ここから本文です
アックス・ボン・タローの真夜中のセンターヒーロー
焼き肉食べ放題ランチが無くなっちゃったので途方にくれる

書庫全体表示

記事検索
検索

全94ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

★東京イベント当日!【藤波&ベイダー寄書きサイン】が手に入る!★
東京では本日19日(水)19時より六本木にて、
【藤波vsベイダーメモリアルトークバトル】が開催されます!
【藤波&ベイダーと3ショット】が撮れるTシャツ(4000円)を販売しますが、
枚数限定で【藤波&ベイダー寄書きサイン色紙】付Tシャツ(特価5000円)も販売となります。
二人の生写真が貼られ、今大会の記念ロゴスタンプが押された特製色紙です。
(色紙単体での販売はございません)
博多、大阪でも販売します。
当日券お求め希望の方は、【DMM.comさん】が入る【住友不動産六本木グランドタワー】1階【TULLY’s COFFEEさん前】に、
18−19時の間にお集まりくださいませ。
(セキュリティの関係で直接会場には入れません)
博多、大阪に付きましても、当日券のみの発売となりました。
メモリアルなこのイベントを絶対にお見逃しございませんように!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
〜藤波辰爾デビュー45周年記念イベント〜
 藤波辰爾 vs ベイダー メモリアルトークバトル 
■席種&料金
 【当日券】指定S席 5500円 指定A席 4500円 立見 3500円
  ※ドラディション該当大会チケットお持ちの方は、500円グッズ金券プレゼント
■出演
  藤波辰爾 ベイダー(敬称略)
■日時&会場
 <東京> 4月19日(水) 19時開始(18時開場)
      DMM,comイベントスペース 
      港区六本木3−2−1 住友不動産六本木グランドタワー24階
 <福岡> 4月22日(土) 大会終了後開始
      博多スターレーン       
 <大阪> 4月23日(日) 大会終了後開始
      大阪府立体育会館(第2) 
■撮影会について
 イベント限定Tシャツ(4000円)を販売します。
 お買い上げの方限定で、藤波&ベイダー両選手と3ショット撮影が出来ます。
 ※枚数に限りがあります。
■運営 チームフルスイング teamfullswing@yahoo.co.jp

画像に含まれている可能性があるもの:1人



皆さんも覚ええらっしゃるかと思いますが、あのビックバンベイダー選手が藤波辰爾さんの主催するドラディッションの試合に参戦するために来日されました。
今日は、そのトークイベントの話をしたいと思います。

場所は六本木にあるビルの24階。この周辺夕方頃行くと綺麗なんですよね。ガラス張りみたいなビルがライト反射してキラキラしているのです。

受付の方に、いい場所ですね!と尋ねたところ、藤波さんサイドのたっての希望だったらしい。(伽織婦人の好みか・・・)

会場内は会議室なのか、木製の机が置いてあるが、雰囲気がいい・・・イベントよりもこっちに感激してしまった。


早速ベイダーを見つける。スタッフと談笑していた。

席に座り周りを見るとだいたい50人ぐらいか。

イベントが始まり先に藤波さんが入場。次にベイダーさんが入場される。



ふじなみ「僕も腰を痛めて、長く欠場しましたけど、彼も体調が悪いと聞きましたがまだまだやれるという彼の希望もあってこうして再び合うことができました。」※1

ベイダー「みなさん、お久しぶりです。私は変わってはいません。ヒゲは白くなりましたがね(笑)」

司会「お体の具合はどうですけ?」



ベイダー「車で事故を起こしまして、病院に運ばれて検査を受けたところ私の体調が非常に悪く余命2年内だろうと宣告されました。」

司会「事故で、ということですか?」

ベイダー「違います。もともとプロレスの試合で体の節々が痛く不摂生もありましたが、そういった要因があるのかもしれません。」

藤波「・・・・」

ベイダー「私は正直、信じられないということで別の複数の医者にも見てもらったところ、何人かは問題ないとのことでした。私は自分を信じるためにも試合をする決意をしました。」


思い出深い試合など

ベイダー「CWAのオットーワンツ主催のプロレス団体でラウンド性の試合をしたことです。」
藤波「僕も行ったことがあるよ。リングが小さくてねぇ」



印象に残った出来事
ベイダー「日本に来て初めての試合。みなさんも忘れられないでしょうが、私も忘れられない一日です。(笑)トップの猪木を私のようなグリーンボーイのレスラーが勝ってしまうんですからね。信じられないことだったと思います。猪木を倒したことによってチョウシュー、フジナミとの戦いに意味が持ってて皆さんに興味を持っていただくことができたので財産だと思いました。ただ、私が出て1年ぐらいは私や新日本にとっても人気に陰りが出ていたので苦渋の時代だったと感じている。」※2

藤波「飛龍革命と呼ばれた沖縄での髪切事件。猪木さんに頼ってばかりではと思い、ああいう行動に出たが正直倒したいとかそういうことではなく自分があの人に挑戦することによって、どれだけの力があるのか?とかそういうことを確かめたくて行動を起こしたよね」※3

あとは質問コーナーを交えて

UWF系の選手で印象に残る選手は?

ノブ(高田延彦とのこと)

海外の選手は?

スティング 彼とは戦いを通じて絆が深まっていく感じがした。(藤波さんは意外そうだったが、海外での彼の人気は高かったようです)

藤波、三沢、スティング、この三人が一番自分の中で印象に残っている。

私も何か質問しようと思い

オープンフィンガーグローブを着用されていましたが、どのような意味があったのでしょうか?

ベイダー氏曰く「覚えていない(岡本太郎のようなポーズ)気づいたら手についていたそうだ・・・」

そんなこんなで、トークも終了。

後楽園ホールでの試合で猪木、前田、木村健悟氏の来場が紹介され当日のチケットを持っている方は抽選で終了後の打ち上げに参加できるらしく、かなりビックなプレゼント企画もあり、買っとけばよかったと悔やむことしかり。

藤波「せっかく彼が来たんでね、長州、ぼく、ベイダーでトリオを結成したいと思っています」

頑張ってください。



※1
1989年6月22日、ビッグバン・ベイダーとのシングルマッチで腰を負傷。椎間板ヘルニアで1年3か月間に及ぶ長期欠場となった。

※2
マサ斉藤にスカウトされ、1987年12月にTPG(たけしプロレス軍団)の刺客、ビッグバン・ベイダーとして新日本プロレスに登場。アントニオ猪木対長州力のIWGPヘビー級王座選手権が予定されていたところに TPG が割り込んだため観衆の不満が爆発し、最終的に暴動にまでなるが、ベイダー自身はその騒ぎの中、猪木から3分弱でフォールを奪う(混乱の末に猪木があっけなく負けたことが観衆の怒りに拍車をかけ、新日本はこの件で会場の両国国技館を管理する日本相撲協会から国技館の使用停止処分を受けている)。


※3
1988年4月22日、沖縄県立奥武山公園体育館で、いつまでもメインを張り続け後進に譲ろうとしない猪木に対して、自らの前髪を切って現状改革を訴える。この行動は前年に天龍が全日本プロレスで起こした天龍革命に対して「飛龍革命」と呼ばれた。












新大久保にある居酒屋感ちゃんでキラー・カーン&タイガー戸口トークバトルが開催されました。
 
 
しかしすでに満席だったため、打ち上げの方に参加することにしました。
 
我ながら知り合いもいないのによく行くなと、自分でも流石に変態おじさんだなと思いましたよ。
 
しかも運がいいのか悪いのか、鍋が自分の目の前に・・・
もういきなり、ちゃんこ番です。
適当に取り配って、いるうちにT戸口さんに
 
おまえ、三沢に顔が似てるなぁ
 
と言われ照れる。
 
三沢でぇーす。とエルボをうつ真似をして場が和む。(何をしているのでしょうか・・・)
 
質問をしていいと清水氏より
 
自分は2点ほど聞いてみました。
 
◎質問1
お気に入りのフィニッシュホールドはありますか?
 
ツームストンパイルドライバー(なんでも自分が最初に使ったとのこと)
 
そのうち、テキサスレッド(後のアンダーテイカー)が使い始めたんだよなぁ
 
※なぜこの質問をしたかというと、新日本で試合をしていたとき栗栖とのコンビでヒロ斉藤&X(忘れた)と試合をしていた時に
BTボム(スプラッシュマウンテン)のようなパワーボム型の技をヒロ斉藤にかけたとき、ヒロさんが少し起き上がれなかったのを覚えていたので、かなりすごい技ではなかったのでしょうかと戸口さんに聞いてみたが本人曰く
 
覚えていないとのこと。(話が膨らまなくて残念だ)
 
◎質問2
なぜ全日本No.3の座を捨てて新日本に移籍したのか?
 
海外に行かずに日本で専属契約を結んで欲しいと全日本側から言われた。向こうに家族もいるし、そういうわけにもいかないと思い自由に契約できる新日本に行ったとのこと。(たしかGカブキ著書の本にも、それが嫌で契約しなかったと書いてあったが、海外で人気のある選手には到底受けることのできない相談だったらしい)
 
と、そんな楽しい、打ち上げも2時間があっという間に過ぎ終了。3ショット写真を撮ってもらいました。
 
 
このイベントがヤフーニュースにも載っていたのが驚きだが、そちらでも語られていたようにいまだに引退をしていないので、ハルク・ホーガンを読んで引退試合をしたいと仰っていたが・・・ぜひ叶えて欲しい。
 

またまた行ってきました。comboへ
 
試合結果
COMBO 2017年来ちゃった!板橋グリーンホール大会
日時:2017年2月5日(日)
観衆 238人(超満員)
第1試合 COMBO笑激情
●AGGREGATION vs 極黒惨〇
クレーンユウ(17分26秒ギロチンドロップ)マッハ井原
クレーン・ユウさんの健在ぶりが、ここで拝見できる笑劇場。全女ファンには堪らない試合ではないでしょうか。
ユウ女子を小馬鹿にするパピー、案の定捕まり一斗缶の洗礼を浴びるかと思いや・・・上手く逃げおおし、あーやっぱり優しいなぁと思ったのも束の間、
パピー裏切りの極黒惨入り。結果AGGREGATIONの負け。恐るべきヘタウマ感満載で試合終了。
 
 
第2試合 COMBOキックルールマッチ 10分1本勝負
小笠原和彦 & 赤羽秀一 & DAI(7分52秒ノーコンテスト)シゲKING & 丹波鱗 & 拳@ゆたか
 
淡々と試合が進む中、小笠原和彦大先生に向かって、”仕事をしてください!”
と心無いやじを飛ばす輩が(・・・)
試合が一気にヒートアップ!双方乱入しノーコンテスト。今日一番盛り上がっちゃった試合。
写真では何一つ伝わらないのが残念。
 
 
第3試合 タッグマッチ 決まるまで 1本勝負
Choco&〇男盛(12分19秒 唯我様のキスから体固め)唯我様 &マッチョスタイル●
 
自分の中ではCHOCOさんの試合が見れれば良いので、彼女の試合スキルが高くなるにつれほんとに練習しているのだなぁと感心してしまう。
唯我女子がRIZINのトーナメント出場をするために書類を送ったそうだが、私も応援したいので頑張って欲しい。
 
 
 
 
セミファイナル 6メンタッグマッチ30分1本勝負 
百田光雄 & 〇スーパータイガー & 杉浦透(17分14秒 ダイビングヘッドバット)舞牙● & 松崎和彦 & 戸井克成
 
このあたりからプロレスらしい試合展開。やはり百田氏が試合に出ると古き良きプロレスを楽しめる。一見バランスの悪いマッチメークのように思われるが
カブキ2世舞牙の潜在能力を引き出して欲しい。
 
 
 
 
メインイベント COMBO 連合軍VSシャドウ軍団 60分1本勝負 
〇山本SAN & 力 & 浦野裕太(23分13秒 山本ドライバー)ブラックシャドウ & シャドウナイトG & シャドウナイトS●
 
何故か開始早々怒り狂っているシャドウ軍団。標的にされまくる浦野選手。流石に今日は負けかなと思ってが、山本氏が試合を締めてくれた。
 
 
 
 
まだまだシャドウ軍との抗争は続く。
 
 
ご自身の出場される興業の宣伝に来られた長井満也選手。
 
 
1階の飲食スペースで撮らしてもらった百田親子
 
 
これでいいのだ。

新宿FACEでアレクサンダー大塚選手の(いや男盛か)興行があるので行ってきました。


新宿FACEは久々です。

ロビーで元東京スポーツ編集長の柴田さんを発見する。(自分ではCOMBOのイメージが強いので、こういう方が見に来られると意外さに驚く)

またほかにも山田邦子、長州小力などがこられていたのでCOO荒川さんが絡むとゲストが必ずいるなと感心する。


山田邦子さんを見かけたら、”ギブUPまで待てない!”を思い出した。当時自分的にはありだったが友人や先輩たちはプロレス離れをした頃で非常に危機的状況だったが
〇日本潰れろ!ぐらい思っていた自分は何したっていいじゃないかと思っていた。彼女の存在を羨ましいと思っていたがその後、天龍革命や四天王プロレスが出てきた頃は完全に応援団体が変わってきたので本当に申し訳ないと思っています。(すいません・・・)

そんなこんなで試合が始まる。

イメージ 13

(第1試合)

◎ナイトキングプレゼンツCOMBO提供試合〜極黒惨VSAGGREGATION◎
クレーン・ユウ
サンダーG
X=ブラック3
VS
choco
MIHOンダ☆ラウジー
マッハ井原

だいたいこの絡みだとCHOCOではなくANGEEになるのだが事情はわからない。

イメージ 1

久々に見たCHOCOさんはまた、少し絞れたように見られる。トーレーニングのせいなのか、単に栄養失調なのかは不明。


○choco
(9分18秒 スピア)
×サンダーG

僕には最高の思い出だ。

2月5日の興行でクレーンユウが再戦をアピールしていたので、笑劇場のメンバーが少し変わるかも知れない。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(第2試合)

◎伝説のレスラー、オマージュ時間差バトルロイヤル=6人参加◎
ザ・オバサン(ブルーザ・デブロディ)
小橋太っ太(ダスキン・ローデス)
KID(タイガーKID)
よしえつねお(アニマル浜栗)
X=リッキー・フジ(リッキー・フジムボード)
XX=アレクサンダー大塚(グッドニュース・アレク)

タイガーは佇まいが似ていたので、ローリングソバットやムーンサルトなどやってほしかったが・・・
イメージ 2
ダスキンローデスがあの完成度でフツーに受けてしまった。小橋太っ太のセンスがそうさせたのかと思うと恐ろしい。

イメージ 3

イメージ 4
リッキーフジ扮するリッキー・フジムボードも凡打製造機と呼ばれるこの選手の真似はタブーかもしれない。
リッキージョンソンとデブロディのコンビの方が、もう少し受けたのではないだろうか。

浜栗はフツーに似ていたがグッドニュース・アレクはどれひとつ似ていなかったので割愛させて頂く。

イメージ 5


○タイガーKID(KID)
(11分44秒 ワキ固め)
×アニマル浜栗



※ライブコーナー

『ダブルメインイベント・1』

◎男盛11周年記念試合〜メビウス認定金のふんどし選手権試合◎
<王者>
男盛
VS
折原昌夫
<挑戦者>

▼金の褌争奪戦。男盛もだんだんと和製リックフレアーのような雰囲気と老獪なテクニックで観客を魅了・・・いやほんとにちゃんとした人なのですよ。(たぶん)

折原さんも初めて生で見たのがWARだったが、あの頃の青年とは違い褌に刺青を見ると、本当に〇クザになってしまったなと、しみじみと感じる。

スパイダージャーマンを狙ったあたりから、試合も加熱してきたが突然の折原の暴挙に褌に手をかけ剥いでご開帳させると、そこで終了のゴング。

イメージ 6

イメージ 8

イメージ 7
○男盛
(8分31秒 褌剥ぎによる反則勝ち)
×折原昌夫


折原『今日は俺が作った金の褌だから出てやったけど、次はメビウスで待ってるぞ』

みな自分の興業の宣伝をして帰っていった。







〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『ダブルメインイベント・2』

◎ふんどし軍 vs セクシーブラジャー軍(時間無制限3本勝負)◎
<男盛率いるふんどし軍>
男盛
松田慶三
原学
藤原ライオン
唯我
VS
藤田峰雄
ベアー福田
柴田正人
那須晃太郎
山本SAN
<ランジェリー武藤率いるセクシーランジェリー軍>
イメージ 9

◎1本目
どっちがセクシーかという対戦らしい。もうメンツだけで全て超えているのだが・・・(唯我さんのことは考えないことにしよう)

ベアーとライオンの先発。真面目にやられて逆に失笑が漏れる。プロレスは難しい。こんなことで再び考えさせられるのかと思うと奥が深いジャンルだと改めて感じる。

イメージ 10

ムーンサルトを狙った男盛だが、ベアーがロープを揺すると男盛が那須の上に落下して3カウント、プロレスピタゴラスイッチを見る。


○男盛
(11分55秒 ロープを揺すられ落下→体固め)
×那須晃太郎



◎2本目

唯我奮闘するが逆さ吊りに。そして、カットにきた唯我を那須がカニ挟みで倒し原の股間に唯我の頭部が収まってしまう。
原ギブアップ。
唯我「ここにいてえんだよ!」おれは彼女の絶叫でMVPを進呈したい。

イメージ 11

○那須晃太郎
(3分38秒 股間に唯我の頭を埋めギブアップ)
×原学




(3本目)
場外乱闘、藤田ミネぴょんのノータッチトペもでたが、ここで男盛がマイク

『争いは止めましょう。ブラジャーも褌もセクシーです
ベアー選手のブラジャーを直す姿はとてもセクシーでした
だから戦いは止めましょう』

イメージ 12

和解成立


△男盛
(2分38秒 和平案の合意)
△その他選手


アレクサンダー大塚のディナーショーは、これで幕を閉じた。

世界は平和になったのだ。

ホント季刊誌のようになってしまいましたが、耳の産毛のようにひっそりとかいております。


初代ブラックタイガーのマーク・ロコさんがサイン会をするということで、デポマートへ行ってきました。
 
念のため、前日連絡をし何時ぐらいに行けばいいですかねと聞いてみました。
 
店長曰く、初代ですからファン層が違うので13時に来ていただければ十分間に合うと思いますよ。
 
なるほど、そうはいってもちょっと早めに12時30分に行けばいいと思ったところ・・・
 
冗談じゃないです。
 
 
もうすでに50人は並んでいるじゃないですか!
 
さすが黄金時代の新日本を守る初代タイガーの宿敵、Bタイガー
 
侮れない人です。
 
正直目当ての物がわからないので、ポートレートとか無くなりマスクとか買わないとサインがもらえないのではと危惧していましたが、これは取り越し苦労で彼らのようなコアなファンはマスクやレアなDVDを目当てにしているので、余裕を持って並ぶことができました。(この時点で自分の後ろには、50人程度並んでいた)
 
 
1時間30分ぐらい並んでなんとかブラックタイガーのサインと2ショットをゲット!
 
これはいい調子だと、回転寿司屋で食事をして2部のマーク・ロコのサイン会へ
 
 
開始に30分ぐらい待たされる。どうも休憩らしい。
 
何人か帰ってしまったが、私はこんな機会はないからと粘って待っていましたら16時頃ようやくはじまった。(この時私の後ろに20人ぐらい)
 
途中からマーク・ロコさんが疲れてしまったのか、サインがロコだけになってしまったために一部のファンが少し騒ぎ出す。
 
途中で中止になってしまうのではないかとかの話が・・・
 
中止にはならないで欲しいと願っていたし、サインの件も心ないといえばそれまでだが気持ちもわかる。
 
たしかに思い出に残るものなので、マーク・ロコと書いてほしい。ロコでなくマークだったら、マーク・ヘンリーじゃないかと思われたり藤本つかさが疲れたのでツッカでいいですかというのとコマンド・ボリショイが手首が痛いのでピコでいいですかと言われてもピコ太郎かもしれないと言われれば、それはそれで複雑。ブレッド・ハートがハートと書いてもジム・ナイドハートかもしれないと言われれば、ちょっとがっかりなのです。しかし愛川ゆず季にゆずパイでいいですかといわれれば、それはそれで全然OKなのだが・・・人間は贅沢な生き物だ。痛感する。
 
そんなことを考えていたら自分の番が回ってきた。やはりちょっと疲れているようだ。
 
 
”まだ列が長いので頑張ってください”
 
日本語で言ってみた。ちょっと驚いたような表情を見せて、少し微笑んでくれた。
 
また日本に来て欲しい。
 
 
まだ、30人ぐらい並んでいた。・・・(どこがこねぇだよ!店長)
 

全94ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事