MTKのブログ

記事更新は不定期です。なかなか更新できずにごめんなさい。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2



イメージ

-----------------------
【虎ノ門ニュース】辻元清美氏に外国人献金
須田慎一郎:「辻元に献金した弁護士は公安の調査対象なんです。私もこの弁護士はずっとウォッチしてきたが、この献金は知らなかった。
 
この弁護士は在日韓国人・朝鮮人の人権に関する団体『コリアNGOセンター』の代表理事なんです。ここの代表は韓国系と北朝鮮系の2人いて、この弁護士は北朝鮮系の代表理事なんです。
 
2015『十三(じゅうそう)ベース事件』という暴力事件が起こりました。これは在特会に対するしばき隊のカウンター行動の中で内紛の暴力事件が起きた。

イメージ
 
イメージ
 
彼は元々仲間です。カウンター運動の仲間が裏切り者扱いされてボコボコにされた。
 
このメンバーの一人が一番最初に相談したのがこの林範夫弁護士です。この弁護士は在日の中の人脈があって、加害者側の人間とも親しかったためにもみ消しに動くんです。この林弁護士はこういう関わり方をしていた。
 
2014年に後援会会費として12千円、翌2015に林弁護士の要請で収支報告書を訂正した。なぜこのタイミングでこういうことが起きたのか?
 
まさに『十三ベース事件』が起きている最中なんです。
 
カウンター行動の中に辻元清美が相当深く関与していたんではないかという人脈がつながってくる
 
辻元はどういう役割を果たしたのか?
 
そしてこれほどの暴力事件に警察が関与していないんです。刑事事件として立件されていない
 
被害者が刑事告訴したが、刑事告訴を取り下げるようにあらゆる圧力を受けて、結果的に告訴を取り下げて、決着がついたとして処理されている
 
そしてこのカウンターの中には関西生コンに重なる人脈もいる資金の流れもそうではないのかと思わせる節もある
 
と考えていくと、辻元なのか?
 
ここにきて関西生コンが多数の逮捕者を出しているのとリンクしてくる。警察はそういう風に見ている。
 
たかが2万数千円程度の話じゃない
 
なぜ辻元は記者会見でカメラを入れることを拒否したのか?辻元はそういう追及を恐れていたのではないか」。(平成3128日 虎ノ門ニュース)
-----------------------
 
辻元清美に献金した在日朝鮮人の弁護士・林範夫公安の調査対象者だった。


イメージ


献金した時期も怪しければ、しばき隊や関西生コン、北朝鮮系の林範夫に辻元清美である。
 
深く探ればまだまだ出て来るはずである。
 
辻元清美が記者会見でカメラを入れなかったのは、深く追及されたときの“絵”を撮られるのを嫌がったのだろう。
 
つまり知られたくない“暗い闇”があるということだ。

イメージ
 
今回、辻元清美は外国人の献金を受け取った政治資金規正法違反である。
 
在日の弁護士は外国人が寄付出来ないことが書かれてある振込用紙で寄付をするという、弁護士としてはあり得ない行為をしたということで懲戒処分の対象になりうる。
 
この暗い闇を徹底的に暴いて、日本の膿を出しきらなければいけない。




<新刊紹介>
イメージ 5
坂東忠信著『移民戦争』(青林堂)


<保守の会講演会のご案内>
イメージ 2


・・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
徹底追及すべきだ、と思った方はここをポチッとお願いします。 
                    イメージ 2


転載元転載元: さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2


 立憲民主党の辻元清美国対委員長の政治団体が韓国籍の男性弁護士から政治資金を受けていたことが分かりました。政治資金規正法に抵触する行為であり、過去には複数の閣僚が辞任に追い込まれています。

 連帯労働組合関西地区生コン支部(関西生コン)との関係も指摘されています。北朝鮮を賛美しているという極左組織。立憲民主党が何故韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊の哨戒機にたいするレーダー照射事件を取り上げないか。南北朝鮮との関係が大きいでしょう。

 日本の政党が外国から政治資金を受けることが国益を損ねる。与党を批判する一方で、自分達が起こした問題を棚にあげる。重要視しないマスメディアの報道も問題でしょう。南北朝鮮という反日国家との関係。これこそより追及し、説明責任を果たさないといけないのでは?

開く コメント(11)

イメージ 1

イメージ 2


 FIFA(国際サッカー連盟)は今日、最新の世界ランキング(男子)を発表しました。前回50位だった日本は27位と急上昇。アジアカップでイランを破ったことと、準優勝したことが大きいようです。アジア以外では大きな大会が無かったので、21位以上の順位は変動ありません。

ベスト20は順にベルギー、フランス、ブラジル、クロアチア、イングランド、ポルトガル、ウルグアイ、スイス、スペイン、デンマーク、アルゼンチン、コロンビア、チリ、スウェーデン、オランダ、ドイツ、メキシコ、イタリア、ウェールズ、ポーランドです。

 アジアトップはイランの22位(前回29位)、2位は日本の27位(前回50位)、3位は韓国の38位(前回53位)、4位はオーストラリアの41位(前回42位)、5位はカタールの55位(前回93位)。アジアカップを優勝したカタールは日本以上の大躍進です。

 順位がすべてとは言いませんし、一喜一憂するべきではないでしょう。ポイント制なので勝敗によって大きく左右する。ただ、ランキングはサッカーでそれぞれの国々がどれだけ強いのかを知るための目安となります。日本の実力はアジアトップクラスで少しずつ強くなっていると思われますが、世界レベルにまでは至りません。欧州、中南米の強敵と渡り合うまでにはより強化しなければなりません。今後の試合でどれだけやれるか注目です。

開く コメント(2)

イメージ 1


 任期満了にともなう愛知県知事選挙で、現職の大村氏が3度目の当選が確実となりました。2期8年の県政と2027年に開業予定のリニア中央新幹線に向けた街づくりが主な争点となりました。

 相手は共産党推薦の新人で大差をつけたのでしょう。選択肢が少ないので行かなかった人が多かったと思われます。東京圏、大阪圏に次ぐ人口規模を持つ名古屋圏。その中に愛知県が含まれます。愛知県をいかに発展させるか。県政が問われます。

開く コメント(4)

イメージ 1

イメージ 2


 アジアカップ決勝戦。5度目の優勝を狙う日本は初優勝を狙うカタールと対戦。相手は決勝戦前まで無失点。

 前半、まさかの相手のバックシュートで先制される。それで相手は勢いづいたでしょう。さらに2点目を決められ、前半を終えます。日本は苦しい展開に。

 相手の守備力に阻まれました。パスが通じないし、連携不足もあった。相手の戻りを速い。後半はほぼ日本のボール支配率が高かったですが、10回前後コーナーキックの機会が与えられても、1点が遠い。ようやく決めて追い上げムードが漂い始めた後に思わずのハンドでPKを与えてしまう。止めの3点目を決められ。優勝は絶望的に。結局、準優勝となりました。

 相手の固い守備をどう崩すか。相手のパスも機能していました。さすがスペイン人の監督です。対して日本はパスが機能しなかった。途中で奪われてカウンターを受ける危険があった。チャンスを作っても、なかなかゴールが決められない。運不運もありますが、課題が多い試合だったと思います。

 負けたのは本当に悔しいことですが、次に活かすための良き試合だったと思います。ワールドカップはアジアカップよりも厳しい試合を強いられます。出場するためにも苦戦を強いられるでしょう。日本代表にはより強くなってもらいたいです。

開く コメント(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事