夢♪ 北海道 (^-^)

旅記として書いてます、 写真の吟味とかレタッチはほとんど出来てません

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全507ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

暑い日が続いてますね!  毎年 夏は暑いものだと覚悟はしてるが、今年は特別 暑さが堪える (> <) 
去年の今ごろは北海道で移動してたから 余計にそう感じるのかも知れない、 
北海道でも この時期、気温は30度を超える日もある、 しかし湿度が高くないんで気温のほどには堪えない 
九州人にとっては 涼しい♪ と感じるほど (笑) 

ということで、この記事は 涼しげな水のある風景をば ( ^ー゜)b 
最初はメジャーな観光地、神威岬突端、カムイ岩 
イメージ 1
積丹半島の海の色は格別素晴らしい! 「シャコタンブルー」 と言われてるようです♪ 
シャコタン、シャコタンとは言うけど、ヤンキー兄ちゃんはほとんど見かけない・・・・・ 
   ハハハ♪ 分かる人には分かる、分からない人には何のことやら? オヤジギャグ f( ^ ^ ) 


神威岬の近く、島武意(しまむい)海岸の絶景です
イメージ 2
ニシン漁で賑わってた頃、この浜から水揚げしてたようですよ 
舟から水揚げしたあと、数十mもの急な登り坂! さぞ、過酷な作業だったろうなと感嘆しきり! 


これは 北海道の反対側、道東厚岸の海、 愛冠(あいかっぷ)岬からの眺望 
イメージ 3
数十mの断崖絶壁の突端に出ての撮影、 こわかった〜〜!  


大沼国定公園、大沼湖畔から臨む蝦夷駒ヶ岳、 鏡面のように映る水面が美しい♪ 
イメージ 4
遠景風景写真は空が重要な要素だと考えてます、 
快晴で雲一つない青空もいいけど、形の良い雲がバランスよくあると おいらはとても嬉しい ( ^ ^ ) 
大自然相手だから 運100%ではあるんだけど、、 


知床五湖、一湖湖畔、  七年前の十月です、 紅葉が始まる直前なのかな、 
イメージ 5


これも知床五湖、二湖の湖畔です、 吸い込まれそうな湖面の蒼がお気に入りです♪ 
イメージ 6



道東 屈斜路湖、 定番の美幌峠からの眺望♪ 
イメージ 7
屈斜路湖を眺望できる場所として、津別峠展望台というところがあるけど、おいらはまだ行ったことない 
北海道旅にまた行くことが出来たら、津別峠にも是非寄りたいと考えてます 
運がよければ 朝の雲海も見られるんだとか! 寄るならもちろん車中泊です (笑) 


室蘭の観光スポット、地球岬、 太平洋の水平線が丸くカーブしてるのが分かりますね ( ^ ^ ) 
イメージ 8
地球岬という名前の由来は、アイヌ語の 「チキウ」 からだとか、 おもしろいですね♪ 


今回の記事は暑さしのぎに 水のある風景をえらんでみました 
過去数年にわたって北海道を撮影旅でまわり、知らぬ間に写真の数も凄いことになってます 

北海道旅以外 ほとんど写真を撮らなくなった今、過去写真でブログを続けていくしかありません 
過去に上げた写真もあろうかと思います、 その点はどうか ご容赦を ((○┐ ペコリ  
     
    

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ラベンダー園

7月17日、去年のこの日は3ヶ月を超える長期旅に旅立った日でした、 
最近数日 30度超の猛暑日が連日続いてるけど、去年の今日はそんなに暑くなかったよーな ( ̄〜 ̄;)

七月の北海道と言えば、思い出されるのは 『ラベンダー』 
今回の記事はラベンダー写真でまとめてみました、 撮影はすべて去年の7月です ( ^ ^ ) 

上富良野 日の出公園のラベンダー園
イメージ 1


なだらかな丘一面がラベンダー畑になってるけど、この斜面、冬期積雪時はスキーゲレンデになるようで、
イメージ 2


いちばん高いところにはレストハウス・展望台があり、麓からのスキーリフトもあるんですよ♪ 
イメージ 3
暑さ寒さには軟弱者のおいらは冬期の北海道は滞在したことはないが、冬景色は一度は見てみたいもんです


こちらは 南富良野町 金山湖ラベンダー園、 広大な富良野盆地のもっとも南の地域になります、
イメージ 4


金山湖(かなやまこ)は自然の湖ではなく、ダム造成により出来たダム湖
イメージ 5


この水面の下には いくつかの集落が沈んでるんですねぇ・・・・・  感慨深い ( ̄〜 ̄;)
イメージ 6


ラベンダーの花を強調するため、前景後景のボケを加味して撮ってみました♪ 
イメージ 7

ところで ラベンダーは植物分類上は 「草花」 ではなく 「木」 に分類されるんですよ d(-_^) 
だから 冬になったら枯れてしまうのでなく、春になると元気になって同じ株に花をつけるということですね 

写真見てると芳しいラベンダーの香りが漂ってきそうに感じるけど、それも錯覚 (笑) 
ただ咲いてる分にはあの香りは出してません、 お花をちょっと刺激すると匂いを出してくるんです 

しかし お花に含んでる香料はごくごく微量! 
市販品にあるような瓶詰め香料を得るには どれほどのお花を精製しなければならないのか? 
一滴の香料を得るのに ひと山くらいのお花が必要なのかな?


富良野のラベンダー園と言えば ファーム富田 が特に有名ですが、おいらはあまり行きたくない 
それは人が多いから! シーズンになれば 広大な駐車場に入りきらないほどの人出があり、、 

人出、観光客と言えば、夏の美瑛の観光客数ももの凄い! メインの道路は渋滞気味になります 
だから 地元に住んでる人たちは、観光シーズンは もっぱら裏道をつかって車移動してるそうですよ (笑) 
                        
                         

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

知床五湖の風景

北部九州は 台風通過、それに続く梅雨末期の豪雨で大変なことになっております! 
全国版のニュースでも 『長崎県佐世保では・・・・』 というフレーズを時々聞きますな、 
さいわい 我が家近辺では被害は無いけど、日田、朝倉あたりはひどい状況! 
お見舞い申し上げます、と思うばかり・・・・・・ 

台風、豪雨でなくても この1〜2週間は、梅雨の鬱陶しい湿気・暑さに参ってます! 
こういうときに何気に思い出すのが、北海道の爽やかな気候、清々しい風景♪ 
この記事は、道東知床五湖の爽やかな風景写真特集とします ( ^ ^ ) 
なんと! 7年前の10月、晩秋の撮影です、 4枚目だけ 8年前の6月の撮影でありますが、

知床五湖はその名の通り、湖が五つあります、 名前は一湖から五湖まで順番についてます 
むかしは個人で一湖から歩いて周ることができました、 (今は何かと制約有り!) 

これは ↓ 一湖の湖畔木道から撮ったもの、  今は この湖畔木道自体が完全閉鎖されてるようです、 
イメージ 1
理由は、木道の老巧化で危険になったのと、クマさんと出会ったとき逃げ場がないからだとか! 

画面左上、向こう岸に高架木道が写ってるのが分かりますか? 今はこの高架木道から一湖を眺めます 
それと前方の森の遊歩道から少し見えるだけかな、、 


これも一湖の湖畔木道から 逆方向のショット♪ 左に木道の一部が写ってますね、
イメージ 2
今はこのルートは完全閉鎖されてるということで、これは貴重な写真と言えるかも知れない d(-_^) 
木道は 所によっては湖面上に張り出しており、老巧化してたら危険極まりないとは言えるけど・・・・・


これは 湖畔の木道から森の中の木道に入ったあたりで撮ったかな? これも一湖の風景です 
イメージ 3


一湖から離れ、二湖にさしかかったあたりの光景、 木々の間から見えるのは知床連山 
イメージ 4
この写真だけ 6月、初夏の頃であります、 他は 10月   


二湖の一番の(?) 撮影スポットから♪  吸い込まれそうな湖面の青色が神秘的 ( ^ー゜)b 
イメージ 5


これは三湖、 小さい島に木が生えてるように見えるけど、多分 浮島なんじゃないかと、 
イメージ 6
とにかく人間は近寄れない状況だから 自然の成すこと、何でも有りかと ( ^ ^ ) 


上の浮島の遠景でしょうかね? 自分でもはっきりと思い出せない (笑) 
イメージ 7
この日は風の無い秋晴れの快晴でした♪ 鏡のような湖面を意識して 二分割構図で ( ^ー゜)b 


知床五湖の周遊は、今は専門のインストラクターに引率されて歩くルールになってます 
むかしのように 個々の責任で自由に立ち入ることは許されない 
理由はふたつ、 世界自然遺産として環境自然の保護のためと、クマさんとの遭遇対策、 

環境保護の面では、湖畔や原生林の中に木道が施設されてるけど、その木道以外の立ち入りは厳禁! 
たとえば よろけて木道を踏み外し木道外に出ただけでも、インストラクターさんにひどく叱られます 
クマさんとの遭遇対策としては 対処法があり、その訓練・知識を持ったインストラクターが必要という訳 

しかし 当然のことながら、インストラクターに付くということはそれなりの料金が発生します 
数年前は5千円が相場と聞いたけど 今はどのくらいだろか? 一万円?! 
超々貧乏旅行を旨とするおいらとしては(笑)、そんな高額の案内料は出そうにも出せない 

それに、10人程度のパーティーを組んで周遊路に入るから、自分勝手に行動できないっしょ、 
この場所は絶好の撮影スポットだから 構図も吟味してじっくりと撮影したい、なんてわがままは許されるのか? 

ということで、インストラクター同伴が必須というルールになってから おいらは知床五湖には行ってません 
行く気もしなくなった、 これからも行って写真を撮ることはないでしょう・・・・・  


ところで、おいらは写真素材販売サイトにクリエーターとして登録してるんです♪ 
今回記事のような風景写真やお花の写真などを登録販売してます、 現在 1,400枚ほど  
高精細な元画サイズで、もちろん無粋なクレジット挿入画像ではありません 

よろしかったら、いやっ! 是非、見るだけでも覗いてやってくださいまし ( ^ ^ )  
見るだけならお金は不要ですので、  本人の励みにもなります〜♪ 
そのサイトURLは →  https://creator.pixta.jp/@prof222604     (プロフページ)
             https://creator.pixta.jp/@prof222604/photos   (作品ページ)  
           

ありゃりゃ!! URLをクリックしてもページが表示されませんね! 
でわ・・・・・ お手数ですが次の入力操作を ((○┐ ペコリ  

PIXTA 画面の左上部 『キーワードまたは素材ナンバーで検索』 欄に、 『 teturo 』 と入力 
『写真・イラスト』 欄をクリック、プルダウンメニューの 『クリエーター』 を選択 
その右の 虫眼鏡マークをクリックしてください 

少し時間を要した後 プロフィールページが立ち上がります 
サムネール写真の右下の 『もっと見る』 をクリックすると、写真一覧ページに移動します              
プロフィールページ の 『メッセージを送る』 をクリックすると、メッセージが送れます♪ 
絶対に他の人の目に触れない ナイショメッセージです ( ^ー゜)b 
                            
                        

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

お花写真特集です〜♪

今回の記事写真は お花 です、 撮影日は、去年以前の数年のものであります 
写真撮影意欲欠乏症を患っておりまして・・・・・ (ノД`)・゜・。 

梅雨時、六月の代表的なお花と言えば、やはり アジサイ でしょうかね♪ 
イメージ 1
むかしはアジサイと言えばボールのように丸いお花を連想したものだけど、近年は これ ↑ 
ガクアジサイ が増えたように感じますね、 今や こちらが主流になったみたい 


色鮮やかな紫色のお花、アガパンサス も梅雨時のお花として とても美しい ( ^ー゜)b 
イメージ 2
名前は 「アガパンサス」 が正式みたいだけど、おいらとしては 「アバカンサス」 の方が好き、、 


季節的に少しさかのぼって、四月、サクラが終わった頃に咲き始めるツツジ 
これは ご近所の生垣で咲く 純白のツツジです♪ 
イメージ 3


これほどの純白のツツジはあまり見かけることはないんで、毎年楽しみに待ってるんです ( ^ ^ )
イメージ 4
ロケーションが良ければ少しひいて、風景として構図したいんですが、古い住宅街で・・・・・・  


街角のちょっとした土溜りに毎年花を咲かせる アイリス♪ 
イメージ 5
この家の人がまめに草刈りしてるんだけどねぇ、春になると芽を出してこのように花を咲かせる、 
凄い生命力だ! と感心することしきり d(-_^) 


これは山の林の中に入ったとき、偶然に見つけたお花です♪ その美しさにびっくり! 
イメージ 6
帰宅後調べたら、「シャガ」 というお花だと分かった、 種では増えず、地下茎で増えていくそうな、
いつかこの場所に行って採取し、株分けで我が家の狭庭に植栽しようとは考えてるが、いまだ・・・・・・


どこにでも咲いてる小さな可愛いお花、ムラサキカタバミ です 
イメージ 7
以前は マクロ撮影の練習相手に よく なってくれてました (笑)


これはお花好きのご近所さんの花壇で見かけたお花、ブローディア ルディというお花みたい 
イメージ 8
自生のお花ではなく、完全な園芸種のようですね 


こちらは自生で咲いてたお花、道端で見つけたお花です、 サフランモドキ 
イメージ 9

このように カメラを手にしてご近所を歩けば、そこそこ写真は撮れるんだけども・・・・・ 
分かっててもなかなか外に出る気になれない昨今であります (> <) 

撮影旅にも今年は出る気になれず、来年に向けてぼちぼちと準備はしてます 
去年の長期旅で痛感した電力の不足、それを補うにはソーラーシステムの導入しかない! 

材料・部品は先日、通販で購入して届いてはいます 
ルーフキャリアのセットと ソーラーパネルと充電コントローラーのセット、 
梱包を開けて、中を見るだけは見たけど、「よしっ! 取り付けよう!」 とはなかなか・・・・・ 

こまった引きこもりじーさんになっちまいました、 これも 眼の見え具合がわるくなったせいなのか (ノД`)・゜・。 
                   
                

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

山陰地方の海岸風景

先週のこと、寝台特急 トワイライトエクスプレス瑞風がデビューしましたね♪ 
テレビのニュースで見てると、あれっ! 見覚えのある風景が! 

デビュー列車は山陰の海岸沿いを西進するコースでした 
そのコースは、おいらの北海道旅からの帰路と同じ、重なります! 

京都府の日本海側 丹後半島のあたりから鳥取あたりまで、「山陰海岸ジオパーク」 として登録されてます
全国的にメジャーな景勝地として有名なところは無いようだけど、隠れた名所的に美しい地域 ( ^ー゜)b
イメージ 1


このあたりの海の色は凄かったですねぇ! 吸い込まれそうな青い色! 
イメージ 2


これは鳥取県と兵庫県の県境近く、東浜という地域の海岸風景  
イメージ 3
この海岸の近くに 東浜駅 という無人駅があり、なんと トワイライトエクスプレス瑞風が停車したんだって!
無人駅で 観光地でもないのに停車して乗客を降ろすなんて、とても珍しいことですよね 


おいらも ここを通りかかるまで知らなかった場所だけど、すごく綺麗な砂浜海辺でした 
イメージ 4
むかしは夏の臨海学校で賑わってた地域だそうで、民宿が数十軒もあったそう 
今はその賑わいもなく、ひなびた漁村といった感じ 

おいらも偶然に通りかかって、よい風景だと感じて写真を撮ったものだけど、 
トワイライトエクスプレスが無人駅にわざわざ停まって乗客が観光するほどの名所だったとは! 

「山陰海岸ジオパーク」 の西端の地域は 「浦富(うらどめ)海岸」 という景勝地でありました 
イメージ 5
列車はここは素通りしたみたいけど、おいらはしっかりと写真を撮っておきました 


夕景、日没まで粘って、「光の道」 も撮ることが出来ました♪ 
イメージ 6


これは ずっと西に進み、島根県浜田市のさらに西にある道の駅「ゆうひパーク三隅」 裏で撮ったもの
イメージ 7
事前に何の情報もなく 道の駅の裏手から海岸線を撮ろうと回ったとき、たまたまローカル車両が通りかかり、
何気にシャッターを押したものです、 

テレビのニュースが言うには、テッチャンの間では有名な山陰本線の撮影スポットだそうな! 
おいらは知らないままに偶然に その撮影スポットで写真をとっていたということです 

この写真では二両編成のローカル列車が走ってるけど、ニュース映像では豪華な寝台車両が走ってました 
ニュースのテレビ画面で、このアングルの海岸線風景が飛び出してきたときは それは驚いたもんです! 
『あっっ! ここ、オレも撮った場所だ〜!』 と (笑) 


今回の記事は とても分かり辛い記事内容でしたね (;´・ω・) 
はやいはなし、テレビのニュース映像で自分が以前写真を撮った場所が飛び出してきて その偶然に驚いた!
そんなところです f( ^ ^ )               
   
   

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全507ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事