ここから本文です
アックス・ボン・タローの真夜中のセンターヒーロー
焼き肉食べ放題ランチが無くなっちゃったので途方にくれる

書庫全体表示

正直なまで見たことはありませんが猪木が異種格闘技戦をした選手の名前はなんとなく覚えていました。
僕が異種格闘技戦を見た上でアリやウィリーを除いて好きな選手はモンスターマンなのですが、今回紹介するのはこの男。


14番目の相手 キム・クロケイド

身長:183cm
体重:106kg
出身:カナダ・アルバータ州カルガリー

両腕をくるくると回して人を食ったようなファイとスタイルをみせる男。

正体は昭和52年に国際プロレスの来日が決まっていたようだが、諸事情でキャンセル。なんでも本職は警察官でミスターヒトが育てていた空手レスラー。

昭和54年12月13日に京都府立体育館でA猪木と対戦。マネージャーにミスターヒトを帯同させたがあえなく敗退。異種格闘技戦には程遠い試合になったようです。
なんでも噂では猪木の延髄切りが初めてフィニッシュホールドとなった記念すべき男らしい。

(記事ネタ:格闘技考察本、四角いジャングル等)


猪木 vs キム・クロケイド Pari1

<iframe width="420" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/cwBykwqtc_8" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>





顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事