夢♪ 北海道 (^-^)

旅記として書いてます、 写真の吟味とかレタッチはほとんど出来てません

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全511ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

久しぶりに少しばかり晴れ模様(?) の天気になりました♪ 
カミさんの病院通いのアッシー君がてら、新しく入手した新レンズの試し撮りです♪ 

田園地帯の中にある病院 (笑)  K-S2 に PENTAX純正 DA 16-85mm を装着してのレンズテスト、
イメージ 1
中景の病院建物も、きっちりと解像しています♪ 

耐逆光性能はどうだろか? 
イメージ 2
太陽をモロに入れても、水面照り返しの点光源も、ゴースト・フレアもほとんど無く 良好 ( ^ー゜)b 


と? んっ?! なんじゃ、これは?  田んぼの堤防コンクリートに人間の手形を発見! 
イメージ 3


ハハハァ〜♪ 大人の右手形ひとつと 幼児の左右の手形がふたつ ( ^ ^ ) 
イメージ 4
この堤防コンクリートが生乾きの時に、田んぼ持ち主と その子供の手形を記念(?)につけたと思われる、
こういう微笑ましいものを偶然発見すると、なんだか嬉しくなっちまいます〜 ( ^ ^ ) 


んっ? その傍らには 小さな小さな青紫色の花を発見! オオイヌノフグリですね♪ 
イメージ 5
この可愛い花ではなくて、花の後に出来る実がナニに似てるからと付けられた名前らしい、
花には責任ないのに、こんな名前を付けられて、可哀そ (笑)


いちおう、テレマクロ風に撮ってはみたけど、これはやはりちょっと難しいか・・・・・・ 、
イメージ 6


川向こうの土手に沿って 桜並木があるようです、 もちろん 花はまだだけど 様子を見に行ってみると、、
イメージ 7


あれれっ! 一本一本の根元に 「〇×記念」 と 名前が明記された銘板が埋め込んでありました! 
イメージ 8
「国家試験合格記念 何の何某」 とか 「居住15年記念 何の何某」 とか、無理矢理気味の記念も (笑)

木の根元の青い銘板がそれです、 小さくて分かり辛いですね、 
しかし さすが焼き物の町(波佐見町)と言うだけのことはあります、 ペンキとか印刷ではなく、
青地の陶器地に文字が浮き出るようなつくりで、相当な長期間 傷まずに残りそうな銘板でした♪ 


町の有志でお金を持ち寄って この桜並木をつくったんですね、 数百本はあるのかな? 
イメージ 9
桜の季節に また来てみたいと思わせる、ほっこりとする並木道でした ( ^ ^ ) 


気分転換のために、と新規追加を考えてたカメラ PENTAX K-70 ですが、なんと、ひょんなことに! 
入手してしまいました! 

ひょっとして 我が生涯最後のデジイチ購入になるかも知れず、気合を入れて新品購入を、と考えてました、
しかし数日前、情報収集を兼ねてヤフオクをのぞいてたら 「 PENTAX K-70 18-135WRキット 中古美品 」
の文字が目に留まり、その価格は5万円台! 
中古とは言え ほぼ新品に近いように見受けられ、レンズキットで5万円台はあんまりだろうと、つい、
ひやかし気味に入札していました、 入札金額は5万円台後半です、 

他の入札者が後追い入札してくるだろうと、いつ超されるかと楽しんで見ていたら、あれっ?! 
入札してこない!  あれよ あれよ という感じで そのまま落札してしまいました! 

送金も済み、先方からも もう発送済みで、2〜3日後には到着の予定♪ 
しかしねぇ・・・・・ 冷やかし半分の入札で落札してしまうとは、んん〜〜、予定外でした (´・ω・`)

ということで、次回の記事は 到着した K-70 の試写・インプレッション、ということになりそうです♪ 
                
                  

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ながらく 写真撮影意欲減退病を患ってるところですが、打開策のひとつとして新機材の導入を図ってます 
いえいえ、新機材の導入ったって 大したことじゃありません、 
安めのカメラボディとそれに合わせたいレンズ 一本の購入のみですから (笑) 

カメラボディ PENTAX K-70 は値下がりを期待して もうちょい待ってみることにして、
レンズ PENTAX DA16-85mm を先に入手しました♪ 

数日前に届き、K-S2 に付けて さっそく試写、 曇天ではあるけど仕方がない  広角端 16mm  
イメージ 1


望遠端 85mm 、 うん♪ ワイドもテレもいいですねぇ〜♪ 
イメージ 2


広角端 16mm 、 曇天夕方なのにこれほどの描写! 満足です ( ^ ^ )
イメージ 3


望遠端 85mm は、35mm判換算で約130mm程度の画角になります 
イメージ 4


これは今日の試写、 曇天は曇天だけど、少しは明るい天気だったので、、 
イメージ 5
いいですねぇ〜♪ 自分的には大満足♪ 光の状態が良い快晴の天気で早く試してみたい! 

PENTAX DA16-85mm は、PENTAX APS-C機の最上位機 K-3 のキットレンズに選ばれてるレンズ、 
開放F値は ワイド 3.5 、テレ 5.6 、 少々暗めで明るいレンズではありません 
しかし、おいらの被写体は遠景風景、それも明るい昼間がほとんどで、暗めの開放F値は問題なしと判断、

どうせ近場のお花撮りくらいしか開放で撮ることはないし、もともと強烈な ボケ は好みではない 
強烈な ボケ ・・・・・ 背景がトロットロに溶けて 塗り絵のように単色のようなボケです 

開放F値が明るいと いろんな撮り方ができて楽しいのは楽しい♪ 
しかし その引き換えとして、レンズは大きく重くなる、 価格も飛躍的に高くなる (笑) 

レンズ購入は 新品ではなく、限りなく新品に近い中古品をオークションで入手することとしました 
新品での通販実勢価格は 6万円台半ば、 デジイチのボディが買える価格です! 
オークションをのぞいてみると 4万円台で出ていて、決めたんです、 入札、落札 ( ^ー゜)b 
 
カメラボディは超精密電子機器ということで、さすがに中古品購入はとても勇気が必要(笑) ではあるけど 
レンズはその点、少しは気にせず手が出せます (笑) 

このレンズの試写をしてみて、写欲も少し出てきました♪ 
清々しい青空の天気がきたら、ほんの少し遠出してみようかな、という気になってきました ( ^ ^ ) 
           
        

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

正月4日、近場佐世保市内にある カキ焼き小屋 に行ってきました、  
子供が帰省しており、カミさんと3人で、 

家を出るときは頭になかったけど、車の中でカメラを車内にのせたままにしてるのを思い出し 
久しぶりに写真を撮ってみることにしました、 
ずいぶん長いこと触ってなかったんで バッテリー残量が心配だったけど、なんとか撮ることはできました、

佐世保湾外、外海に面した地域にあるカキ小屋です 
イメージ 1


なんと、地上ではなく、海辺に浮かべた いかだ に造られたカキ小屋
イメージ 2
前方右側に見える 桟橋みたいなものがそのカキ小屋です 


のぼりや看板が無ければ カキ焼き小屋とはまったく気が付かないような様子ですね (笑) 
イメージ 3


渡って中に入ると 中の様子はこんな風、 家族経営みたいな感じでした 
イメージ 4


中学生くらいの子供が数人、注文をとったりしてました、 家族なのか、バイトなのか? 
イメージ 5


さて 肝心の牡蠣がこれ、 合わせて注文した ヒオウギ貝 と並べて焼いてます♪ 
イメージ 6


けど、いかにも! 小振りですよねぇ・・・・ こんなに小さいとは・・・・・  
イメージ 7
以前 別のカキ小屋で食べたときは この倍くらいの大きさがあったんで 少々がっかりでした、 


牡蠣は このいかだの下で養殖されてるんですね、 個数的には相当なもんだろけど、 
イメージ 8


近くの浮きものに停まってた、これはアオサギでしょうか、  
イメージ 9

カミさんと息子はそれなりに満足したようだったけど、おいらは牡蠣の大きさで満足できず、
帰りの道で通りがかりにあった 佐世保バーガー をテイクアウトで買って帰りました、 3人分、 

佐世保バーガーはほんとに凄い! 
めっちゃ大きいということもあるし、美味しくてボリウム満点! "喰った感" がもの凄い (笑) 

カメラは K-S1 を久しぶりに使いました、K-S1 はPENTAX一眼の入門機、 写りとしてはイマイチですね、 
お天気が曇天ということはあるけど、それにしても自分的には不満足、 
K-S2 と比べると、写り的には あきらかに落ちますね d(-_^) 

超コンパクト、軽量機なんで、 気の張らない普段撮り、スナップには まぁ 使えるんだけども、、 
             
              

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

写真を撮りに外に出る意欲が無くなって久しいです (> <) 
去年の長期写真旅から帰ってきてからというもの、まったく写真を撮る気分になれません! 
去年の夏から秋にかけて、三ヶ月もの写真旅でエネルギーを使い果たしたかのようです、 

過去、ブログでご紹介したこともありそうな写真を4枚ほど、、 
おいらは こういう写真を撮るのが好きでした♪ 

イメージ 1
   北海道 道東、網走近郊の大農場、 カメラは PENTAX K-S2 


イメージ 2
   美瑛の気持ちの良い風景、 カメラは K-S2 


イメージ 3
   道東 紋別郊外の夕景、 カメラは OLYMPUS E-5 


イメージ 4
   ご近所お散歩写真で、春の路傍のお花、 カメラは E-5 

その気にさえなれば、こんなお写真も まだまだ撮れそうなんだけど・・・・・  

3枚目、4枚目を撮ったカメラは これ ↓   OLYMPUS E-5 
イメージ 5
古いカメラなんだけど、程度の良い中古で入手して、かれこれ5〜6年になるのかな、 
気に入ったカメラで今も手放さず 持ってます♪ 


1枚目、2枚目を撮ったカメラが これ ↓   PENTAX K-S2 
イメージ 6
去年の春に 通販で新品で入手しました、 すこし古めにはなってきたけど まだ販売してる現行機です 


これは ↓ K-S2 と同時期に入手した ペンタックスの一眼入門機 K-S1 、 とってもコンパクト♪ 
イメージ 7
去年、2016年の北海道旅には、この3台と PENTAX K-5 IIs も持って行ったけど ほとんど使わず、 
使ったのは K-S2 と E-5 がほとんどでしたねぇ、、 

 
で、初めの 「モチベーション減退症候群」 の話に戻るけど、さて どうしたらよいものか? 
ここは 新しいカメラの購入しかないのかな、という考えに至り、
仕事をリタイアした身で 数万円もの出費はショージキ辛いところがあります、 
しかし、モチベーションを上げるためには仕方ないのかな、と、、 

と言うことで、いろいろ検討した結果、現在決めかかってるのが この機種です ↓  PENTAX K-70 
イメージ 8

画素数約 2400万画素、 E-5 の画素数 1200万画素の2倍もの画素数になります! 
K-S2 の画素数 2000万画素と比べても 400万画素増える、 

画素数が多くなれば それだけで画質が良くなるとも一概には言えないんだけども、少なくとも 
トリミング編集の際 余裕があるのは確か d(-_^) 

同じペンタックスマウントのカメララインナップには、KP とか K-3 、K-3 II など上位機もあるけど 
10万円前後、10万円超の価格になり、ちょっと手が出し辛い、 
貧乏人のおいらには、K-70 くらいがコストパフォーマンス的にもちょうど良さそう、 
ペンタ純正のレンズも一本欲しいとも考えてるし、旅の費用もあるしで散財は出来ない! 

少なくとも K-S2 よりは新しい機種で性能・機能もブラッシュアップされてるし、若干ではあるけど上位機、 
本気撮りにも十分に応えてくれるカメラボディだと考えてます♪ 

実際にこのカメラ K-70 を手にするのはもう少し先になりそうだけど、 「モチベーション減退症候群」 が
回復の方向に進むのかは ビミョーなところだけど、まあ期待して買ってみることにします (笑)  
             
           

この記事に

開く コメント(7)

開く トラックバック(0)

今回は、お気に入り壁紙特集です〜 (笑) 
現在、自分のデスクトップPCの壁紙には、自分で撮った写真数十枚を登録してます♪ 
その中から 自分でもしばらく見入ってしまうような写真から・・・・・ 

とある十勝の田園風景、 自分で地図を見ても ここ! と特定できないような行きずりの風景、 
イメージ 1
どこと言ってポイントのない風景だけど、印象派の絵画のような雰囲気があり、お気に入りなんです♪ 

なんだかボンヤリとした写真に見えますが、それはブログ用に意識的に画質を落としてるから、
リサイズして画像を縮小したり、JPEG圧縮率を高くしてファイル容量を極端に少なくしてます、 
自分のPC壁紙で楽しんでる画像は JPEG圧縮率最小、10数MBの大容量のサイズで、超精細なもの! 
それを 23インチの画面いっぱいに表示してるわけだから、それはそれは十分に楽しめるわけです、 
高精細、大画面の画像をお見せできないのが残念!


車中泊した海沿いの道の駅前の浜辺、 短い夏の期間は海水浴場になる浜辺のようです 
イメージ 2
日没時に散歩でぶらぶらしてたら 偶然に焼けてくれて・・・・ つうか、雲だけだけども、 


これは北海道ではありません、 帰路で車中泊した播但地方の道の駅近辺の風景 
イメージ 3
手前の草むらは セイタカアワダチソウ と 葛 という、言わば雑草と言われる草むら (笑) 
その向こうにはビニールハウスが見えたりして、綺麗な風景とはとても言えないんだけど 
何故か抜けが良い画像で立体感も感じ、これを大画面で見ると ほんと見入ってしまうんです♪ 


こちらは文句なく絶景ですね (笑)  渡島(おしま)半島西側、日本海側の高台からの眺望、 
イメージ 4
せたな町、江差間で休憩した道の駅から撮ったショット ( ^ー゜)b 


道東 能取岬の夜明け、 時間は日の出直前、午前4時半頃の撮影、 
イメージ 5
この時間の撮影となると ビジネス泊してたらとても不可能! 寝床から出られないから (笑) 
能取岬駐車場で寒さ、怖さに耐えながら車中泊した翌朝の成果ということになります 


オホーツク沿いの枝幸町を走行中に見つけた風景♪ 人工物が見えず 広大な大自然の景観 ( ^ ^ )
イメージ 6
これも観光地でも撮影スポットでもないですね、 このような名もない絶景を探し出すのも楽しいもんです♪


これは ぐっと古く、2010年の旅で撮ったもの、 知床五湖の紅葉夕景であります♪ 
イメージ 7
近年はシーズンオフの時期を除き、有料のインストラクターに付かなければ立ち入れないシステムに
なってるんで、知床五湖には立ち寄ってません、 この頃は単独でも五湖周遊は出来てました、  


おいらがデジイチを始めたのは、PCの壁紙写真に満足できなくなってきたため d(-_^) 
とても綺麗で素晴らしい画像ではあるんだけども、何故か数日、数週間で飽きてしまう 
何故なんだろう ( ̄〜 ̄;)? 

それは 綺麗は綺麗でも、個人的にあまり感動を感じないからかな? と、、  
自分で撮った写真なら 撮ったときの感動、心情を思い出すから見ごたえもあるのかな、と、 

自分が住んでる周りではあまり感動を感じず・・・・・ それなら と北海道へ行くことになりました、 
人工物がほとんど見えない、とにかく広大な風景をゲットしたい、ということ、 

数十年も昔になるけど、デジカメの影も形もなかった頃に銀塩フィルムカメラを少したしなみ、 
その後は動画ビデオに凝ってました、 編集もこなしたりしてね♪ 

そのビデオにも飽きた頃、デジタルカメラが出てきたわけで、飛びつきましたね (笑) 
なんせ 銀塩カメラはランニングコスト(フィルム代、現像プリント代)がバカにならないほどかかり、
デジカメはボディ・レンズの初期投資のみで ランニングコストはほとんどかからず経済的 ( ^ー゜)b 

ということで 10年ほどデジカメをやってきたわけだけども、最近はモチベーションの低下に悩み、 
カメラ機材や時間は有り余るほどあるのに、撮りに出る意欲がわきません (> <) 

おいらは北海道に行くしか写真が撮れなくなってしまいました、、 
                               
                                 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全511ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事