最後の学門「秀思學」のすすめ

天地一切神の声、日本語がアミタの揺り篭を編み世界を救う!日本はカマラの心で天地を結ぶ臍の緒

メニュー抜粋

すべて表示

堕天使ルシファーとは人類のことである。神に育つため地に植えられた。

天使の長ルシファーとは、人間のことで創造主の息子のアダムで仇武に生きて神に育って天国に蘇るとされている希望の星の私たちのこと、天使=天の子で、万物の霊長、創造主の最高の宝物であります。 ルシファー=屡死→瑠至はファー、地球に埋められて芽を出して枝葉を延ばし花実(魂)を結べば天国に収穫(誕生)されるが、この道は遠い、輪廻転生を何〇回繰り返した先にある。 Lusifar=偉違輪(割、和)烈枝腑火流(屡瑠)=善悪の厳しい戦が黄泉を抜けて天国に至る妙法である。 金星=ヴィ−ナス、美意為す、ゴール戸の途の都は闇夜,汚土に光を放つこと、主に立つ我として生きることによって、神との咬み(和合)を認められるのである。 イエス様曰く、すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

戦争も天変地変も宗教(人間を神に育てる創造主の愛の思いと働き)の内である。 神がいて人間を育てる本願(希望)が働いているから戦争が起こるのです。 イエス様曰く「私が平和をもたらしにきたと思うのか?、私は親子兄弟の間に剣を投げ込みに来たのだ」。 聖書の中の戦争とは、精神アダムと肉体エバの戦いと和合の譬えであり、自己完結することが全てで、これが聖 ...すべて表示すべて表示

▼質問、 ローマ法王の来年の訪日は意味がアリマスカ? △回答ゼカリヤ(贋仮野=台の殻田作り=場美論、物品幸福論)の平成(水平文明)は終わった、実魂を作る立体文明に入る為に、イエスの譬え話の迷教(日横=羽洞、パウロ)を日本の日賀し、誕生の朝日を呼ぶニワトリ(二波取り=左右を打ち合わせて魂のパンを得る)の親鳥(成鳥,酉、十理)としての叫び声を手に入れなけれ ...すべて表示すべて表示

崇教真光の皆さんへ、 宗教( 聖書が基書)は二回の手かざしで完成(全貌=耶→蘇)を表す。 聖書は第一回目のアナニヤの手かざしで開眼した(使徒行伝9−11)サウロがパウロとなって布教が進んで今日に至っている。 パウロは羽洞でヒヨコで天に飛べない佛教と同じの真如、如来も仮の教えである。911テロで文明開化が宣言され ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事