴れ後雨

会社の友達と3人で毎年恒例の登山に行って来ました。

今回までの登山で登った山は、

標高ランキング1位の『富士山』

第3位の『奥穂高岳』(新穂高-焼岳-西穂高岳-ジャンダルム-奥穂高岳-白出沢-新穂高)

第5位の『槍ヶ岳』(新穂高-鏡平-左俣岳-槍ヶ岳-殺生ヒュッテ-中岳-南岳-A沢のコル-涸沢小屋-上高          地)  北穂高岳前で雷が鳴り出して北穂高岳には登れませんでした。

第12位 『中岳』 槍ヶ岳登山の時に登りました。

第14位『御嶽山』

第18位 『南岳』槍ヶ岳登山の時に登りました。

第20位 『立山』

第22位 『剱岳』

なので、

今回の登山は第2位の『北岳』を目指しました。




伊那市 『仙流荘』まで車で移動しました。

イメージ 1


ここから先はマイカー規制なので南アルプス林道バス利用します。

仙流荘前バス乗り場

イメージ 2


日曜日なのでバス乗り場は混雑しています。

イメージ 3


南アルプス林道バスに40分揺られ北沢峠に。

イメージ 4


北沢峠で南アルプス市営バスに乗り換えます。

南アルプス市営バスに15分揺られ『野呂川出合』で下車しました。

イメージ 5


バスには何十人と登山客が乗っているのに野呂川出合で降りたのは自分達3人だけ…。

不安になってしまいました。

準備をして8キロの林道を歩きます。

イメージ 6


2時間ちょっとで両俣小屋に到着。

イメージ 7


ここで問題が!

予定では、

『両俣小屋』-『三峰岳』-『間ノ岳』-『北岳山荘』

でしたが、

両俣小屋の親父さんが

予定のルートを登るなら、両俣小屋到着時間が遅すぎる

あと、雲が多く午後から雷雨になる可能性が高いから尾根上の移動時間が多いこのルートは危険!

と、いう事なのでここでルート変更しました。

『両俣小屋』-『左俣沢』に向かいました。

『左俣沢』沿いは徒渉(橋の架かっていない川を渡る)が8回あり、石の上を渡っていきますが

足の短い自分は石まで足が届かず濡れている石に飛んで渡る度胸も無く、渡れそうな石を見つけながら渡って行ったので友達2人をかなり待たせてしまいました。

『左俣大滝』下に到着。

イメージ 8


ここで小休憩。

水が綺麗で喉を癒して、ボトルにも補充します。

イメージ 9


ここから『中白根沢ノ頭』までが超キツイ登山道でした。

ほぼ45度の樹林帯の中の道を3時間登っていきます。

途中で何回も休憩をとって

イメージ 10


標高も上がってきて、はい松も混ざってきました。

イメージ 11


やっと『中白根沢ノ頭』付近の尾根に到着しました。

イメージ 12


ここでガスに包まれ視界も数十メーターしか無くなり雨もポツポツしだしました。

あいにく雷はなっていないので先を急ぎます。

ガスのせいで視界が無く目標物が見えないためかなり疲れます。

GPSを見ながら山荘までの距離をみて、あと1時間ほどで到着しそうです。

雨も激しくなってきたのでここで自分はレインスーツを着用しました。

中白根沢ノ頭から2時間弱で北岳と北岳肩ノ小屋の分岐に着きました。

小屋が見えてほっとしました。

イメージ 13


小屋まで降り、なんとか『北岳肩ノ小屋』に到着!

イメージ 14


イメージ 15


北岳肩ノ小屋に着いた時にはガスも薄くなり雨も止んでいました。

北岳肩ノ小屋到着時間は16:30。

結局山小屋に着くまでに誰とも会わなかったです。

それくらいレアなコースを通って来たみたいです。


着替えもせずに缶ビールで『乾杯』!

『美味い!』

これも登山を止められない1つの理由です。


今日は朝8:00から16:30の8時間半歩いていました。

到着して直ぐに夕食です。

お腹もペコペコで御飯をお変わりしてしまいました。


外は山並みが綺麗です。

イメージ 16


その後は寝袋に入って直ぐに記憶が飛んでしまいました。


1日目の標高図。
イメージ 17


行程図(2日目mの部分も載っています)
イメージ 18



2日目の行程は明日ブログにします。

7月21日 猛暑

以前から友達と計画していた浜名湖1周ポタを急遽昨日決めて本日行ってきました。

石浜6時半電車に乗って大府始発に乗って弁天島駅に8時半に到着

イメージ 1


浜名湖を半時計で回ります。

地図を貰う為に駅を出てすぐの所にある渚園ターミナルに立ち寄りました。

イメージ 2


浜名湖沿いの道はアスファルトが綺麗でとても走りやすいです。

約1/4周の所にある舘山寺ターミナルに到着。

イメージ 3


手筒花火が置いてあったので友達と気分だけでもと

イメージ 4


ここで10時。

ここからが地獄でした。

暑さで溶けそうです。

コンビにも見当たりません。

持ってきたボトルの中のポカリは熱々になっちゃってます。水筒のサーモスのポカリもほぼのみきってしまいました。

熱中症寸前で景色を見る余裕なんてありません。

なので景色の写真をとることが出来ませんでした。

12時に瀬戸に到着。

ここで勝美で鰻を頂きました。

店の中はエアコンが効いていて天国!

自分は『まぶし定食』、3000円!

イメージ 5


友達は『うな重(竹)』

イメージ 6


美味しかったです。

イメージ 7


店の外は地獄!

酷暑です。

数キロ走って自販機で水分補給。

また数キロ走ってコンビニを見つけて水分補給!

15時に何とか起点の弁天島駅に戻って来れました。

ここで遠州灘を見たくなって行って来ました。

イメージ 8


海沿いは風があって気持ちがいいです。

イメージ 9


海に飛び込みたい気分でイッパイでしたが遠くて断念!

まだ帰には時間が早いので浜松のB級グルメの浜松餃子を食べに行って来ました。

もちろん電車で!

観光案内でお勧めを聞いたら

ここを勧めてくれました!

『むつぎく』

イメージ 10


焼肉・ホルモン

イメージ 11


そしてメインの『浜松餃子 特大』

イメージ 12


野菜タップリであっさりしていて何個でもいけちゃいます。

お代わりしちゃいました!

もちろん『生中』も2杯!

帰りの電車は爆睡!


無事帰ってきました。

ホントに今日は暑かった!

今回の軌跡

イメージ 13


もうちょっと涼しくなったらもう1回行ってみたいです。

違うお店の浜松餃子を食べに!


帰ってきてシャワーを浴びたら

手がまだらに焼けちゃってました。

イメージ 14


首の後ろも焼けて痛いです。


雨男はどっちだ?

7月9日  雨…


最近仕事が忙しいので会社の友達と7月8日の夜にメールでやり取りをして、近くのパン屋さんに行く計画をたてました。

朝10:00に自宅集合!

昨晩計画中のウェザーニュースの天気予報だと夕方から雨だから早く帰れば濡れずに済むかなぁっと。

計画だと

朝10:00に自宅に集合して

安城市の『しあわせをはこぶパン』でパンを買って

安城・豊田サイクリングロードで水源公園にポタポタ行って

水源公園で、パンでランチして

帰ってくる

予定でした、

がっ


7月9日早朝に友達からメールが

『降ってるじゃん』

外をみると、どんよりとした低い雲が立ち込め降ったり止んだり…。

ということで、安城ポタは中止で

車でラーメンを食べに行く事に。

前から気になっていた大府の『あっ晴れ』へ

お昼時という事もあって店内はイッパイです。

券売機でかなり迷ったあげくに自分友達も普通の『ラーメン』を選んで5分ほど待って席へ

10分ほど待って無料トッピングを聞かれ自分は『全まし』に。

背油・にんにく・玉ねぎがすべて増しになってでてきました。

麺はうどんの様に太く縮れています。

スープは豚骨。

もやしがどっさりもられています。

イメージ 1


HPから画像を使わせてもらいました。

自分の感想は麺が太く縮れているのですすれない…!

かなり重いラーメンでした。

もう少し若かったら合ったかもしれなかったです。

自分も友達も、同じ豚骨なら『鶴亀堂』が合っていました。

帰りに東浦エイデンのスターバックスで口休めを。

自分は『ダークモカチッププラペチーノ』

イメージ 2


美味しいです。

あんまり甘くなく細かいココアビスケットのチップが入っていて食感も最高でした。

ここのスタバのいいところは、本が沢山置いてあるので本を読みながら休憩ができます。

自分たちは自転車雑誌を5冊持ってきて時間をつぶしました。


今度晴れたら、リベンジで安城の『しあわせをはこぶパン』に行って来ます。



井筒部屋へポタ

6月28日 晴れ(猛暑…)


お昼から町内ポタへ!

外は猛暑。



とりあえず今ニュースでも話題になっている大相撲 名古屋場所の部屋が東浦町内にもあるので行ってみる事に。

場所は、『宇宙山 乾坤院』にあります。

今まで興味がなかったので、何処の部屋が来ているのか知らなかったのでネットで調べたら

井筒部屋 でした。

行って見ると、いろんな問題のせいかいつもより 幟(旗?)の数が少なかったです。

イメージ 1


力士の姿も見えなくひっそりしていました。

イメージ 2




乾坤院を後にして、東浦町内の裏路地を回ってみる事に。

入海神社境内にある『入海貝塚(いりみ かいづか)』

イメージ 3


看板はありますが何処に塚があるのか…?

立ち入り禁止の柵の中を覗いてみましたが塚がどれになるのか見つけられませんでした。


入海神社境内も静かでひっそりしていました。

イメージ 4


入海神社を後に、東浦町内の裏路地を10kmほど走って帰宅しました。


ホントに今日は蒸し暑くて10kmでも汗が噴出してきます。

自宅で風呂に入って昼間からビールを!


『うまい!』




今回の経路


イメージ 5





.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事