MTKのブログ

記事更新は不定期です。なかなか更新できずにごめんなさい。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1


 政府は29日の月例経済に関する関係閣僚会議で、第2次安倍内閣が発足した平成24(2012)年12月に始まった景気拡大期間が今月で6年2カ月と戦後最長を更新した可能性が高いとの認識を確認しました。

 2位は今までの戦後最長であった「いざなみ景気」で平成14(2002)年2月〜平成20年2月までの6年1カ月。3位は「いざなぎ景気」で昭和40(1965)年11月〜昭和45年7月までの4年9カ月。4位は「バブル景気」で昭和61(1986)年12月〜平成3(1991)年2月までの4年3カ月でした。

 世界的な金融緩和に支えられた海外経済の拡大や円安を背景に、輸出主導で国内経済が拡大し続けてきた日本。けれども米中貿易摩擦の影響、世界経済の失速、今年10月に行われる予定の消費増税などから日本経済が低迷するという懸念があります。人口減少の影響も懸念されます。

 国際通貨基金(IMF)の2018年10月の推計によると、日本の名目国内総生産(GDP)は557兆58億2000万円。一昨年は546兆6083億円。2023年には605兆2232億5000万円になる見通しです。実質GDPは537兆6850億8000万円。経済成長率は去年が1.14%。一昨年は1.74%でした。

 消費増税ありきで財務省は財政再建を考えていますが、経済成長すれば税収は増えます。消費増税が行われて8%になりましたが、さらに10%に。増税すれば景気は冷え込む。その影響をいかに少なくするか。政府の対策が問われます。

開く コメント(12)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


 5度目の優勝を狙う日本。昨日の23時からイランと準決勝でした。準々決勝まで1点リードで苦しい試合を制してきた日本。「アジア最強」と謳われるイランと当たりました。FIFAランキング29位のイランに対して日本は50位。1点を争う厳しい試合になると予想しました。

 前半、組織、パス力で日本はチャンスを作ります。大迫選手がいることが大きいでしょう。一時期、イランにボールを支配される時がありました。ゴールキーパーがパスミスをして危うい場面も。それでもディフェンス力が機能します。イランの攻撃を観ていると、ゴール手前にボールを放り込んで、こぼれ球を狙うという戦法。個人力が物を言う。昔の日本と同じ。組織力で戦う日本と対称的だと思いました。

 後半、日本の選手にファールがあったと勝手に思い込んだイランの選手たちの隙をついて先制します。大迫選手が決める!続いて2点目はPKで。終了間際に原口選手が止めの3点目!今まで無失点で準決勝まで進んできたイランを圧倒しました。

 イランの攻撃は荒っぽいし、ファールもする。大迫選手などに八つ当たりして、日本選手と衝突する場面も。海外サッカーは相手を蹴る、自作自演をしてファールを装う、誘うなど酷いことをするから、その点に対して「サッカーは野蛮なスポーツ」と腹が立つことがあります。終了間際に大迫選手を蹴り倒す所もあった。意図的なのか腹を蹴ったり、足を踏んだりも。

 それでも日本は最後の最後まで諦めずに戦い抜きました。日本こそ「アジア最強」と言える試合を見せてくれました。本当にイランは荒っぽいし、今まで日本のチームのようなチームと当たらず、格下の相手と当たったこともあったでしょう。次は決勝戦!イランに勝てたことは自信になったはず。決して油断せず優勝してもらいたいです。

開く コメント(2)

イメージ 1

イメージ 3

イメージ 2

イメージ 5

イメージ 4

イメージ 6


 クビトバ選手と大坂選手との決勝戦!世界ランキング6位と4位。最後の最後まで厳しい試合でした。さすが歴戦の相手。2ゲーム目で大坂選手がチャンピオンマッチポイントまでいったものの、相手は底力を出します。

 大坂選手は泣いて喪失状態に。苛立って気落ちしていました。そして3ゲーム目に。最後の最後まで接戦になります。観ている方も疲れます!そして優勝の瞬間!世界一に!7-6、5-7、6-4で勝利。去年は72位だった彼女が世界の頂点に!おめでとうございます!最後は精神力です。台湾の選手と戦ったときも、見事に這い上がりました。クビトバ選手は本当に強かった!決勝戦に相応しかった相手。相手も初の決勝戦で見事に準優勝!暴漢に襲われて左手を大怪我。そこから見事に復帰。

 大坂なおみの名が全豪オープンに刻まれました。全米オープンに続いてのグランドスラム連覇。今後の活躍に期待したいですね!21歳。今が最盛期でしょう。改めておめでとうございます!

開く コメント(14)

イメージ 1

イメージ 2


 オーストラリアメルボルンで行われている全豪オープン。女子シングルスの準決勝で世界ランキング4位の大坂なおみ選手が同8位のチェコのカロリナ・プリスコバ選手と対戦し、6-2、4-6、6-4で見事に勝利をしました。

 全豪オープン日本勢初の快挙!去年9月には全米オープン優勝した快挙に続くかどうか注目です。グランドスラム連覇なるか?決勝では世界ランキング6位のチェコのペトラ・クビトバ選手と対戦します。

 単純なミスが多いときがあったものの、最後まで諦めずに相手を圧倒して勝利をしてきた大坂選手。180劼鯆兇┐襯機璽屬禄?ではなかなかいません。3垳採未靴燭噺世錣譴討い泙垢、その分、フットワークが軽くなったことでしょう。自らの強みを活かして優勝していただきたいですね!

開く コメント(8)

イメージ 1

イメージ 2


 厚生労働省が警察庁の統計を基に公表しました。昨年の自殺者は2万598人で、37年ぶりに2万1000人を下回る低水準とのことです。9年連続で減少しました。

 「減ったからなんなんだ?」「人口が減ったからだろ」「厚生労働省が数を誤魔化している」などと即座に文句を言う人がいましたが、増えたり、停滞するよりはましです。減ったとは言え、2万人以上いることは痛ましい。できる限り自殺者を無くすためにはどうするべきか?

 1997年頃から自殺者が増え、2012年頃まで3万人を超えていました。97年には消費税が5%となり、緊縮財政もされました。政府の経済、雇用政策と自殺者数の増減は無関係ではありません。

 消費増税と緊縮財政によって、景気は冷え込み、投資や消費も停滞する。通過量が減る。デフレーションにより物価は下がるが、企業の利益も減り、所得も減ってしまう。安部政権になって、積極財政に転じることで、通過量が増え、景気も回復するようになった。非正規労働者の数は4割近くいて、問題とされていますが、労働者人口が増え、失業率の低下、自殺者の減少に繋がったと考えられます。

 自殺の理由としては、健康、家庭、人間関係、苛烈な労働、経済など様々ですが、所得が低く、生活が苦しくなると自殺するほどに追い込まれることも否定できません。反安倍、左派の多くは何でもかんでも批判しますが、左派であるからこそ、労働、雇用、経済政策、社会問題に敏感になり、対策を講じるべきでしょう。

 減ったは減ったで評価するべきでは?文句や批判は誰でもできる。言いたい放題好き勝手言って、どうするべきかを一切言わない。消費増税を行うべきではないでしょう。バブル景気の時に消費税が導入されましたが、その後は景気が冷え込みました。経済成長によって税収を上げる。人口が減少しているから出来ないという言い訳は通用しないでしょう。減少していても経済成長している国はある。政府の政策次第です。

開く コメント(6)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事