MTKのブログ

記事更新は不定期です。なかなか更新できずにごめんなさい。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2


 立憲民主党の辻元清美国対委員長の政治団体が韓国籍の男性弁護士から政治資金を受けていたことが分かりました。政治資金規正法に抵触する行為であり、過去には複数の閣僚が辞任に追い込まれています。

 連帯労働組合関西地区生コン支部(関西生コン)との関係も指摘されています。北朝鮮を賛美しているという極左組織。立憲民主党が何故韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊の哨戒機にたいするレーダー照射事件を取り上げないか。南北朝鮮との関係が大きいでしょう。

 日本の政党が外国から政治資金を受けることが国益を損ねる。与党を批判する一方で、自分達が起こした問題を棚にあげる。重要視しないマスメディアの報道も問題でしょう。南北朝鮮という反日国家との関係。これこそより追及し、説明責任を果たさないといけないのでは?

開く コメント(11)

イメージ 1

イメージ 2


 FIFA(国際サッカー連盟)は今日、最新の世界ランキング(男子)を発表しました。前回50位だった日本は27位と急上昇。アジアカップでイランを破ったことと、準優勝したことが大きいようです。アジア以外では大きな大会が無かったので、21位以上の順位は変動ありません。

ベスト20は順にベルギー、フランス、ブラジル、クロアチア、イングランド、ポルトガル、ウルグアイ、スイス、スペイン、デンマーク、アルゼンチン、コロンビア、チリ、スウェーデン、オランダ、ドイツ、メキシコ、イタリア、ウェールズ、ポーランドです。

 アジアトップはイランの22位(前回29位)、2位は日本の27位(前回50位)、3位は韓国の38位(前回53位)、4位はオーストラリアの41位(前回42位)、5位はカタールの55位(前回93位)。アジアカップを優勝したカタールは日本以上の大躍進です。

 順位がすべてとは言いませんし、一喜一憂するべきではないでしょう。ポイント制なので勝敗によって大きく左右する。ただ、ランキングはサッカーでそれぞれの国々がどれだけ強いのかを知るための目安となります。日本の実力はアジアトップクラスで少しずつ強くなっていると思われますが、世界レベルにまでは至りません。欧州、中南米の強敵と渡り合うまでにはより強化しなければなりません。今後の試合でどれだけやれるか注目です。

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事